失くしウェーブまだ止まず

飲んだ後にモノを失くすウェーブはまだ収まっていなかった。
昨夜、メガネのソフトケースを失くした。
メガネを買った時にお店がオマケに付けてくれたものなので、思い入れもあまりなくショックも少ない。モノ自体より失くしたという事実に少々落ち込む。
この2ヵ月弱の間で飲んだ後に失くしたモノを一応振り返っておく。小銭入れ、メガネレンズ、小銭入れ(発見)、パスケース(発見)、ガジェットケース(発見)、腕時計、財布(発見)、メガネケース。この流れ、もう止めよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清澄白河の醸造所

昼、国立千鳥ケ淵墓苑にて本願寺派主催による全戦没者追悼法要に参拝。

息子からラインが来た。「KIDが死んだって」え、病気とは聞いていたがこんなに早く。ショック。

夜、アーユスの理事会後に清澄白河のビール醸造所へ。川沿いに建つ、奥行きの浅いビルにその店はあった。店の奥にビールタンク。10種類ほど用意されているビールを全部試した。それぞれの違いが楽しい。今日は尿酸値を忘れる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリンの日本人

午後、築地本願寺にてへいわフォーラム。スタッフとして参加。

メイン講演は俳優の小木戸利光氏。小木戸氏はサハリン残留日本人の方々の聞き取りと語り部を務めている。
時代に翻弄されかの地の人びとは多民族融合の地となった。結果的にだが、民族差別がまったくないとのこと。それは言い得ない差別を受けてきた先の地平なのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Macのイヤホン端子が逝った

樹木希林が亡くなった。南無阿弥陀仏。
樹木さんは本願寺派系列の千代田女学院のご出身、内田裕也氏との結婚式は築地本願寺で勤めた。だからあの人生観いのち観そして厳しい眼は浄土真宗ゆえと思っていた。しかしお葬式は他宗派で勤めるらしいことは少し残念。

MacBook Proのイヤホン端子が壊れた。音が出ない。
先日発表された新iPhoneのラインアップにはいずれもイヤホン端子がなく、ミニプラグイヤホンへの対応アダプターも別売になった。イヤホン端子との決別が鮮明に。
タイミングが一緒って、これ、Appleのさしがねじゃないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

利用30周年

カタログハウスから封書が届いた。
中にはこんな手紙が。
「8月18日は30年前に松本様が、初めてのお買い物として『シトラスハンドジューサー』をご注文くださった、私どもにとって大切な日です」その後に長い付き合いへの感謝が綴られている
うわっ、あれからちょうど30年になるのか。シトラスハンドジューサーは今でも現役。
感慨深い。なんだか自分のこの30年間をちょっと振り返ってしまった。これはいいサービスだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水を1日2リットル

先日の人間ドックで、異常ではないが今後気をつけた方がいいことで尿酸値の指摘を受けた。
現在より高くなるようだと痛風の怖れがあると。
ネットで調べると、尿酸値を高くする食品の第一はビールをはじめとする酒。そして青魚、魚の内臓、白子、レバー、甘いスイーツ・・・確かに私の好物ばかり。
では尿酸値を低くするためには、適度な運動と乳製品摂取。そして水は1日2リットル飲みなさいと。
で、まず水を意識して飲むようになった。量が分かりやすいように、500㎖のペットボトルを携行している。が、2リットルって結構な量。確かに意識しないと一日にこんなには飲まない。
ビールなら楽勝だけどな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋本番

境内に彼岸花がずいぶん咲いている。もう彼岸。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紛失財布が拾得された

昨日、人間ドックから帰宅すると、八王子警察から電話が入っていた。紛失していた財布が届いたと。
すぐに警察署に行くと、現金含めてまるまる届いていた。有り難い。

運転免許証も保険証も入っていたので、拾われたのならすぐに連絡があるはず。3日間待って拾得の連絡がなかったのでこれは捨てられたなと、免許証・保険証・カード・会員証類の再発行がすべて終わった段階での連絡なので嬉しさは割り引かれる。しかし電子マネーカードには記憶以上にチャージされていたこともあり、やはり嬉しい。

午後、寺報ポピンズ発送。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やった甲斐があまりない

本日、人間ドックに入った。

当日に概ねの結果が出た。異常なし。ポリープらしきものが見つかったが、99%良性。1年後に検査をして違いを確認すればいいとのこと。

数えてみると、前回の人間ドックから実に11年ぶり。担当医師から、何か検査を受けようと思った動機があったのですか、と訊かれた。
今回は特に強い動機はない。しかし自分でもなぜこんなに間を空けたのだっけと思っていたが、さっき結果を聞いて思い出した。それまで2年おきくらいで検査を受けていたが、いつも異常が見つからなかったので、検査をした甲斐がないな、と思ってしまったのだ。同じことを今回もちょっと思っている。

異常がないのは喜ばしいのだけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

規模が違う

午後、知人の僧侶の住職継職法要と祝賀会に出席。
延立寺では5年後に住職継職を考えているので、何かの参考になればと思っていたが、いやもう規模が違って何も参考にならない。祝賀会は京王プラザ八王子の一番広い宴会場へ最大限詰め込んだ感じの客数。あれでも絞りこんだ模様。
ますますのご発展を心より期待する。

うちは特別なことはせず、その年の報恩講に併修することになるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«何でも首かけ