さすがの私も

昨日は、知人が経営する居酒屋のオープニングイベントがあった。私も誘われており、お祝いに伺いたい気持ちはあったのだが、新型コロナ感染者が急拡大している現在、飲み食いおしゃべりが当然想定される場所へ行くのは、さすがの私も躊躇した。欠席してしまった。少人数の客として近いうちに伺うつもり。

| | Comments (0)

彼の判断を尊重する

今朝のTBSラジオ番組「伊集院光とらじおと」の中で、同番組がこの春で終了することが発表された。ショック。噂は本当だったのか。伊集院の説明も歯切れが悪い。説明時間を3時間とれるのなら説明したいがそれは無理。短い時間で説明しても誤解が広がるだけなので説明はしないと。無念が滲む。
しかし、同番組の中でパラスポーツの選手の話を聞くコーナーを持ち、不本意な事態に陥ってもそれで不貞腐れることのない生き方を学んだことが今回に活かされていると伊集院は言う。
伊集院の決断と判断を支持する。あと2ヶ月半、楽しむのみ。

| | Comments (0)

順法と軽視と

成人の日。私の思い出は、ない。当日は京都でアルバイトに入っていた。「成人の日」に意味を感じられなかったし、正月に東京へ帰ったばかりでもあったし。
かつて「荒れる成人式」が話題になった時期があった。荒らした奴らは成人式にそれなりの意味を感じたことが破壊活動の動機になっていたのだろう。成人式が荒れなくなったのは若者の順法精神が強くなったとともに、成人式の意味と位置が軽くなった反映と思う。

| | Comments (0)

今どきのカードはのっぺり

新しくカードを作った。法人用。年会費無料。
これをネットショッピングで使おうとして戸惑った。カードのどこにも会員番号が印字されていない。セキュリティコードもない。有効期限も記載なし。
確認法をネットで検索してみると、カードを申し込んだ時にスマホにインストールしたアプリから確認できると分かった。
ほう。確かにこの方が安全。セキュリティコードなるものが印字されているのもセキュリティ上どうなのよという気もしていたし。
しかし面倒ではある。番号をどこかに控えておこうか。

| | Comments (0)

シャツインしない前提

私が着ている服は、下着以外はほぼすべて息子から回ってくる。
この冬にもGUのネルシャツが2着回ってきて重宝している。
しかしGU、袖丈はちょうどいいが背丈が短い。裾をパンツに入れると、少し動いているうちに抜け出てしまう。シャツインを想定していない。

| | Comments (0)

かわせみ3導入

昨日の雪は八王子では昼には概ね消えた。陽の光は偉大である。

Macの新OS、Monterey。まったく変わりないと思っていたが、ひとつ気がついた。愛用のインプットメソッド、かわせみ2が消えている。対応していないのか。かみせみのサイトに行ってみると、かわせみ3が既に出ていた。即購入。
今のことえりは非常に高性能なので他のをわざわざ購入する必要はないというのが合理的な考え方だが、愛情は合理を超えるのだ。

| | Comments (0)

今シーズン初積雪

昨日の段階では雪が降っても積もらないような予報だったが、今日は都心でも積雪ありとの予報になった。
それを受け、ラパンのタイヤをスタッドレスに替える。

冬タイヤを装着した車で都心へ。年始回り。
都心は午前から雪が舞い出した。昼には本降り。午後2時過ぎには積雪。私の予想より早く渋滞が始まった。私の予想は今日も甘い。
八王子に戻ると雪はそれほどではない。今回は都心の方が積雪量が多かった。

| | Comments (0)

Monterey今のところ順調

MacのOSを最新のMontereyに替えた。リリースされたのは21年10月25日。3ヶ月待ってみた。もういいだろうと思って。
今のところ、私の環境では不具合は確認できていない。OSアップデート不具合の定番のプリンターも順調。特に動作が重くなった感もない。
しかし、何が変わったかもよく分からない。少なくともセキュリティは向上したのだろうと根拠のない想像はしている。

| | Comments (0)

片付けは仕事ではない

ここ数日、接客の合間に寺の過去帳の転記をしている。
10年前から使っている過去帳の使い勝手が悪いなあと思っていた。年が改まったのを切っ掛けに、いっそまるごと乗り換えてしまえと、10年分の記録を書き写している。
その間は書斎は書類や本が積まれたまま。雑然として精神的にもどよーんとするが、片づける気になれない。仕事を並行して進めることが年々できなくなっているのだ。片付けを「仕事」と呼べるかどうかはともかく。
が、あまりに雑然としているので少し片付け。床のかなりの面積が現れた。すると気持ちも少し晴れた。片付けをした方が転記も捗るわ。

| | Comments (0)

穴を開けてしまった

部屋の中に何かが焦げる臭いが漂う。あ!しまった!セーターからだ。
無造作に脱ぎ捨てた先に電気ストーブがあった。取り上げると、裾の部分が茶色い。擦るとぽろぽろと崩れ落ち、500円玉くらいの穴が開いてしまった。
ショック。
このセーターとは30年来の付き合い。元はライトグレーだったのが薄茶色になってしまったのはご愛嬌。30年でこの状態なら、一生ものと確信していた。
穴が開いたのは裾部分。この穴を茶巾状態につまんでみる。おお、あまり目立たないんじゃないか。幸いだっぷりとしたサイズ。裾部分がつままれても、それがデザインと見えなくもなさそう。穴が開いたのは左前部分なので、対照する右前部分もつまんでみたりして。
結論。まだまだ着ますよ。

| | Comments (0)

«お菓子が回転