かつて、不調の時はとりあえず叩いてみた

延立寺にあって現役で働いているモノの中で、一番長く使っているのは、仏具以外ではたぶん私の腕時計。オメガ。祖父が使っていたのものを引き継いだもので70年くらいは動いているはず。
それに続くのが、洗面所で使っている体重計。たしか私が小学校3年生くらいの時に、移転前の田町の寺に来た。50年以上使っている。スプリング仕込みで電気を全く使っていないのが幸いしている。
それが、今朝、壊れた。メモリー、ではなく目盛が動かない。いよいよ寿命か、と思い一応ガンガンと叩いてみたら目盛が動いた。かくして現役続行。不調の時の直し方まで昭和である。

| | Comments (0)

ダブりを知らせてくれた

一昨日にネットで注文した某書籍の販売元から電話が入った。注文の御礼に続いて、「1週間前に同じ本をご注文されていますが、追加でよろしいでしょうか?」は?
その本をすでに注文していたことをすっかり忘れていた。
今回注文したのは、Facebook上でその販売元の「初回注文分を発送中です」という書込を見たため。つい、あれ、注文していなかったかな、と思ってしまった。しかし先の注文時にも受付メールは届いている。なぜすっかり忘れていたのだろう。
ダブり注文ではと確認してくれた販売元に心から感謝。

| | Comments (0)

20年一日のごとし

キンモクセイの香りが境内に漂う。

20年目の911。あの時のことは鮮明に覚えている。あの事件を私はニュースステーションの生中継で知った。あれから20年もたったのか。
頭では20年って長い年月と考えるが、実感覚では20年なんて本当にあっという間。この先20年はもっとすぐだろう。その確信は私の気持ちを楽にする。

| | Comments (0)

Amazonは教えてくれる

延立寺境内に彼岸花が伸びてきた。花はまだ咲いていない。

Amazonで某本を注文した。
注文ボタンを押してから、商品表示欄の上にこんな記載があったことに気がついた。「お客さまはこの商品を2017年○月○日に購入済みです」
え?念のために書棚を確認した。・・・ありました。
すぐにキャンセル。問題なく受け付けてくれた。
いやー、あまりAmazonを利用するのもなんだなあと思いながら、同一商品の購入歴を示してくれる機能は、私のような者には本当に助かる。たぶんこれからますます有り難い機能と思えるような予感。

| | Comments (0)

遅らせても遅れるだけ

延立寺寺報ポピンズ作成、発送。
今回も完成が遅れ、発送作業におみえいただいた方々を30分お待たせしてしまった。
次回は集合時間を30分遅らせましょうか、という提案が上がったすぐ隣で、いやそうしたら完成が30分遅れるだけだ、との冷静な声。さすがお分かりくださっている。

| | Comments (0)

広告の謎

Facebookの広告ってどういう仕組になっているのだろう。Facebookを通さずに閲覧した商品の広告がFacebook上に流れてくる。同類他社製品まで。
購入歴や閲覧歴がそのサイトに残るのはいい。しかしその情報が別サイトに反映されるのはあまり気分がいいものではない。

| | Comments (0)

モネ讃

『おかえりモネ』にはもう感心しかない。
出演者が揃って芸達者。ベテラン役者は言うまでもないが、若い役者たちが凄い。脚本も演出も役者たちを信頼して、セリフが少ないのもいい。悪人が一人も登場しないがそれぞれに傷ついている。東京制作の王道。
終盤に向かってあと一幕残っているが、すでに私の朝ドラ傑作選トップ5入り決定。Blu-rayを買ってしまうかもしれない。

| | Comments (0)

ゆとりが第一

午後、八王子市仏教会研修。小松由佳氏の講演。
日本人女性として初めてK2登頂。フォトグラファーとしては特にシリア難民を追う。私生活でもシリア人男性と結婚し、ムスリムに改宗。話題の引き出しがとても多い。この方が八王子に在住というのが嬉しい。と言ってもあまり活かせていないが。
シリア人が人生で最も大切にし、優先していることは「ゆとり」だという。日本人がそれを聞くとゆとりに必須なのは金銭だろうと考えるが、シリア人はお金よりゆとりを優先する。仕事が忙しくて家族の時間がなくなるのは本末転倒と考えるとのこと。

| | Comments (0)

累進多焦点はお薦めしない

ネットで累進多焦点レンズの老眼鏡を買った。多焦点とは、レンズの焦点がグラデーションになって、幅広い焦点に対応できるというもの。
私は現在、2つの老眼鏡を併用している。パソコンのディスプレイ用と手元の読書用と。それが一つで賄えるならいいじゃない。
で、届いた品を使ってみたがとても実用的ではない。
確かに遠くにも近くにもピントは合う。しかし、その範囲がとても狭い。合うのは一点だけで、そこを外すとたちまち視界がぼやける。それぞれにピントは合うのだが、範囲が狭くてシビア。いちいちピントを合わせながらものを見なければならない。これ、けっこうなストレスになる。
手元用とディスプレイ用の2本使いの方がずっと楽。

| | Comments (0)

順調

Panasonicのサイトで、聴力検査ができる。1000㎐から19000㎐までのサンプル音が用意されている。
10000㎐までは明確に聴こえる。音量をかなり絞っても変わらない。
それが12000㎐になったとたん、全然聴こえなくなる。音量を最大にしてやっと感じられた。15000㎐は音量最大でも全然聴こえない。
もしかしたら、モニターのスピーカー性能のためかもしれないと、うちで最も高性能と思われるオーディオ機器に接続して試してみたが、結果は同じ。俺の耳はそんなに聴こえなくなっていたのか。
一応10000㎐は60代の目安、12000㎐は50代の目安とされている。歳相応。私は確かに50代ではない。衰えは順調。

| | Comments (0)

«ミス