がんばってほしい

夜、UP LIFTのライブへ。
八王子を根城に活動しているボーカルグループ。基本的に応援歌。
春のきららホールに続いて二度目のホール公演。
とても残念だったのが、歌詞が聴き取れなかったこと。最初の2曲までは前から5列目に座ったが歌詞が100%分からない。その後に最後列に移動したら、 まあ半分くらいは聴き取れた。彼らの曲の場合は歌詞が命なのだから改善を強く求める。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『まんぷく』が快調

NHKの朝ドラマ『まんぷく』が快調。
前作の『半分、青い。』は傑作だった。が、異色ではあった。
それとは一転、朝ドラの王道的なつくり。

いやしかし何といっても安藤サクラがいい。上手い。オーディションではなく直接オファーだったそうだが、納得。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つぶやきにほーっとする

午後、調布のたづくり会館で、やなせなな師の講演を聴く。
浄土真宗本願寺派の僧侶であり、奈良のお寺の住職であり、シンガーソングライター。

語りも非常に達者だが、この人の歌は絶品。張らず、ささやくというより、つぶやく感じ。
ほっとする。というより、ほーっとする。染みる。
ここのところ、歌う僧侶は少なくないが、なかでもかなり上質。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

善意の人は少なくない

映画『カメラを止めるな!』をやーっと観た。噂通りの面白さ。出来のよさに感嘆。映画館によってリピーター割引をしていたことにも納得。私も近いうちに再観して特に前半を見直したい。
ネタバラシ厳禁。しかし全編に仕掛け満載ということで映画の紹介のしようがないと言われているこの作品。私も予備知識を入れずに観て、本当に良かった。
しかし春に話題になって半年、いまだにロングランを続けながら、いたずら心でネタバラシをしてしまう奴がほとんど現れなかったのが不思議なくらい。ネタバラシをしている奴はもちろんいたが、それが拡散されることはなかった。
そのことに、この社会の良心を見る思い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

袈裟衣が重い

10月から衣替え。
僧衣も袈裟も冬用。すると、葬式の荷物一式がとんでもなく重い。
20代の頃は移動は電車が主だった。当時と荷物の内容は変わっていない。こんな重い荷物を抱えて電車に乗って葬儀式場に向っていたのが今では考えられない。
私の体力減退もあるだろうが、私が車移動をメインにしてしまって、その感覚が身についているためだろう。
平均気温も上がっていることだし、現在の冬用衣は極寒期用としてもいいのではないか。

衣つながりで。
私は20代の頃は安物の既製品は着れなかった。XLサイズは胴回りがぶかぶかで袖丈が短くて。既製品ではあるがそこそこの店で購入し、袖を出す直しをしてもらうのが通例だった。
しかし今、GUのXLは私にはジャストサイズ。ユニクロも同様。若者の腕が長くなったのか、私の腕が縮んだのか。両方だろう。
思想及び心情的にはファストファッションには与したくないのだが、経済的には非常に助かる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだかなあ

知り合いから、知人が僧侶派遣会社を立ち上げたので、話だけ聞いてほしいと言われて面談。
葬儀業界に詳しい方かと思いきや、ほとんど知らないという。葬儀社に懇意の人はなく、僧侶にいたっては知っている人が一人。
で、見せてもらったビジネスプランが当然ながら出来が悪い。
私は僧侶派遣業を否定するものではない。需要があるところにお応えされるのはけっこうと思う。しかし、今回聞いたプラン、いったい誰が得をするのだろう。これで展開しようとしているとは、この業界心底舐められているのだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぼーっと生きてんじゃねえよ

昼、知り合いのお寺の継職慶讃法要に出勤。
法要前に動きの説明があった。私はちゃんと聞いていたつもりだったが、全然頭に入っておらず、間違った動きをしてしまった。列の後ろだったら前の人に合わせればよかったが、本日はたまたま先頭。後ろの人に注意をされて間違いに気づいたが、誠に申し訳ない。私はこういう晴れの舞台でしばしばやからしてしまう。チコちゃんにでなくても叱られるレベル。
大変申し訳ございませんでした。
夜、テレビで井上尚也のボクシング試合を観る。
試合開始してわずかの後、ちょっと画面から目をそらした。
ら、次の場面では井上陣営が大喜びしている。
え?もう終わったの?
ワンツーで完璧KO。
その瞬間を生で見落としたのは私の不徳の致すところとして、彼と同時代を生きていることの幸運を感謝した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神髄に直接触れる有り難さ

夕方から、空手の合宿に合流。今日は早朝から参加する予定だったが、法務が入り、途中から参加し、途中で抜ける。
貴重な機会の中のほんの少しの時間だけの参加だったが、それでも収穫大。ここに居させてもらうことのなんと有り難いことか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いい腕をしている

有働由美子がメインキャスターを務めるようになったニュース番組、『NEWS zero』を観た。
実にいい。前任の村尾信尚氏は私が見たところでは、不器用な真面目さだけが取り柄。脇のタレントたちも同様に、誰ものコメントが、言わされている感が拭えなかった。
しかし有働氏はもう、アナウンス技術も話の回し方も見事。自分の言葉らしく発している。その内容も納得できる内容。
この時間のニュース番組では頭いくつも抜けている。これは楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

後期出発

夜、東京仏教学院の今年度初講義。
毎年、第一回の講義は「実践運動前史」として、本願寺教団の「運動史」を話している。
本日は受講生は欠席なしの全員出席。すばらしい。
今回は一方的に話すだけの講義だったが、次回からディスカッションをメインにします。お楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«渓谷ふたつ