緩和のための重要施策

書庫の飽和状態を緩和させるために。
コンプリートを目指さないことにした。
以前は愛読していたが最近はあまり魅力を感じなくなっていた著者の本、現在も愛読している著者だが内容がイマイチの本、それらは買わないようにする。
そのために、信頼している著者の本でも、買う前に書店で中身をざっと目を通す。それだけで今日も一冊買わずに済んだ。
そうか、ネット書店が飽和を促進しているのだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここも平成最後

夕方、同和問題に取り組む宗教教団東京地区連帯会議と部落解放同盟東京地区連合会の懇談会。
年一回の懇談会。平成最後。とはいえはなから元号を使わない会合だが。

〆はエチオピアカリー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その花の名前は知らない

夜、春の花の香りが漂ってきた。
香りは一瞬にして過去の記憶を蘇らせる。あー切ない。特にこれといったエピソードがあるわけでは全然ないのだが、切なかった気持ち、不安だった気持ちが瞬時に湧いてきた。

その花の名前は知らない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4/7お楽しみに

午前、4月にアミダステーションにて開く落語会の下見。
高座の確認。7日日曜に、花まつり協賛企画として開く。アミダさまが登場する噺をしていただけるとのこと。

夕方、「葬送のあり方を考える会~八王子」会合。
各宗派の葬儀について研修している。今日は日蓮宗。

後の懇親会でちょっと論争してしまった。「松本さんに否定されちゃったけど」と相手。しまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

静謐

今朝の朝日新聞朝刊の記事中に伯母と従姉妹の名前が。その脇には巨大な写真に二人の姿がある。自宅の窓際で陽を浴びる母娘。
そこは福島県大熊町。第一原発から4.7km。一時帰宅をしているが、避難指示が解除される見込みはない。
「ここで死にたい」という伯母を写した写真が静謐。実に美しい。巨大に載せる価値は十分ある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

28年選手の替わりが40年選手

目覚まし時計代わりに使っているオーディオセットから音が鳴らない。
調べてみると、チューナーが不調。アンテナからの信号を受け付けていない。
このチューナーはマランツ製。マランツのウェブサイトで修理について見てみると、部品を保持しているのは販売終了から8年。以後は修理を受付けられないことがあるとのこと。8年以後でも修理の可能性はあるということか。
しかしこのチューナーを購入したのは28年前。さすがに無理のような。
八王子の修理専門店に持っていこうか。

で、代替として出してきたのが40年以上前に購入したDENONのチューナー。FM専用機。AM放送を聞くためにマランツに替えてお蔵入りしていた。立派に役を果たしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現実が止める

寒い。東京マラソンは選手もボランティアも大変だったな。

なぜ私は飽和状態になるまで本を買ってしまうのか。

子ども時代、通っていた小学校とほぼ同じ距離に区立の図書館があり、よく利用していた。その頃は買うのは図書館にないマンガ雑誌(ぼくらマガジン)がほとんどだった。
しかし中学生になって八王子に来てからは、近所に図書館がなかった。で、本を買うようになる。

また、以前は本は、発行から少し経つと入手が面倒だった。店頭にない本は注文となるが取次や出版社に在庫があっても入手するのに2週間はかかる。絶版になると困難は高まり古本屋では価格が跳ね上がる。特に専門書は。
だから気になった本や古本屋で出会った本は取りあえず買っておくという習慣が身に付いた。一期一会。この状況はほんの15年くらい前まで、私が40歳の頃まで続いていた。その歳まで身に染みついた感覚はなかなか拭えるものではない。

さらに、昔私が宗派において研修会企画担当だったことも大きい。招いた講師の著書は出来るだけ買って打ち合わせに臨んだ。自分の本の購入者には悪い気はしないものだから。その癖で、講師に呼ぶ可能性のある人や顔を合わせる可能性のある人の著書はつい買ってしまうようになった。

前記のうち、図書館環境については現在も変わりはない。しかし、本の入手については劇的に変わった。マニアックな本でない限りネット経由で入手は難しくないし、入手はできなくてもデジタルデータで公開されている本も少なくない。また、講演会や研修会の担当から外れて、著者に会ったり、まして交渉をする可能性は今はほとんどなくなった。

それより何より、本を置く場所がなくなり、経済的にも余裕がなくなってきた。現実的な理由により、増えるスピードは鈍るはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八王子と二本松と

午後、アミダステーションにて、「震災から8年~福島から考える今とこれから」。

八王子で自然エネルギー発電に取り組む八王子共同エネルギーの方たちと、福島二本松で有機農業に取り組み、現在は農地の上に太陽光発電をしている農家さんを招いて活動現況を聞く。
集客が心配されたが、そこそこ寂しくない方にお見えいただく。質問も活発。八王子の力を感じた集いになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もっとフィクションを

もう3月・・・。

誰から薦められたか覚えていないマンガ『制服ぬすまれた』を読んだ。あまり期待していなかったが、いい作品なのにびっくりした。
ここのところ私はマンガも含めてフィクションを読めなくなっている。手を伸ばすのはノンフィクションや学術書ばかり。理由は分からない。
『制服ぬすまれた』は短編集ということで手にとれた。結果正解。
もっとフィクションに触れよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心配されたけど

昼食を某カレー屋でとる。初めての店。
野菜たっぷりが売りの様子。スパイシーカレーの辛さ5倍を頼んだところ、何回もすごく辛い、他店の激辛より辛いけれど大丈夫かと念をおされる。
供されたカレー、野菜が甘いこともあって、辛さは私的には穏やか。
悪くはない。が、わざわざ来るまでもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«あの味には再会できず