不穏なランチタイム

昼食を某店でとった。
開店時間を10分ほど過ぎて入店したが、席は8割埋まっている。
店の様子がいつもと違う。フロアの店員3人がどれも見知らぬ顔。新人。だからか、流れが滞っている。
ランチメニューを注文した。まもなくスープが運ばれてきた。しかし、スプーンがない。持ってくる気配もない。声をかけて持ってきてもらった。詫びも笑顔もない。
私の前に座った客には、スープが運ばれてこない。その客、スープが来ないよと店員に。はい、と返答したがなかなか運ばれてこない。客の苛立ちが伝わってくる。その後にスープは運ばれてきたが、店員からは詫びの言葉はなかった。
私には間もなくメインの皿が運ばれた。美味しく頂戴した。しかし私が食べ終わっても、私の斜め前に座った客には、なかなか皿が運ばれてこない。その客は私が注文をしてすぐ後に注文した。しかしその後に入店した客の方へ先に皿が運ばれている。
居心地が悪い。不穏なものを感じながら退店した。
店員さん、早く慣れてくれ。

| | Comments (0)

3年ぶりのリアル法要

もう12月・・・。

午後、築地本願寺にて、自死者追悼法要。
ご遺族を招いての法要は3年ぶり。椅子の間を空けたので、席数は以前の半分、100席にしての勤修。コロナ感染に考慮して、茶話会はなし。大切な時間になったと思う。

| | Comments (0)

11月も末なのに

暖かい。11月最終日なのに。気候変動の影響だろうが、一年中このくらいの気温が続くのは私はまったく文句ない。

午後、アーユス理事会。

夜、アラン・パットンさんのライブ。リモートで視聴。しかし残念ながら送信状況が悪い。映像は届くのに、音がほとんど届かない。音楽ライブなのに。

| | Comments (0)

多く触れても質も上限も変わらず

暖かい。小春日和。
しかし、夕方に寒気を覚えた。私が体調を崩したわけではなく、昼と夕方の温度差に体がついていっていない。

映画鑑賞において現代は、ほんの10年前と比べてさえ、桁外れの数を観ることができるようになった。しかも定額か低額で。
多くの人が多くの物語に触れるようになった。それは、人の想像力涵養や人の相互理解に寄与するものと思っていた。物語に多く触れる人が増えることは世界を豊かにするだろうと想像していた。
それはまったく間違いだった。
相互理解は全く進化していない。退化しているとは言わない。しかし、情報が増えても、それで人間の能力や質が向上するわけではない。人間の想像力の上限はたぶんこの2000年変わっていない。だから、古典も共感をもって楽しめるのだ。

| | Comments (0)

投げ銭システムが欲しい

呉の3日間はいずれも好天。暖かい。

最終日、午前の法座を勤めた。皆様うなずきながら聞いてくださったのが、本当に有難い。

帰りの新幹線の中で、マンガ『私の息子が異世界転生したっぽい』の1巻から3巻までを読んだ。ちょっと久々に大泣きした。新幹線で隣に人がいなくてよかった。京王線だったらヤバかった。
この作品、タイトルから想像されるようなライトノベル系ではまったくない。極めてリアル。登場人物のほとんどに感情移入できる。
この作品を私はFacebookの書き込みで知った。誰の書き込みかは覚えていない。でもその書き込みに反応した自分を褒めてやりたい。
ただひとつ、今回私はこの3冊をフリマサイトで買った。作者に何の還元もしていないことが心苦しい。投げ銭システムが欲しい。続刊はもちろん新刊書店で買う。

| | Comments (0)

1対1ならリモートもよし

昨夜から広島呉のお寺で法話出講。
実に熱心に聞いてくださって、こちらが救われた。御礼申し上げる。

夜、ご接待いただくお心をいただきながら、ご時世からご住職とリモート飲み会。
リモート飲み会って、複数人ではやっぱりだめ。しかし、1対1だと、充分いける。複数人だと、それぞれの雑談ができにくいが、1対1だと、リアルとそれほど変わらない。

リモート飲み会をしながら、サッカーの日本対コスタリカ戦を観た。リアルタイムで失点を目撃。そのまま試合終了。
私が観ていると失点することが多いような。ドイツ戦も私は前半しか観ていない。朝目覚めたら勝っていた。
スペイン戦は観ないようにしよう。

| | Comments (0)

従ったら乗り遅れ

昼、新幹線で広島へ。
広島行きにはGoogleマップのルート検索を使った。それに従って新幹線の指定席を予約した。
予約した新幹線は11時29分発。私が横浜線で新横浜に着いたのが11時29分。・・・乗れるわけないじゃん。20分後の博多行き自由席で向かった。
私がGoogle情報を見誤ったのかな。まあしかし、無条件にあてにはしないようにしよう。

お招きいただいたのは、呉のお寺。7年ぶり。ということは、私が網膜剥離をしてから7年になるのか。目の異常を感じたのは、前回の布教中だった。

| | Comments (0)

紅葉見ながら食事会

昼、延立寺壮年会の食事会。
例年この時期に実施していた紅葉狩りハイキングと懇親会を、今年はハイキングを割愛して懇親会のみに。その分、店をグレードアップして、例年は居酒屋のところを料理屋へ。
その判断は大正解。ご参加された方々は身も心も満足されたご様子。
次回は婦人会と合同の開催でもいいような。人数が増えれば店から車も出してくれるだろうし。

| | Comments (0)

がんばってください

某コンテストで見事に優勝して、日本一に輝いた某食品を食べた。
ん?えーっと、少なくとも私好みではない。残念。
応援するつもりだったが、いや、もう日本一なので私の応援など不要だろうが、なんだかなあ。しかしなぜあれで優勝したのか。私の好みは世間とは離れているのだな。それはそれでいい。

| | Comments (0)

まず店員に訊くのが早いぞ

冷たい雨。

夕方、AppleへiPhoneのバッテリーを交換しに行った。
サービスコーナーの前には、受付票を発行する機械が置いてあった。修理希望ボタンを押して、受付票を受け取った。それに記されている待ち人数は0人。すぐに呼ばれると思っていた。
待っていること15分。やっとAppleのスタッフが声をかけてきた。「ご用は何でしょうか」「iPhoneのバッテリー交換です」すると「お持ちになっている受付票は隣のお店のですので、改めて承ります」え?
その店では、Appleのサービスと、他のPCの修理サービスが併設されていた。その間に受付票発行機が置いてあったのだ。すぐ隣にAppleのスタッフが立っていたので、一言訊けばよかったのに、私はそれをしないんで受付票を発行して、ぼーっと15分待っていた。マヌケ。

iPhoneのバッテリー交換は、まず予約が必要。Appleスタッフに予約作業を代行してもらった。予約できたのは当日1時間後。1時間経ってから再び店へ。iPhone本体をいろいろ検査して本体に異常がないことを確認。そしてやっと交換作業に入る。所要時間は40分。40分後にまた店へ。ピカピカになった愛機が待っていた。検査も含めて、純正は安心感が全然違う。それを考えると価格差は全然気にならない。バッテリー交換は純正をお奨めする。
2時間以上の時間がかかってしまったが、教訓を得た。慣れない店ではまず店員に訊け。分かってる気になるな。装うな。

| | Comments (0)

«リモートの方には失礼しました