« 隙間NGO | Main | 片づいている時はいつも »

朗読

村椿菜文さんのポエトリーリーディングに行く。
詩人みずからによる自作の朗読。
朗読って、読んでいる本人が同時に聞き手になるという表現方法なんだと思う。だから、かすかな緊張感がありながらもそれが直線的にならない。今日もゆったりとした場が現出。
「幸福な問いかけ」と「祈りのようなもの」が聴けてよかった。ほんわりとしましたよ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

|

« 隙間NGO | Main | 片づいている時はいつも »