« 愛のかたち | Main | さよならジーノ »

自殺防止へ再度お願い

本日は東京教区基幹運動推進委員会の常任委員会にて、教区基推委として自殺防止への法制化を求める署名活動へ賛同することの了承をもらいました。

この雑記をお読みいただいている方からも、自殺防止への法制化を求める署名へのご協力をいただいています。ありがとうございます。しかしまだまだ足りません。引き続きのご協力をお願いします。
http://www.lifelink.or.jp/hp/syomei.html

署名をお願いしていると、いろいろな質問をお受けします。
たとえば、

●自殺防止って、借金苦にある人の借金を棒引きにするのか?税金で肩代わりするのか?
●法律を作って自殺が減るのか?自殺しようとする人を罰そうというのか?
●行政に対応を求めるというが、ただ窓口を増やすだけじゃないか?

やはり「自殺防止」と「法制化」が結びつかない方が少なくないようです。
法制化が目しているものは、児童虐待防止法をイメージしていただくといいかもしれません。誤解されがちなのですが、児童虐待防止法は虐待している親や保護者を罰することを主目的とするものではありません。児童虐待が起きないよう、あるいは早期に発見できるよう、見逃さないよう、そして発見後に適切な対応ができるように行政の環境を整備をすることが児童虐待防止法が立法された趣旨なのです。
現在も行政には自殺防止のための担当部署が置かれているところは少なくありません。それが現行では必ずしも生かされているとは言えません。法制化はそんな行政のムダをなくすことにもつながると言ってもいいかもしれません。

ご協力を重ねてお願いいたします。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

|

« 愛のかたち | Main | さよならジーノ »