« 超宗派 | Main | 余裕がないのは »

晩春

境内の八重桜が盛りを過ぎた。木の周辺に花弁が散り敷かれている。八重桜の花弁はまとまって落ちるので踏むとしばしば足をとられる。

晩春。晩夏とか晩秋という言葉はよく使うけど、晩冬とか晩春ってあまり使いませんね。「晩」というのが木々が伸びゆくのにイメージが合わないからか。必然的に淋しさを伴うし。なら私は積極的に晩春と言おう。私暑いの苦手なんだよね。

午前は仏具磨き。みなさんのお手伝いをいただき、降誕会準備が進む。
午後、輝きをとりもどした仏具の前で延立寺婦人会例会。アメリカの銃乱射事件を例に私たちの知恵の自己中心性を省みる。

夕方、小学校PTAの総会。
新役員、優秀な人が集まってくれました。私以外全員女性だけど。今日の総会に出席してくれた保護者も全員女性だけど。それはそれでいいです。

夜,京都入り。北海道、新潟、長野の同志の席に合流。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

|

« 超宗派 | Main | 余裕がないのは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 晩春:

« 超宗派 | Main | 余裕がないのは »