« February 2008 | Main | April 2008 »

今も影響下

年度末。私が非常勤で勤めている職場からも異動。異動先はすぐ隣の建物なのでこれからも会うことは多いわけだが一応お別れということで、飲みに出る。

飲みながら、今まで読んだ本で一番おもしろかったのは何か、という話題が出る。んー、そう問われるとなかなかこれ、という題名が出てこない。ちょっと方向を変えて、年代別に影響を受けた作品を考えていくと・・・小学校時代は永井豪『ススムちゃん大ショック』と山上たつひこ『光る風』にとどめを刺す。両方ともマンガですけど。中学時代はなんといっても永井豪『デビルマン』と『あしたのジョー』。って、マンガばっかじゃん。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

閉店

曇天。肌寒い。次男が卒業した心障学級の子がみんなそろって、立川の昭和記念公園へお別れ遠足。入り口まで送っていったが、よりによってなんで今日気温が下がるかね。

近所の酒屋の前を通るとシャッターが降りて、張り紙があった。閉店のお知らせ。
うちではお酒の配達はいつもここに頼んでいる。しかし近年はうちであまり大規模な法事をする人もいなくなり、加えて飲酒運転厳罰化以降、法事の時に注文されるお酒が激減したこともあって、あまりお世話になることはなくなっていた。
近所に大規模スーパーができたことも影響しているだろうが、ご主人を亡くされて、娘さんも嫁がれて、ここらが潮時と判断されたのか。
自分があまり利用しないでいていざその店がなくなると淋しいなどというのはふざけた話だ。が、淋しいです。お世話になりました。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人なきがごとし

ドキュメンタリー映画『六ヶ所ラプソディー』を観る。八王子労政会館にて。
青森県六ヶ所村に使用済み核燃料再処理工場が完成、今年から操業が予定されている。そこに住むいろいろな立場の人びとの顔と思いをつづっていく。諦観と不安。きわめて抑制のきいた構成。それが、この施設が推進されることへの不思議さをつのらせる。それをさせているのは何だ。

映画中、場内に携帯電話の着信音が鳴った。ごそごそとバッグの中を探している音。「はい」え?電話に出ちゃうの?「うん、今、映画を観てるとこ」会話が場内に響く。
その主は70代半ばに見える男性。「えーっね、労政会館だよ、労政、わかる?うん、分からなかったらまた電話して」
・・・映画上映中に会場内で電話をする場面には初めて出くわしました。映画館じゃなくてホールでの自主上映だったから自分の家でビデオを観ている感覚になったのか。傍若無人。

しばらくしてまた着信音。「うん、まだやってる。あと30分くらいだよ」
不思議なくらい周りを気にしていない。もう泰然自若の域。
はー、ご立派です。どうぞ長生きしてください。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とらわれてしまった

午前、長男の剣道の練習風景をのぞく。円になって素振り、その後二人組になって打ち込み練習。試合形式の練習は時間の都合で見られなかったが、なかなかに良い雰囲気。これなら続きそう。

午後、築地本願寺前交差点。そのすぐ脇の歩道にシートを敷いて正座をしている女性がいる。
年の頃は40〜50か。頭に手ぬぐいをかぶり、服装は茶色の作務衣ふうの作業着。こざっぱりとしている。これが境内にいたのなら、清掃の休憩をしています、ということでもまあ不自然ではないが、ここは交差点。
いっぱい書き込みがあるくたびれたメモ帳を両手で持って、小さく音読をしている。何を読んでいるかは分からない。
それだけなら、まあ、いろんな人がいるなあ、で過ごせたが、目をひいたのが彼女の膝の前に置いてあるもの。
500ミリリットルのペットボトルを半分に切った器にいれられた小銭。
え、あの、もしかして、乞食さんですか。
見たところそんなに荷物がある様子はない。ペーパーバックレディの風情はなく凛とした感じ。
もし、前に置いてあるのがペットボトルではなく鉢だったら托鉢の途中なのだが・・・、いやホントに托鉢なのか。器にとらわれてしまった私が悪かった。しかし。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リューズがとれた

アーユス理事会。今年度活動の振り返り、そして来年度計画をもむ。

愛用の腕時計の時間を合わせようとリューズを引っ張ったら・・・ポロリ。とれました~。オメガの自動巻き。祖父が使っていたもので、裏蓋に天文台の絵柄が入っている。何かの記念品だったのか。短く見ても50年以上使い続けている。特に値打ち物というわけでもない。たまたまのぞいた中古時計屋ではこれと同じ形で状態のいいものに10万円の値札がついていたが、私のこれは傷だらけ。しかしこれまでは大きなトラブルなし。今回リューズがとれたのが初めてか。

時計店に持っていくと、リューズがとれるのは故障としてはポピュラーな部類とか。
でも分解掃除も必須ということで費用は計4~5万かかりそう。まあしょうがない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いきなり8分

アーユス事務所の大家さんの寺の桜がいきなり8分咲き。今夜からライトアップがはじまった。通りすがりの人が境内に引き寄せられてくる。桜にはたしかに力がある。

八王子駅前のあゆみbooksを覗くと、平台に知り合いの名。へー、あいつ本出したのか。ちょっと毛色の変わった仏教書。これが出るということは世間はホントに仏教ブームなのか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地域と学校

好天。何故よりによって昨日だけ雨で寒かったのか。

昼、横浜を車で走る。桜並木に花が開き出した。この時期だけの幸せ。

夜、八王子で放課後子どもプラン会議。
放課後の学校を地域の方たちの協力を得て子どもの居場所にしようという事業。八王子市内ではまだ試行段階だが、ゆくゆくは全校に広める予定らしい。
でも、どうも、今別に進められている地域運営学校の動きとこれの関係がよく分からない。うちの子が通う小学校では放課後子どもプランには手を挙げず、地域運営学校の試行校となった。
学校運営に地域が関わるのはもう必須という認識は広まっていると思う。あの杉並区立和田中学でPTAを解散したのも、学校を地域へ開放してきた実績に基づいたものだった。
でも地域なるものが機能している地域がどれだけあるかは不明。ただ、機能していない地域の再生の核に学校がなるという可能性はかなりあるとは思っている。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

足りないこと

朝から雨。けっこうな降り。しかも寒い。
その中、次男の小学校卒業式。
私はPTA会長として、また卒業生の保護者として出席。
校長先生の式辞は「この話をするのは最初で最後です。」と昔の教え子との思い出を語る。いい話。
私も祝辞。この子たちには、うちの次男は本当に世話になったのでお礼をこめて。昔のエピソードなどを紹介しながら、少しうるりときた。

夜、東京教区の来年度計画をもむ。
僧侶対象の研修会の検討。
受講したくなるような内容にすることももちろん必要。と同時に、今僧侶に足りないのは、コミュニケーション能力じゃないか、と。さらには、一般社会常識じゃないかとも。認めたくもあり認めたくなくもあり。
一般社会常識の研修なんてできないし、コミュニケーション能力にしてもそれが欠けているという自覚をさせなければいけないがではどうやって。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

傷つく

彼岸最終日。
夕方、通夜へ向う。
途中、渋滞。動かない。方針を変えて抜け道へ入る。住宅街の非常に細い道。対向車よ来るなと念じながら突っ込んだがこういう時の私の念は絶対に通じません。前から車。
仕方ない、道脇の生け垣に車を押し付けるようにして道をゆずる。キ、キ、と生け垣の枝が車のボディをこする音が響く。ああ、世の中にこれほど人を萎えさせる音が他にあろうか。
なんとか式場に到着、定刻に開始。

帰宅してから車の傷を確認。ドアに1センチ程の白い線が2つ。はあー、こんな小さな傷に傷つく俺って何。今度車を替える時は白色にしよう。何年先かわからないが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なまくら

鏡の中の私の顔が血だらけだ。

ケンカをしたわけじゃない。泥酔して階段から落ちたわけでもない。
ただ髭を剃っただけ。
使ったカミソリは使い捨てのやつ。どこかのホテルに泊まった時に持ち帰ったもの。もちろん新品。

髭剃り用カミソリって不思議なもので、切れ味が悪い奴は髭は剃り残るのに肌を痛める。切れ味の良い奴で剃ると肌はつるつるになっても傷にならない。なんでですかね。チャゲ&飛鳥の名曲「YAH YAH YAH」にある「丸い刃はなお痛い」は真理であります。
カミソリくらいはちゃんとしたのを買いましょうね。

血を顔に残したままお彼岸のお参りの接客。私、元巨人の桑田並にほくろが多いんで、少々の傷は目立たないのがまあ幸い。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

息が止まる

ご門徒のお宅へお彼岸のお参り。
そこは青梅街道沿い北新宿。民家や食堂や呑屋や小さな事務所が細ーい路地をはさんで建ち並ぶ、昭和の風情を残した一帯が開発のための解体というより破壊の真っ最中。
廃虚マニアの人は行く価値があるかもしれない。一つの町の息が止められた只中。
伺った先のご門徒は来月末ばまでここに住み、その後調布へ転居する。読経中も壁を砕く音が響き、床が揺れる。

少し前から、昼すぎに強い眠気に襲われることが多くなった。
原因はおそらく私の前々からの持病(?)の無呼吸症候群。それにより夜間の眠りが浅くなり、眠気が昼に来る。
無呼吸症候群とは私は長ーいつきあいなのだが、これまではそれによる弊害は自分的にはまったくなかった(周りにはいびきで思いっきり迷惑をかけてます。すみません)。ここにきて影響らしきものが表れたのは、私の体力減退に起因するのだろう。
今日も運転中に眠気が来たので車を脇に寄せ、座席を倒して一眠り。時間は約10分程度。それだけで眠気が完全に霧散してしまう。それもまた不思議なんだが。
来月には医者に行くつもり。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

布施とは

ここのところずっと暖かかったのが一転して、寒い。気温10度。冷たい雨。風も強い。

こんな日に春彼岸法要。
足元も悪い中、大勢のお参りをいただきました。ありがとうございました。
法話は「布施」について。先日行ったバングラデシュ・チッタゴンでいただいた回転式うちわなどを紹介しながら。
布施とは我の解放及び開放であるのと同時に他者の発見。他者を見出さず、つながりの回路を断っていることが仏教における根本煩悩。

夕方、仏教者の仲間とともに、中国政府に宛て、チベットの現状をあきらかにするための国際調査団の受け入れ、及び「一時的な統一と安定を求める暴動鎮圧」ではない「対話による平和的恒久的な解決」への要請文を届ける。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

15の春

午前、地元の市立中学卒業式に近隣小学校PTAを代表して来賓として出席。
ここは私の母校でもある。

卒業生たちがひとりひとり卒業証書を受け取り、来賓席の前で一礼して自席に戻る。その様子をずっと見ていた。男子生徒と女子生徒、これほど違うか。
男子は概ね猫背、歩き方も照れや緊張もあるのだろうがきまっていない。まさに子ども。それに対して女子はみな立ち居振る舞いがしっかりしている。見られているという意識がある。見せている意識さえある子もいる。もちろん容姿は15歳のそれだが、醸し出す雰囲気はもう大人のもの。同級生の男子なんか相手にならないだろう。この卒業生男女がカップルになっている様子はぜんぜん想像できない。

式の後半、送辞と答辞は合唱に乗せて。この中学では合唱に力を入れている。本日は在校生が1曲、卒業生が4曲。
卒業生の歌の2曲目で、指揮者の男子が嗚咽。それにつられたように涙を流しながら歌声をあげる卒業生たち。
やんちゃそうな子もいたけれどその子にしてもかわいいもの。なんとも気持ちのいい空間に立ち会わせてもらったことに感謝します。みんながんばれ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いらっしゃいました

彼岸も2日目になってやっと寺報発送。
なんとか都内へは、あさっての彼岸法要前に届けられそう。案内が前日に届いたんじゃ実質的意味はありませんが。過ぎてしまえばかっこもつかない。
毎回毎回ほんとうに、締切に促されてなんとか動いてます。

寺報を本日中に出そうと、お彼岸のお参り先から急いで帰宅の途中、後から白バイのサイレン。止まれと指示される。スピード違反か?しかしここは住宅街の細い道。どんな無茶しても違反になるほど速度は出せない。
「すみませんねー、あそこの信号、赤でしたよね」それは、私が曲がったばかりのT字路。ちょっと変則的で、直線方向は信号による交互一方通行。そのため待たされる時間が長いので、つい信号手前の右の路地に曲がることがある。「あそこねー、信号の手前の停止線を越えて曲がるとやっぱり信号無視になっちゃうんですよね」
非常に丁寧というか丸い語り口の警官。お得意さまいらっしゃいませというところか。というのはこのT字路、赤信号時に右折する車はけっこうある。だからたまに物陰に白バイが待機しているのも私は目撃している。ところが今日は急いでいた故、ついやっちまった。
「お急ぎですか。すみませんねー。すぐ終えますので」と青キップを切って「はい、ちょっと高いんですけど、9000円。すみませんねー。25日までによろしくお願いします」はあ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

理解

彼岸の入り。暖かい。

午後、八王子在住の中国人留学生の話を聞いた。
20代前半の彼女。大学院で社会保険機構を学んでいる。
彼女は小さい時から日本へは恐ろしいというイメージしかなかったという。理由は、テレビなどからの情報。そこで流される日本の情報が、ほとんどが戦争映画。もちろん日本はまるまるの悪役。残虐非道。

それがいろいろな縁によって日本で学ぶことにより、印象は全く好転し、まだ固い先入観を持つ故国の人びとを説得する場面も少なくないとのこと。
その彼女は自分の経験からも、日本人たちの中国への印象が固定化していることを危惧している。日本での中国に関する報道はネガティブ傾向が強いのではと。

それも今の時期は仕方ないとは思いますが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

築地常例

築地常例法座出講最終日。
今日は朝の10分と、午後1時から80分。
今日も好天。聴聞の方もやはり30人ほど。

朝の席では「宗教とは、不安を消してくれるものではなく、自分をいきいきと不安にさせるもの」「念仏者がひらくのは、安心して悩める社会」などなど。

午後は「迷いを転じる」ことを例をあげて。前半では迷いの諸相をクイズやゲーム形式で体験してもらったが、休憩後、席に戻ると聴聞者の1グループが帰ってしまっていた。ありゃ、あそこまでの話で法話ってこんなもんなんだと思われたかも。失敗。途中休憩をとる時は、前半だけで一応完結させとかないとまずかったすね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いきなり春本番

築地常例2日目。
朝から風がとんでもなく気持ち良い。

今日は朝の5分と午前10時半から1時間。午後はお休み。
土曜日、しかも最高の好天で、聴聞の方も30人以上。
話の内容は定番、金子みすゞの詩を紹介しながら仏教を語るもの。ふだん法話を聞いていない人にも受け入れやすいかな、と。

午後、ご門徒宅へお参り。
気温は益々上がり暑いくらい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

靴がない

本日より築地本願寺にて常例法話の講師を3日間務める。

今日は、朝7時からの勤行後の5分間、午前10時半から1時間、午後1時半から休憩をはさんで80分、そして夜7時から60分。

天気は曇天。午後からは冷たい雨。雷さえ響いてきた。この悪天でもおみえいただいた十数人の皆さま。ありがたいことであります。

夜の法座を務めた後、夕食をとりに衣から着替えて外に出ようとすると・・・しまった。靴を持参するのを忘れた。スーツに合わせるには雪駄とサンダルとどっちがいい?
サンダルを選択。聴聞に来てくれた知人に笑われながら本願寺近くのイタ飯屋へ。あいにく満席。しかしテーブルに同僚の顔を発見。むりむり同席。のみならず駄弁を展開。身なりも行動も一致して格好悪い夜。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4/19は築地本願寺へ

4月19日土曜日夕方に、念仏者9条の会東京集会を開くことが決まりました。
築地本願寺本堂にて、永六輔氏と無着成恭氏をお迎えします。会費1500円。
テーマは「いのち・憲法・わたし」。いのちと憲法を次世代にわたしていくのはこのわたし。トークショーを通して、憲法九条を分かりやすく、また楽しく、多くの人びとの問題意識に訴えかけていきたいと思っています。
メインゲストのお二人はオールドメンですが、特に無着氏は東京でお話を聞く機会は貴重。大勢の方に来ていただくことを願います。

夜、小学校PTA連合会の会議。
最後の自由討議の中で、校庭の遊具について、遊具の不整備ではなく児童の責任において事故が起きた後、保護者から遊具の撤去を求められたらどう対処するか?との問いに少々のやりとり。
遊具の撤去ではなく事故が起きないように指導するのが大人の役目、という意見あり。しかし事情を聞くと、先の例ではその遊具、何年か前の卒業記念に設置されたもので、学校側としては前々から撤去したいと思いながらできなかったモノだとか。現場はいろいろ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

余裕がない

余裕がない。時間的によりも、精神的に。能力的に。

本日、会議4つ。
実はもうひとつ予定していた。他の会議と時間が重なっていたが、両方の会議室は近いので掛け持ちができるともくろんでいた。が、私の勘違い。一方は五反田、もう一方は築地。掛け持ち不可能であります。申し訳ありません。ご迷惑おかけしました。

夜、地元の小学校の地域運営学校の準備会議。
内容を聞いておどろいた。学校運営に地域の人びとを委員として参画させて開かれた学校教育を展開するという目的はいいとして、委員は教職員人事に意見することができる。こんなこと、組合の強かった時代には考えられない。現在はまだ試行段階でトラブルの報告はないということだが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

女性専用車両

早朝、箱根から戻り月参りへ。
ここのお宅ではお嫁さんのおなかに3人目の赤ちゃん。見た目はまったく目立たないが、まだ2歳にならないお姉ちゃんが動物的勘でどうもそれを察しているらしい様子がなんともかわいい。

昼、大阪へ日帰り出張。

JR大阪駅から電車に乗り込むと背後から声をかけられた。「その車両、女性専用みたいですよ」え?確かに。車内は女性ばかり。ドアには午後5時から女性専用とステッカーが貼ってある。これゃ失礼しましたとホームに出た。

大阪のJRでは午後5時から、列車の真ん中の車両を女性専用に当てている。知りませんでした。

隣の車両に移るとその後から、さっき私に注意をした男性が乗ってきた。
30代サラリーマン風こぶとりの彼はドア付近で携帯電話を取り出して大声でしゃべりだした。「あのな、今大阪。これから出るわ。今アホな男がおってな、女性専用車両に乗り込んで駅員に注意されよんねん。まったくなあ、アホが何見とんねん、笑ってまうわ」
携帯電話で話しているのはあきらかに偽装。私へのあからさまな当てつけでケンカ売っているようにも見えるが、不思議と全然腹が立たずむしろ笑ってしまった。
さすが大阪。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子ども相手

昼、キッズサンガ研修会。ふつーのお寺で、子どもに対して何ができるだろうかと考える研修会。
本日の受講生はまだ寺の仕事について間もない若手が中心。それでも、寺の従来のイメージに囚われている者、ネガティブ思考から抜け出せない者も少なくない。子ども相手に考えたことは全世代に対して応用可能なのだと気づいてくれれば「なんでわざわざ子どもを相手に・・・」という疑問は消えるはず。

夜、物づくり会議。
スタッフの一人が年度いっぱいで勇退するのを機会に慰労会を兼ねて箱根にて。
年度の境、勇退するスタッフ以外にも環境を変える者がいる。飲みながらその判断についてうだうだと持論をのべる。相手はうんざり顔。ああ、そういうみっともないところだけなぜか記憶に残っている。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

腕に疲労

彼岸の月ということもあってか、本日法事6件。
11時から17時まで昼食抜きで。

夜、両方の二の腕と背中に、筋肉痛に似た疲労感が残る。なぜだ。今日一日は特に重い物を持ったりした記憶はないが。
まさか一日中お経本を持っていたから?俺はそこまで衰えたか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

思い

月島の区民センターにて、地元の人たちによる地元のための平和イベント、平和プラザ2008が昨日7日から9日まで開催されている。
私はここに、戦時中の築地本願寺関連のパネルを貸し出すことを引き受けていた。が、私の勘違いにより搬入が一日遅れて会期中の今日になってしまった。
会場に入ると、一コーナーがまるまる空白。ありゃー、こんなにスペースをとってくれていたんですか、ホントに申し訳ありませんでした。いそいそとパネルを貼っていく。

会場では、いろいろなパネルなどのほか、戦時中の雑誌や軍刀など当時の実物が手を触れられる形で展示してある。非常に手作り感あふれるもの。主催者というかここに関わっている人たちの思いが形になっている感じ。

昨夜はここで憲法9条関連のパネルディスカッションが開かれ、仏教者代表として念仏者9条の会の東京世話人、本多静芳氏に登壇していただいた。私は残念ながら出席できなかったが、本日その様子を聞くと大変好評だったとのこと。有難いことであります。

夜、多摩地区のお寺が協働しての連続研修会。
ご講師は青木長生師。テーマは「浄土」。
「思い通りにしようとすることが迷いなんです。じゃあ思い通りにしようと思わなければいいんですね、と言われるんですが、それこそが、思い通りにしようとする心なんですよ」

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

彼方に

午前、ご門徒のお葬式。
ちょうど一年間の闘病生活。喪主であるご主人は「・・・いやーまいった。まいりましたよ。今までの親を亡くしたときとかとは全然違いますわ、女房に死なれるっていうのはこういうことなんですか。想像はしていたんですがねえ。いやあたまりませんわ」
亡くなられたおつれあい、幸せな方であります。
南無阿弥陀仏。

午後、東京教区の来年度計画をもむ役員会。
会議後は懇親会に流れる。この席でもかなり有意義な話が出たような記憶だけはあるが例によって忘却の彼方に。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

48歳で

知人のおつれあいの葬儀。48歳。
数年前からガンを患った。その箇所は完治したかに見えたのが意外な場所に転移、その繰り返し。
希有なほど明るい方だった。周りを和ませることにいつも心を向けていた。入院中も、いつも看護士さんや医師を笑わせていたという。その姿も想像できる。
最期はご自宅にて、家族親族に見守られながらのご往生。
南無阿弥陀仏。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春は名のみの

夜、消防訓練。
私が所属している部が今年操法訓練大会に出場する。その練習をしているのだが、今晩はとにかく寒い。まぬけなことに軍手を忘れて素手でいたところそこから冷気が全身に伝わって思考回路も凍らせた。すんません、ただいるだけでぼーっとしてました。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

午前、市内の墓地で建碑法要。好天でかすかな風も心地よい。春であります。

午後、ものづくり会議ふたつ。前者は新年度からのリニューアルの検討。春であります。
後者は年度末にあたってのふりかえり。春であります。

夜、お通夜の後にPTA連合会の会議。
10時過ぎに帰宅。空が薄ーく赤い。なぜ?地震か何かの前兆か?春だからか?

http://homepage2.nifty.com/enryuj
i

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またまた安物買い

ビデオテープ整理の能率を上げるためにテレビをもう一台欲しくなった。利用目的は内容確認だけなのでなんでもいいやと、ネットで調べて一番安い奴を注文。無名のメーカー、15インチ液晶で18000円。
それが今日届いた。が・・・
画面のピントが甘甘。輪郭がぼやけている。色もひどい。ベタッと平板。期待はまったくしていないつもりだったが、それにしてもよくこんなの売るなあ。
本当にビデオテープの内容確認だけなら10インチの奴でよかったんだよな、それなら1万円程度だったし場所もとらないし。こいつ、邪魔だよ。
またまた安物買いの銭失い。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

質素でいいけど

延立寺仏教壮年会総会。
昨年秋の設立総会から4ヵ月、本日は定期総会。出席率はたいへんよし。
議案もみな好意的に了承をいただいた。
総会後に記念法話を私が勤める。

その後懇親会。設立総会時の懇親会は金をかけすぎだったんじゃないか、と意見をいただいた。あれはまあ設立記念ということで特別。本日テーブルに並んだのはセブンイレブンのお弁当です。質素でいいじゃないですか、と納得の笑い顔。
でもなあ、懇親会を寺で開くのは盛り上がり上で問題がある。うちの立地上どうしても車でお見えになる方が多いため。今日も半分がウーロン茶。その方々も決してお酒は嫌いじゃないのに。やはり懇親会は外に出た方がいいか。でもそうなるとコンビニ弁当というわけにいかないし。

http://homepage2.nifty.com/enryuji
/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月

もう3月~。

朝、ご門徒宅へお参り。
こちらのお宅には、年1回この季節だけ、伺っている。その間お会いすることはまったくないので、ちょうど1年ぶりのご挨拶。
なのだが、感覚としてはつい少し前に伺ったばかり。もう1年経ったんですか〜しみじみする。しかし先方はご家族が増えたりお子さんが就職したりと盛りだくさんの1年だったとのこと。

昼、延立寺仏教婦人会例会。先月から蓮如上人御一代記聞書を読んでいる。
茶話会では高齢者どうしの人間関係の困難が話題に。「歳をとっても人格は丸くなりません。性格が煮詰まるだけです(by三好春樹)」との言葉に一同うなずいてしまう。
仏教を聞いていたらそれを改善できるのではないですか、と問われたが、それを不断に気づかせ続けるはたらきが仏教なのですよ、と答える。ご不満そうだが、気づきには必ずそれを引き受けられる力が随伴しているわけで。

夜、小学校PTAのおやじの会飲み会。
今回も小池シェフが町会会館の厨房で腕をふるい、4種類の鍋を用意してくれた。
前回のおやじの会で盛り上がった「父子で泥んこになる会」企画は、当てにしていた田んぼ所有者からのOKが出ず、時期的にも難しくなったのでボツ。代りに浮上したのが、夜中の学校校舎をまるまる使っての肝試し大会。夜中の学校ってお墓より怖いよ。校長先生も乗り気なので、実現可能性かなりあり。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »