« June 2008 | Main | August 2008 »

私から届いた

私宛に原稿依頼メールが届いた。
依頼主は私。・・・え?
あ・・・、個人宛の依頼メールを、私が参加しているメーリングリストに投稿してしまったんですよ・・・。やっちまったなあ!

文を読めば誤投稿であることはまあ明瞭なので大きな迷惑はかけていないだろう。それより、秘密のやりとりや誰かの悪口を書いていないで本当によかった。いや、そんなメールはいつも書いていないですよ、でもよりによってたまたま誤送信した時に限ってたまたま変なことを書いていることってありがちで。

カンボジア在住の知人が久しぶりに帰国しているので今夜会う予定でいたところ、折悪しく私に仕事が入って再会がかなわず。残念でした。次の機会を楽しみに。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自僧会

午後、自殺対策に取り組む僧侶の会(自僧会)のミーティング。
自僧会では昨年12月に、自死者遺族に呼びかけて、自死者追悼法要を行った。今年も12月1日に築地本願寺にて営むことを予定しており、今日はその打ち合わせ。
前回は式場が日蓮宗寺院だったため、日蓮宗式の次第にほぼそって法要を構成したが、今回は式場が築地本願寺なので、浄土真宗が一応まとめ役となる。が、超宗派という点も重要なので工夫は必要。

自僧会はスタンスとして、入会や活動への勧誘は積極的にはしない。ご自身の自発的なお申し出に期待し、それを信頼の根拠にしているから。そのことはもしかしたら閉鎖的な印象を持たれているかもしれない、という危惧はある。だから会の紹介をするリーフレットを作ろうという話も今日は進んだ。
自発性に期待しながら、でも今、自分たちがやっていることやこれから取り組もうとしていること、特に手紙相談のスタッフが決定的に足りないのも事実。思いのある僧侶の方(関東在住に限る)、ご連絡ください。
自殺対策に取り組む僧侶の会

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (1) | TrackBack (0)

業界

ゆうべ、築地本願寺にて、寺ネット・サンガの会合。
先月に続いて二度目。今回も葬儀関係の業者の方約30名に加えて、医療、福祉、行政、研究等の各分野で葬儀や死の周辺に関わり、あるいは改善を求めている方、そして超宗派の僧侶が集まり、よりよい環境づくりのための懇談会。

「寺ネット・サンガ」自体は構成員は僧侶。葬儀とその周辺を切り口として、葬祭業者と寺側の相互の不信感を払拭しながら、具体的な社会貢献を果たしていこうという集まり。まずは業者側には、この業界に横行しているキックバック(紹介料)を排することを求め、同時にお布施の半額相当を信頼できるNGO・NPOの活動に振り向けるものとする。

今日の懇談会でも、葬儀の現場で出会ったバカな僧侶の例がいくつも聞かされた。また、葬祭業者のお一人から、「いいお坊さんだと思える人は、寺を持たずに葬儀専門に活動している人に少なくない。葬儀の後にお施主さんから、これからもあのお坊さんにお世話になりたいので連絡先を教えてほしいと尋ねられるのはそういう人」と聞き、ちょっと考えてしまう。寺があることが隙になったり寺にあぐらをかく僧侶はいるだろうし(私もそのひとり)、寺がないのは寄付の心配がないと安心する人もいるだろう。しかし。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

藤岡へ

午前、群馬藤岡のお寺にて、朝鮮出身で戦時中もしくは終戦直後に亡くなり身元が分からないままになってる遺骨の調査に立ち合う。
お骨は一体のみ。朝鮮出身らしい名前が記されている。前坊守さんが昭和27年に嫁いできたときに姑さんから「朝鮮の方のお骨を預かっている」という説明を受けたのみで詳細は不明。これでは身元を辿るのは難しかろう。
調査には厚労省から1人。担当者は全部で3人だそうで、手分けして全国を回っているとか。中には、調査に行ったらそのお骨の配偶者が存命だった(戦時中死亡でもなく、身元不明でもない)という脱力の例もあってご苦労されています。

調査を終えてすぐ八王子の寺に戻る。関越から圏央道を使うと藤岡八王子間が一時間少々。近くなりました。で、あんまり順調なのでついうっかり、あきる野インターで下りそこなった。ぐるーんと中央道まで行って八王子インターまで。通行料+通行時間をムダに。はあ。

午後から延立寺法話会。講師は赤川浄友師。本日も例によって、本題に入るまでに30分を費やす。これがこの方のスタイル。

法話会後、多摩地区のお寺の集まりである「多摩組」の機関紙の取材を受ける。記者は各お寺で活動されているご門徒さん。法話会からご一緒いただいた。何もない時の寺の様子を見ていただくのもけっこうですが、今日のような行事や会合の時の方が寺の顔は見やすくなります。さて、ごらんになっていかがでしたでしょうか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

真夏にもかかわらず、法事5件。
うちは客間にも本堂にもクーラーがない。
申しわけないことでございます。
せめて暑さと扇風機の風と延立寺の地下水で作った麦茶をご堪能ください。
法事の合間合間に顔を洗う。石鹸の消費量、前月比3倍。

夜、町会のお祭に消防団員として顔を出す。消防団は警備&花火担当。飲み物販売のブースも出す。
7時前までぼつりぼつりと断続的な弱い雨。これじゃ花火は出来ないかと思っていたが、7時半近くになって雲が消えた。急いで準備にとりかかる。雨のために人がまばらだった場内も、次第にいっぱいに。
他の団員が花火に取りかかっている間、私はブースに残り飲み物販売。今年の一番の人気商品は桃の天然水。そしてカルピスウォーター。
途中から小4の長女とその友だちが手伝わせてと言ってきたので売り子をまかせる。はりきって声をあげる娘。交易って儲けとは関係なく本質的に楽しい行為ですよね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

授業料

ちょっと大きい買い物をした。
ワイヤレスマイク用アンプ。チューナーを増設したら定価は23万円を越えてしまう。
少しでも安く買おうとネットを探して、最安値の店で注文した。

それが本日届いた。よしよし。新しいモノが届くというのはそれだけでなにかトキメキがあるものです。
しかし納品書を確認すると、記憶にない価格が加算されている。カード使用手数料、9000円。がーん。トキメキが一転奈落へ。

少し前まで、安売りの店でカードを使う時はカード使用手数料を上乗せされるのが常だった。3〜5%。それが今は、特にネットショッピングではカード決済が当り前になって、カード使用手数料なるものが存在することを忘れていた。
今回注文した店のウェブサイト上にはカード使用時には手数料が加算されることは大きく表示してある。注文時にはちゃんと支払い合計金額の確認を求められており、私はそれにOKボタンを押している。
120%私の不注意。しかし不注意にもほどがある。

まあ、9000円余分に払っても、やっと他店と同価格くらい。決定的なダメージとはならないが、最低価格を求めて探したあの時間がまるまる徒労になった。
安易なカード使用を戒める授業料と考えよう。思えば私は今まで方々で授業料を払ってきたがそれがどれだけ回収できただろうか。まあいい。学びや教育は商取引では断じてないと内田樹氏も言っている。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

研修3日目

僧侶研修会3日目。
ご講師は午前午後ともにペマ・ギャルボ師。
午前は「チベット仏教の思想」。思想そのものというより、チベット人の生活において仏教がいかに根づいているかをお話しいただく。
興味深かったのが、生活における仏と神。両者は棲み分けをしながら共存している。仏は精神的基盤であり、高次的。神は現世的というか下世話的というか、人間と同類の欲望を持つものであり祈祷の対象となる。日本における「神」と非常に近い。この思考方式はある種の普遍があるのかも。

午後はチベットからインドへ雪山を越えて命がけで亡命する子どもを撮ったドキュメンタリー映画『ヒマラヤを越える子供たち』の上映後、ベマ師に「チベットの歴史・現在・未来」をテーマにお話しいただく。
長年ダライラマ14世の側近だったペマ師がその素顔と思想を笑いとともに語る。ダライラマ法王がチベット人から敬愛され信奉されるのは、その地位や政治力とは別次元の素朴な人格が大きいのは確かと思う。

研修会後、別の門信徒向け研修会の企画会議。この研修会で今取上げるべきテーマは何か。アイデア出しの意見が尽きない。この段階は楽しいですね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (2) | TrackBack (0)

先送りは

僧侶研修会2日目。
午前は本願寺派で新たに制定された浄土真宗の教章について、改正の眼目を教学伝道研究センター長の上山大俊師の講義。

午後は映画『六ケ所村ラプソディー』上映と同映画の監督・鎌仲ひとみ氏の講演。
現在日本のエネルギー・CO2対策は原子力発電を柱としている。というより原発に偏向している。危険も放射性廃棄物も先送りにしながら。
講演後、監督自らロビーで書籍&DVD販売に立つ。おかげさまで反応は上々。

夕方、今年の9.11に築地本願寺で開くイベントの会議。当日まで1ヵ月半に迫りながら詰っていないことが多すぎる。先送りにはできない段階。さて。 

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

浄土

僧侶研修会1日目。
午前、僧侶として自死問題にどう取り組むかの研修会。
ワークショップとして、自殺を考えているという手紙に対する返信を書いてみる。つい説教をしてしまいたがる僧侶にとって、寄りそうことを第一にすることは案外困難なこと。しかしそれは浄土教に依拠する僧侶として必須の態度。

午後、有國智光師。講題は「浄土のリアリティ」。
ご自身のお子さんを亡くされた経験を踏まえて、浄土を語っていただく。
「(息子の)遊雲さんは浄土へ往った、というのはウソだった。遊雲さんはお浄土になったのだ」は至言。
有國師の著書『遊雲さん 父さん』(本願寺出版社)は、私見では、浄土教思想概論として、あるいは臨床仏教学のテキストとして最良の一冊。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (3) | TrackBack (0)

三軒茶屋

午後、会議2つ。
2つとも、ある意味で教団の質を変えようというたくらみ会議。でも集まっているのが力を持っていない者ばかりなので、手詰まり感たっぷり。

夜、三軒茶屋へ。ここに足を踏み入れたのは15年ぶりか。ずいぶんさっぱりした印象はあるが、それでもまだまだ雑多さを色濃く残す。この街は私の中ではかつて愛読していた『シティロード』という情報誌となぜかセットになっている。自分でも意味不明。
目的はカフェOHANAにてのチベットナイト。
店内は20代の人を中心に約40人。満席。
チベット僧のパルデン・ギャツオ師のお話をうかがう。苛烈な拷問による弾圧の体験談。若い人たちが涙して聞いている。
後の質疑応答では、祈りの仕方や心得を尋ねる若い女性も。この若者たちの少なからずが仏教自体に惹かれている。

お話の後は読経にシタールをのせたパフォーマンス。まったりと。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

煩い

・・・余裕がない。
今は、音楽がうるさい。音楽が癒しにならない。
電灯の光さえうるさい。デスク用のスタンドライトも消してMacに向う。

口内炎が痛む。
大きさ、直径6ミリ。
こいつも私から余裕を奪っている。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ガソリンに連動

体重計の針が80キロに限りなく近づいてきた。
ここ1年以上76〜7キロあたりをうろうろしてきたが、この1ヵ月、じりじりと増え続けている。別に大食大飲をしてはいない。なのになぜ。水分を多くとっているから水ぶとりですかね。暑さで動かなくなっているからでしょう。本当に歩く気がしない。

夕方、近所の老人ホームの夕涼み会にうかがう。
演歌歌手の歌にヒグラシの鳴き声が重なる。「え?もうヒグラシが鳴いてるの?」と同席の方が驚いている。この方も、ヒグラシは晩夏と思い込んでいる。俳句でもヒグラシって秋の季語なんですね。でも少なくとも八王子ではヒグラシは夏のはじめ。セミたちの先頭に登場し、8月半ばには鳴かなくなる。順番では、ヒグラシ、ニイニイゼミ、アブラゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミ、そして夏の終りにツクツクホウシ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (2) | TrackBack (0)

夜の校舎

夜、長女の通う小学校で、校舎全部を使っての肝試し大会!

発案はおやじの会の飲み会にて。子ども時代に寺に泊まって肝試しをした思い出話が出て、今年それをやろうか、いや、怖さで言えば寺より夜の学校だろう、理科室とか階段の上り口とか、あの学校は本当におかっぱの女の子が出るんだぜ、と盛り上がる。校舎での肝試し、どうでしょうね、と同席していた校長先生に話をふると、いいじゃないですかやりましょうと二つ返事。

子どもが何人来てくれるかね、50人か、いや、けっこう100人はいくんじゃないか、と見込んでいたら、実に173名!
当日、お手伝いしますと手をあげてくださったお父さんは30名以上。初めてお顔を見る方も少なくない。その方たちに、校舎内のポイントで待機していただいて、安全確保&怖がらせ役をおまかせする。

子どもたちは全員体育館に集合させ、高学年中学年低学年の3人を1組にして順番に暗い校舎内に送り出す。待機している間はプロジェクターの大画面で稲川淳二&アニメ『学校の怪談』上映。

校舎内から悲鳴が響く。それが途中からだんだん大きくなっていく。お父さんたちも反応を見ながら乗ってきたらしい。でも出口での子どもたちはみんな満面の笑顔。組み分けは機械的にしたが、どの組も上級生が下の子をフォローしながら無事ゴールした。それが何の指導もなく自然にできていることに感心する。
PTA関連の行事でこれだけ子どもの反応もよく、親の協力も得られたものは記憶にない。打ち上げのビールの美味しかったこと。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんな姿で失礼しました

葬式。
式後、火葬場へ私は自分の車で向う。会葬者が見守る柩車の後に付こうとした時に気づいた。しまった、車があまりに汚い・・・。

今日は愛車ラパンが都合で使えず、めったに乗らないミニバンで来たのだった。
両側のドアミラーにクモの巣が張っている。全体が黄砂とも花粉とも判別つかない汚れで覆われ、窓は天然曇りガラスになっている。ワイパーを使ったら、ザッザッザッと削っているような音がした。しかし洗車する時間がなかったのでそのまま式場に来てしまった。

式場の駐車場でも隅の方に入れて目立たないようにしていたが、ああ、見送られる方がこんな形で並ばれるとは。
すみません、こんな風体で人前に出てしまって。大変ご無礼いたしました。

式場を出てまもなく雨が落ちてきて、火葬場についた時にはちょうど大どしゃぶり。間が悪い雨よ、もし1時間前に降ってくれれば恵みの雨と呼ばれたのに。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新斎場

本日、楢原斎場にて初めて通夜を営む。

うちの近くに新たに市営斎場ができた。
が、できたのは葬儀式場だけ。火葬施設はついていない。
場所は浅川にかかる橋のたもと。片側1車線のため、右折車が1台あっただけでたちまち渋滞を起こすポイント。
最寄りのバス停から年配の方なら歩いて15分はかかるんじゃないか。

建物はずいぶん前に完成していたが、いつオープンするんだろうと思っていた。が、4月にとっくにオープンしていた。稼働率はかなり悪いらしい。
本日のお施主さんに、ここの職員がぼやいていたそうだ。「利用者が少ないんですよ。まだ知られていないからですかねー。お知り合いに宣伝していただけませんか」・・・宣伝って。快適ですよーどんどん使いましょうよってか。
本日も4つある式場のうち、使っているのはひとつだけ。市長の肝入りで建設されたらしいが、本当に利用者があると思っていたのか?思っていたなら無能の証明以外の何ものでもないが。

さらに。会葬者の飲食用スペースにこんなアクリル板が打ち付けてある。「お清め処」・・・公営の施設で「お清め」ですか。うちにご縁のある方には使用を遠慮させていただきます。

火葬施設を併設すれば予約はすぐに埋まりますよ。でも建設の予定はないらしいがそれは嘘でしょう。タイミングをはかっているんだとは思うが、しかしその前に周辺道路、特に橋近辺の整備は必須。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (2) | TrackBack (0)

40年

扇風機が壊れた。
スイッチを入れても羽根が回らない。
ちょっと前に発火事故が報道されていたこともあり、使用を断念する。

この扇風機が我が家に来る前は、うちには全身金属のやつが1台あっただけ。それで間に合っていたというのが今考えると不思議。夏もそんなに暑くなかったんだろう。「今日は30度を超えたんだって!」という会話も覚えている。

新たに2台導入したのは1968年夏。40年前。私は小学校2年生。
羽根カバー以外はプラスチックが多用されて、今風に思えた。ボタンを押すと首がぐいーんと伸びるのが面白くて何回もくりかえして遊んでいた。

実に40シーズン、40年働いてくれました。これはもう本望でしょう。
しかし同時に導入したもう1台はまだ現役。41年目の今年も働いてくれています。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (2) | TrackBack (0)

安全運転実施中

寺報、やっと発送。お盆法要の案内は当然削除して、替わりに彼岸法要の案内を載せた。もう秋が近いのか。梅雨も明けていないのに。

都内を車でお盆参り。以前とくらべてはっきり交通量が少なくなった。駐車場も空いている気がする。その第一の原因は間違いなくガソリン高値の影響だろう。ま、しかしこれだけスムーズに走れるのなら高いガソリン代を払う価値はある。

最近私は黄色信号で止まるようになった。
以前、免許更新時の講習でこんな指導を受けた。「信号の青は『進め』、赤は『止まれ』ですね。では黄色は何ですか?『注意』だと思っている人が多いんですがそれは間違いです。『急げ』でもないですよ。黄色も『止まれ』なんです」
私はずっと黄色は「注意」もしくは「急げ」だった。しかし今私は黄色は決して無理しません。これは、道がスムーズに進むので余裕ができたからでもありますが、なによりも、先日の交通違反で免停にリーチがかかったからであります。
私のような人間がいるから、反則点数制度というのはそれなりに効果はあるんだろう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (3) | TrackBack (0)

いや、かなり本気

お盆参り。
移動中の車の中で、一昨日のクラス会の模様をMDで聞く。

私は高校クラス会では、必ず記憶をなくす。それを私は恥じない。なぜなら、私が記憶をなくせるのは、そこが心底気を置けない場所だからであって、それを一応は許している空間への信頼と敬愛と誇り(そしてもちろん甘え)があるから。
しかしそれで出席者の近況などが分からないのはあまりにもったいないと、昨年から宴の間ずっとMDを回すことにした。

再生してみて・・・始まりから1時間の時点の会話がすでに私の記憶にない。
それぞれの近況報告にかぶさって、私の合いの手の声が響く。「よしッ!」「よしッ!」「よおしッ!」・・・うるせえよ、俺。黙れよ、俺。

その後、自分の近況報告では「えーと、ええっとですね、えーーーっとお」明らかに呂律が回っていない。それ以上に頭が回っていない。「あのー、ね、あのおー、あのーーー」・・・もういいから引っ込んでろよ、俺。みっともなさすぎ、俺。

すんません、もし私が酒席で「よしッ!」「えーと」「あのー」を連発しだしたら、どうぞそのへんに放置してやってください。記憶回路はとっくに停止してますので、何を言われてもその言葉は瞬間に霧散します。

・・・深酒はやめよう。ちょっと本気で思った。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (3) | TrackBack (0)

盂蘭盆会法要

盂蘭盆会法要。
暑い中、案内も出していないのに大勢さまがお参りくださいましてありがとうございます。
午前の法要後の法話では、秋葉原事件に言及する。が、頭の中では整合性があったつもりだったが、話しているうちにどんどんまとまりなくなってきた。すみません、今回の寺報に書いた原稿の方がまだ筋が通っていると思います。本日言わんとしたかったことはああいうことですので、お許しください。

午後の法要後の法話は軌道修正をして、秋葉原事件への言及はせずにオーソドックスな話。
夜、ヒグラシの鳴き声を聞きながらのビールのうまいこと。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

この店では最後

午後、どしゃぶり。
夕立というにはまだ早い時間だが、恵みの雨と言っていい。風の匂いと質が変わった。

夜、高校時代のクラス会。卒業以来毎年続いている。
例年だと6月に開いていたが、今年は会場の都合もあって、7月。
十数年もここ、道玄坂の「花のえん」で続けてきたが、この店は8月いっぱいで閉店する。20人で4時間以上ねばれる新宿もしくは渋谷の店、ありませんかね。

明日にお盆法要があるのでいつもより酒は控えようという私の目論みは15分も経たずに瓦解する。ワインを2本空けたことまでは覚えているが、あそこで交わされた会話の全てが頭に残っていない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

間に合わなかった

今年初めてヒグラシが境内に鳴く。例年よりかなり遅いのでは。

午前、電話が鳴る。「あの・・・原稿は?」あ、週明けにはお届けしますよ。「えっ・・・今日の午後4時が最終締切なんですが・・・無理ですか?」
そうだっけ?私の頭には締切は14日、と刻まれていたんだが、もしかしたらそれは私の願望が作り上げた幻だったかもしれない。急いで書き上げて送る。

そのせいというわけではないが、寺報完成せず。本日中の発送を諦める。ということは、ご門徒への盂蘭盆会法要案内が間に合わなかったということ。
いままで、なんだかんだとバタバタはしても、結果的に締切には間に合わせてきた。今回それがかなわなかった失態は、自分の中ではちょっとした傷。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

葬儀

昼、葬式。つい4ヵ月前にお母さまを亡くされた方。母娘の二人暮らしで、病に罹ったのは娘さんの方が先だった。
4ヵ月前のお葬式の時、子を喪う経験を親にさせないで安心したと笑っていた。
お会いする時はいつもとても明るくしていらっしゃったが、病院では看護士さんとの相性もあまりよくなく、最期はかなりつらい闘病になったとのこと。南无阿弥陀仏。

夜、死を巡る環境をよくするためのネットワークづくり会議。
葬儀において、葬儀社と僧侶は必ずしもいい関係ができているとは言えない現状がある。双方がともに不信感を持っている。もちろん、ふざけた業者はいるし、ダメな僧侶もいる。それらへの批判も必要だが、確かな志ある業者と僧侶がまともな仕事を重ねていこうと手を組む方が精神的にも健全だ。幸い、現状への問題意識を強く持っている業者とのつながりができつつある。それに僧侶が応えられるか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (1)

痛い

肩凝りと首凝りがすさまじい。私の慢性のそれは左肩甲骨の上あたりと左肩。しかし今は右肩が痛いくらいに凝っている。マッサージを頼むとしても、ソフトコースでお願いしたい。これは何でありましょうか。特に心当たりはないのですが。

コンビニのATMからカードで現金を引き出す。控えを見て驚いた。預金残高が数十万単位で減っている。こんな高価な買い物をした覚えはない。ひょっとして、この前泥酔した時に財布からカードを抜かれたか?通帳を引っ張り出して記帳してみると、あら、長男の塾の会費が引き落とされていたのだった。半年の受講料と夏季講習分がまとまるとこの金額になるのか。正直、痛い。
長男は中三。この春から塾に通い出した。子どもを学習塾に通わせるのは初めて。今まで金をかけてこなかった分を今まとめて払っていると考えればまあ高すぎることはないか。
それに、塾に通わせた効果がいきなり期末試験に出ている。放っとくと限りなくダメだがケツを叩けばそれなりにはなるというのは親譲りなのか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

欠けた

ゆうべ、僧侶仲間と久々の再会。彼は昨年の春から一年間、永平寺での修行生活を送っていた。今は東京の寺で法務&勉学の日々。

その彼が持参したMacBook。パームレストが少し欠けている。「心当たりないんですけど・・・ショックですよー」
え、あなたも。実は私もです。
私のMacBookも彼のとまったく同じところが同じように欠けてしまった。ちょうど持参していたのでそれを見せると「ほんとだ、まったく同じですね」
帰宅後ネットで調べると、パームレスト欠けは多いらしい。保証対象らしいので、来週にでも修理に持ち込もう。

昼、先日の日曜日に草むしりをしてくださった壮年会の役員さんが来寺。日曜日はお世話になりました、と話をしていると、反省会の後、スターバックスでコーヒーを飲む前に私とその方ともう一人、三人で二軒はしごしたらしい。しかし私はそのうち一軒の記憶がまったく欠けている。ほんとにすみません、私、何をお話ししていたか、全然覚えていないんです、と頭を下げると、「いやー、実は私もなんです」と笑う役員さん。消えた言葉とアイデアは、まあ本当に中身があれば復活するでしょう。まず十中八九復活しないでしょうが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

怪しい

朝、本日から2泊3日の移動教室に行く次男を集合場所へ車で送る。
もうすぐ八王子駅に着く頃になって、後部座席の次男が泣きそうに訴えた。「これじゃ四中につかない!」
え?集合場所は駅じゃなくて学校だったの?
あわてて車を学校へ向ける。5分遅刻。
後部座席で次男が不安そうにしているのは気づいていたが、初めての移動教室で、しかも天気も怪しいせいだと思っていた。しかし車が怪しい方向に向っていたせいだったのね。申しわけない。

夜、銀座を車で通ると、検問に引っかかる。免許証を見せて、車の後部を確認させる。その間、私の車のナンバーを控えている警官も。
軽が怪しいという情報でも入ったんですかね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

反省

暑い!

炎天下、延立寺仏教壮年会の方々に、盂蘭盆会を前に、境内の草むしりをしていただいた。約90分の作業。皆さん汗びっしょり。

作業後、八王子駅前に場所を移して、反省会。
飲みながら本日の作業をふり返ると、どれが雑草かわからなかった、雑草の抜き方が分からなかったという声多し。草むしりにも、知識も経験もいるのです。

二次会後、コーヒーを飲んで帰宅したのが深夜。反省会が始まった時間はまだ明るかった。そんな長時間、役員さんたちと何を話していたか、まったく記憶にない。それをまず反省しろよ、俺。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっとLeopard化

暑い!

午後、延立寺仏教婦人会例会。
本日、延立寺婦人会が「やまゆりの会」と命名されました。

デスクトップのMacのOSをやっとLeopardに替えた。
インストール用DVDは半年以上前から手元にあったが、なぜかドライブとの相性が悪くて、インストールできずにいた。しかし今回はアーユスの事務所のマシンでインストールしたHDをこちらに移植。やっと念願のLeopard化。

いや〜快適~。
PantherからTigerに替わった時は特に感動はなかった。というより、今まで愛用していたソフトのいくつかが使えなくなる状況となり、正直不満だった。
それが、Leopardにしたら、Tigerで使えなかったソフトがいくつも復活している。その他のソフトもTigerより動作が安定している。Tiger時代にはパーティションを切ってPantherを入れて、ソフトによって切り替えていたが、もうその必要がなくなった。

それに、なによりTime machine。一時間ごとに自動的にデータをバックアップしてくれるソフトだが、もう感動すべき簡便&完璧さ。もっと早く移行すればよかった。
おそらくOSの次の進化時にはPowerPCのMacは切り捨てられるだろう。それもよし。Leopardの完成度は高いので、長い付合いになる予感。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中学校にて

暑い!今年初めての30度越え。八王子は33度。

午後、地元の中学校の公開授業をのぞく。ここは、うちの子どもは通っていないが私の母校。
学校内を副校長が案内。ジャパネットたかた並と評されるほどの熱心かつ達者なしゃべり。いまや公立学校でも生徒獲得のためのアピールは必須。

授業参観の後は近隣の小学校PTAと中学校のPTAとの連絡懇談会。
中学校から出された話題は子どもの携帯電話。しかし小学校側の反応は鈍い。小学生は高学年で持たせているケースは増えてきたが、まだ問題といえる事象は見られていない。しかし中学生となると、携帯電話とネットの使わせ方は生活指導上の第一かつ最大の課題となる。
「子どもにとっては、携帯を使いこなすことが大人になったような気持ちにさせるんじゃないでしょうか」という指摘があってかなり納得した。私の中学生時代は大人への階段はタバコだったり性への関心だったりしたわけだが、今の子のそれは携帯に集約されるわけですね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

マジックアワー

会議3つ。

午後は宗派内での自殺対策関連の会議。今月予定している僧侶対象研修会での自殺対策をテーマにしたワークショップの打ち合わせ。

3つ目の会議が早めに終り帰路、八王子インターを下りたのは夜7時過ぎ。
まだ十分に明るい町。家々から夕飯の匂いが漂う。ここはシチュー、こちらは焼き魚。この時間帯に住宅街を通ることは最近あまりないが、心地よい風と共にどこからか夕食の匂いが届くたそがれ時の幸福感は、ちょっと他に代替はない。確かに間違いなくマジックアワーだ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おんなたちの如是我聞

午後、築地本願寺にて公開シンポジウム「おんなたちの如是我聞 ジェンダーイコールな仏教をめざして」。
曹洞宗、天台宗、日蓮宗、真宗大谷派に所属するの女性僧侶の方々をパネリストに、それぞれの現場でのご苦労と熱い思いを語っていただいた。
パネリストの数がちょっと多かった印象あり。それぞれからいただいた問題提起を深めるにはいたらなかったような。
しかし休憩時間や終了後ロビーで行った茶話会では話の輪がいくつもできていた。参加者の多くがお客さん感覚ではなかったのは空間として幸福だったと思う。
私は共催団体の代表として閉会お礼の挨拶。

打ち上げを兼ねて近くのイタリアンレストランで食事。パネリストの方々に加えて尼僧の方数人。そのうちのお一人、「私は前は美術の教師をしていたんです。その時になんだか、僧侶の生き方ってすばらしいなあって思っちゃったんですね。定年まであと少しだったからそれを待ってからでもいいじゃないかって周りにも言われたんですけど、そんな、年金の額で出家の気持ちを左右するなんて不純じゃないかと考えて、途中退職してお坊さんになっちゃいました。今考えるとバカでしたねえ」と笑う。
いやあそれはバカでしたねー、と同席したみんなも大笑い。

http://homepage2.nifty.com/enryuji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もう7月

もう7月~。時の速さが信じられない。信じたくない。信じない。で、6月末締切の原稿、もう少しお待ちください。

「今度書き替えるのはいつですか」と何人にも言われていた門前の掲示板、ひっさびさに書き替え。
「人は出会いによって人に成る。私はあなたに出会って私に成る」
今後は毎月替えるよう努力します。って前も言ってたけど。

夜、PTA連合会役員会。他団体からの出向依頼について検討し、ご遠慮申し上げることに。今年度の役員はこのあたりの割り切りができるのが気持ちいい。「やるべきことに絞っていかないと役員のなり手がいなくなっちゃいますよ」その通り。会長さんには頭を下げていただくことになりますが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »