« December 2008 | Main | February 2009 »

クーサークル

法事を勤めに都心へ。風がめちゃくちゃ強い。南風なら春一番。でももちろん今日のこれは北風。傘がぜんぜん役にたたない。

愛犬クーは昼間は駐車場の入り口につないでいる。
紐の長さは約3メートル。人が大好きなクーはお客さまが見えると紐の長さいっぱいに飛び跳ねて歓迎する。そうやっていつのまにかその場所に半径3メートルの丸い茶色の土俵が出来てしまった。名づけてクーサークル。

ちなみにクーは、駐車場まで車で入って来られた方は吠えずに大歓迎しますが、門の前に車を停めて上がってこられた方にはなぜか吠える傾向があります。クーと仲良くなりたい方はどうぞ車で中までおいでください。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恩人逝去

延立寺の境内整備にお世話をいただいていた金子さんが亡くなった。本日通夜。
腕とセンスがとびきり良かった。延立寺の玄関前の石組みをしていただいたのがこの方。他ではうかいグループの庭作りを一手に引き受けていた。ミシュランで星を取った東京芝のとうふ屋うかいも金子さんの仕事。
働き盛りの時には大酒飲みで酒乱ぎみで周りから疎まれていた。その時もうちには出入りしていて「この寺はへんな人が寄ってくるね」などと笑っていた。その中に自分は入っていなかったらしい。
ご長男のお嫁さんのおかげで酒を断ってからは穏やかな、仕事がほんとに好きなおじさんになって、草むしりくらいの仕事もよろこんでしてくださった。
あきる野の病院に入院。お見舞いに行くと、3月には仕事に復帰するつもりなんだけどと気弱そうに笑っていた。それから4日後の訃報。
合掌。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (1) | TrackBack (0)

アーユス新年会

4月、築地本願寺の花まつり行事に併せて、11日(土)午後に境内でにぎやかしを計画している。なんと落合シェフのラ・ベットラが協力してくれるという話もある。これ、期待していいんじゃないですかね。
当日夜は本堂で仏教に材をとった落語会。落語と本堂は親和性が高い。というか、実は落語のルーツは仏教の説教だったりする。どうぞご予定ください。

午後、アーユスミーティング。事務所が回っていない。諸々の理由はあるが、事務局員を増やす時期だろうと判断。いい方が見つかればいいのですが。

夜、アーユス新年会。
今回はアーユスのメーリングリスト上だけでの告知とした。ちょっと内輪感があるがそれでも50名近くのご参加をいただきました。アーユスは愛されているなと思います。参加者間でも話ははずんでいた様子ですし。
各団体の自己紹介の後、パレスチナ子どものキャンペーンの中村哲也さんから現地の最新写真をまじえて報告をもらいました。後で彼にめざましテレビ(1月16日に密着取材が放送された)の話題をふると「うわっあれ見られちゃいましたかー。よりによってあの朝遅刻しちゃったんですよねー」。はい、それもまたラブリーでしたよ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

軽い

昨日、会議中に携帯電話が鳴った。「急に申しわけありませんが明日の午後にインタビュー取材に付きあってくれませんか」とのこと。手帳の予定を見て、ええいいですよ,とだけ答えておいた。

そして本日、築地から私の車でホテルニーオータニへ。ところで誰の取材なの?「嘉門達夫さんです」ええー!それ昨日の電話の時に言ってよー、俺何も予習してないよー。
ホテルの喫茶店でお会いした嘉門さん、印象よりもガタイはよく、きさくな方。40分いただいた時間の中で私から聞いたことは2つだけ。昨年出したセルフカバーアルバムについてと、お歳について。嘉門氏はこの3月で50歳になる。50歳というとやはり大台、御自身では何か期するところはありますか。「いやー、全然ないですねー。ぼくは幾つになっても偉そうになりたくないんですよ。明石家さんまさんや桑田佳祐さんがそうなんですが、おふたりともふだんはほんとに軽いんですよねー」この軽さは幼さではなく大人の謹みですね。著書などを読んでいけばもっと話が聞き出せただろうと残念に思う。これから読みます。

夜、「寺ネットサンガ」ミーティング。
一般の方への寺側の「親切」とは?お布施の額を明示することか?ただ額を低くすることか?どちらもそれを採用した時点で布施の「意味」は限りなく軽くなる、という認識で一致。では布施が本来の姿として理解されるにはどうすればいいか。一般以前に業者さんにご理解いただくのからして一苦労。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

会議と新年会と

午前、NPO法人ライフリンクにて、3月14日に築地本願寺で開催する自殺をテーマにした公開講座の打ち合わせ。ライフリンクの代表、清水氏から、仏教界への率直すなわち辛辣な意見を頂く。3月の公開講座はそれに応える場とする。

午後、来年度東京教区の粗々の予算検討会議。

夕方、築地本願寺新年互礼会。
これが、いつになっても始まらない。20分、30分を過ぎても。
この開会時刻までに終るはずだった会議が長引いたため。その説明が不十分だったこともあって、招待客の中には立腹のまま席を立つ人も。
結局始まったのは定刻を1時間少々過ぎて。失礼千万なことをしながらも大勢の方が残ってくださった。築地本願寺はこういう方々に支えられております。

私は互礼会の懇親会開会を待たずに移動。昔、延立寺があった地域のお寺の新年会へ同窓会感覚で参加。
途中でなぜか説教モードになってしまった私。疲れていたんでしょう。すみませんでした。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『パッチギ!LOVE&PIECE』

京都日帰り。
研修会の講師を務める。若手布教使を対象にテーマは「差別・人権・自殺」。
初めての席でどういう方が受講されているかも読めなかったので、私が用意した内容はご期待とはちょっとずれていたかもしれない。お退屈さまでした。

帰りの新幹線の中でDVD視聴。『パッチギ!LOVE&PIECE』。
『パッチギ!』の続編。正編はまだ未見。しかし正編の方が傑作という評判なので、両方見るのであれば順序としては続編が先でもいいでしょう。
冒頭の乱闘はちょっとやりすぎ。あれじゃファンタジーになってしまう。いや、この物語はまるまるファンタジーだったのか。クライマックスの、これから若手女優のトップを走ろうという主人公が晴れの舞台で涙するシーンからしてたしかにそうだ。
これは正直言って残念。特に70年代の日本社会における在日朝鮮・韓国人の立ち位置の複雑さはいくらでも物語として料理はできただろうに。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

揉む

手帳と寺の予定表を突き合わせて青くなった。・・・ダブルブッキング3件発覚。
そのうち1つはどうやりくりしても掛け持ちできない。片方に即刻電話をかけ平謝りしてキャンセルしてもらう。
あと2つはいろいろ揉んでみてなんとかいけそうだが綱渡り。道が渋滞だとアウト。どうかみなさま、少なくともあと二ヵ月の間、中央道と首都高では交通事故とか荷物落下などくれぐれも起こさぬように。その後ならいいというわけじゃないが。

ご門徒から使わなくなったというマッサージチェアをいただいた。
今どきの流行りのやたらでかい高機能型ではなく、肩と背中の指圧と揉みほぐしのみの機能。これで充分です。サイズもちょっと大きめの座椅子程度。それもありがたい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沸騰

昼、雪が本降り。

お客さまを玄関で見送って書斎に戻ると、なにやら甘く香ばしい。
ふと見ると石油ストーブの上にのった牛乳瓶からなにやら噴き出している。
ああああああ!
牛乳瓶はくるんであったフィルムが溶けてこびりつき、中の牛乳は容量を三分の一にしてキャメル色でぼこんぼこんと沸騰している。瓶のまわりは黒茶色の焦げ。
ちょっと温めようと置いたところ、急な来客があってそちらにかかりきりになり、すっかり忘れていた。時間にして2時間・・・初めてなのにたいへん居心地よくお過ごしになられまして。いや私にとっても楽しいお話ではありました。が。
大過なくてよかったです。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

間引

午後、会議2つ。

本棚が完全に飽和状態。
本棚の間引にとりかかる。
マンガの判型違いを段ボール箱へ移す。判型違いというのは同じ内容で装丁や大きさが違う物。
これは分からない人には絶対に分からない世界だろうが、特にマンガだと気に入った作品は、すでに持っているものでも新書判が大判になったり、カラーページが増えたりしただけでつい買ってしまう私。

この心性はコレクター根性であるがそれだけではない。
新装されるのは必ずしもメジャーな作品ばかりではない。埋もれていた作品に改めて光をあててもらったというケースもある。それをなさしめた編集者・出版社 の心意気には購入で応えるのが愛読者の責務であろう。こんな本、いったい誰が買うのかね、との疑問に対して、あ、俺が買うんだ、と首肯できたら地獄まではもう一歩。
バカである。煩悩丸出し全開である。

その結果、3判型以上所有が『自虐の詩』をはじめ3作品10冊。2判型となれば数作品数十冊。それらを1判型づつにしただけで棚がずいぶん風通しがよくなった。

おそらくもう読み返さないだろう作品も棚にけっこう並んでいるがこれらを捨てられない執着心、克服の道は遥かに遠く険しい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (1) | TrackBack (0)

バタバタと

午前、厚木へ。ご住職方の会議にお邪魔して、東京教区での活動についてご理解をご協力をいただきに。非常に真摯に聞いていただき感謝しております。なにとぞ形が出る方向でよろしくお願いいたします。

午後、布教団研修会を聴講。笑福亭松喬師匠をお招きして「つかみ」の研究。安直なコツはないというきわめてまっとうなお話。松喬師匠には4月11日(土)、築地本願寺本堂にて蓮如上人の御文章を題材にした「お文さん」を演っていただく予定です。お寺の法話は実は落語のルーツ。有名な寿限無もまさに仏教ネタ。当日はこれもかかります。落語の他にもちょっとスゴイ企画も予定していますので、11日午後はどうぞ築地へおはこびください。

夕方、アーユスミーティング。スタッフの補充を検討。

夜、上野芸術文化会館にて竹田恵子さんのコンサートを聴く。
声響に乗せられことばが届く。
声とことばは実は必ずしも相性はいいわけではない。響きだけで天上に誘いながら、きっちりことばを届ける竹田氏の歌には感嘆以上に何を差しあげられましょう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日も飲む

午後、自殺対策に取り組む僧侶の会会議。
取り組んでいる事業の進め方について検討。限られたメンバーが負担なく活動できるように。もっと仲間が増えていくことをもちろん願っているが、お願いして加わっていただくのではなく、あくまでもご本人の自発的な申し出を受けての入会という原則は堅持する。

会議後、近くのモツ鍋屋へ流れて新年会。席上、週刊ダイヤモンドの今週号が話題に。特集が葬儀と墓。内容はまとも。批判すべきところを批判し、評価すべきケースもきちんと挙げていて、私の知人が何人も登場している。お開き後、モツ鍋屋を出たメンバーの何人もモツ鍋屋の隣のコンビニに直行し週刊ダイヤモンドをご購入。この号、購読率が局地的に跳ね上がった。
今日は私は放言はまったくなし。それでももちろんストレスなし。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (1) | TrackBack (0)

失礼

会議3つ。

午後イチ、今年秋に築地本願寺で開かれる親鸞聖人750回大遠忌のイベント企画会議に、担当委員でもないのに闖入。のみならず熱く提案までしてしまう。失礼しました。

夕方、ものづくり会議。
会議後、メンバーと今年初めての顔合わせということで食事へ。
なぜか私、しゃべりすぎ。放言ぎみに。
途中「松本さん、気持ちは分かりましたからもうちょっと明るい展開の方向でお願いします」と諭される。ほんと、失礼しました。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (1) | TrackBack (0)

『嫌われ松子の一生』

午後、国際協力NGO『JIPPO』の設立記念講演会が京都の龍谷大学大宮校舎にて開かれたのに出席。JIPPOは本願寺により設立された。

本日の講師は元国連事務次長の明石康氏。講題は「平和構築における宗教者の役割」。
講演内容は講題から連想されたものより広く浅いものだったが、後の質疑応答では、紛争の原因に宗教があることへの疑問が出された。
それに対して明石氏は、本願寺門主の「現代の紛争は宗教や民族の違いを原因にしているように見えてもその実は経済上の利権争いであり、宗教や民族は原因ではなく利用されているだけ」という言を紹介し、自分も同意見とした。しかし原因はともかくそれを静める方向へ宗教者が働きかけないことへの批判は正当と思う。

帰りの新幹線の中はDVD視聴。『嫌われ松子の一生』
おもしれー!噂に聞く以上の恐るべき傑作。ラブリー中谷美紀。彼女以外に誰が松子になれよう。
後半、DV男が聖書を片手に彼女に神を見る。原作はまだ未読だが、この設定はきわめて正鵠を射ているのではないか。神はかように無様で不器用で無力で愚かで美しい。仏もまた。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (1)

愉悦

日常使いの筆記具をrotringの「マルチペン・フォーインワン」からPILOTの「FEED・2+1」に替えた。見かけが安っぽいのが不満だが。
rotringは太さも重さもちょっとクールな外観も良かった。しかし私が最もよく使うシャープペンシルの芯折れ頻度が高過ぎる。
私の経験上からは、芯折れ頻度とシャープペンシル自体の品位は反比例する。これまで使ってきて一番芯をきっちり使えたのは某手帳のおまけについていたやつ。ただこれは外見があまりに貧弱で持つ悦びも使う愉しさも与えてくれなかった。
そこそこにデザインが良く芯折れがないマルチタイプのペンはないか、まだ彷徨いは続く。

PTA本部役員の新年会。近所の居酒屋にて。
今年度の本部役員とはこれまで飲む機会をほとんど持てていない。今日は欠席者は1人だけ。みなさんそこそこ召し上がりながら話は尽きずに3時間コースの愉悦。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふれあいコンサート

八王子市民会館にてふれあいコンサート。
八王子市内の障害者団体の活動紹介と販売ブースをロビーに展開し、コンサートは都立片倉高校と八王子高校のブラスバンド。両校とも日本を代表する腕を持つ。
今年は私はチケットブース担当だったため、演奏はほとんど聴けなかった。プログラムの終盤になってチケットブースを閉めてから八王子高校の演奏を途中から聴く。いやいい子だわ。この子たち。
八王子高校の指揮の高橋先生、いい意味でおやじタイプ。カリスマ的な片倉の馬場先生とはちょっと違った勢いがある方で、会場をひっぱりながら盛り上げる。

販売ブースも食べ物はほとんど完売。いい空間だったのではないでしょうか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上下はしご

夜、JVCとシェアの新年会に顔を出す。
国際協力NGOの老舗の両団体は同じビルの上下階にオフィスを構える。新年会会場も両方とも事務所にて。

先にJVCにうかがった。お会いする方々にまず「先日はお疲れさまでしたー」と挨拶。どなたも1月10日のパレスチナ攻撃への抗議パレードでお会いしている。テーブルの上は鳥肉を炊き込んだごはんにお好みでプレーンヨーグルトをかけて、と。いったいどの国の料理か聞き落としたが美味。他にブリ大根やトマトスープなど多国籍料理が並ぶ。

一段落してシェアの事務所をのぞく。こちらはまだまだ宴たけなわ。JVCよりも平均年齢が15は低い。元気な女性たちで事務所内がいっぱいに。差し入れした寿司の桶が一瞬で空になっていた。残っているのは乾きもの。しかし部屋は十分に熱い。

宴会の雰囲気は堅と軟。どちらもアーユスの強い友人です。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

携帯で録画!

長男が新しく買った携帯電話のディスプレイを見つめている。動画。ワンセグ対応なのでテレビ放送を見ているのだろう。映っているのは漫才。あれ、今の時間そんな番組をしていたか、と尋ねると、夕べ放送された番組を録画しておいたんだと。
テレビ番組をケータイで録画再生できる!その録画時間も、もちろんメモリの容量によって異なるが、2時間以上、映画1本は楽勝だって。そんな機能があるとは全然知らなかった。はー、久々にびっくり。機械として興味ある。買い替えようかと一瞬思った。でもそれまでして見たい番組も思い当たらない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

誰だ

先日契約したイーモパイルから請求書が届いた。
その宛名が「松本智壱」。
こういう間違いは初めてのパターン。
なぜこうなったかを推理する。
申込書に私が書いた「量」の字が崩れていて判読不明だったことは明らか。
その字へのふりがなは「カズ」。ここから漢字の「一」を連想して旧字の「壹」、その略字の「壱」になったのではないか。「量」と「壹」って確かに似てるし。担当者はやった!と思っただろう。
しかし「一」を「カズ」と読むことはあっても「壹」も「壱」もそうは読めないでしょう。まあそれを言うなら「量」を「かず」とはとても読めないわけですが。

名前表記の間違いでは、私の京都の知人は毎年「松本地量」様宛で年賀状を寄こす。年賀状だけのつきあいなんでどうでもいいですけど、「地量」ってどういう意味だ。土地測量事務所か。この名前、日蓮宗の坊さんにならいそうな気はする。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

評判

ほぼ一日原稿書き。

原稿を書いている合間にMacに届くDMの中に「いびきストッパー」 の広告があった。腕時計のような形態で就寝中にいびきを感知すると刺激を与えて止めてくれるというもの。値段は1980円。値段からすればダメモトで買ってみるか、と購入ボタンを押しかけて思いとどまった。楽天で評判を見てみよう。
楽天のショッピングサイトでは、購入者が商品を使ってみた感想コメントが寄せられている。
で、「いびきストッパー」を検索してみると・・・
出るわ出るわ、悪評の嵐。ぜんぜん効果がなかったのみならず、ひりひりと肌が傷ついたというのも。たまにある好評価はどれも使用前の期待が込められたもの。
購入ボタンを押さなくてよかった。いやー、あらためてネットの恩恵をいただいた。
あやしげな商品を売るのは難しい時代になった。たいへんですね。って誰が?

夜、小学校PTA連合会本部役員会。
新一年生に持たせる防犯ベルの機種選定。
そして来月に予定している教育長との懇談会の議題検討。
この懇談会、時によっては対決的とまでは言わないまでも、味のないギスギスした不毛な質疑応答に終ってしまうことがある。それを避けるには当日の司会が鍵だが議題も重要。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空気

成人の日。
数年前から話題になるいわゆる荒れる成人式の報道は今年はひとつも見なかった。
流行りではなくなったというか、それが面白いことだという空気がなくなったということだろう。若者にとっても、マスコミにとっても。

車販売をしている知人がぼやいていた。小型車はそこそこだが、大型車が売れない。買えない空気があるという。不況だと言ってもけっしてすべての業種・企業が苦境にあるわけじゃない。ちゃんと儲けている人も蓄えをたんまり持っている人も多い。しかし、そういう人たちが、車を買う空気がないのだという。この御時世に大型車を買うことで世間から受ける目の影響を懸念しているのだと。
そう、しけた顔をして誰が得をするのかね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おそらく最後の出初め

八王子市消防団出初め。
今回が私にとって最終回。と去年も思ったが、どうなりますか。

出初めのプログラムは今年から少し変更になり、「消防団を2年以上勤めて退団した人への感謝状」贈呈があらたに加わった。
これまでは5年ごとの勤続表彰だけだった。でも辞めた人に感謝状って、団員獲得に苦労している昨今、なんとなくいやみにも受け取られるんじゃないか。短期で辞めた場合はやむをえずというより嫌だからというケースが多いだろうし。

足下はがちがちに凍っていたが、風もなく雲もなかったのでまもなくぬかるみに。
日差しは穏やか、これまでの出初めで一番楽。そのせいでしょう、ギャラリーも例年よりも3割増。日光を背にした放水ではきれいな大きな虹が出現した。

柴犬クーのために木製の犬小屋を買ってきた。
しかし中に入らない。自分の家とは思えないよう。お気に入りのおもちゃや遊び具を入れても、首を伸ばして取り出して外で遊んでいる。
君のために用意した部屋、何がいやなのかね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平和

昼、延立寺新年会。
ビンゴゲームの後は総代さんが一年間練習を重ねてきた踊りを披露。そして延立寺定番のフラダンス。今回はカラオケは用意しなかったが、テープを持参した方、そして歌詞カードを持参してアカペラで歌ってくださった方あり。カラオケはやはりあると重宝はする。来年は通信カラオケをレンタルしようか。2万円程度かかってしまうけど。

夕方、パレスチナへの軍事攻撃の即時停止と人道支援受け入れを求めるピースパレードに参加する。芝公園から六本木まで。
当初は築地本願寺を集合場所として銀座を歩く案もあったが、準備の都合上見送られた。結果的にはそれで正解。パレードへの参加者が、当初は200人程度と考えていたが蓋を開けてみると1000人以上。築地本願寺では溢れてしまっていた。
途中、沿道のキリスト教教会がパレード支持の鐘を鳴らしてくれた。沿道のお寺は・・・何もなし。無言の支援と受け取らせていただきます。

夜は築地本願寺にて「宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会」の勉強会。
講師は九州から四方僧伽日本事務局代表の井本勝幸師。世界経済の枠組みから脱することで具体的な平和実現を目指している井本師。その鍵は地域通貨の理解と普及にあるとして「仏陀銀行」を提唱している。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年初カレー

朝、八王子はみぞれ。
都心は初雪になったよう。都心が雪なら八王子は積雪30cmコースが通例だが、今日はみぞれ止まり。本当によかった。

夢を見た。
40代くらいの女性が玄関に来て、「このあたりにカレー屋はありませんか?」
カレー屋?専門店なら東楢原にCoCo壱番屋があるけど・・・「ありがとうございました。行ってみます」
そこで目がさめた。いったいこの夢は私の深層の何を表現しようとしているのか。

夢のせいもあったし、寒さにも誘われて、昼食はカレーにした。お茶の水のエチオピア。辛さは25倍。初体験の辛度だが、20倍、いや15倍と比べてもそれほどの刺激は感じない。私の味覚が鈍麻しているのか。そうだろうな。次回は30倍だ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

居酒屋風

教務所仕事始め。世間より遅いのは、職員は皆大晦日の除夜会・元日の修正会に出勤しているためにその分ずれこんだもの。
10日に予定されているイスラエルへの抗議行動へ東京教区基推として賛同することとなった。

夜、聖路加に近い路地にあるイタリアンレストランに誘われた。
店内はカウンターのみ。それも、椅子に座るとそのまま後ろの壁にもたれかかることが可能。なので、手前の席に座ってしまうと次の客が来ると席を立たなければ通すことはできない。よくこんなところで店を開く気になったもの。
がしかし、価格はリーズナブルで美味しく頂戴しました。食事というより居酒屋感覚で使うにはいい感じ。

この店に来るまでの界隈、私はこれまでほとんど歩くことがなかったが、小さくてちょっと気になる店が散在している。店発掘にはあまり興味がない私だが、時間があるときはちょっと歩いてみよう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

距離

成田にて葬式。近くはない。車で向う。渋滞なく、2時間弱で到着した。

帰りも東関道は概ねスムーズ。まだ新年で若干車は少なめなのか。

首都高に入って、後ろの車が少々気になった。車間距離が微妙に近い。
これがもうほんの少し近づけば煽りとも判断できるがそういう感じはない。おそらく彼にとっての適正な距離が私とズレがあるということだろう。
この、距離感というやつはなかなかにやっかいなもの。車のみならず人において。国において。

今年初のアーユスミーティング。話題はパレスチナ。
遠方でもあり、異宗教絡みということもあって日本人からは距離をもたれがち。しかし現行の事態は距離うんぬんを超えているだろ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モバイル環境

必要があってイーモバイルの契約をした。
これまでは外でMacからネットに接続する必要があったときはマクドナルドを探して公衆LANにつなげていた。
それがこれからは電波の届くところならいつでもMacをネットにつなげることができる。いやー便利。
ってほんとか。
契約してから思ったがなんか自分の首をしめただけのような気もしないではない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それも私

年始の挨拶に、都心を車で走る。
全体的にはまだ交通量は少ないが、局地的に大渋滞。なんだよお前ら、と思うが、渋滞の原因を作っている一人が私でもあった。

夜8時半、都心の細道を車で走っていると、前方から一人でよたよたと歩いてきた60歳くらいの男性がいた。グレーのスーツ姿。うつむきかげんでかなりの千鳥足。目は前を向いているが明らかに焦点が定まっていない。新年会帰りなのだろうが、時間はまだ8時半。なのにあんなに泥酔状態でだいじょうぶか。一人で飲んでいたわけではないだろうが、誰も送ろうとしなかったのか。たぶん仲間の前ではしっかりしていたんだろうな。なんだか他人とは思えなかった。そのまま通り過ぎましたけど。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沈黙

柴犬クーは昼間は駐車場の入り口につないでいる。おみえになる方々をしっぽをふって迎えている。番犬としてはまるで役に立たない。
しかし自分では番犬をしているつもりなのだろう。緊張もしているのか、外に出していると眠る姿はほとんどなく、夕方家の中にいれてやるとすぐに爆睡。

夜、テレビで吉本隆明氏の講演の様子が放送されていた。極めて異例。もしかしたら初めてかもしれない。
吉本氏は決して講演が上手い人ではない。内からあふれ出す思いが自分の口についていっていない感じ。それは老いからかとも思ったがそればかりというわけでもない。というのは、最近入手した吉本氏の若い時の講演記録を聞いても同じ印象を受けたので。
吉本氏は話しことばではなく書きことばの人なのだろう、と思っていた。が、その吉本氏は「ことばの幹と根の部分は、沈黙です」という。沈黙は書きことばよりも話しことばに属する。吉本氏がテレビ出演を嫌ってきたのはそれが沈黙を許さないメディアだからかもしれない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

miniよ出でよ

夕方、やっと友人知人関係への年賀状を発送。

書斎で使用しているデスクトップのMac、PowerMacG5が不安定。
まず、朝イチに立ち上げてもディスプレイが映らない。
これは去年の今ごろも同じ症状が出た。寒さが影響しているのだろう。温かくなると復活するのでまあよしとする。
困るのがアプリケーションの異常終了。
特にアドビ系はすぐ落ちる。そしてFirefox、Eudoraも作業途中で固まることしばしば。
その他にも怪しいところがあるこのマシン、Mac miniがアップデートされたら即買い替えようと思っている。今月5日に開かれるMac world expoでの発表を心から期待しているが、もしそこで発表がないなら、今使っているMacBookをディスプレイに接続してデスクトップ化しよう。
いずれにしろG5よ、あと数日間よろしく。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金魚

今日も穏やかな天気。
今日も初詣の方がほぼ途切れなくおみえになります。

今朝、金魚が死んだ。
この子がうちに来たのが2004年8月。4年半というのは私の経験上は破格の長さ。
でも金魚というのはすぐ死ぬものというのは私の認識違いで、金魚の寿命は飼い始めてから一週間が勝負らしい。それを超えれば、10年程度生きることはままあるとか。
体長は3cm程度だったのが15cmを超えるまでになっていた。背中に腫瘍のようなものができていたので、寿命ではなく病死だったのだろう。治療をしてやれなくて申しわけないことをした。
子どもたちが庭に埋めて手を合わせていた。南無阿弥陀仏。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年もよろしくお願いいたします

延立寺への初詣、大勢さまにおいでいただきました。
そのうちの一組。親戚が10名以上集まって、座敷で「それではみなさん、明けましておめでとうございます」と。
お寺を集合場所にして新年のご挨拶なのですね。そういうふうに寺を使っていただくのは有難いことです。皆さまにもお薦めします。

穏やかな日中。風もなく、玄関は開け放したまま。

柴犬クーも、はりきってというか大喜びで皆さまをお迎えしています。寺報で紹介したのをお読みになった方も多く、あ、あれがクーちゃんですね、とかわいがってくださって、本当に幸せなやつです。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »