« 地元にて | Main | 期待します »

あの人が

以前同じ会でしばらく一緒に活動したAさんと久々に車ですれちがった。
Aさんは歳は私より3つほど上。愛すべきバカキャラ。
容姿はどこかだらしなく弛緩していて見るからに頭悪そう。態度もいつもヘラヘラして全く知性を感じない。話す内容も行動も期待を見事にうらぎらず、バカそのもの。当然女性とはまったく縁がなかった。しかしそのバカさが嫌みがなく天然で性格がいいために、後輩からも先輩からも愛されていた。その立ち位置は芸能人で言えば羞恥心というよりも上島鉄兵か。

そのAさんを数年ぶりに見た。運転していたAさん、容姿はほんの少ししまった感じ以外はほとんど変わっていない。それなのに印象がまるで変わった。いい男になった。冗談抜きでダスティンホフマンそっくり。変わった理由は・・・歳をとったということ以外考えられない。中身は間違いなく相変わらずのバカに違いないが。

そもそもダスティンホフマン自体が『卒業』の頃は決して二枚目ではなかった。あんなのがなんで主役なのか、中学生の私はものすごく不思議だった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

|

« 地元にて | Main | 期待します »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あの人が:

« 地元にて | Main | 期待します »