« April 2009 | Main | June 2009 »

小千谷へ

延立寺旅行会。小雨の中、新潟へ。
目指すは親鸞聖人ご旧跡ではなく、『天地人』がらみというミーハー企画。

午後、新潟小千谷の極楽寺様に参拝。
ここの本堂ははあの地震の際に避難所となった。その縁あって、その後もコミュニティの核となっているという。まさに災い転じて。
新潟県内では浄土真宗の寺は1000ヵ寺を越える。その8割が大谷派。この地でもかつて戦国時代には真宗は禁教だった。戦国大名たちが真宗を嫌った理由はその平等性にある、とご住職からお話をいただく。

夜は例によって芸達者たちよるショーがはじける。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

売り切れの張り紙

村上春樹の新刊が売れている。八王子駅前の書店には発売日翌日にもかかわらず「売り切れました。次の入荷予定は6月10日です」と張り紙があった。

こんな張り紙を見たのは宮沢りえの『Santa Fe』以来じゃないか。
いや、一昨年の『ミシュラン日本版』以来だ。
私の一番古い記憶はというと『ノストラダムスの大予言』。
そのどれもいまだに書棚にございます。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『沈黙を破る』

午前、自殺対策に取り組む僧侶の会総会。
地道に、しかし確実に活動を広げている。今年度は新たに分かち合いの会を持つ。また、書籍出版の企画もある。ここに加えていただけているだけでもありがたいこと。

総会を中座して京都へ。
京都ではイベント企画の準備会議。呼びかけをされた方が会議冒頭、「今日はこういうバカな企画に喜んで乗ってくれる人だけにお越しいただきました」はあ、よくぞ私の性癖をご承知くださいまして幸甚に存じます。

夜、東京に戻り、中野ポレポレ座にて『沈黙を破る』を観る。
イスラエルの元兵士達が占領地の実態を語る。
他者を踏みにじることが即ち自らを踏みにじることであることは頭だけではなかなか理解できない。占領地にてそれを体験した兵士たちは自らを護るための方法として沈黙を選んできた。今、それを破る者が出てきている。我々がやっていることを直視しようと。不思議なくらいに自らの被害者性を疑わないイスラエル市民の姿は決して他人事ではない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もたない

携帯の電池がもたなくなった。
私は携帯は通話もメールもほぼ着信専用。だからほとんど電力を消費していないはずだが、ほっといたら丸2日もたない。
これ、買った時にたしか2年以上使うという契約にしたはず。だが、2年まであと4ヶ月ある。これ、どっか間違ってないか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『キサラギ』

夜、仲間と飲み会。
尊敬する人たちなんだが、飲みながらの話題はなんとも情けない。それはお相手している私の責任でございます。すみませんバカな方向に話をふっちゃって。

『キサラギ』DVDにて視聴。
元は舞台らしい。それ風な台詞回しと演出は最初は気になったが許せる範囲。
小栗旬の怪演がすばらしい。対して香川照之は、はじけた演技をするとまるまる竹中直人と重なってしまう。抑制を効かせた無気味さがこの人の真骨頂だろう。
良くできた脚本。見終わってすぐにもう一度見直してしまった。伏線の貼り方が細かすぎないところが実にいい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よし

なくしていたACアダプターを見つけた翌日、注文していたACアダプターが届いた。
人生こんなものであります。ひとつは書斎のデスクに備え付けにして、もうひとつを移動用にする。これまでいちいち差し替えていた手間が少しだけはぶける。まあ4000円くらいの投資はよしとする。

会議3つ。
最後のはアーユス理事会。
今年度の支援テーマ決定。
先日仲間になった新スタッフが用意した資料により、スムーズに検討できた。早くも人員増の効果はよし。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

発掘

法話会。本日の講師は群馬から田中朝夫師。
田中師は、中越地震の時に一人軽トラで現地に入り、山師(林業のプロ)の弟子となって復旧活動に取り組んだとか。「とにかく四駆の軽トラは最強ですよ」と語る彼。なかなかに面白い人材発掘。

注文したACアダプターがまだ届かない。
仕方がないので長男のを借りることとする。やっぱりMacを与えておいたのは正解だった。
長男の部屋に入ると・・・もう本当に足の踏み場がない。その中でMacBookを探す。
机の上にもベッドの上にもない。どこだ。注意深く見回すと床の少年ジャンプの下に美しい白を発掘。おい、こんなところにおいててよく踏んだりしないな。
掘りだして、接続しているACアダプターを外す。・・・と、あれ?アダプターに見覚えある傷がある。これ、俺のじゃん。
あらためて机の上を見ると、本棚の奥にACアダプターがころがっている。
犯人は長男だったか。私がどこかに置き忘れたのを自分のだと勘違いして持っていったか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (1) | TrackBack (0)

環境

長男がしみじみ言った。
「○○中って荒れてたらしいね」
○○中とは長男の出身校。そこ出身だと言うと、かなりの確率で「大変だったらしいねー」と言われるとか。しかしそこしか知らない長男には荒れていたという自覚がない。トイレの扉や便器が壊されているのはデフォルト。卒業式に校門前にパトカーが待機しているのも当り前。
ま、しかし私の中学校時代から比べれば全然問題なく良い子たちなんですけど、今は分かりやすいやんちゃって本当に少なくなったもんで。

そんな長男が高校に入ってまず違和感を感じたのが女子のスカートの長さだという。
「膝近くまでの長さがあるのってなんか変な感じがするんだよね」
○○中の生徒はほとんどが下着(ではなくて見られてもいいパンツ)ギリギリまで短くしている。その中で3年間暮らした目は標準の長さがなかなか慣れない。
いいんだか悪いんだか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一歩前へ

小学校の運動会。
私は例によってPTA会長として挨拶。
例によって気合いだ!と叫ぶ。
今年は本日お見えのお父さん方にも前に出て一緒に気合いを入れてもらった。
昨年は「おやじたち、出てこいや!」と呼びかけたところ気持ちが引いてしまったという声を聞いたので今年は「お父さんたち、どうかご協力お願いしまーす」とソフトに呼びかける。すると出てくれました。十何人も。ありがとうございました。

昼、調布のお寺の宗祖降誕会にて法話。

夕方、護国寺にて「宗派を超えてチベットの平和を求める僧侶の会」結集へ。
今回は若手の僧侶たちが悩みながら汗をかいてくれている。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛してるよ

夜、八王子小学校PTA連合会総会。
私は今年度も本部役員に残る。のみならず、新会長が急遽病気で入院してしまったため、会長代行も務めることになってしまった。まあ数日間のことですけど。

総会後の懇親会ではブロック別に余興を披露することになった。初めての試み。
わがブロックは寸劇。「大きなカブ」。引っぱるのを手伝う面々として各校の会長や校長がコスプレをして登場。アルプスの少女ハイジも凄かったが、時期ネタということで阿修羅像を本日の白眉としておきましょう。一切のリハーサルなしで演じるバカ者たち。私大好きです。
こんなバカなことをするのはうちのブロックだけかと思っていたが、一つ、バカさで凌駕したブロックあり。しかも彼らは総会前にリハーサルまでしていた。
大バカ野郎たちであります。彼らの学校の児童たちは幸せです。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プレイヤーは

学校の新型インフルエンザへの対応はきわめて冷静。公立学校は上意下達の世界なので現場はいつも苦労しているが、今回は常識が通ってなにより。

真宗教団連合ものづくり会議。ボスターを制作中だが、叩き台として出された案がもう苦笑するしかない。・・・これ、デザインに3秒でも頭を使ったんですか?
「寺のポスター」というと一般にはこんなイメージなんでしょうね。デザイナーにこちらの意図をもうちょっと丁寧に伝えるとともに、デザイン料もケチり過ぎないようにする。

午後、東京での新プロジェクトの提案を受ける。けっこういけそう。
同じ活動はすでにこの地で他団体により実施中。しかしこれまではごく限られた者による活動となってきている。鍵はプレイヤーを増やすこと。及び事業を行なうことから派生する社会的効果を意識すること。この二点をもって従来の同義活動が果せなかった広がりをもくろむ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

首都圏初が八王子

この春に行ったパレスチナでお世話になったJVCの現地担当者が帰国したので、ツアー参加者が集まって慰労会を開いた。

途中、携帯電話に小学校から連絡網メールが入った。八王子で新型インフルエンザ感染が確認された、と。
首都圏初が八王子から。光栄なことでございます。
内容はともかくとして、携帯メールの連絡聞ってやっぱり便利だわ。夜でも構わず回せるし。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バカ

私はバカが嫌いだ。物事の筋道が分からず、分かっていないことを恥じないバカが。

しかし私はバカが大好き。物事の筋道を分かりながらあえて外してみせるバカが。

いやもう今日は、腹を立てたり呆れたり爆笑したり感心したり。ホント、バカばっかであります。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (1) | TrackBack (0)

法話・ビルマ・通夜

都心の寺で法話をする。
お聞きいただいている中にお一人、まっすぐにこちらを向き、うなずきながら時折メモをし,最後には少し涙さえ拭いている若年の女性。もちろんこちらも熱が入る。・・・もしかしてサクラですか?いや、それでも全然いい。こういう方がお一人いるだけで話者はノリます。うちでも一人用意しておこうか。

その後、品川のミャンマー連邦大使館前へ行く。
アウン・サン・スー・チー氏が拘禁されたことへの抗議行動に参加。
場所に着くとまもなく、抗議行動のリーダーの方が私の名を呼んでいる。アーユスの事務局長としてアピールを求めている。え?聞いてないよ。
急遽前に進み、自分の微力への忸怩たる思いとともに連帯のアピールをし、三帰依文を拝唱。法衣を着ていてよかったです。

夜、通夜。故人は51歳、クモ膜下出血により。
つい先日、50歳の方の葬儀を勤めたばかり。その方は肝臓ガンだったが。
お2人ともよく寺においでいただいた。ついこの前の彼岸にも談笑したばかり。
同年代の葬儀が続く。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テレビにて

夜、フジテレビ『エチカの鏡』を観る。
取り上げられていたのが、昨年秋に千葉に布教所を開設した若き住職。
大学時代に引きこもりになり、それが歎異抄との出会いから僧侶を志すようになった、というストーリー。題して「ダメ人間からの逆転人生」・・・全体のトーンも彼の朴訥さというか不器用さを強調した感じ。
こういうくくりでいいのか?まあいいか。取り上げ方も一応好意的だったとは思う。ダメ人間が一転してバリバリの布教活動に邁進って図もそれはそれでどうかなあとも思うし。なにとぞマイペースでのご発展を期待しております。

続いて観たのが東京MXで町山智浩氏が日本未公開映画を紹介する番組。本日は『Jesus camp』の前編。アメリカの福音派が子どもたちに行なっている洗脳活動を追ったドキュメンタリー。
あのブッシュの無能をすなわち無垢であるとして愛し、崇めさえする聖書原理主義の福音派の人々。そのおぞましさを告発したこの作品がアカデミー賞候補になるということはアメリカに正気が残っている証にも見える。
作品中、一人の少女が将来の夢としてネイルサロンを開きたい、と言う。リラックスできるようにキリスト教音楽を流して綺麗にしてあげながら布教をすれば変に思われないでしょ、と。自分たちが異物であると自覚している。

先の『エチカの鏡』の中で若き住職が近所を普段着で掃除するシーンがあった。僧服を着ない理由を聞くと「なんか怪しいじゃないですか」。
シチュエーションはまったく違いますが重なるものあり。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛車ラパンが二度目の車検。車体の細かいキズが気になっていたので今回は車検と一緒にキズの補修とポリマー加工も頼んでおいた。
帰って来たラパン。・・・美しい。これ、やっぱりいい車だと改めて思った。
車検に出す前は正直言ってちょっとこの車に飽きていて、買い替えるほどではないが塗り変えてしまおうかとも考えた。が、何も手を加えず、ただ汚れを落としただけで惚れ直してしまった。私の愛情を減じていたのは私の怠慢だったという次第。

夜、おやじの会。
母親たちからは単なる飲み会と軽んじられているこの会。そう見られていっこうに構わないんだが、もしのぞいてみたら驚くに違いない。ここで交わされている会話の真摯さに。話題は近づいた運動会や夏の行事。そこで親が子どもに何をどう伝えられるかを本気で話しあうおやじたち。素敵だと思います。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ないと無用の長物

MacBookのACアダプターが見当たらない。
今朝、確かにこの机の上で使ったことは覚えている。
それを外して、どこかに置いたまま見失ってしまった。

ACアダプターのないノートパソコンって、悲しいくらい何の役にもたたない。
Mac使いは言うまでもなく小数派なので、外で誰かにちょっと拝借、というのも場所が限られる。

しかたないので買うことにする。定価だと9800円!うちの中のどこかにあるはずの物にそれだけ出すのはどう考えてもしゃく。中古品を探すと最安が送料込みで4600円。仕方ない。Mac使いの同志からACアダプターを借り歩く生活(幸い、私の行動範囲には誰かしらMac使いはいる。しかし)から抜け出すために。
しかしどこに置いたんだ、俺よ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

会議2つ

午前、僧侶対象の研修会の企画会議。
私お得意のまったり会議。この形式はダメな人はダメだろうな。しかしまったりというかダラダラした中で、ちゃんと企画が立あがった。けっこう悪くないと思います。ご期待ください。

午後、半年に一回の役職者合同協議会。
宗派と関東地区と各地域それぞれの活動計画を揉む。
今回はちょっとポイントをしぼった具体的な提案があったために、質問もそこに集中してそこそこ活発に。
ここに出席された真面目な方が多いです。これ、決して当り前ではありません。嬉しく有難いことであります。これから3年よろしくお願いします。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初シャンプー

愛犬クーが前足を引きずっている。
何をしたのか。まったく心当たりがない。
医者に行かせることにする。

夜に帰宅してから様子を聞くと、ただ挫いただけだろう、心配いらないとのこと。
たしかにピンピンしている。
足のケガはともかく、ちゃんとシャンプーした方がいいと言われてきた。
たしか、子犬のうちはあまりシャンプーは必要ないと以前に言われて、クーはうちに来てからまだ1回もシャンプーをしていない。しかしもう子犬とは言えないし、たしかに体臭は気になっていた。いつも一緒にいるうちの者が気になるんだから外から来た方にはかなり臭っていたんじゃないか。
風呂場で初シャンプー。それほど嫌がりもしないクー。さっばりしました。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書類が

一昨日、宗祖降誕会で書斎を控室に使うために、急いで片づけをした。

一番の問題は山となっている書類。これらを内容はかまわずまとめてダンボール箱に放り込み、積み上げていく。すると部屋の中は意外なほどすっきり。無事お客さまの控室となった。
書類が見えなくなっただけでなんとストレスが軽減することか。単なる逃避行動なんですけど。

それらの箱から書類を元の机の上に戻す。
その周辺からまたどんよりしたオーラが立ち上る。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モチベーション

この春高校に入り剣道部員になった長男、部内の試合でいい成績を残して、選手の座を勝ち取った。
今までみたことがないくらいに喜んでいる。俺の時代が来た!と。

高校受験の時もそうだったが、成果が出ればそれがモチベーションになる。
小さいものであってもまず成果が出るような仕組みがあればいいのだろう。それを作るのは易しくないが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暑い

延立寺親鸞聖人降誕会・永代経法要。
暑い。ありがたいことである。
が、エアコンのないうちの本堂。額や首筋の汗をぬぐう人も。
エアコンの寄付は遠慮なくお受けします、と言ってみる。笑って聞き流される。

ご法話は池田行信師。来月ご住職にご就任。めでたいことではあるが、なかなか外に出られなくなるのではないか。ご法話にお招きしにくくなるのは痛い。

アトラクションは邦楽。
三味線と箏。二人は若くイケメン。喩えるならば谷原章介と妻夫木聡。
背筋をすっと伸ばして古典を中心に、沖縄音楽やオリジナル曲。
お楽しみいただけたと思います。

夕方、多摩組組会(総会)。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大人逝く

忌野清志郎の告別式が青山斎場で営まれた。参列者が4万3千人とのこと。

RCの「トランジスタラジオ」以上に私の高校時代を活写した曲は存在しない。

大人としての矜恃を持ち続けた人だった。
大人であろうとした人だった。
子どもじみた大人を糾した人だった

大人であろう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちゃんとしろ

カメラの調子が悪い。キャノンのEOS kiss digital。
シャッターが下りている感触があるのに、データがメディアに記録されない。
それがいつもだったら故障で修理に出せるのだが、症状がたまにしか出ないのが本当に困る。
撮った後にメディアへ書き込みをしているかいちいち確認したときはだいたい正常に作動している。それを忘れてバシャバシャと撮ったデータが後で確かめると書き込まれていない。
はっきりしろ。壊れるならちゃんと壊れてくれ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結婚式押し売り

午前、日曜日の親鸞聖人降誕会を前に本堂の仏具磨き。
婦人会の方々のお手伝いをいただいて、一皮むけました。光が甦ります。
お昼は皆さんお手製の筍ごはんとイカ飯と煮物と和え物。ありがとうございました。

夜、来月予定しているセミナーのためのミーティング。
出席者の一人が今年の秋に結婚を考えていることが判明。
おおー、いいじゃないか、とその場にいた各宗派の僧侶たちが盛り上がった。なれそめは?と聞くと、なんと四国の巡礼中に知りあったと。おいおいこれこそ仏縁じゃないか。じゃあ仏前結婚式しかないでしょう。
「いや、あまりお金がないんで、結婚式は考えていなかったんです」という彼に、なにバカなこと言ってんだよ、これだけ坊主が揃っているんだから任せとけ、と本人をそっちのけにカレンダーをめくる。おい、11月1日の土曜日は大安だぞ。平成21年11月1日、1並びでいいじゃないか、じゃあ時間も午前11時からだな。
私の予定も確かめる。空いてます。
お遍路さんつながりなら真言宗か。じゃあ司婚はNさんに決まりだな。もう勝手に盛り上がる坊主たち。あっけにとられる本人。
後日、「彼女も了解しました」と連絡があった。本決まり。ちなみに彼と彼女の歳の差は11。どこまで1並びにするんだバカ野郎。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

期待します

午後、八王子仏教協会総会。
八王子では宗派を超えて僧侶のつながりができている。これは非常に希有なこと。
その仏教協会の下部組織の青年部の会長に、この春、わが同門の浄土真宗本願寺派僧侶が就任した。八王子にあってわが宗派が占める割合は5%以下。それで会長に推されたのは偏に彼の実力と人望ゆえ。もちろん必要なサポートはさせていただきます。
あ、今日就任祝いをするべきだったたのか。まったく頭に浮かばずに先に帰ってきてしまった。後日必ずお祝い(というか激励)会をしますので。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あの人が

以前同じ会でしばらく一緒に活動したAさんと久々に車ですれちがった。
Aさんは歳は私より3つほど上。愛すべきバカキャラ。
容姿はどこかだらしなく弛緩していて見るからに頭悪そう。態度もいつもヘラヘラして全く知性を感じない。話す内容も行動も期待を見事にうらぎらず、バカそのもの。当然女性とはまったく縁がなかった。しかしそのバカさが嫌みがなく天然で性格がいいために、後輩からも先輩からも愛されていた。その立ち位置は芸能人で言えば羞恥心というよりも上島鉄兵か。

そのAさんを数年ぶりに見た。運転していたAさん、容姿はほんの少ししまった感じ以外はほとんど変わっていない。それなのに印象がまるで変わった。いい男になった。冗談抜きでダスティンホフマンそっくり。変わった理由は・・・歳をとったということ以外考えられない。中身は間違いなく相変わらずのバカに違いないが。

そもそもダスティンホフマン自体が『卒業』の頃は決して二枚目ではなかった。あんなのがなんで主役なのか、中学生の私はものすごく不思議だった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地元にて

昼、地元町内にて。
私が運転する車の前を走る自転車の女性。
両方の腋の下からなにやらひらひらとなびいている。まるで腋毛。
もちろん彼女は服を着ており、なびいているのは腋毛ではなく布なのだが、なぜあんなデザインを。
脇を通りすぎてふりかえって判明。首にかけていたスカーフの両端が両腋から後ろにいっていた。

工学院大学の近く、沖縄そば屋だったところ、その前は定食屋でその前はラーメン屋だった空き店舗がやっと開店準備を始めている。今度はまたラーメン屋。どうかがんばっていただきたいと地元住民としては願います。

その向かいには先月オープンしたクレープ屋がある。この場所でクレープか。ちょっと厳しいような気がする。私自身もまだ1回も利用していない。どうかがんばっていただきたいと地元住民としては願います。

あ、地元住民としては自分が率先して利用しないといけないのか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鬱からは半日で生還。夜にはまた飲んでいるんだから世話はない。

しかし、一昨日の私の帰路が謎。
気がついたら高幡不動にいた。すでに運行は終っている。
おそらく、一旦京王八王子まで行ったのが、寝ていて引き返したのではないか。
新宿発の時点で高幡止まりしかなかったら私は必ずJRに回るはずなので。

などと自分の行動を推理してみる。
というのは一昨日、二軒目の店で飲んでいたところから高幡不動で気がつくまでの記憶がまったくない。
で、さっき、一昨日に途中まで一緒に帰った者の証言を聞いたのだが、私は築地から上野方向の日比谷線に乗り、なぜか人形町で降りていったという。にこやかに。
なぜ人形町。そこからどこを通って京王線に乗ったのか。まったくわからん。

深酒をやめよう、と本気で思ってここにも書き込んだのがまだ10日前。
まあウツにもなりますね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウツ

ウツである。
と言っても宇都宮隆ではない。
と書いて初めて気がついたが、TMネットワーク及び宇都宮隆がヒットチャートを賑わせていた80年代末から約10年間、すなわち今から10年ちょっと前までは、世間には「ウツ」=鬱は蔓延していなかったということだな。そうでなければ「ウツ」などというニックネームは名乗らないし、流通しない。それって鬱じゃないのとツッコミが入ったり駄洒落のネタにされたことはただの一度も耳にしたことはない。
つまり鬱はこの10年間に急速に蔓延、と言うのがいいのか。「増加」か。いや「普及」か。あるいは「大衆化」か。「一般化」か。はたまた「陳腐化」か。
いやどうでもいい。
鬱である。
原因は夕べの酒。
ここのところもうずっと前から、私は二日酔いをしなくなった。かなりの深酒はたびたびしているが、あの、どうしようもない吐き気や頭痛や眩暈や喩えようのない不快はずーっと経験していない。
そのかわり訪れるようになったのが強烈な鬱。
というと叱られそうだ。本物の鬱はそんなものではないと。
だから鬱「的」としておくが。
たまたま今日は予定表が一日真っ白。
手帳をさかのぼって見てみると今年初めて。
もちろんやらなければいけないことはいろいろあるが、
人と会う約束がないのは今日は本当に幸い。
引きこもる。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

筒美マジック

最近私のカーオーディオでのヘビーローテーションはミズノマリの「恋をする」。
PARIS MATCHのボーカル、ミズノが「現代の歌謡曲」を目指したという企画盤「マリアージュ」からの一曲。作曲は歌謡曲といえばこの人、筒美京平。
ああもうなんてくすぐられるメロディーラインなのでありましょう。私にふるさとというものがあるならこの歌謡曲テイストがそれかもしれない。
「恋をする」に引きづられて、数年前に買ってしまいこんでいた筒美京平コレクションも持ちだしてきた。CD8枚組だがそれでもこの巨人の作品群の10分の1も収録していない。全集など出るわけもないが万一出たらふらふらと買ってしまいそうだ。

夜、ものづくり会議。のち、懇親会。
深夜帰宅してから携帯にメールが入っていたことに気づいた。「声が大きい。断言しすぎ」懇親会中に届いたもの。はあ、私たいそう盛り上がっていたようですが、全然覚えておりません。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »