« August 2009 | Main | October 2009 »

ねぷた館

午前9時15分、弘前着。乗車時間はなんと12時間。
駅前商店街、人が誰もいない。閑々。小ぎれいでさびれた感じはしないので、廃れているのではなくただ朝が早いというだけだろう。

今回の東北行の主目的は、地域の中心となって自殺対策を行なっている寺へ視察だった。しかし私は葬式が入ってしまったために一日遅れて合流ということで、自殺対策の寺には行けずに、オプションの観光だけ参加する形になってしまった。まあ、それでも青森は本当に行く機会がないので来てしまった次第。

まず弘前城に向かい、晴天に浮かび上がる津軽富士を仰ぐ。そして弘前ねぷたの館へ。ねぶた絵が何枚も展示してあるが、それらを描いた人の少なからずが「ねぷた絵師」が職業としている。30代40代の人もいる。それが成り立っている環境ってかなり文化度が高いと思う。

午後は八甲田山へ。
ロープウェイのチケット売りの女性は上は7割くらいの紅葉、と言っていたが、どうみても3割。まあしかし気温は暑くなく寒くなくまさに適温。しばし風に身をゆだねる。快感。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブルートレイン

私の誕生日。本日より49歳。

夜、上野駅。
弘前行きのブルートレインに乗る。
いびきで迷惑をかけることをさけるためにA寝台をとった。
乗ってみると、狭いです。年期が思いっきり入ってます。
ま、それも味のうち、と用意されている浴衣にすぐ着替えておもいっきりくつろいでいると、窓のすぐ外にサラリーマン風の人たちが何人も立っている。ありゃ、この列車いくつも駅に止まるのか。しかもふつうのホームに。
ちょっとくつろぐのが早すぎた。はだけた前をあわてて直す。

車内で流れているビデオは『恋と花火と観覧車』。あのサントリーの名作CM「恋は遠い日の花火ではない」からイメージを広げた映画。まだ10年前の作品だが妙に古くささが漂い、それがブルートレイン車内にマッチする。松嶋菜々子が可愛くてつい全編観てしまった。しかし映画にはCMのあの切ないようなトキメキ感はない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ不明

午前、地元の葬儀社さんに伺い、葬儀の香典返しや会葬御礼に国際協力NGOのフェアトレード品を使えないかという可能性についてご意見をいただきにうかがった。とても誠実に話を聞いてくださった。感謝。
正直、事業化するのは少々難しいという印象。しかし大変参考になった。

先週の日曜日に納車してもらったエスティマ、ずっと乗る機会がなかったが、本日やっと寺の門から外に出る。
運転に関してはまあ問題ない。
が、後部座席のドアの開け方が分からない・・・・。自動ドアで、運転席の前に開閉ボタンがついているのだが、開いてくれません・・・。
それに、カーナビと一体化しているオーディオにはiPodが接続できることになっているが、どこに接続できるのかわかりません・・・。
こんなことは説明書を見ればすぐ解決なのだが、説明書を見ないでなんとかしてしまおうという私の性癖は、根っからの文系だからだろうか、それともMacに洗脳されてしまったからだろうか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カメラ復調?

以前より、愛用のカメラ、EOS digital kissが不調だった。撮ったはずのデータがコンパクトフラッシュに書き込まれていないことがしばしば。
それがいつもそうなるならはっきり故障として修理に出すのだが、ふだんは正常でたまに異常がおこるので修理にも行きづらい。

が、ここぞという時にかぎって不調が出ることが重なって、これはもう使い物にならないとカメラ店へ持ち込んだ。
店員さんに症状を話すと、「それはカメラの故障ではなくてコンパクトフラッシュの不調ですね。」
あら、そうなの?
それではと新しいカードを購入する。売り場にある一番小さい容量が8ギガ。これまで使っていたのは512メガ。それでも買った当時はそこそこ余裕ある大容量と思ったんですけど。いきなり16倍。無駄に増えた気はする。

新しく買ったコンパクトフラッシュの箱には「永久保証」とある。え?そうなの?コンパクトフラッシュってみんなそう?今まで使っていた奴も交換してくれたのかな。うーん。

コンパクトフラッシュを取り換えたEOSは今のところ快調。これで直るんならもっと早く相談すればよかった。素人が悩むことは無駄が多い。何によらず。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クラス会

夜、高校のクラス会。
突然の場所変更にも、店の情けなさにも文句を言う奴はいない。

昨年の私は、会場が閉店間近ということも重なってそうそうに酔いつぶれてしまい、当日の記憶がほとんど残っていない。
今日は飲みたい酒がメニューになく、ビールだけを飲んでいたのが幸いして、ほぼ全体の記憶が残っている。
皆の近況報告、うれしくも楽しく聞かせていただいた。

が、和気靄々の閉会後に、しまった、集合写真をとらなかったー、と後悔した。
しかし帰宅してカメラを確認したらなぜか集合写真が撮れている。もちろんその中に私も写っている。・・・相変わらずであります。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道徳の授業

午後、小学校の公開道徳授業を覗く。

公開授業というのは授業参観なわけだが、授業参観と公開授業の違いは、前者が子どもの授業態度を見るのが目的なのに対して、後者は子どもの様子と併せて、授業内容についての意見を求めることを目的としているところ。

授業の後に懇談会が開かれる。本来は公開授業を参観した保護者と教師が意見を交わす場になるのが望ましいが、残っている保護者はとても少ない。ほとんどがPTA本部役員。
それでも、先生方が発表する今日の授業の狙いなどを聞くと、この学校、本当にいい学校だと実感する。

現在の「道徳授業」はいわゆる副読本や教育テレビのビデオなどは使わない。教師自身が感動した素材をもとに進めるもの。内容も「道徳」ではなく「いのち」を考えさせるものが主。たいへん共感しましたし、感銘を受けました。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

下見は必要

午前は都心を彼岸参り。

午後、築地本願寺にて自殺対策に取り組む僧侶の会の定例会。
会議の後に今日はゲストの話を聞く。
今日のゲストは、かつて自殺未遂の経験を持ち、現在は自殺を考えている人の相談にのる活動をしている方。
私は以前、この人から痛烈にかつ的確に批判された。
この春、築地本願寺で開かれた。自殺問題のシンポジウム。私はパネラーの1人として壇上に上がっていた。私の立場は教団側。役割としては教団が自殺対策において現在何も有効な活動をし得ていないことの自己批判をするもの。しかし私の言い方がまずく、自己批判ではなく自己弁護と受け取れてしまった。そこを衝いたのが本日のゲスト。
「なぜ『みんな』にこだわるのですか、ひとりでできることはいくらでもあるじゃないですか」、と。
本日もたいへん真摯なお話をいただきました。

夜、今週末に予定しているクラス会の場所の下見をする。
例年は渋谷の居酒屋を会場としてきたが、それが昨年で閉店。
で、今年は場所探しから始めたが、私も時間がなくネットで探して場所も確認しないまま予約した。本日はその確認に来たのだが・・・
店に行くと真っ暗。ドアに破れかけた張り紙が。「店にご用の方は○○へお電話ください」
え、え~~~!?
書かれている電話にかけると「すぐ迎えに行きます」とのこと。
あらわれた男性、「ここ、大人数の予約が入っちゃったんで場所を代えてもらいます」おいおいおい、なにそれ、明らかに嘘だろ、どう見てもここしばらく使ってないじゃん。
案内された店は歌舞伎町交番の近く、年期の充分入ったビル、エレベーターで上がった先は、まあ綺麗とかお洒落とかという表現とは無縁のスベース。
まあいいか、場所に文句をいうメンバーじゃないし。主役は酒でも料理でもなくて会話だし。4時間たっぷりと居させてくれるだけでよしとしよう。
しかしこれから参加予定者に場所変更の案内をしなくてはならない。間に合うか。
こういう時にメールっていうのは本当に便利ですね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お中日

今日は中央道、都心から八王子までは上下線ともガラガラ。あーあ、お彼岸のお参りを今日にすればお疲れがなかったのにね。
で、延立寺彼岸会法要。大方昨日までにお参りいただいたかと思いましたが、そこそこに大勢様のお参りをいただきました。ありがとうございました。
私の法話は、いつもと同じ。「南無・阿弥陀仏」に生きるということ。それは「南無・私」「南無・私の思い」への常なる批判であるということ。

けっこう気温があがったが、さすがにセミの声はほとんどしない。
今年のヒグラシ最終日は一昨日の9月21日ということになるか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

休日の都内

都心を車で彼岸参り。
いつもは休日に外ヘ出て彼岸参りをすることはない。しかし今年はまるまる連休になってしまったため、仕方ない。

しかし空いている街中を走るのは快感。街のようすもいつもとは違う。
見慣れないところに行列。何かと思えばラーメン屋。ふだんは昼時でもそんなに行列は目だたないが、今日は休日だからわざわざこの店を目当てに来るという人が少なくないのだろう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワンスター

連休三日目、今日はいくらか渋滞がおさまるかと思ったが全然そうではない。
むしろ中央道の渋滞は長く昼過ぎまで解消しなかった。

夕方、まだヒグラシが鳴いている。

本日夕方にお参りにおみえになった方,履いているのがコンバースワンスター、黒星。
それ、製造中止になったのご存知ですか?と聞くと、「ええ、だからふだんは履かなくなりました」と。やはりそうですよね。
でも私のようにしまい込むことはしないで、大事に履いている。「私が仕事に行くときにかみさんがこれを出してきたんですけど、ふざけんなよ、仕事なんかに絶対履いていかねえよって怒っちゃいました」

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お迎え

朝から彼岸参りの方が続く。
それをうれしそうにお迎えする柴犬クー。

クーは、お参りの方には吠えることはない。
しかしそれ以外の人に対してはかなりの確率で吠える。
彼なりの見分け方があるのだろうが、不思議であります。

夕方、エスティマハイブリッドが納車。
エンジンのかけ方がキーを挿すのではなくボタン式。

家族みんなでプレサージュを見送った。長女が生まれてそれまでのレガシイでは狭くなったのて買い替えた車。長女の人生と同伴してきた。お世話になりました。お礼の意味で洗車してやるつもりだったが、彼岸でバタバタしていたこともあって、埃だらけのまま。申しわけない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (2)

邪念

午前、八王子霊園にて納骨法要。
墓前にて、読経を始めようとしたその時、
隣の区画から朗々とした読経の声が響いた。
私の立つ区画と隣の区画とは立ち木で区切られている。いや、立ち木というよりもはや林。その木々を越えて明瞭に
朗々と響く。奴は浄土宗だな。今まで声の大きい僧侶とはずいぶん同席してきたが、別格。次元が違う。

つい対抗意識を燃やしてしまう。
精一杯の声量で読経開始。
するとまもなく、参列している子どもが大声で泣きだした。びっくりしたのか。
ずーっと泣きやまない。
読経の途中で鐘を鳴らすところでは泣き声も止まる。しかし読経を再開するとまた大きな泣き声。

この泣き声、慣れない読経に驚いてのことだと思っていたがどうも違う。隣の僧侶に対抗しようなどという私の邪念への怒りと悲しみの抗議だったんだ。未熟者でした。お許し下さい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歩けるか

昼、千鳥が淵墓苑にて本願寺派主催による全戦没者追悼法要。

午後、研修会企画会議。
まず、先日に関係者へ向けて行なったアンケート結果を検討する。
並行して、来年に企画している「親鸞聖人のご苦労を偲ぶ」企画を揉む。
中身は単純で、東京から京都まで歩きましょう、というもの。当初は聖人がお住まいだった茨城を出発点とする案もあったが、ちょっと距離がありすぎて腰が引けた。すんません、「ご苦労を偲ぶ」などと殊勝に言っておきながら。想定期間は一ヶ月。さて、全行程を踏破する者はいますでしょうか。

夜、宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会集会。
昨年春からの弾圧のもようが、豊富な写真とともに報告される。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キンモクセイ

本堂前のキンモクセイとギンモクセイが香っている。
例年はかなりの存在感を示すが今年はそうでもない。
というのも、本堂前の二本、今年は大幅に刈り込んだため。
二本とも太りに太って、その前を車を通すのさえ困難にしていた。
それをこの春先に、植木屋さんに頼んで細くしてもらい、車が楽に通れるくらいにしたもの。当然、今年は花はあまり期待しなかった。
しかしたちのぼるこの香り、やはり秋の必須アイテムだ。

東京仏教学院にて今年度「基幹運動」後期初講義。
今年の受講生は積極的に手を挙げて下さる方が多い。これから楽しみ。
本日は本願寺派基幹運動の概論として基幹運動つまり戦後の本願寺派の歴史を中心に。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Time Machine讃

Snow Leopardをインストールして以来不調になったプリンターPM4000PX。新しいドライバーが出されていたことを知りインストールしてみるが、やはり写真画質ソフトがうまく働かない。Leopardに戻すことにする。

で、使ったのがMac標準のバックアップソフト、Time Machine。これを使うとインストール前の環境にそっくりそのまま戻せる!今まで、うっかり消してしまった書類の復活には活躍していたが、システム復旧はしたことはなかった。
それを試してみると・・・完璧。Snow Leopardをインストールする前、正確には9月14日午前2時20分時点のMac miniの状態に完全に戻してくれた。これは感激。

今まで、私はOSの新しいバージョンが出るたびにインストールしては不具合にあい、前のバージョンに戻してきた。ハードディスクの中身を消去して、まっさらの状態からシステムや他のソフトを一からインストールし、書類等をコピーする。
それがTime Machineを使えば一回の操作でまるまる元に戻る。感激であります。

午後、これから東京教区でお寺を創ろうと志している方を対象に、教区の基幹運動の講義。そのうちのお一人が、かつて、宗派の中心で基幹運動を先導していた方。話しにくいことこの上ない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

混乱

境内の彼岸花が今盛り。先週には咲き出していた。
彼岸花はふつうは非常に季節に正確。彼岸の季節の数日前にいきなり咲き出すのが例年のこと。しかし今年は十日以上早まった。セミもなんだかとまどっているし、世間では異常気象の話はでていないが、うちの境内は混乱している。

午後、会議2つ。

2つ目の会議の前、仲間4人で共通の知人について話をしていた。
「彼、その電話を受けてから荒れだしちゃって。大変だったのよ」
それを聞いて強烈に反応した女性ひとり。
「えー?!なにそれ、路上で?!いやだー、信じられない、変態ー!」
他の者はなんでそんなに彼女が興奮しているのか分からない。騒いでいる彼女からすれば、なんでみんなが冷静にしているかが分からない。
「だってさ、アレ出したんでしょ、路上で」
・・・「荒れだした」を「アレ出した」と聞いていた。
その場にいた4人のうち、そう変換したのは彼女ひとり。「アレ」っていったい何だとは確かめませんでしたが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Snow Leopard、残念

イチロー、9年連続2000本安打達成。
彼の活躍をリアルタイムに味わえる僥倖よ。

Macの新OS、Snow Leopardの代替メディアが届いた。
さっそくインストール。思ったより時間はかかったが、ハードディスクの残りスペースがかなり増えている。スリムになったのは噂通り。
一番心配していた親指シフト化ソフトTESLAは・・・おお、走るじゃないか。
と思ったのもつかの間、WordやJeditでは問題ないのにtexteditやシステム関連の入力が不可。かなに変換されずローマ字のまま。ネットで検索してみても、同様の症状は見つからない。どれも問題なく走っているというめでたい報告ばかり。はー、上書きアップデートしたのがよくなかったか。クリーンインストールしなければいけなかったか。

不具合をもう一件発見。プリンターPM4000PXの写真画質印刷ができない。
このプリンター、発売中止になってもう数年になる。この機種のために開発されたインクを使う後継機種が一台も発売されなかったという鬼っ子的存在。
しかし顔料インクをつかったそのプリントは、若干暗めではあるものの、寺の廊下に掲示してもずーっと退色しない。キャノンの染料インクプリントは半年たたないうちにオレンジに退色してしまうのに。
このプリンター自体がまだ元気で買い置きのインクもたっぷりあるのにこのまま使えなくなるのはあまりにもったいない。さてとどうしよう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

試験なら赤点

全問をざっと見て、出来る問題から片づけていく。出来ない問題は後回しにする。
試験問題に向うときの基本です。
が、今、実生活でそれが出来ていません。
クリアできない1つの問題があって、そのために直接関係のない他のことも滞ってしまっています。ご迷惑をかけています。すみません。

停滞しているとつい逃避行動に走ってしまう。
以前は部屋の掃除と片づけがそれだったが、今はその精神的余裕もない。
で、ついしてしまうのがネットでの古本あさり。
1冊づつは小額なものの、重なると馬鹿にならない。というかバカである。
10冊だと送料だけで3400円だ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビートルズのリマスターボックスが発売。大変な売れ行きとのこと。

気になる。欲しい。が、それを躊躇させるのは、価格のこと以上に、音がよくなってなんぼという意識が少なからずあるから。

私がビートルズの音楽に初めて触れて感動したのは、手の中に収まってしまうトランジスタラジオからだった。何かの景品でもらった日立製のそれから流れたレットイットビーに心奪われた私は当時小学校6年。彼らが解散してから既に2年が経っていた。
初めて買ったビートルズのレコードは赤盤青盤。さんざん聴き倒したそれをかけていたステレオセットもとてもハイファイとはほど遠い。ステレオでありながら左右のスピーカーから同じ音しか出ていなかった。
オーディオに興味を持ちだした中2の時、自作したスピーカーからブオンと低音が飛び出し、左右から別の音が響き広がったとき、それまで自分はレコードの情報量の3分の1程度しか聴いていなかったことを知った。
それでも、感動していたんだ。

やはり中学生時代、ロック系の雑誌に、ミュージシャンたちがふだんどんな装置で音楽を聴いているのかというアンケート結果が出ていたが、著名な彼らの中でオーディオに関心があるのはほんの少しで、ほとんどが無頓着に聴いていると回答しているのを読み驚いた記憶がある。あれはまあポーズでもあったのだろうが、ミュージシャンが音にこだわるようになったのは、山下達郎以降のような気がする。
つまり音楽のよさは音質とは別次元にあるのであって、音質にこだわるのは小賢しいという感覚はまだ私にはある。オーディオ好きにも関わらず。

しかし音をよくしたいという理由もたしかにあって。
音環境がよくなると音源のアラが拡大する。
これはテレビの場合に顕著だが、小さい画面ではなんの不満もなく楽しめたビデオが、大画面で観ると画質の粗さが気になって作品世界にのめり込めないということは確実にある。音楽でもそういうことはありそうだ。
ということで、結局ボックスを買ってしまうのか、私は。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

911

本日、9.11。
この日周辺に毎年イベントを開いてきたが、今年はなし。あれから8年か。

母が免許証を更新しないことにした。
母が免許をとったのは三田にいた時代、寺が八王子に移転することが決まってから。この土地を見て、車なしでは生活ができないと、三田教習所に通いだした。
申し込みに行った時に母はちょうど40歳。教習所の職員に「おばさん、なんでまたそんな歳になって免許を取るの。やめといた方がいいよ」と諭されたという。
40歳の女性に面と向かって「おばさん」と呼び年寄り扱いをするのが普通だった時代。今から38年前であります。
大過なくドライバー生活を終えられるのは慶賀とすべきでしょう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

駅前で

見失っていたペーパーナイフ、発見。半径2メートル以内ではなく10メートル離れていたが、とりあえずうれしい。

京王八王子駅前にて、40過ぎの男が誰か人を探している様子。
私と目が合うと近づいてきた。「私は、半年前に奈良から八王子に移ってきたんですが」
キャッチセールスか?と思ったが、そうではなかった。3分ほど地域活性化について持論を展開したあとに両面コピーの紙をさし出して、よろしくお願いします、と去っていった。
なにをよろしくすればいいのか皆目分からない。
渡された紙には当人の経歴と公約が書かれている。政治家志望なのですね。メールアドレスは書かれているがウェブは開いていない様子。とりあえずそこから始めてはいかがでしょうか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毒を注いでた

9並びの今日、掲示板の文を替えた。
「自分の前にいる人は自分の鏡だ。相手の不機嫌に気づいたら自分の顔を思え」
「世界は自分の鏡」という少し深めな言い方もあったが、分かりやすさを優先してこちらに。

本堂の花を長持ちさせるためにうちでは漂白剤を使っている。花瓶の水に少量そそぐと、葉が長くしんなりとならず、水のぬるつきもおこらず、匂いもかわらない。

先日、ボトルが空になったので新しい漂白剤を買ってきた。
それを使いだしてから、花が異様に急速に痛むようになった。ここのところ暑さがぶりかえしてきたとはいえ、そのせいとは思えない。となると新しい漂白剤の影響か。漂白剤を見直してみると、「酸素系」。前使っていたのは塩素系。どららも殺菌作用はあるだろうと思っていたが、ネットで調べてみると、酸素系はむしろ劣化を進ませる。花にはかわいそうなことをしてしまった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

音が響いた

本堂の花の水を替えていて、どこからか蜂の羽音が大きく響いてきた。

以前も聞こえてきたことがあったが、その時は蜂が迷い込んできただけだろうと放っておいた。しかし今回はなんとなく巣がありそうな予感がする。

卓の裏などをのぞいてみてもそのようすはない。いろいろ探した末に、蓮如上人の掛け軸をめくってみると・・・
掛け軸のうらになにやら貼り付いている。薄茶色の落花生状のもの。ただその長さが、約20cm。ドロパチの巣らしい。
その一番上には幼虫らしきものがおさまっている。
ちょっと離れたところに濡れた柔らかい落花生状のものも。こちらは作ったばかりか。

せっかく作ったものをかわいそうだが壊させてもらった。掛け軸の裏とは見つかりにくいところを選んだものだが、掛け軸が振動板になって羽音を響かせてしまったのは彼らも想定外だっただろう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

古本

私にとってネットによって決定的に変わったのが古本屋とのつきあい。
以前は古本屋の前を通ると中に入らずにはいられなかった。電車に乗っているときに車内から知らない店が見えただけでのぞきたくてうずうずしていた。
それが今はまったくなくなった。欲しい本は大方ネットで探せるので。
しかしネットだと本の状態が分からないので失敗もある。

今日、Amazonで注文していた本が届いた。
商品説明によると「若干の使用感あり」
私は本は大切だが手つかずの新品のまま並べておく趣味はない。スリキズ、手垢、ウェルカムです。
しかし届いた本は・・・本体の下部全体に歪みがある。中を見ると、全ページの下角部分によれっとしたしわが入っている。これは・・・指なめの跡。
前の持ち主、よほど乾燥肌だったのか、いやここまでいくと癖だろう。ページをめくるたびに指をなめていた。それもたっぷりと。

本日届いた本は「使用感あり」と言われればその通り。全然気にならない人もいるだろう。私、古本において許せないことが2つあって、ひとつはラインマーカー、もうひとつは指なめ。まあどちらも程度問題ではありますが。
しかし、外見が歪んでしまうほどに指なめされてしまったこれは、私にとってはすでに本でさえない。残念。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はしご車は娯楽用ではない

午前、町会主催の防災訓練に消防団員として参加。
消防署の協力を得て、はしご車体験を手伝う。が、途中で機械のトラブル発生。はしごが下りない・・・。
はしご車のはしごは遊園地のアトラクションと違って、頻繁に上げ下げする構造にはなっていない。今日も15組まで、と制限されていたがそれにも届かず4組だけで中止。最新式のはしご車、意外な弱点があるようで。

防災訓練に引き続いて校庭の美化活動。男性陣にはU字溝の清掃を担当してもらった。けっこう大きい溝をほとんど埋めている土の掘り出し。思った以上の大仕事、これだけ大勢の方にお手伝いいただかないととてもできなかった。ありがたいことです。

午後、谷中の墓地にて法要。日差しは強いが、時折の風がとても気持ち良い。

夕方、境内ではまだヒグラシが鳴いている。いつまで鳴くんだ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

境内にて

午後、延立寺藤の会(壮年会)とやまゆりの会(婦人会)例会。
やまゆりの会はお菓子づくり。たいへん美味しくいただきました。
藤の会は正信偈の輪読。始めに私が同席して解説らしきものをしたところ、世話役から
「今日は住職が同席しているので進むスピードが速くなってしまいまして」
ありゃ。私がいない方がじっくり文を味わえるし検討もできるのですね。失礼しました、と中座する。その後、話合いは長く続きました。ありがたいです。

夕方、娘が通う小学校PTAのおやじの会主催のバーベキューを境内にて。
このメンツ、食に関しては本当に女性の手を必要としない。だからもっと女性の参加を促す段階に入っているんじゃないか。小学校児童の保護者の集まりなんで、男性トークもぜんぜんないし。
おかげさまでまったりとしたひととき。皆さんも楽しんでいただけたのではないでしょうか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

広まりつつある

長男の通う高校で新インフルエンザが広まった。
来週頭から数日間学級閉鎖。
来週末には文化祭というのに。
なんとも間が悪い。

夕方、教区の壮年会の戦略会議。委員の中で方針の理解が一致していないことが判明。思いにズレはないので微調整程度のことだが。
新規会結成の機運は少しづつ広まりつつある。少々強引にでも離陸させてしまえば、後は勢いに乗れるのではと私自身は楽観視している。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自作

真空管アンプ作りが趣味の知人宅に伺う。
艶やかで繊細な音の響きに酔う。

スピーカーはJBL。スピーカー作りはしないんですか、と聞いたが、それは無理だなあ、と。
考えてみればスピーカー自作は範疇としては日曜大工。体力とやる気と時間とスペースと環境がなければできない。
私だってこれまで6セット作ったが最後に作ったのもまだ20代だった。今は物理的に不可能だし気力もない。
いや、平面バッフルだけはいつかは作ってみたいと思っているが、いったいどこに置くんだとまだ飲酒前の冷静な俺が押しとどめている。

アンプ、作ってみませんか?ご指導しますよ、と誘われたが時間も腕も自信がないのでご遠慮申しあげる。じゃあ部品代だけ出してもらえば私が作りますよ、とのお申し出。お願いしてしまいました。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またもや

秋葉原のヨドバシカメラにてMacの新OS、Snow Leopard購入。
さっそくインストールを試みる。が、途中で止まってしまう。
表示は
「Install DVDを読み出せませんでした。注意してディスクを清掃してからもう一度インストールしてみてください」

またかよ。
実はこの前のバージョン、Leopardがリリースされた時も、私が購入したDVDが何回インストールをしようとしても途中で止まってしまい、メディアを交換してもらった。
今回、ネットで検索してみると、出てきました。不良メディアが出回っているとの情報が。トラブルがあるとされる製造番号と私のメディアのそれを照合すると、ビンゴ。私はどうもメディア不良に関しては選ばれた人であるらしい。

Appleのサポートに電話をかけると、話はすぐ通じた。今回の不良はけっこうな数があるのだろう。
しかし代替品が届くのに2〜3週間かかるとのこと。まあ現行で不都合は全然ないので困りはしませんけど。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タクシーが?

もう9月・・・

午後、うちの近所の交差点にて。車で信号待ちをしていた。すると、私の直前にいたタクシー、信号は赤のままなのにするするすると走り出し、交差点を越えてしまった。え?明白な信号無視。タクシーが?
まもなく信号は青に変わったので進むと、先の信号でさっきのタクシーがとまっている。その後ろについて信号待ちをしていると、赤信号のままにもかかわらずまたもするするすると動き出し、いってしまった。

い、いったい何?タクシーが信号無視。信号をうっかり見落としてのことではなく、止まっておきながら変わるのを待たずに。しかも2連発。ありえないものを見た思い。
急いでいるあまりにやってしまったという感じじゃないんですよ。なんとなく、ふらふらとというか、はっきり言えばボケている感じ。

会社名は伏せておきます。オレンジの車体でした。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »