« みていない | Main | 聞いてない »

どこに

石和にて東京教区の仏教壮年会の研修会に出席。
記念講演の講師は青木新門氏。
青木の著書『納棺夫日記』は映画『おくりびと』の原作。しかし映画にはどこにも青木氏の名前も『納棺夫日記』の名もない。それは名前を出すことを青木氏が頑固に拒否をしたから。
『納棺夫日記』の映画化を希望したのは映画で主役を演じた本木雅弘氏だった。
元木氏は出版間もない『納棺夫日記』を読んで深い感銘を受け、青木氏に直接連絡を取り、映画化の了承を取り付ける。その後、数年かかって元木氏の熱意が実り映画化実現に動きだしたが、脚本を読んだ青木氏はその内容に違和感を覚え、名前の取り下げを強く主張したのだった。
理由は、この脚本には宗教が一切排除されていたこと、その第一として、送る側しか描かれておらず、どこに送るかが一切語られていない。これでは私の原作とは言えない、と考えたのだ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

|

« みていない | Main | 聞いてない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference どこに:

« みていない | Main | 聞いてない »