« April 2010 | Main | June 2010 »

2日目は鎌倉

延立寺旅行会2日目。
昨日とは一転して好天。

朝、蒲鉾の鈴廣へ。
明るい店内は商品の種類の多さもさることながら、それを美味しくたべさせようという工夫が随所に感じられて関心した。食べ比べバーコーナーなんか、普通に試食させるよりも数倍そそらされる。

鎌倉鶴ケ岡八幡宮へ。
神社のすぐ近くの土産物屋。店頭にも店内にもいくつも張り紙がある。商品ポップではない。「手当たり次第にさわらないでください。商品ですので」「食べながらは絶対に入らないでください」「修学旅行生は予約制です。それ以外の人は入らないでください」
店の主人らしきは初老の夫婦。張り紙を読んでいる私に店内から目をやっている。
修学旅行の生徒たちにマナー知らずがとんでもなく多いのだろう。この張り紙が常識ある客に対して好印象はもたらさないことも承知なのだろう。しかしなあ。

八幡宮の境内ではこの春に倒れた大銀杏から芽がいくつも出ていた。

午後、鎌倉唯一の浄土真宗の寺に参詣。この寺も元は他宗だったのが転派したとのこと。急にうかがったにもかかわらず大変あたたかくお迎えいただいた。

16号を通って無事八王子へ時間通りに戻る。お疲れさまでした。たぶん皆さま楽しんでいただけたことと確信をしております。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初登山

延立寺旅行会。
来年は京都行きと決まっているので、今年は近場で手軽にということで箱根とした。

朝から細かい雨が降る中、バスで中央道を行く。
まず目指したのは富士山5合目。しかし曇天、河口湖インターからも富士山の姿はまったく見えない。
行き先をハーブ園に変えるか?バスの中で多数決をとったが、予定通り5合目を目指すこととする。
山道はただただ霧の中。しかしその道を行く自転車の多いこと。綺麗に舗装されているので自転車にはいいだろうがしかし坂ですよ。ずーっと。

5合目のすぐ手前で霧がさーっと晴れた。青空が広がる。そこにくっきりと現れた富士山頂上。なんといいますかゴロンとした色気のない山。しかし一同おおーっと声を上げる。バスから降りて山頂を見上げる。日差しも強い。道端の岩が温かい。

そこから5合目に進むとやはり白い濃霧。土産物屋からはなーんにも見えません。自転車の登山者がけっこう休んでいる。聞けば下から1時間半ほどであがってきたとか。坂道をこぎっぱなしでの1時間半って永遠より長いんじゃないか。
実は私、5合目まで登ったのは今日が初めて。この歳になっても初めての経験なんてまだまだいくらでもある。

富士山から向ったのは西湖いやしの里。
かつてこのエリアには茅葺き民家が建ち並んでいたが、1966年の災害によりほとんどが消失した。それを平成15年に新たに再生させたもの。美しいです。

宿につき、夜は例によっての演芸大会。濃いです。かなり。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

楽しんで

本堂の軒下に作りあげられたツバメの巣。今回はかなり苦労していたようだが、見事に完成。しかしツバメの姿が見えない。何回も失敗しながら作った巣を捨てていくことは考えづらいが、なぜか気配が見えない。なぜだ。

午後,法事の後に車で都心に向う。築地本願寺境内での隣人まつりを覗きに。
隣人まつりとは、ご近所さんが集まってまったり過ごしましょう、というなんというかコミュニティ再生の運動と言ったらいいか。
今日はちょっと肌寒く時折雨も落ちてくる生憎の天候だったこともあり賑やかさは少なかったが、まったり感はたっぷり。築地に最近出来たイタリアンが出張していたり、お酒の振る舞いもあったり。車で行ったのが残念。
定例化するようなので、次回を楽しみに。

夜、小学校PTAの新旧本部役員の歓送迎会。総勢20名近くの賑やかな会になった。みなさんPTA本部役員を楽しんでます。いやマジで。ホントに。ウソじゃなく。そうでなけりゃこんなに集まらないでしょ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二週間は長かった

中央道の集中工事が終った・・・。

この二週間、都心に出るには車を使わず電車を利用した。20代の頃はこれがあたりまえだったのにな。

電車バスを利用するとうちから築地本願寺までは2時間以上かかる。以前ならその時間はまるまる読書に充てられていた。したがってちょっとした本なら1日2冊は楽勝で読めた。
今は老眼になったために読むスピードはかなり落ちてしまった。それに、電車ではラジオが聴けないことも小島慶子loveな私にはマイナス。
移動手段として電車か車かという選択では今は迷うことなく車を選ぶ。世間の風潮とは逆行しているが。

中央道の復活を心から寿ぐ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あるだけで

午前、築地本願寺にて「いのちの集い・自死遺族の分かちあいの会」。
前回はなぜか二十五人近くの方がおいでいただいたが、今回はいつも通り十数人。
私が着いた席の方から、魂についてのご質問をいただいた。仏教の立場から簡単にお答えしたが、その方はその問いを抱えていたゆえにここに足を運んだという。
仏教系の分かち合いの会の意義を確認した。

また、他の方は、来るのは今日が初めてだが、この会の存在はずっと前からご存知で気にしていたとおっしゃっていた。実際に足を運ばなくてもこういう場所がここにあるだけである種の支えになるということがある。存在するだけで意味があるものは確かにある。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒナだった

庭木につくられた巣にずっと鳩がじっとしている。
卵を抱いている期間があまりに長い。どうしたんだろう、孵らないのを知らずに抱き続けているのか、いや、よく見るとどうもあの鳥は鳩じゃないんじゃないか。知らない間に乗っ取られてしまったのか、と出入りの植木屋さんに聞いてみた。この方は実は野鳥専門のプロ写真家でもある。
すると、「あれ、鳩のヒナですよ」
ヘ?言われてみればたしかに体は小さい。が、いわゆるヒナというにはかなり大きい。ずいぶん前に孵っていたんだ。しかしまだ飛ぶ力がないので、ああやって巣でじっとしているんだと。いったいいつ親鳩と入れ替わったのか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よろしく

午後、東京教区の基幹運動関係役職者が一同に会しての、前期合同協議会。
いつもは各地区から活動計画について簡単な報告をもらうが、今回は都合により大幅に割愛。結果的には伺うべき意見を汲み切れなかった。申しわけない。
それはそれとして、今年もよろしくお願いします。今年と来年は特にバタバタと忙しくなるのが目に見えているし。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『キラ☆キラ』讃

私は車に乗っている時はよくラジオを聴いている。

昼ならTBS『小島慶子キラ☆キラ』。これが実に面白い。私の中ではすでに殿堂入り番組。
これまで殿堂入りしているのを列挙すると『梶原しげるの本気でドンドン』『久米宏の土曜ワイドラジオTOKYO』『FMソフィア』そして『ストリーム』。

人気も評判も高かった『ストリーム』の後を受けて、さぞやりにくかろうと考えた私が甘かった。小島慶子ってこんな放し飼いキャラだったのか。ラジオへの愛を常々熱く語る彼女は実に美しく愛しい。『ストリーム』で最大の目玉だった町山智浩コーナーは引き継がれてますます快調。武田一顕記者の出番がもっと増えればなおよし。

明らかに製作費削減目的で局アナの起用による番組再編だったが、このたび小島が独立する。それでまた再編がないことを切に願う。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今のお気に入り

久々の雨らしい雨。

今のお気に入り。
缶入りのコーヒーゼリー。
法事のお供えに一箱いただいたものだが、いつでもどこでもコーヒーゼリーが食べられる(飲める)のは画期的。私は缶コーヒーで美味しいと思うものはただのひとつもないが、これは美味しいと思う。ゼリーだと香りの不在も気にならないためだろう。ミルクも一緒に携帯したい。

私はコーヒーゼリーを食べるといつも大学4年の夏がまず甦る。馴染みの喫茶店でコーヒーゼリーを食べながら本を読んでいた以外、なーんにもなかった夏なのに。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

晴天下

小学校の運動会。
長男が小1の時からだから11回目。そのうちただの1度も全体を観ることはなかった。土曜日に法事が入らないことはないため。

PTA会長として挨拶。これが最後。
今回もお約束の「気合いだ!」と叫ぶ。
気合いだ!は今年で4回目。2回目からはお父さん方の応援を頼んでいるが、年々数が多くなり、今年は十数名も前に並んだ。定着しましたね。継続は力なり。子どもたちよ、どうかここから何かを学んでくれ。無理だろうけど。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こすられた

暑い。東京は30度超。

郵便局から用事をすませて外に出たら、愛車ラパンの右ドアの取っ手のあたり。斜めに数本こすった跡。赤い塗料が残っている。
当て逃げ。
バイクか自転車が、隣に置いていたのが倒れたかしてハンドルが接触したと推理する。なんかねえ。こんな程度のことで気持は消沈するものです。

車のスリキズ修理は簡単!というテレビショッピングの商品が以前あった。スクラッチリムーバークリーム。
見た目にくっきりわかるキズがそのクリームを塗って拭きあげると、あーらキズが消えた。さらには皿か何かでガンガンガンと打ち付けて付けたキズさえも、消えたように見える。ゲスト一同もちろんビックリ。
即注文しましたよ。すぐに届きましたよ。期待満々で愛車に試しましたよ。・・・全然消えないじゃん!
そのクリーム、いまだに車用品店では見かけるがあのCMはまだ流れているのだろうか。うちの物置にまだ転がっているクリーム、久々に試してみようか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

知った時には終っていた

今週頭から中央道の集中工事が始まった。以前は11月半ばに毎年行われていた。しばらくないなと思っていたが、5年ぶりらしい。
八王子から都心まで片道二時間半。ただでさえ渋滞嫌いな私は重い荷物を抱えて駅に向う。
理由は聞き落としたがJRは新宿に15分の遅着。駅員が遅延証明書を改札で配っている。外は雨。重い荷物を抱えてつい不機嫌になる。被害者意識さえ持ってしまう。

向った先は都心のお寺。先日開いたINEB東アジアフォーラムの反省会議。概ね評価はできるが、反省点も少なくなかった。

月刊雑誌「中洲通信」のバックナンバーコーナーが新宿ジュンク堂の雑誌売り場に大きなスペースを取ってできていた。「中洲通信」とは福岡中洲の飲み屋の女将が発行人となっているコラムマガジン。
そのコーナーがあったのはしばらく前から気づいてはいた。しかしこれまではなぜかまったく触手をそそられなかったのが、本日、たまたま、というより、そのうちの一冊の表紙に森達也氏の顔を見つけたことにより手にしたのが運のつき。ああー、こういう雑誌、以前はけっこうあったよなー。バックナンバーを25冊まとめ買い。
かつて、コラムマガジン「話の特集」「ビックリハウス」「宝島」 などの下に位置して、特集がひとつとサブカルチャー関連のコラムが雑多に詰め込まれた無闇に元気な雑誌群があった。時期的には70年代半ばから、90年代まで。誌名を思いつくまま挙げれば「シティロード」「ムービーマガジン」「カジノフォーリー」「紙のプロレス(A5判時代)」。初期の「本の雑誌」や「広告批評」を入れてもいいだろう。
今世紀に入ってからそれらしき風情を保っているのは「酒とつまみ」と「BIG ISSUE」くらいではないか。

驚くべき濃さを誇っていた「中洲通信」。この春に終刊。この雑誌をなぜ俺は今日まで知らなかったんだろう。まるで俺のために作ってくれていたような雑誌なのに。
俺のアンテナと感性はかくも鈍く錆びついてしまっていたのだ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっば好きやねん

私が使っているメールソフトはユードラ。既に開発中止から2年を経過して、古さも否めない。いや実際には古さによる不便はほとんど感じてはいないのだが、ただ一点、iTune及びAmazonからの請求メールが文字化けしてしまうのが困る。両社からの文字コードにユードラが対応していないのだ。
乗り換えの候補としているのはMacMailとThunderBird。どちらもユードラのデータは読み込み可能。なので、乗り換えを試みてはいるのだが・・・ユードラに戻ってしまう。ユードラに身が染まってしまって、MailやThunderBirdでは違和感がつきまとうのだ。ユードラやなきゃあかん。うちは女でいられん。

夕方、9月に予定しているイベントの企画会議。もういいかげん時間がなくなってきた中、あれやこれやと駄弁しているうちになんとなくいけそうな企画にまとまってきた。ある程度の時間、顔をあわせていることにより生まれるものはあると思う。こういうウダウダ会議、やっぱ好きやねん。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土浦でMac

昨日の朝、土浦のマクドナルドにて。

コーヒーをのみながらMacのキーボードを叩いていた。
すると、すぐ脇の席に座っていた初老の男性が、
「このごろは坊さんもパソコンなんだね〜」と同席の女性に話しかけていた。
はあ、この仕事もパソコンは必需品なんですよー、と答えておく。

その二人、近所のお友だちのよう。「今日は○○さん、もう帰っちゃったって」
どうも午前のティータイムにお仲間が集まってここで過ごすのが日課になっている様子。○○さんが帰ったというのも店員から聞いていた。店員さんがこの常連さんたちの名前を把握している。地域密着であります。

私の姿を見てから、話題は墓に移っていった。「近ごろは墓はいらないなんて若い人がいるんだよー」「代々のしきたりなんてどうでもいいんだよねえ」
そして、
「この前も、食事するっていうんで行ったらマクドナルドなんだよ。もう日本人じゃなくなってるよ」
・・・あの、ここはそのマクドナルドなんですが。ここは井戸端会議をするところで食事する場所ではないわけですね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初参拝

熱はやっと平熱。まだ咽に痰がからむがまあ回復。
体重は2,.5キロ減。まあこんなもんか。ここのところ少し重めだった体重が病気のおかげで標準にもどった。病気も悪いことばかりではない。

本日葬式を勤めたのは牛久。火葬場に車で向うと、前方に巨大な背中が見えてきた。牛久大仏。うおおおお。近づくにつれその威容は際立つ。実に高さ120メートル。ブロンズ製。
周囲が平らで高い建物も何もないためになおさら高さが目立つ。
完成が1993年。もう17年前だが、私がお参りするのは本日が初めて。案外ここまでは来る用事がないものです。が、これは1回はわざわざ来てもいいかもしれない。すぐ近くにアウトレットもあるし。

この大仏、夜になると頭頂部が光るとか。もちろん飾りではなく飛行機への警告灯だが、いっそ背中全体を光らせて光背としたらどうだろう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっとなんとか

朝目覚めると寝汗でびっしょり。しかし決して不快ではない。着替えて熱を計ると7度2分。普段の私なら不調を訴えるところだが、一日前から2度もいきなり大幅ダウン。まだ痰はからむが、段違いに楽になった。
法事の予定もあったが、それ以上に、今夜遠方で通夜を受けてしまっていたのがちょっと不安だったがこれなら行ける。
ただ、車で2時間ちょっとのところならいつもなら泊まることはないが、今回は体調も考えて先方式場近くに宿をとることにした。折悪しく明日から中央道では集中工事が始まるし。

夕方、携帯が鳴った。相手は・・・あっ!今日寺でお待ちしている約束をしていたんだ・・・。約束をしたのがおとといの夕方、消沈していた時。その後は発熱の中に沈んでしまって、すっかりお約束が飛んでしまった。平謝り。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

降参

朝、体温39度3分。強い寒気と全身倦怠感。もう降参。
昼になんとか抜けだして二件法事を勤めた以外は分厚い布団にくるまれる。
なんにも、なーんにも考えない一日。早くも遅くもなく時が流れる。

昨日まで飲んでいた風邪薬がまったく効かないので止め、夕方、解熱剤を飲んだ。
これがてきめん。夜には普通に食事がとれた。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ファイト

朝、体温は38度のまま。

午後、山梨にて寺の総代・世話人研修会に講師として向った。いただいた時間は一時間。何を話してもいいというご依頼。
で、かなりな程度自由にお話しをさせていただいたが、折り悪しく体調の悪いときの私は普段以上に話が固くなる。今日はさらに自分でも話の順番が混乱しているのが分かった。間違ったことを話した記憶はない。が、目の前の女性を話し開始5分後に熟睡にお誘いした。
本当にもう、申し訳ございません。

内心消沈したまま、八王子での某会議懇親会へ。
ほとんど飲むこともなかったが、発言がつい攻撃的&断言的になってしまった。
私の敵は私です。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒い

まだ未明、悪寒がして目が覚めた。
布団の中でがたがたふるえてどうしようもない。とりあえず掛け布団を一枚とりだしてなんとか収まった。明るくなって、熱を計ると38度。平熱が35度の私としては重篤。

症状としては熱以外はたまーに咳がでるだけ。市販の風邪薬を飲んで会議に向う。体調が悪いことも考慮して電車で。
しかし京王線車両に乗り込んで後悔した。
暴力的に寒い。冷房が入っている。周りを見ると上衣を脱いだままの人が多いので適切な冷房温度なのだろう。しかし今日の私にはここにいるのが苦行。頭痛もしてきた。

夜、別件で勉強会兼食事会。会場は赤坂四川飯店。体調は最悪だったが一度行ってみたかった店なので参加した。美味しい食事が薬になるかとも思って。しかし無理。勉強会では座ってるだけ。食事も美味しくない。もちろん鉄人の責任ではなく私の体調ゆえ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

趣味は

趣味は何か、と聞かれていつも困っている。

ここのところは酒と答えることが多い。特にワイン。
と言っても歴史や蘊蓄には完璧に全く興味がない。どこ産のどういうラベルのどういう品種の何年ものがどういう特徴があるかなんて聞いた2秒後には忘れてしまう。
美味しく楽しく、できれば安く飲む、それだけ。
しかしそれは、好きなこと、という意味の趣味ではあるが、いわゆるホビーとは違う気がする。飲むためにいささかの努力もしてないし。

で、考えてみると私は車が好き。
と言ってもメカや走りには完璧に全く興味がない(デザインには興味あり)。
好きなのは、空いた都内を走ること。夕方の川沿いならベスト。スカイツリーが立ち上がっていく首都高6号線隅田川沿いとかその先の首都高中央環状線荒川沿いを渋滞なしで走る時のなんと心軽くなることか。
しかしそれも、好きなこと、という意味の趣味ではあるが、いわゆるホビーとは違う気がする。走るためにいささかの努力もしてないし。

あえて言えば格闘技を観ることか。しかしこれも努力をしていない。どころか、リアルタイムで経過をハラハラして観ることを怖れる軟弱もの。

本を買うのは、趣味ではなくて病気なんです。あるいは煩悩。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あちらもそれなりに大変

アーユス理事会。
それに先だって、現在先日行なった、アーユスの組織評価の結果を聞く。
特に実務的な面での弱点を多々指摘される。その上で、取るべき方向への示唆も受ける。有難い。

国際協力に携わる某大NGOの話を聞いた。
その会は大きく宣伝を打っていることもあり、新規入会者が絶えない。そのかわり、毎月膨大な数の退会者があるという。たまたま高まった思いというのは継続させるは難しい。会費が案外高額に感じられるということもあるだろう。
で、その会には退会処理のための専門スタッフを置いているとのこと。数多い事務の中で一番やりがいの持ちにくい仕事だろうな。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜ

午後、会議。
東京における伝道推進のための現況調査を今更ながらに開始する。

現在、本願寺派は首都圏の伝道に力を入れているが、内容は首都圏に寺を増やすことと築地本願寺でイベントを打つこと。そこに既存寺院の関わりがない。
首都圏伝道についてどんなに新たな形を提示するにしても現活資源との連携を考えないのはなんというかもったいないと思うが、それがなぜかできていない。

などと言っている当事者である我々自身が、既存寺院の活動現況や意識をなぜか案外知っていない。というわけで。

それはそれとして、なぜ缶ココアで美味しいものはひとつもないのだろう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お礼ではなく

延立寺の親鸞聖人降誕会。
暑いくらいの陽気の中、大勢さまのお参りをいただきました。
記念講演に医師の種村健二朗師。講演ではなく、まるまる法話をいただきました。
お斎の後はひとり人形語り。安藤圣一師による「弁円のなみだ」。安藤師は、現在NHKで放送されている「新☆三銃士」の主役を演じている方。実は本願寺派のお坊さんです。
濃い一日になりました。

こういう行事の最後で、私はいつも「お参りいただいてありがとうございました」とお礼を言ってきた。なんだかそれがちょっと違うかな、とここのところ感じている。病院のお医者さんが患者さんに「おいでいただいてありがとうございました」とは言わないように。では何と言おう。今日は、ありがとうに加えて、お参りいただけてよかったですよね、と申しあげた。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鉄人に会った

土田和歌子氏の話を聞く。
高校在学中に交通事故により下半身不随となる。
リハビリ中に指導教員の勧めによりスプリンターの道へ。
その過程をあっけらかん(時間が短かったので結果的にそうなったこともあっただろうが)と話されることに圧倒される。
長野パラリンピック、アテネパラリンピックで日本人初の夏冬金メダリストとなる。現在ボストンマラソン4連勝中。本当の鉄人。いやもうすごすぎる。しかし世間の認知度は低いですよね。失礼ながら私も存じ上げませんでした。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホットでほっと

人と相対して話をしているとき、私は無意識のうちに右手を手刀のように前にさし出す癖がある。すると時には話しながら相手に手を握られることがある。あの、握手を求めているわけではありませんので。

昼食は今日もカレー。昨日残念な思いをしたこともあって今日は私の鉄板、神保町エチオピアにて。今日は初めて辛さ70倍を注文した。
私のこれまでの最高は50倍。いきなり5割増しだがいけるとふんで。運ばれてきたその皿は予想通り、充分食せる辛さ。ホットで旨い。
この店では辛さは0倍から70倍まで指定できるが、辛さが増していくことを実感できるのは15倍くらいまでか。それ以上になると辛さは数字には比例せず微々たる違いしかなくなる。
極辛カレーというと味は問わずにただ辛さだけを強調する店も少なくない。しかしエチオピアは違う。辛くても旨みたっぷり。私がカレー屋をあれこれ彷徨っていられるのはこことデリーがあるから。ほっとする私の安息所。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世間はまだGW

会議のために車で水戸へ。
首都高はガラガラ。世間はまだゴールデンウィークモード。
気持ちよくスカイツリー脇を抜けた。

昼食は水戸のカレー屋へ。まずくはない。が、なんというかレトルトカレー的というか、食後に少々胃がもたれた。残念。
私は特に昼食はカレーを選択することが多い。が、ここのところずっと、これはという店に出会えないでいる。下調べをしないで場当たり的だから仕方ないか。

午後からの会議は北関東地区の役職者による合同協議会。たいへんご熱心な皆さまに有難く思う。

水戸での会議が終了次第、すぐに八王子に戻る。八王子市仏教協会総会に途中から出席。同士と言ってもいい人たちとのほっとするひととき。
懇親会の中で一件呆れた話を聞き苦言を呈してしまう。それを担当している彼にはつい先日別件で苦言を届けたばかり。彼にとっては小言じじいだ。申しわけない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暑い

暑い。初夏の趣。

八王子駅前で古本市をやっていた。
以前の私なら心を踊らせて半日は軽くつぶしていただろう。しかし今は古本はネットで探すもの。本を探し歩くことは全くなくなった。
また、現在流通している本については私は新刊書店で買うことを原則にしている。著者と出版社への投票行動というかエールとして。

ということでさらっと覗いてみたが、つい2冊3冊と手が伸びる。私、本を買うのが大好き。趣味と言うより実質は病気に近い。今日もまず読むことはない本を買ってしまった。そしてまた部屋が埋まっていく。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛でる

上顎の腫れはひき、痛みも全くなくなった。原因は分からないが結果オーライ。

居間のすぐ前の庭木で鳩がずっーと卵を抱いている。これまで鳩にはさして愛情を感じることはなかったが、あの様子はなんとも愛おしい。
ネットで検索すると孵化するのに16〜7日とのこと。それ以上いるような気がするが、どうなんだろう。ここまで蛇に襲われることもなくきた。無事孵ってほしい。

昼には暑いくらいの晴天。八重桜も満開。
その下で、延立寺藤の会主催による「ふじと八重桜を愛でる会」。
花を愛でる会ではありますが、メインは境内でのバーベキュー。参加者30名。
初めての試みで食材もどれだけ用意していいか見当がつかなかった。結局ずいぶん余らせてしまったが皆さんのおみやげにもなってまずまず楽しんでいただけたのではないでしょうか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何をしに

片倉高校吹奏楽部定期演奏会に行った。八王子市民会館にて。
毎度ながら楽しい演奏。お約束の「宝島」はOBも加わっての大快楽。

しかし私の隣の席に座っていた初老の御婦人ふたり、全然のらない。客が総立ちになっている場面で座っているのはまあいいとしよう。手拍子のひとつもしないのもまああの年齢なら仕方ない。しかし拍手が一切ないのはどういうことか。もちろん感動して呆然としていたためではない。笑顔がない。
いったい何をしにきたのか。どういう関係なのか。
推察1。彼女は出演者の祖母。孫は男子か。自分の意に反して吹奏楽部に入ってしまった孫の発表会にいやいやながら足を運んだ。見れば部員はほとんど女子。やっている曲もマイケルなんとかのうるさい曲を踊りながらやっている。なんであの子はこんなところに入っちゃったのかしら。
推察2。彼女の孫は他校の吹奏楽部。片倉高校には毎度コンクールで苦汁を飲まされてきた。今回は敵情視察。なんでこんな演奏が賞をとるのかしら。うちの子の方が10倍もいいのに。
推察3。ねえ、北島三郎はいつ出るのかしら。この子たち、前座なのに長すぎるんじゃない?不愉快だわ。
可能性が高いのは2か。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

正直ちょっと

本日はhideの13回忌。築地本願寺で営まれた様子がテレビで流れていた。あの、葬式の日の再現のように参拝者の列は川沿いまで延々と。
導師は私の友人が務めていた。
正直ちょっと羨ましい。

また,忌野清志郎の墓が建てられたこともニュースショーで紹介された。
場所は私の知人の寺の墓園。八王子高尾。
正直ちょっと羨ましい。
しかしそこに建てられたのは宗教不問の霊園だからで、テレビでも「無宗教の忌野さんらしく個性的な墓石」と紹介されていた。忌野氏本人が実際に無宗教だったとしても、自分の営む墓園にある墓が「無宗教でステキ」的な報道をされるのは私なら嫌だな。まあ、宗教不問をうたっているから気にしないのかな。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うずうず

もう5月・・・。

あー掃除したい。いろいろ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »