« October 2010 | Main | December 2010 »

アーユスワークショップ&理事会。
ワークショップでは、アーユスはそもそもどういう団体であるかを確かめるとともに、そこから振り返って現在の活動が適当であるかを振り返る。アーユス自身が先へ進むために。

理事会では、来年度の支援団体を決定した。来年度のテーマは「環境と貧困」。例年に比して多くの募集をいただいたが、当初の予定通り新規支援は一団体。理事一同悩みながらの決定。これから先パートナーとしてよろしくお願いします。

理事会後の食事には「フリースタイルな僧侶たち」が合流。
「フリースタイルな僧侶たち」とは若手僧侶や第一線で活躍している若手のクリエイターがコラボし、仏教をわかり易く伝えていくプロジェクト。フリーペーパーの発行やイベント開催をしている。彼らボストオウム世代の軽みは我々にはとうてい持ちえないもの。この先を期待してます。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだまだ

某会合。
各地域ごとに独立して活動している異業種交流の会が合同して意見交換の場を持った。
驚きがあったのは、男女が協働することに根強い抵抗感が存在すること。
私が所属している会では男女の別など話題に上ったこともない。しかし他の少なからずの会は男性だけで固まり、女性の参画を拒んでいる。そしてその理由を聞くと偏見以外のなにものでもない。それはむしろ新鮮でさえあった。
自分の環境があたりまえだと思っちゃいけない。男女共同参画社会なんて実際にはまだはるか先。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (1) | TrackBack (0)

どちらに

本の寄贈を著者から受けた。
すばらしい本。刺激も感銘も受けた。この思いはお礼とともにお贈りいただいた著者にお届けしなければならない。

が、問題がひとつ。この本、お二人の方の共著なのです。そのどちらから贈られたかが分からない。贈られた本には「謹呈 著者」という札がはさまっていただけなので。
どちらの方も知らない方ではないので困ってしまった。
八割方こちらの方だろうとは思う。しかしもう一方の可能性もないではない。贈っていない相手から礼状が届くというのは気まずいよなあ。

あ、両方にお礼を出せばいいのか。寄贈のお礼ということではなくして、新著に感銘したというお礼文を。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

古武術

空手を始めた。50歳にして。
なかなか時間がとれずに、道場に行けるのは月1回程度だが。
空手には山ほど流派があるが、私が始めたのは古武術系。

古武術では、準備運動をしない。準備運動というのは競技者が試合前に行なうもの。しかし一般人が農作業や商売をしていて突然襲われた時に準備運動なんかしていられるか?闘う前に準備運動をしている動物などどこにもいない。

さらには、筋トレをしない。これには理由が2つあって、まず、人間は衰えるものという認識から。若いうちは腕っぷしでなんとかなる。しかし人間は歳をとり筋力がなくなる。それだけで役に立たなくなる技にははたしてどれだけ意味があるのか。
もうひとつ、技の習得には鍛えた筋肉はかえって邪魔だとのこと。技を身に付けてからついた筋肉ならいいが、鍛えてつけた筋肉は無駄な力をためるだけという。古武術は力づくでなんとかしようとするところの対極にある。脱力は大きなポイント。

あらゆる武道は、競技者が試合場でルールに基づいた試合をするためではなく、生活者がそれぞれの現場で生きるために編み出されてきた。その前提に戻った古武術っていやもう本当に目からウロコの連続。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪をひいた

風邪をひいてしまった。
鼻詰まりと咳。咽の調子も悪く、お経の音がとれない。

しかし風邪を体に引き入れた心当たりがまったくない。昨日の飲み会の後も記憶は鮮明に残っているし。いや、体調が悪いのは昨日の朝からだった。あれは前夜に少々飲みすぎたせいかと思っていたが、あの時から風邪をひいていたんだな。とすればもらったのは一昨日の夜。それなら心当たりがないでもない。というよりも、心当たりになりそうな一切合切の記憶がない。

夜、長谷川穂積の試合をテレビの生中継で観た。気の弱い私がリアルタイムで試合を観れたのはいつ以来だろうか。体調が悪くてテレビの前から逃げる元気もなかったということか。
すごい試合。これまでの長谷川のスタイルではない、足を止めての泥臭い打ち合いがたびたび。二階級上げたということを意識しすぎているような気もする。しかし面白い試合だった。二階級制覇を寿ぐ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酒からはじまった

京都にて午前中いっぱい会議。
調子が悪い。頭が回っていない。そのためか不用意な発言をしてしまう。補足を求められたがそれも十分にできず。
まあいいや。

夜、築地に戻り飲み会。ボジョレーヌーボーを開ける。
同席された牧師さんから、イエスが一番最初にした奇跡は、水をワインに変えることだったと聞く。酒がはじまりか。いい宗教だな。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マウス

新幹線の中で。
隣に座った若いビジネスマン、開いたのはノートタイプのウインドウズマシン。それにマウスを接続している。こういう姿はめずらしくない。Windowsの方はノートでもマウスを使うのですね。一方、MacBookを使っている方で外出時にマウスを繋いでいる姿はあまりみかけない。これはトラックパッドの反応の違いが以前はあったことの名残と聞いたことがある。
これ一点だけでもMacに乗り換える理由になりませんか、皆さま。

私はデスクトップでもずーっとトラックボール派なのでマウスは10年以上使っていない。だからよけいに、外でノートにマウスを繋いでいる図はごくろうさんと思えてしまう。はい。偏見です。

京都にて一泊の会議。私がここに出席するのとは今回が最後。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (2) | TrackBack (0)

シーズン終了

2ヵ寺の報恩講に出仕。本日で今年の報恩講出仕は終了。朝は小雨が降っていたが昼前には陽が射した。心地よい小春日和。

八王子駅南口前の道。以前は路上にパーキングスペースがあったが、再開発にともなっていつのまにか撤去されて駐車禁止となっていた。代わりに駅前ビル内に駐車場ができたが、うーん、ちょっと不便。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こういうことか

午後、延立寺法話会。ご講師は本多静芳師。お話は御和讃を中心に。
控室にて、右手首にサポーターをしていらっしゃるので尋ねると、駅のホームでころんで、手を着いた時に痛めたという。エスカレーターを駆け上がったら息が切れてしまい、足がもつれたと。
よく子どもが通う小学校の運動会でお父さんが昔の感覚で走ったらころんでしまったという話を聞くが、あれはこういうことだったのかと実感したと。感覚との哀しい乖離。まあいいじゃないですか。

夜、小学校の校庭にある橋の建て替えの打ち合わせ。
子どもが楽しく遊べることと安全性との折り合いをどこでつけるかは思案どころ。未就学児は立ち入り禁止、もし入って事故が起きても学校は責任を負わない、ということの理解を徹底できればいいが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

掲示板から

先日の朝、電話が鳴った。私に取材依頼。八王子に構える某企業の労組の方。
労組の機関紙用の取材をしたいとのこと。
ネタは寺の門前の掲示板について。
社員の方のお子さんがうちの前を通学路にしており、うちの掲示板の言葉がおもしろいと父親に話したらしい。
正直言ってすごくうれしかったです。息子さんが面白いと思ってくれたこと,それを親に話したこと、その親がそれを会社での話題にしてくれたこと、それが機関紙のネタになると思ってくれたこと、そのすべてが。

お子さんが面白いと言ってくれた掲示文は「足なんか引っぱらないで手を引いて」でした。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MacBook Air讃

MacBook Air到着。
やっと。店員の話では2週間ということだったが、たっぷり3週間かかった。
まあいい。そんなことはこいつのあまりの美しさにどうでもよくなった。
美しい。そして、早い。モノを買ってこんなに喜びを感じるなんていつ以来だろう。
私はサブ機として導入したが、メイン機としても十分いけるんじゃないか。
迷っている方、これは買いです。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

楽しい会議

朝、6時半の船で祝島を出る。
しっかし、山口には20年近く来ていなかったのに、今年は8月に来てすぐまた今回。
思えば昨年も、青森に25年ぶりに行ったそのわずか1ヵ月後に、同じ弘前駅に立っていた。

山陽本線で広島に出て、新幹線で帰京。ポイントがたまっていたので普通料金でグリーンに乗れた。
しかし新幹線に乗ると条件反射的にビールを飲みたくなる体質はどうにかならないか。

午後、築地本願寺にて、ものづくり会議。メンバーの文章読み込み能力の高さに感服した。頭のいい人との会議は楽しいです。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝島

朝5時18分姫路着。いったん駅の外に出てみるが、コンビニ2店が明りを放っているだけで静まり返っている。
姫路からひかりで徳山、そして山陽本線に乗り換えて山口県に入った。
ふと目をあげるとそこは光駅。
え、え?と思ってしまったのはその時に読んでいた本が光市母子殺害事件を扱っているまさにそのページだったから。
柳井港、そこから船で祝島へ。

今回の目的は反原発運動の現在を見ること。
瀬戸内海の上関に原発計画が立てられて20年以上になる。その向い岸に位置する祝島住民は当初から今にいたるまで反対運動を繰り広げてきた。それがここにて中部電力が建設の姿勢を見せてきたことで緊迫感が増している。

島の中、小高い山の上に圧倒的な棚田がある。高さにして8メートル、幅30メートルほどの石垣が4段。まるで城。これは平さんという個人が、独力で重機を使わずに!3代で!築いたもの。いったい何をどうやったらこれが築けたのか、想像もできない。
そこへ行く途中に神社があった。
その神社は原発推進派であるために住民はお参りをしなくなったという。他の神社では、建設反対の立場をとった宮司がまもなく異動させられたとか。神社本庁は国の方針を第一とするためだという推論も聞いたが、裏はとっていない。

夜、原発建設の現在の話しを聞く。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンライズ瀬戸

寒い。昼間の気温8度。真冬並みとのこと。

火葬場での待合室での喪主の話。
お母さまの危篤の知らせで病院へかけつけた。臨終はそれから40時間後だったとのこと。その間やはり酒を口にすることはなかったが、考えてみればそれだけの時間お酒を飲まなかったことは何十年ぶりだろうと笑っていた。同志発見。

夜、東京駅から寝台特急サンライズ瀬戸に乗り込む。寝台特急ってちょっとイベント感がありますね。
で、予約した席に行くと・・・あらら、カプセルホテルにちょっと色をつけたくらいの部屋。小さな細いベッドだけ。机もない。私は一晩ゆっくりすごそうとワインとつまみを持ち込んだが、これいったいどこに置けばいいの。しかたないのでワインポトルは私の靴に並べて、つまみは布団の上。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いい形で引き継ぎたい

早朝、築地本願寺での通夜布教に出講。
報恩講の最終日、この日は夜通しで法話が語られる。私の出番は午前3時から。深い時間。
今まで私が通夜布教を勤めた時は少なからずの方が眠りについていたが、今日はその場にいた方が皆さんしっかり起きていて、聞く姿勢万全。
これは私の直前の時間を担当されたのが講談師の方だったためだろう。
私も後の人のためになるべく寝かさないようにつとめたつもり。

午前、PTA役員会。
児童の通学時の安全対策に保護者がもっと関わるよう相談。
私が会長でいるのもあと5ヶ月。この間にできる改善はできるだけして引き継ぎたい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明るい予感

夜、町田の勝楽寺にPHD協会の研修生が今年も来た。
PHD協会はアジアから若者を一年間受けいれて、有機農業や保健の研修を受けさせている。
今年はそれに加えて、日本の若者2人が国内研修者としてアジアの若者に同行している。

アジアの若者が自分たちの出身村や研修内容を日本語で説明する。これには毎年感嘆する。もちろんそれ以外でも、彼らの研修は実に濃い。わずか一年だけだが、かなりのことを学んでもらっている。

また今年は特に、日本人の研修生2人が実に優秀。
ひとりは生保からの転職女性。結婚されているとあとで聞いてびっくりした。結婚されていながら一年間の研修生活を送っていることにますます希望をみる。
もう一人の男性も、非常にそつがない。どこでも有能な仕事をこなせそうだが、研修後は農業に進むらしい。優秀な若者から農業を志しているという話を他でも聞いている。けっこう日本の農業の未来は明るいのではないか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビックリ

朝、近くのスーパーでピーポくんキャンペーン。
ピーポくんとは地域でこどもの安全を見守りましょうという仕組み。
私は法事のために、借りてきた着ぐるみを届けただけ。

ビックカメラ八王子店を初めて覗く。
おお・・・。駅ビルにこんな店舗を出されてしまっては競合店は勝負にならないだろう。地域徹底密着型店でないかぎり、そうとうな脅威に違いない。
店内にソフマップが出店している。知らなかったが、ソフマップはビックカメラに吸収されていた。ここで扱うのは中古のみらしい。まあ当然でしょう。
Mac売り場も充実。これからMac関連ではここにお世話になろうか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クラシックで始まる

近ごろの私は朝、クラシック音楽で目覚める。いや、目覚めるというか、20分くらい布団の中でクラシックを聴いている。
というのは、私はTOKYO FMの放送をタイマーで目覚まし代わりにしているが、朝4時からはじまる番組がこの秋からクラシック番組になったのだ。こんな時間のスポンサーになろうという企業がいないのだろうが、CMなしの2時間。これが実に心地いい。
TOKYO FMにクラシックの帯番組ができたのって何年ぶりだろう。少なくとも30年はなかったはず。
知らぬ間に私がクラシックを楽しめるようになっていたのも意外。歳をとったということか。これは衰えゆえというより幅が広がったと考えたい。まあ言葉をうるさく感じるようになったのもたしかだが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

衣を譲った

午後、護国寺にて、12月1日に営む「いのちの日いのちの時間 自死者合同追悼法要」のリハーサル。
今回は護国寺の全面的ご協力をいただき、本堂での法要、控室での懇話会を予定している。午後5時より。ご遺族の方、よろしければお参りください。

知人に祖父の法衣を譲った。
僧職について間もない彼は、衣を購入する余裕がないという。背格好からすれば私の祖父と同じくらいか。それならと箪笥のこやしになっている衣を使ってもらうことにした。
しかし祖父は往生してから27年。それからずーっとしまい込んだままだったので、虫喰いこそなかったがくたびれ具合はかなりのもの。当座の間に合わせくらいに使っていただければありがたい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

開店

ビックカメラ八王子店開店。
JR八王子駅南口駅ビルの中に。
まだ南口駅前の整備は終っておらず先行開店。私はまだ店内までは足を踏み入れていないが、けっこうな人の出。八王子駅周辺の人の流れが変わったという。

南口は北口とは全然違った形の発展を始めた。
春には市民会館も新規オープンすることだし、住宅地的趣の強い南口は文化的な仕掛けがあってもいいように思う。その中心には私のお気に入りのあゆみbooksがあってほしい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デイパック買い替え

連日の買い物。今日はデイパックを買い替えた。
先日、電車の中で同志を見かけたばかりなのに、ファスナーが壊れてしまった。内部の防水コーティングが劣化でボロボロはがれてもいるので、もう買い替え時期でしょう。

選んだのは今まで使っていたものとほぼ同じ型。メーカーは違うが。
私はバッグを選ぶ時は法衣バッグを別にすればデイパック以外は選択肢にない。
店のデイパック売り場に行き、「PC対応」型の中から、「黒色」で「一番大容量」のもの。
選ぶのに10分もかからなかった。

私は小物であれ服であれ、選ぶことに時間をかけることをあまりしない。選ぶことは楽しみよりも面倒くささが先に立つ。服なんか、自分が男性でほんとに良かったと思う。女性服の選択肢ってありすぎ。

今回買ったデイパック、まだ半日使っただけだが、悪くない。これはいい買い物をした。長い付き合いになりそう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

財布を購入したが

財布を買った。今使っている財布がボロボロになってきたので。
問題はカードの収納力。
私が長年使っているのは二つ折りタイプ。その中に入っているカードの数、今数えたところ、36枚。
加えて、免許証ともちろん紙幣。これらを全部飲み込んでいる現在の財布、厚さを計ったところ4cm。なるべくこれに近いものを捜しているのだが、これが本当に見つからない。

今日、それに近いと思わせるものを発見。ちょっと高価だったが、まあいいとした。
しかし帰宅してさっそく中身を入れ替えてみるとまるでダメ。カードを全部入れると二つ折りにさえならない。
使われている革が高級なのが災いしている。厚いのだ。
実は失敗したのは2回目。
以前も買った財布にカード類を入れ替えたらはちきれてしまい、断念したことがあった。
店頭で並んでいる品に試しに中身を入れ替えるってなかなかできない。で、買ってしまって後で失敗を知る。

もう、オールインワンは諦めよう。札入れとカード入れの二本立てにするのが現実的なようだ。そうすれば選択肢も広がるし。

今日購入した財布は延立寺新年会のビンゴの景品になります。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SNSいろいろ

Twitterから「○○があなたをフォローし始めました」というメールが連日届く。
基本的に私はそれらをフォローし返しているが、そうすると、私がフォローしているのは僧侶と葬儀社だらけになる。
Twitterには「あなたへのおすすめ」という機能があり、関係がありそうなやつを勝手に選びだしてくれるのだが、それは必然的に業界関係者になる。たぶんそれをかまわずフォローしているやつが多いんだろう。俺もそうだけど。
Twitterってフォロワーがある量を超えると質的に変化するという話を聞いたのでとりあえずフォロワーを増やしているが、しかし業界的な偏りがありすぎる。これ、いくら集めてもしかたないような気がどんどんつのり、私、Twitterから心が離れつついます。

かわりと言うわけではないが、mixiに復帰しつつある。mixiもここのところずっと放置状態だったが、知人がここに最近書きだしたことをきっかけに使い直してみると、これ、けっこう使い勝手がいい。かつてmixiにいてツイッターに移った皆さん、mixiを見直してみてもいいんじゃないですか。

それにしてもFacebookの使い方がまるっきりわからない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

報恩講

延立寺報恩講。好天。報恩講日和。
大勢さまのお参りをありがとうございました。

ご法話は三浦性暁師。本願寺派寺院の空白地帯の日野市に布教所を準備していらっしゃる。協力できるところはさせていただきます。一緒に西多摩を盛り上げていきましょう。

清興は落語。春風亭勢朝師。いやあ楽しい人でした。丸一日、
皆さまに有意義に過ごしていただけたと思います。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

断った

午前、船橋にて葬式。
秋晴れ。

本日、買い物をした時に、ポイントカードを作るか聞かれたが断った。
これは私にとっては画期的なこと。
ふだんは誘いにのり、ついカードを作ってしまう。
カードを断るということは、狭義ではポイントなんかいらないよ、という意味だが、もうこの店は利用しませんよ、という宣言とも言える。それを面と向かってするのはやはり抵抗がある。それに、もらえるポイントをみすみす捨てるのもやはりもったいないと思ってしまうし。
が、やりました。今日の私。断りました。やればできるじゃん、俺。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カビまみれ

早朝、日曜日の報恩講用の材料を求めて八王子総合卸売センターと八王子総合卸売協同組合へ。野菜は20年近く同じ店で買っていたが、ここのところ微妙に品揃えがこちらの希望とずれてきた。本日は別の店にて一通り揃える。これからはこちらの店にお世話になりそう。

昼、ご門徒の畑へ大根をいただきに伺う。この方はうちの報恩講のために大根を作ってくださっている。
今年の大根は気候の影響か、例年よりもずいぶん細い。何十年つくってきてこんなのは初めてとも。
しかしそのぶん抜きやすくて作業は助かった。

冷えてきたのでクローゼットから冬用の黒いコーデュロイのジャケットをとりだした。ら、前も後ろも白いカビにまみれている。外に持ち出してパンパンとはたいたらほとんどが落ちたので実害はなかったが。
しかしこれ、黒地だからカビが目立ったわけで、他のジャケットもたぶん同様にカビまみれだったんだろう。気付かなかっただけで。むむむ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自由

夜、東京仏教学院講義。
テレビドキュメンタリー『記者たちの水俣病』を観る。
水俣病を地元マスコミはどう報じたかの検証ドキュメンタリー。制作は2000年。2000年になってやっと、自らを振り返ることができるようになった。それほどに水俣病事件というのは実に根深い諸要素を持っている。

観終ってから例によって班別で話合いをしてもらう。しかしどの班も前回に比べるといまいち反応がよくない。若い人には水俣病はピンとこないのか。いや、私が始めに「水俣病自体というよりも、ここから感じたことを自由に話をしてほしい」と言ったのが仇になったよう。自由にと言われると何をしていいかわからなくなるのはありがち。今日は私のミスリードだった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CANTA! TIMOR

午後、築地本願寺で東ティモールのドキュメンタリー映画『CANTA! TIMOR』を観る。

この上映会にはアーユスも協力したが、正直全然期待していなかった。というか、予備知識ゼロで臨んだ。だからというわけではないだろう、やられちまった。魅入った。感動した。本当にいい映画です。東ティモールの人びとの悲惨極まりない経験と、高潔な精神世界が素敵な音楽とともに刻まれている。その両輪が共に現代日本を撃つ。

可憐な監督の初作品。まだ配給は決まっておらず全国で試写会として上映中。ぜひ、普及してほしい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寿安

昼、アーユススタッフと「九段下のスターバックス」で待ち合わせ。
私としてはめずらしく約束時間のかなり前に店に到着。相手を待つがなかなかあらわれない。まあいつも待たせる側なのでたまには待つのもいいだろうと思っていたところ、携帯にメールが入った。「北の丸スクエアの中です」
え?私がいるのは靖国通り沿い。急いで移動する。しかしこんな近くに2店も出しているんだなスタバ。どちらも流行っていたから商売としては正解なのだろうが、「九段下のスターバックスで」と待ち合わせに使って失敗した人は私だけではないと思うぞ。

夜、深川にて一人芝居『一閃の光芒』を観る。後藤寿安の物語。
寿安は江戸初期、岩手県奥州の領主として荒れた土地に大規模な用水路をつくった。それらは今も寿安堰という名が残っている。寿安はキリシタンだった。家光の代になり、キリシタン迫害が強まる中、信仰を捨てることを拒否して、何処へと消えたと伝えられる。
舞台上に画家・瀬川明甫による強烈な人物群衆画を大きく据え、音楽はゴスペル。寿安を演ずるは富田祐一。それぞれが強く主張しあう、総合芸術の趣。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きっかけ

八王子で老人施設を経営しているAさんの話を聞いた。
Aさんは20代の頃に老人介護施設で働いていた。ある時に知人から、遠くに住む認知症の進んだ母親を呼び寄せようか迷っていると相談された。Aさんの勤務する施設での受け入れはできないが、なんとかなりますよと同居を勧めた。しかし母親の認知症は予想以上に進んでいた。毎日の徘徊。家の中に常に漂う悪臭。中学生の長女は、同級生からそれを嗤われ嫌われたことによりどんどん荒んでいく。やがて家出。妻は鬱病となり、離婚して次女とともに家を出た。知人は自営の店をたたみ、母とともに何処かへ去った。
Aさんは目の前でひとつの家族が崩壊していったことをきっかけに老人施設の建設に心を向けていったという。
八王子の医師会は老人施設への理解がとてもあり、協力関係にあるとのこと。多摩地区随一とも。また少し八王子が好きになった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »