« December 2010 | Main | February 2011 »

落とし所は

昼、「全てのお寺から子どもの声が聞こえるように」を目標とした「キッズサンガ」の会議。
資料としてこの3年間の宗派としての総括文書が回された。ほぼ私の認識というか東京教区の状況と一致。子どもを対象とした活動の困難さでは地域差は見られない。一方の思い込みも一緒。
キッズサンガはイベント開催を目標とはしていない。「全寺院」と掲げる以上それはありえない。では、全寺院で可能なことは何か。落とし所は見えているが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遺骨信仰のルーツ

ひとなみ例会。
ひとなみとは、僧侶と葬儀社職員と行政書士が集まって、人の死の周辺についてまじめに考える会。
本日のテーマは葬儀について。
その中で、興味深い話を聞いた。
日本人には遺骨信仰が強い。それは近年にいたって強まっているようでさえある。そのルーツは決して古いものではなく、太平洋戦争後の遺骨収集にある、というのだ。
それ以前は日本人は遺骨にそれほど執着することはなかった。たしかに戦中でも、戦死者の遺骨として返還された箱の中には名前を書いた紙しか入っていないケースが多々あったという。それで納得できる素地があったということだ。
それが戦地での遺骨収集が行われる中で、遺骨自体に意味が付与されてきたのだという。けっこう納得。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (3) | TrackBack (0)

バラけてた

2007年度に地元地域の小学校PTA 会長だった連中と新年会。私は PTA 生活は長いが、なぜかこの年度の会長たちとだけ、付き合いが続いている。年2回の飲み会。
本日集まったのは女性4人、男性4人。女性たちの血液型がA、B、O、ABとみごとにバラけていたことが本日判明。男性はA、O、B、B。残念ながらABがいなかったがバラけている。このバラバラさが続いている要因かもしれない。
久々に腹が痛くなるほど笑った。途中トイレから戻った奴が、トイレの中まで笑い声が届いていたとまた大笑い。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何のあらわれか

夕べは終電に乗っていながら途中下車してしまったが、実は同じようなことを先日もしている。京王八王子行に乗っているにもかかわらず、何かに急かされるように途中下車。乗っていた電車をホームで見送りながら首をひねる。なんで俺はここにいるんだ?
その時は乗っていたのが終電ではなかったので大過はなかったけれど。
いずれも飲酒後に車内でいねむりをしていてやってしまったことだが、途中下車するって深層心理になにかあるんだろうか。

夜、新年会に向っていた。遅刻が決定的なので遅れることをメールで知らせようと新年会の案内メールを見直した。あれ、日にちは29日(土)・・・って、明日じゃない。
ボケボケであります。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最終電車を

午前、築地本願寺にて自死遺族のわかちあいの会。
20人の自死遺族の方々がおみえになり、胸のうちを吐露していただいた。

夜、自殺対策に取り組む僧侶の会の新年会。築地場外市場内の居酒屋にて。楽しい。

夜、私は東府中のホームに立っていた。
途中下車してしまった。しかも、それまで私が乗っていたのは八王子行き終電。もう後続車では高幡不動までしか行けない。
なぜ私は途中下車してしまったのか。私は車中でいねむりをしていた。その私の耳に届いたのが、「・・・京王八王子駅までの終電です。お乗り忘れのないように」というアナウンス。
ねぼけている私は即座に対応した。まずいっ。その電車に向わなければ、と。かくして急いで車両を降りた私の後ろで終電のドアは無情に閉まったのでありました。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

知った顔が

今年4月、八王子市市議選がある。そろそろ候補が名乗りをあげつつあり、ポスターが貼られるようになった。
新顔もいくつか。その中に知っている顔を発見。え、あいつ、政治家志望だったのか。
思えば、市議ってぜんぜん「政治家」という感じがしない。私の知り合いもいいとこ「市民運動家」。市政ももちろん政治なんですが。都議だとさすがに政治家って感じがしますね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

記憶がない記録

朝、携帯を見ると夕べに着信があった記録が残っている。不在着信ではなく通話履歴。しかしその記憶が全然ない。時間帯は夕べの懇親会のお開き間近。その頃には私はワインを2本空けていた。
記録にある相手に電話をかけた。もしかして何かの約束をしていたら、それは永遠に果たされることはない。
確認したところ、幸いたいした用事ではなかった。電話で話した記憶自体がないことを告げると「そうですかー。いつになく上機嫌でしたもんね」はあ、失礼しました。

夜、東京仏教学院講義。本日は特別講義として作家の森達也氏をお招きした。森氏の、物事を多面的に見る手法はまるまる仏教。それが新鮮に思えてしまうのは仏教が生活実践上に生かされていないことの証。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鐘は転換

延立寺法話会。ご講師は酒井青士師。延立寺にお迎えするのは2年ぶり2回目。
驚愕的な読書量を基礎にして繰り出された本日の話題は音と宗教。私にとっても新鮮な指摘がいくつか。確かに鐘や太鼓の打ち物は、私は区切り以上の意味を持っていなかったが、あれは確かに転換を呼んでいる。
いつもとはちょっと角度の違ったお話に、いつになく質問が相次いだ。講師への質問は本堂での方が共有できていいという意見もいただいた。参考にします。

夜、パレスチナからの美しい客を迎えて歓迎懇親会。難民キャンプにてアーユスの念珠を作っているマナールさん。 まだ19歳。にこやかで明るい方。それに誘われて私のワインも進む。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モバイルネット

一日中法事。疲れた。

モバイルネット環境を変更した。
これまではイーモバイルの携帯モデムを使ってきたが、今回、モバイルWi-Fiルーターを導入した。スピードも向上、使い勝手もいい。料金も少し下がった。本体に充電する手間がかかるようになったのが面倒ではあるが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感じたままが

東急スクエアの上のホールで開かれている、八王子市心身障害者福祉センター主催の障害者文化展『感じたままに伝えたい』を見に行った。二男の作品も展示されているが、その他の作品の力強さに率直な驚きとともに魅入ってしまった。圧倒的な存在感の野鳥。雄大さを感じさせる古城。障害者の作品だからということではまったくなく、作品自体として実に面白い。思いがけない収穫。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学び再開

午前、延立寺にて仏教勉強会。
テキストはアンベードカルの『ブッダとそのダンマ』。勉強会というより、思うところをつらつらと語り合う。参加者の関心のあるところを考えると、仏教の概説書や経典の解説書ではなく、直接経典にあたった方がいいような気がしてきた。テキストを選び直すこととする。

夕方、エンゲイジドブディズム研究会を久々に再開しようと打ち合わせ。
会議後にメンバーで新年会。
新年会が続いた今週だけで体重が4キロ増えた。忘年会は酒が主となるが新年会は食事が主になる傾向があるような。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々の全血

昼、献血をした。私はいつも成分献血をしているが、今回は全血献血を頼まれた。聞けば、全血の依頼があったとのこと。なるほど、赤血球が必要なこともあるのか。全血献血をしたのは20年以上ぶり。約10分で終了。あ、こんなにすぐに済んだんだっけ。成分献血だと4〜50分はたっぷりかかるので。

夜、教区の壮年会役員の方々と新年会。残り少なくなった今年度中の目標達成に向けて算段。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心弾む懐かしさ

夜、アーユス新年会の会場下見。神田のパレスチナ料理の店。
私たちが入店してまもなく50人くらい入る店内が満席になった。外国人客の姿も多い。
料理は美味。彼の地で食した懐かしい皿がそのまま、日本風にアレンジなどされることなく供される。今年はここで開くこととする。来月に。

ラジオから妙に懐かしく感じる曲がたびたび流れている。懐かしいだけではなく、心弾ませるものがある。80年代の化粧品CM ソングの趣。
曲名は「gift」。歌手は土岐麻子。全然知らなかった歌手だが、曲を作ったのがEPOときいて納得がいった。健在だったのか。とても嬉しい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メール連絡網比較中

現在小学校で使っている携帯メール連絡網の使い勝手が悪いので乗り換えようと情報を収集している。
ポイントは、メールを相手がたしかに開封してくれたことを確認できるかが第一。それができれば、電話連絡網がほぼ不要になる。電話連絡は現在は事実上実用的ではないが、確実性が要求されるときのために現在は併用している。

費用はもちろん安い方がいい。少なくとも現在以上の負担は避けたい。
探してみると、候補となりそうなのが3業者。無料の試行期間が用意されているのでとりあえず使ってみることにする。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初めて旨いと思った

夜、以前に延立寺が所属していた地域のお寺の新年会。昔のよしみでお声掛けをいただいている。
本日の料理は中華。北京ダックが有名な店。私は北京ダックにはそれほど有難みを感じていなかったが、本日供されたものはまるで別物。実にジューシー。旨みたっぷり。こんなの初めて。これならご馳走と賞されるのも納得。

おみえの方と飲みながらではあるがまじめな相談を一件。話をしてみると私が持っていた情報とは違っている。まあそういうものです。ズレはズレとして粛々と進めます。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

隙間なし

朝、八王子斎場にて葬儀。昼、八王子市内式場にて葬儀。続いて夜、都心にて通夜。
明日は葬儀。さらに一日おいて通夜葬儀。
これだけ集中したこと、ちょっと記憶にない。手伝いを頼むことなく勤められたが。
体力的にもだが、気持的にちょっとハード。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

延立寺新年会

延立寺新年会。延立寺藤の会とやまゆりの会主催による。

乾杯の後、延立寺の昨年1年を振り返ってのビデオ上映。最初に映し出されたのは昨年の新年会。歌あり踊りあり。
ビデオ上映の後で、改めて生での踊り披露。ビデオの中(昨年)のと同じ演目だが、昨年に比べて上達されているがはっきり分かった。

カラオケは通信カラオケをレンタル。「ありがとう」も「トイレの神様」も入っている。本日も私がまったく知らなかった曲が次々と披露された。やはりカラオケはレンタルに限る。

商品たっぷりのビンゴに〆は特製おしるこ。ご満足いただけたものと思います。今年1年また楽しくやりましょう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

違っていた記憶

八王子市内の霊園にて法要をお勤めするお約束をいた。
さて、寺を出発しようとして改めて行き先を指定したメモを確かめてみると、あれ、ここ違うんじゃないかな、この方のお墓はここではない。かなり明確な記憶がある。
しかし指定されたのは確かにメモにあるところだという。
変だなあと思いながら指定されたところに向うと、電話をいただいたその方がお待ちになっていた。
問題はなかったのだが、では私の頭にある記憶はどうなっているんだろう。私の頭にはこのお宅のお墓が別の霊園に建立されている様がまだはっきり残っている。いったいいつなぜ取り違えてしまったのか。
私の頭の中にたぶん他にもいろいろありそうだな。確かとしていながら実は虚構の記憶が。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いえ、変わっているのではなくて

某会議にて。ある方の提案を受けた。率直に言って疑問が多い内容。それを初めは控えめに指摘していったが、相手は全くひるまない。提案通りに押し通そうとする。
その頑迷さにつられて私も言葉がきつくなっていく。それが相手をムキにさせる。悪循環に陥ってしまった。
「私は困っているのを見過ごせないだけなんです。たぶん変わり者なんでしょうね」とおっしゃる。
いいえ、極めて普通の方です。ご自分を振り返ることをせず、自分の正しさを疑わないという点において。あ、それは私もですね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

便座復活

トイレの便座がやっと直った。
昨年の暮に突然壊れた便座。温まらなくなった。いやこの時期にこれはつらい。いきなり座らずにそろそろとゆっくり座るわけだが、それでもいろいろ縮こまる。

本日やっと工事に来てくれた。ウォシュレット。温かい。快適。
恐縮ですが客間側のトイレはまだウォシュレットではありません。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鍛えない理由

寒い。

昼、八王子にて。
ちらほらと白いものが舞っている。空は半分を薄雲が覆っているが、半分は青空。
だから灰かと思った。どこかで落ち葉でも焼いているのかと。
しかし服の上に落ちたそれはすぐに消えていく。雪だわ、これ。
この程度の降りなら初雪とは言えないか。

K-1などの試合後で敗けた側の理由に、実は風邪をひいていた、というのはけっこう多い。それを聞くたびに釈然としないものがあった。体調管理が杜撰という以前に、さんざん鍛えているのになんで風邪をひくのかと。鍛えていたら風邪くらいはね返せないのかと。
それは私の大きな認識不足だった。
体脂肪が極端に少ないと抵抗力がなくなるのだという。そのため、少しの風邪でも大事になってしまうのだとか。
意外。じゃあ、正月なんかによくテレビで見る、真冬の海に入っての空手の寒稽古なんて無謀なんじゃないの。まあもともとあれには合理的位置づけはないのだろうが。
しかし、鍛えるほど抵抗力がなくなるとは人生は奥が深い。私が鍛えない理由がまたひとつ増えた。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (2) | TrackBack (0)

大人

朝、小学校の校庭に新たに作る遊具用に材料を提供して下さる方へご挨拶に伺う。

本日は成人の日。
これから成人式に向うご門徒が、本堂にお参りされていった。

大人になるとは、ひとつには他人と違うのを怖れなくなることはあるだろう。
私が小学校5年の時。移動教室で同級生たちと初めての泊りで、私が驚いたことの一つが、みんながパジャマを素肌に着ていることだった。え、パジャマの下にシャツを着ているのってボクだけ?それから、他人と一緒の時はパジャマを素肌に着るようになった。
そんなつまらないことを気にするのが子どもたる所以。
気にしなさすぎるとまた大人らしくなくなるのもたしかだが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

縫い針

朝、サイレンが鳴った。消防の出初めの合図。
これをうちにいながら聞いたのは20年以上ぶり。
寂しくは・・・全然ございません

カーディガンのボタンがとれてしまったのを直そうと、スーパーの縫い針売り場に行った。今まで長く使っていた裁縫セットは、昨春にインドに行った時に空港の荷物検査で危険物と判断されて没収された。そのセットを買ったのもいつどこでだったか思い出せない。思えば縫い針売り場なんて何十年も覗いていない。

驚いた。縫い針が穴に糸を通しやすいように進化している。
感心したのは、穴の上部に亀裂が入っておりそこに糸を押し当てると穴に通るタイプ。こんなのいったいいつから存在していたのだろう。
結局選んだのは単純に穴の大きいやつだが、これだって結構画期的な気がする。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

凍った

寒い。
朝、うちの一番北側にあるトイレの水が凍った。
流れません・・・。
風呂の残り湯を使って処理したが、流れないトイレというのは人から生きる力の幾分かを奪っていく気がする。始めから溜めるタイプならそんなことはないんだが。

午後、今年初めての空手の稽古。
「空手には本来は『突き』とか『蹴り』はない。『当て』ているのだ」と言われる。違いがまったく分かりません。
「力を入れた技って効かないんですよ」とも言われる。それで抜こうとしてかえって力んでしまう。これって浄土真宗の自力他力の世界に通じるものがあるような気がする。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歓送迎迎

教務所の仕事始め。

夜、同僚の歓送迎会。
先月に異動があり、教務所のメンバーが1人替わった。
異動先でも忙しくしている様子。またご一緒することもあるでしょう。お元気で。

歓送迎会を途中で抜けて、別の店へ。
フランスから半年ぶりに帰国した知人の歓迎会。
この男、彼の地で禅を広める仕事についている。土産はもちろんフランスワイン。
次に帰国するのは夏とのこと。
その時は法話会にお招きする予定。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

真剣

今日も年始参りで都心を車で走る。まだ街は動いていない。やはり今度の連休明けまではこんな感じだろう。

真剣を間近に見た。
持ち主の方がすっと振り降ろすとヒュン、と音がする。横に振ったり斜めに振ったりするたびにヒュンヒュンと音がする。
見た限りではフツーに振っている。速いスピードには見えない。軽ーく、どこにも力が入っていない様子。

どうぞ振ってみてください、と渡された。50歳にして初めての経験。ずっしりと重い。
振り降ろしてみたが、音はしない。思いっきりのスピードで振ってみてもダメ。「刃筋を通さないと音は出ませんよ」とのこと。
刃筋とは、刃を真っすぐに振るということか。

帰宅してからネットで調べてみると、音が出ればいいというものでもないようだが、ちゃんと振っているひとつの目安ではあるよう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

姿は復活

着なくなった服の処分を少しずつ進めている。型も古くなりサイズも合わなくなったスーツを資源ゴミコーナーへ移す。

クローゼットに下がっているブレザー、これは昨夏も着たけど、ちょっとくたびれており,目立たない所にではあるが穴もあいている。どうしようかな、と取り出して状態を見ていると、ボケットからコロンと何かが落ちた。拾ってみるとそれは昨夏になくしたオメガのバンドの部品。ピンが折れてバンドが外れた時にこの部品を見失ったために、バンド交換を余儀なくされた。こいつ、こんなところに隠れていたのか。
服の整理を思い立ったのが吉と出た。いや、当のブレザーをクリーニングに出していたらもっと早く見つかっていたか。

さっそく、オメガのバンドを換えた。部品を失った純正バンドは捨てるに忍びなく保存してあったのが幸いした。
元の姿に復活。やはりこの方が美しい。

ま、しかし問題は、この時計が暮れから故障して止まったままということなんだが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目標

年始のために都心を車で走る。
ビジネスマンの姿も多く見かけるが、しかしまだ街は動いていない。道も非常にスムーズ。

ふと思い出した。私は、以前は正月にはその年の目標を立てていた。月に何本映画を見るとか、何冊本を読むとか、○○を会得するとか。そしてそれらを手帳の始めのページに書きつけていた。
そのことをここ数年、少なくとも3年はしていない。
目標の達成度はいつも低かったが、それが目標を掲げなくなった理由ではない。
ただ忘れていた。目標を立てるという発想自体が頭から消えていた。余裕がなかったのか。
目標を掲げられるということ自体、ある種の力の発露だろう。ここ数年の私はたしかに予定を埋めてはいたが目標はなかった。予定と目標は別物。目先のことの片づけに終始していた感がある。
思い出したのを幸いに、久々に目標を立ててみようか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タイマーが

正月三が日は延立寺ではお参りの方々にお汁粉を接待している。
お汁粉に入れる餅はオーブントースターで焼く。が、そのタイマーが壊れていることが発覚。なぜ。よりによってこの時期に。まあ時期に関してはこのオーブントースターは餅焼きにしか使っていないので壊れるのもこの時期しかないわけだが。
いやしかしこれが不便。放っておけない。オーブントースター導入以前はガス台に餅焼網を乗せて焼いていたのでそれから比べればまだいいが。
オーブントースターにおいて、タイマー機能は重要度では焼き性能と同等だ。買い替え決定。

愛車ラパンのタイヤをスタッドレスに替えた。
昨年は履き替えなかったので約2年ぶりの登場。
空気はバカバカに抜けているかと思いきや、それほどでもなかった。が、ガソリンスタンドに直行。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お揃いで

今日も延立寺への初詣での方々が多くいらっしゃいました。、
特にお正月にはご家族ご親戚の方々が揃ってお参りされるのが嬉しく思います。
総勢10人の方、そして14人の方。また、親戚の方々で延立寺を集合場所にしてくださっている方も複数。そのようにお寺を使っていただくこと、有難いことです。

箱根駅伝、柏原すごいな。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

謹賀新年

年が明けました。
本年もよろしくお願いいたします。

全国から大雪被害の報が届く中、東京は穏やかな新年。いや東京ってのはよくできた場所です。ここを首都にした人たちの慧眼、見事です。

つい数時間前まで一緒に忘年会で飲んだくれていた面々が改めて新年の挨拶に寄ってくれた。
みんな晴々とした顔。二日酔いの様子はない。
皆、今日に限らずここのところ二日酔いをしなくなったという。
それは自分が酒に強くなったからだと思っていた奴がいたがそれは大きな勘違い。
それは衰えです。
二日酔いは自己防衛作用。それが効かなくなったのは単に鈍くなっただけのことです。
まあそれはそれでたいへんよしとする。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »