« January 2011 | Main | March 2011 »

期待の新鋭

朝からの雨が昼前には雪になった。まあこれは積もらないだろう。

法話会。講師は祝覚道師。
元公務員でロシア語が堪能で現役のパーテンダーでもある。
いろいろな引き出しを持つ祝師、初対面のご門徒の中にご自分から入ってすぐに馴染んでいる。ちょっと感動。
これからのご活躍を心から期待します。

延立寺役員会。今年の活動計画と、来年に迎える延立寺寺基移転40周年になにをしようかとの会議。ずいぶん日に灼けてしまった本堂の幕を新調することが一案。柱になる案は引き続き検討。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

親鸞聖人のみあとを訪ねて

早朝に新幹線で浜松へ。

親鸞聖人の750回忌を前に、現在、東京教区のご門徒の企画により、親鸞聖人がお住まいだった茨城から、晩年を過ごされた京都までを徒歩での踏破企画「親鸞聖人のみあとを訪ねて」が進行中。もちろん一気に歩けるものではなく、昨年12月から土日を使ってのリレー歩き。

私はもっと早く参加したかったのだが、都合により本日が初参加。午前9時に駅前に集合したのは30名。その中でこれまでの全行程を歩いているのがお2人も。

真冬の格好で歩き出したが、すぐ暖かくなった。1枚脱ぎ、もう1枚。それでも暑い。背中が汗でびっしょり。額にも汗。これ、今日だけで痩せるんじゃないか。
ゴールは東海道線の新居町駅。歩いた距離は約17キロメートル。平均20キロメートルだから今日はかなり楽。
気持よかったですー。

新幹線で八王子に戻り、娘の中学合格祝い。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

119

暖かい。

久々に空手の道場へ。
体重移動により難なく相手の体が転がっていく。

夕方、お世話になったご住職の13回忌法要に参列。あれから12年も経ったのか。早いものです。
法要後のお斎は近所のレストランへ。
食事中に前坊守さんの様子がおかしくなった。朦朧としている。呼びかけても反応がない。
これはもう救急車を呼んだ方がいい。ということになったが、同席の方が携帯電話で119を押している。あーそれじゃだめだめ、お店の人に呼んでもらわないと、手間が余計にかかってしまう。
後から連絡をいただいた。お疲れから意識がなくなったもので、少しお休みになっただけで帰宅できたとのこと。よかったです。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見守り

小学校のPTA の運営会議。
議題は保護者による登校時の児童の見守りについて。
この地域は歩道の整備がほとんどされていない。道も細い。にもかかわらず交通量は多い。当然危険は多い。
現在、登校時間には地域の安全ボランティアの方々が立っていてくださる。しかし近年その方々の高齢化が進み、いつまでもお願いをしていられる状況ではなくなった。
したがってこれから、保護者自身の参画が必須となる。しかし新たな取組みのため、戸惑いも多い。有効な取組みとなるよう、早々に広く意見を求めながら理解を得ていくこととする。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「で」ではなく

朝、高速が予想以上に渋滞。たぶん、並行して走る京王線が人身事故で止まったのも影響しているだろう。途中で車を降りて電車で向うことも考えたが、しなくてよかった。そうしていたら余計に時間がかかっていた。ということで、葬儀に遅刻してしまった。

午後、自殺対策に取り組む僧侶の会定例会。
このたび会の藤澤代表の本が出版された。『いのちの問答』(幻冬舎刊)。執筆過程では僧侶の会のメンバーも関わっている。ほんわりとしたいい本となった。

この会では、活動の中でどれだけ仏教を打ち出すかについてよく議論になる。基本的には仏教は表に出さずに寄り添い続け、相手に光が見えた時になってやっとバックポーンを語るという順序を取っている。それに不満のメンバーもいる。始めから仏教を持ち出すべきと。分からないでもないが、それは往々にして押し付けと受け取られる。また僧侶にとってはそれが逃げにもなるし仏教の道具化にもなりがち。仏教「で」救うのは間違い。私の基盤となる仏教「が」救うのだ。そこには必ずしも仏教の言葉が登場しなくていい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初生シュウ

2/23(水)
午前、子どもが通う小学校の美術の先生が出品している展示会を覗く。
先生からの案内状には、昨年私が出身高校の同窓会誌に載せた文章を見て驚いた、とあった。あらま、同窓でしたか。えーっと、たぶん先生の方が先輩ですよね。

午後、築地本願寺にて山本シュウ氏の講演を聞く。テーマは現代の子育て。
生で接したのは初めてだが、いや予想以上に熱い人。約3時間休憩なしで全身使ってしゃべりっぱなし。
山本氏は決して人を責めない。いや、責めながら「その人が悪いんじゃない、時代がそういう人を作ってしまったんだ。その人も被害者なんだ」として、だから問題はこれからだ、と問いかける。
山本氏には名言が多い。「できることを、できる範囲で、あきらめないで」「We are シンセキ」、そして「熱は必ず伝染する。冷たいままの人などいない」ええ確かに。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世話人でわかる

築地本願寺にて、某寺の世話人の方々に法話。
テーマは「浄土真宗と現代社会」。例によって時間配分がかなり悪かったが、熱心に聞いていただいた。

後の懇親会にも同席させていただく。
本当にあたたかい空気。どなたもにこやか。ご住職の日頃の活動の反映にほかならない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ寒い

朝、小学校の朝礼でどんぐり山の引き渡し。
私は何もしていないのにオヤジたちを代表して挨拶。手作りであることだけ強調しておいた。

午後、東京仏教学院の卒業判定会議。卒業がかなわなかったのはお一人のみ。皆さん一年間がんばってくれました。毎日夜学に通うのは並大抵なことではありません。尊敬します。

夕方、アーユス会議。この夏にスタッフが一人、寿退職をする。後釜をどうするか、大問題。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どんぐり山改修

午前、地元小学校の遊具の改修工事。
通称「どんぐり山」。土を小高く積み上げたところに丸太で橋をかけている。それが経年により朽ちてしまい、昨年春から使用不能になっていた。
ご近所から丸太を提供していただき、保護者のオヤジたちがチェーンソーや丸ノコを持って手作りでの改修。私がやったのは残念ながら仕事の都合で、丸太を車から降ろしただけでタイムアップ。
午後2時過ぎに現場に戻ると、もう真新しい丸太橋が出来上がっていた。すごいすごい。オヤジたちの見事な作品。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

敷居を低くするのは

都内にてご門徒向けの連続研修会に出講。
今回が最終回ということで、ご自身が寺で何ができるかを考えていただく。

寺へのご意見をいただく中で、「寺は敷居が高い。本堂の扉がいつも閉まっている」とのご批判をいただいた。もちろん寺の敷居を低くする努力は寺側には必要。しかしそこにご門徒の協力はぜひいただきたい。たとえば、扉に鍵がかかっているのは、寺の人手が少なくてセキュリティに不安があるから。でもそこに日常的にご門徒がいれば、扉を開けておくことが可能になる。ここにいる皆さま方が今よりさらにお寺に寄っていただくことが、他の人に対して寺の敷居を低くすることに繋がるんですよ、と。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

駐車場がない!

多摩地区の中学校の特別支援学級に通う子どもたちの発表会があった。合奏や演劇。二男は演劇に出演。
みんな好演。うちの子が出ていたからだけではなく、けっこう楽しめた。

しっかし、会場がある国立は駐車場がない街だな。会場には開演のずっと前に着いたのだが駐車場をぐるぐると探し、結局会場から歩いて10分以上の所に入れた。開演にはぎりぎりセーフ。駐車場の需要はないんですかね。そんなはずはないと思うが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

哀しくても

昼、葬式。
火葬場の待ち時間に食事をとる。その時、ご遺族のおひとりが「哀しくてもお腹がすくんですね」と笑った。他のご遺族も「そうそう」と笑う。私もそうそう、と笑う。

夜、築地にて、ある委員会でちょっと早い私の慰労会を開いてもらう。
と言っても私は慰労されるような結果は残していない。しかし慰労された以上、わずかな任期期間しか残っていないけどもうちょっとあがいてみようかと。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふりかえり

後期基幹運動役職者合同協議会。
一年の振り返りと来年度に向けての話しあい。
率直に言って、今年度の我々はかなりいい活動をしてきた。しかしそれが自分たちにも世間にも認識されていない。これって客観的に言うと「自己満足」ってこと?いやいや。
この会議に私が主幹としてこの会議に出るのは今回が最後。お世話になりました。

会議後、八王子にて通夜。少し遅刻してしまう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アーユス新年会

朝、12センチ程度の積雪。今シーズン初めての雪かき。
軽めの雪なので作業もいくらかは楽。

午後、アーユスワークショップ。
組織強化のための検討。
自らを確かめるというのは、けっこう快感でもある。

夜、アーユス新年会。
会場は神田のパレスチナ料理店。
50人以上の参加者にはこの場所はちょっと手狭だった。しかし料理の評判はいい。量も足りないことはなかっただろう。
いやしかし、手狭になるくらい集まっていただいたことの幸福を思う。毎年新年会では、アーユスは愛されているなと感じた。毎回だが今日も。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

選択

茨城県守谷にての葬儀に向う。
朝交通情報を見ると中央道は渋滞。
早めに出て通常のコースを行くか、遠回りで料金もかかるがスムーズで時間が短い方を取るか。後者、圏央道-関越-外環-常磐道経由を選択。
選択肢があるというのは気持が楽になる。

知人が大きな決断。ステージを移る。私もその渦中にいながら何もできなかった。
結果的にはいい選択だったと思う。いや、いい選択だったと思い返すようになってほしい。

夜、9時前。都心から車で帰宅するが車道に雪がずんずん積もっていく。ほんの少しの坂を登れない車がそこかしこで道をふさいでいる。
私は今年替えたばかりのスタッドレスタイヤの効果を確かめようとちょっと乱暴な運転を試したところ、たちまち制御不能に。幸い対向車がなかったので事故にはならなかったが、やはりスタッドレスだからといっても安全運転は必須。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

存分に

本日、長男が剣道3段を目指して昇段審査を受けた。
結果がメールで届いた。
同じ高校の仲間4人で受けて、長男だけが落ちた。

あー、これはちょっとつらい。本人もかなりめげている様子。

客観的に見ればいい経験と思う。
まだ高校在学中に昇段審査をうける機会はあるし、それまでは強い2段になればいい。段位と強弱は必ずしも一致しない。

とはいえショックだよな。私も大学時代まったく同じ経験をしたからよく分かる。今日は存分に落ち込みなさいな。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雪のおかげ

昨日の雪により、昨日のうちに今日予定されていた法事2件がキャンセルになった。
同様に、今日予定していた延立寺の役員会も昨日のうちに延期とした。

でも今日は雪が全然残っていない。これなら法事も役員会も難なくできたな。ま、しかしおかげでちょっと余裕のある土曜日になった。
まわりの片づけをする。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雪の建国記念日

朝から八王子は本格的な雪。みるみる地面が白くなっていく。
その中を車で都心へ向う。雪の中のお葬式。
しかしけっこう降っているのにぜんぜん地面が白くならない。

午後、築地本願寺にて仏教壮年会の研修会。
記念法話のご講師は利井唯明師。
「『凡夫だからしょうがない』って門徒さんより僧侶がよく言いがちですね。でも親鸞聖人はそんなこと言ってません」

夜、後楽園ホールにてキックボクシングを観戦。
キックはとても多くの団体があるが、本日のは肘打ちを認めているムエタイスタイル。私が応援している選手もその肘打ちで見事 KO勝ち。
試合後にホールの外に出るとみぞれは雨になっていた。積もらなくて助かった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つくづく

甘い。俺は本当に甘い。スウィートという意味じゃなくて。




いやスウィートでもあるんですけど。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いろいろ

朝、八王子に本格的に雪が降る。今シーズン初めて。
白く染めることなくすぐに止む。

掲示板の言葉を替えた。
「手を合わせるのは自分のご都合をかなえるためにではなく、自分のご都合に気づくためだ」

午後、教材づくり会議。
2年がかりで続けてきたものがやっと形が見えてきた。素直にうれしい。

愛車ラパンの走行距離、14万キロを突破。全然問題なし。目標は20万キロだが30万キロに上方修正してもいい。デザインも全然飽きていないし。

夜、修羅場を越えた、というかまだ修羅場の中だがなんとか道筋が見えた知人と会食。
私は彼になんの力にもなれなかった。でもなんとか先が見えたことを共に喜ばせてもらう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

動かない

風邪は進行はしていない。が、咳と鼻づまり。声を出す仕事としては少々つらい。ためこんでいたティッシュベーパーがどんどん消費されていく。頭が動かない。

夕方、某所へ挨拶に行く。あることで行き違いからその方を立腹させてしまったとのこと。その後に間に入ってくれた人があり万事 OK になったということで、改めてご挨拶に。私は初対面。
手土産の菓子折りを渡そうとすると「いや、そういうのは困るな」と受け取っていただけない。あれ?なんか様子が違う?
先方の話を伺うと、全然OKじゃない。もちろん、先方のおっしゃることは理解できます。がしかしなんといいますか、はあ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おとなしく

咽に違和感。咳が少し。鼻水も止まらない。風邪を引いてしまった。
長女の受験も終ったことだし、まあいいか。
受験前なら隔離されていただろう。

右肩が痛い。全然心当たりがないが。これが五十肩ってやつか?

というわけで元気がない。会議が3つ続くが、いずれもおとなしく過ごす。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いよいよ

昼、都心にて法事。
墓前で読経をしたが、風もなく穏やか。背中に当たる日差しが暖かい。帰路の車中からは、正面にそびえているはずのスカイツリーが霞のむこうに隠れている。いよいよ春近しであります。

夜、子どもたちがファンキーモンキーベイビーズのコンサートに行ってきた。私も余裕があれば行きたかったが、残念ながら見送り。
帰宅した子どもたちに聞くと、1曲目が「新八王子音頭〜太陽おどり」だったという。やってくれますね。うれしくなっちゃいますね。
この夏にはいよいよ東京ドーム進出だそうです。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11年熟成

オイル交換のついでに車の点検をしてもらった。すると「お使いのスタッドレスタイヤ、年式が2000年のタイヤなんですが・・・」と申しわけなさそうに指摘された。
冬の間しか履いていないのでまだ溝は残っている。しかし経年劣化でヒビが入り、ゴムも固くなっている。スタッドレスがちゃんと性能を発揮できるのは3年までらしい。私のは11年。・・・ビンテージとはいえませんか。

交換してもらう。安全を考えれば高くはない。東京はこれからが降雪のシーズンだし。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

熱い

夜、新宿にて知人と会食。彼はゲイの人たちが直面する諸問題に広く関わっている。行政ともうまく協働しながら確実に状況を変えていっている熱くも本当にやさしい人。
セクシュアリティーの問題は非常に難しい。メディア上では往々にして笑いの対象で扱われがちだし。来年度の東京仏教学院に特別講義でお招きしようかと考えている。

二次会はカラオケへ。思いがけずAKB48の「ヘビーローテーション」とKARAの「ミスター」で熱く大盛り上り。曲と共に流れるPVを初めてちゃんと観て、AKB48の人気を遅ればせながら納得した。最高潮の頃のモーニング娘。にまるまる通じる勢いがある。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

機構改革

夜、人事院にお勤めの方から公務員制度改革についてのお話をうかがう。
現在本願寺派で進んでいる機構改革に通じるところもあろうかと。が、ちょうど本日、改革案は臨時宗会で反対多数により否決、撤回された。

本願寺派の三権分立の歴史を誇る人は多い。しかしそれが現在誇れるように機能していると見る人は多くはないと思うが、仕切り直し。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

研修会

東京教区僧侶研修会。
ご講師は信楽峻麿師。冒頭からいきなり、現在の本願寺宗学は間違っていると断言する。特に若い方たちには新鮮に受け取られたよう。受付での師の著書の売れ行きもかなりいい。龍谷大学では信楽師の本を読むなと教授が学生に命じているという噂も聞いた。皆が皆そうであるわけがないが、そう言いかねない環境であることも確かで。

夜、東京仏教学院講義。私の担当は今年度は今日が最後。一年間毎日夜学に通うというのはなかなかできることではありません。受講生のみなさんを尊敬します。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

給食の思い出

もう2月。

夜、新宿のお寺にてアーユスのイベント、ブラウンボトルトーク。
NGOと僧侶とのクロストーク。今日のテーマは給食。
カンボジア料理を食べながら。料理は神楽坂の専門店から持ち込んだ。美味。

参加者の各人が給食の思い出を語った。私は脱脂粉乳を知っているたぶん最後の世代。悪名高いそれを、私は決してまずいとは思わなかった。どころか、美味しいと思っていた。いくらだって飲めた。
一方けっこう人気の高かったソフト麺、あれが私は嫌いだった。なんというか得体のしれないというか、なんでこのうどんこんなにくたびれてんだよ、って感じで。
ということで、私は自分の味覚を小学校以来ずーっと信用していない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »