« June 2011 | Main | August 2011 »

被災地へ

東日本被災地に車で向う。アーユスが活動資金を協力している活動地の視察に。

午前に八王子を出て、都心でアーユスのスタッフを乗せ、東北道を行く。
本日は目的地途中の岩手の遠野で宿泊。ここでアーユス理事長と合流。

夕食をとろうと遠野駅前を散策する。駅のすぐ脇、線路沿いにスナックが10数件並んだ飲み屋街があった。正直言って流行っている印象はなく、どことなく薄汚れた感じ。昭和50年代の風情。それはそれで味があるが、夕方7時近くになってもどの店にも灯がつかない。日曜日ということもあるのだろう。平日夜の様子を見てみたい。
飲み屋街とは少し離れたところに営業中の居酒屋発見。
店内に置いてあったテレビの画面脇には「アナログ」の文字が。ああ、東北は完全地デジ化が先送りになっていたんだ。
コンテストで全国1位になったという地元産のどぶろくをいただく。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとまわりツアーin延立寺

寺ネットサンガ主催の「仏教ひとまわりツアー」を延立寺で開く。
寺に縁のない方、寺を敷居が高いと思っている方を対象に、各宗派の寺を回っていただく企画。

セミナーの終了後に毎回開いている懇親会は、いつもは近くの居酒屋で行なうが今回は近くにそんな店はなく、境内でのバーベキュー。天気が心配だったが降っても軒下でなんとかなるでしょうと見切り発車。バーベキュー係は例によって延立寺壮年会藤の会。慣れたものです。頼りになる方々です。

予報では雨のはずが、降り出したのは撤収もすぎた20時過ぎ。
これはどうみてもお念仏の御利益でしょって言わないのが浄土真宗ですって話に一番ご納得いただいたよう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

準備順調

午後、一週間後の日曜に築地本願寺で開く平和フォーラムの打ち合わせ。
テーマはクラスター爆弾。先日のアーユスブラウンボトルトークと同じだがこれはたまたま。

夜、出身中学校の同窓会準備会。
2ヵ月前に半分近く空白だった名簿が9割近く判明した。これは立派。女子が案外近くというか結婚しても地元に残っている人が多い。八王子出身者は八王子好き。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜドラミラーを

昼、アクアラインを使用して千葉へ。1年に1回くらいしか通らないが、好きですこの道。
千葉ではお寺の法話会に出講。
熱心にお聞きいただく。

夕方、都心を車で走る。
走行中、パラパラパラッと前の車から何か光るものをまかれたように見えた。
それらは割れた鏡のかけら。前を走る車の助手席に座っている人が、自車の左側ドアミラー枠からなぜか割れたミラーを払い落としている。なにこれ。
他の車と接触して割れたか?いや周りにぶつかった様子の車はなく,前の車も普通に走行しながらの欠片ばらまき。なんだこりゃ。
すでにヒビが入っていたのをだましだまし使っていたのが走行中についに崩壊したといううことなのだろうか。不思議。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふぁみりあ第2回

暑さが少し戻ったが、過ごしやすい。
今年の夏はこんなものか。

昼、築地本願寺にてひきこもりの子どもを持つ親の会、寺子屋ふぁみりあ例会。私は主催者側スタッフとして参加。
私はご講師に講演を頂いた後でのご講師を囲む会の進行を担当したが、ご講師に講演の質問を聞いての質問をしたい方、ご講師に自分の相談をしたい方、ご自分の気持ちを語りたい方が同席した形になり、どなたにもご不満を感じさせる進行となってしまった。次回の課題とする。

夜、アーユス組織強化ワークショップ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

彼女の環境は

キサーゴータミーが話題に出る。
亡くした我が子を甦らせるために、葬式を出したことのない家から芥子の実をもらってくればいいと教えられた彼女、家々を回るが当然そんな家はない。次第に彼女の心は平静になっていたという話。
ここから読みとるべきは第1に、彼女を慰めたのは、誰も死者を送っていない者はないという事実ではなく、その事実を内に持ちながらそれぞれに生きている生活者のさまざまな言葉であったはず。
第2に、キサーゴータミーはそれまで、周囲から疎外されていたに違いないということ。孤立した中では知識は生きたものとしては働かないということ。

夜、この秋からドイツに行く知人の壮行会。
正直言って彼の才能が生かされる職場かというとそうでもない気がするが、そこは彼、どんな場所でも十二分に有意義な環境にしてくれるだろう。今までがそうだったように。

その後、新宿のお寺に向かい、アーユスのブラウンボトルトーク。テーマはクラスター爆弾。遅れていったために話は聞けず。ただ酔いに任せて駄弁を吐く。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教会巡り

午前、このたび改正された本願寺派宗法についての勉強会。

午後は軽井沢にある教会を回り、それぞれの司祭や牧師から話を聞く。伺ったのはショー記念礼拝堂、聖パウロカトリック教会、軽井沢高原教会。
避暑地としての軽井沢は、1886年に英国聖公会の宣教師、AC ショーがこの地に別荘を建てたことに始まる。その後全国から宣教師たちがここを避暑地とし、一時期は外国人が人口の多数を占めたという。宣教師たちはここでの滞在目的を布教ではなく自らの休息とした。そのことが、地元民との協力をスムーズにし、結果として現在のような美しい町並みが育っていった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ一週間

なでしこジャパンが優勝してからまだ一週間しか経っていないなんて。
たいていのことならあっという間の一週間だが、なでしこ優勝はずいぶん昔に思える。それだけ情報量が爆発的に多かったということなのだろう。

午後、延立寺法話会。ご講師は本多静芳師。
地震発生時に飛行機に乗っていたご自身の経験を通して、人の理解はその人の経験に縛られているということを端緒とする。

延立寺本堂のツバメ、無事みんな孵って飛び方も覚え、巣立っていった。
と思っていたが、境内に赤ちゃんツバメの死骸を一体発見。あー、体がよわかったのか、外敵にやられたか。昨年のような、孵る前にみんな死んでしまった時とはまた別の寂しさがある。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ観れている

やっとミンミンゼミが鳴きだした。

テレビのアナログ放送終了。
その瞬間を私は、葬式に向う途中の八王子市営体育館駐車場で迎えた。カーナビをテレビ受信に切り替える。局はフジにした。カウントダウンをしてお祭りっぽいので。
12時。それまでの喧騒が一瞬にして止み、ブルーの画面にアナログ放送は終了しましたというテロップが映る。すぽーんと放り出された感じ。つい寂しさを感じてしまった。

夕方帰宅すると、家族が不思議そうに「テレビが映ってるんだけど」。
台所のテレビはアナログ。それを12時の歴史的瞬間にブルーになるのを楽しみに観ていたら何の変わりもなく映り続けているので肩透かしをくらったという。なぜか少し悔しそうでもある。
うちはアンテナ受信ではなくケーブル受信をしているので、デジアナ変換されて視聴が可能になっていた。あわててチューナーを買わなくてよかった。というか、買いに行ったんだけど品切れで変えなかった。品切れが幸い。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっとSnow Leopardに

メインで使っているデスクトップMac、Mac miniのOSをアップグレードした。と言っても出たばかりの10.7 Lionにではない。一つ前の10.6 Snow Leopardに。今日まで10.5 Leopardを使っていた。

Snow Leopardのディスクは発売早々に購入済みだった。しかしそのディスクが不良品でインストールできずに交換というケチがつき、使用しているソフトのいくつかがSnow Leopardへの対応が遅れたこともあり、ずっとLeopardのまま。
このたび発売されたLionは、あらかじめSnow Leopardがインストールされていることがインストールの条件となっている。ならMac miniもいつか来るその日のためにSnow Leopard化しておこうと思った次第。

Snow Leopard化したMac mini、ずーっと使っていたインプットメソッドEGbridgeが使えなくなった。EGbridge、長いことお世話になりました。開発中止になって3年くらいか。残念に思っていたがEGbridgeの開発チームが別会社を作り、後継ソフトのかわせみを出してくれている。これを機会にかわせみに乗り換える。
さてこれがLionになるのはいつの日か。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

思い出すと痛い

明大前駅で。役者の倉田秀人氏を見かけた。以前、劇団鳥獣戯画に所属されていた方。
1985年頃、私は劇団鳥獣戯画の芝居によく通っていた。倉田氏を一番の目当てに。キレがよく狂気も感じさせたのが魅力で。
通っていたのだからもちろん私は劇団鳥獣戯画のファンだった。しかしファンというのはやっかいなもので、しかも若かった私は、終演後のアンケートにほぼ毎回辛辣で否定的な感想を書いた。それが自分にとっては愛情表現だったわけだが、相手からすれば本当に嫌な客だったと思う。思い出すと申しわけないし恥ずかしい。

以前は毎週のように劇場通いをしていたが、それが途切れて久しい。復活の兆しはあるのだが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

締めは合掌

涼しい。過ごしやすい。ポロシャツ一枚で出て来てしまったが、肌寒く感じるくらい。

僧侶研修会2日目受講。本日のご講師は上田紀行氏。
いつもながらの辛口。僧侶への叱咤が続くが期待の裏返しであることが明白なために受講者の誰もが熱心に耳を傾ける。中には苦々しい顔をしている人もいるが。

講義の最後で、上田氏が所属するお寺の住職と上田氏の母親とのエピソードが紹介された。ガンの治療中の母親が、それまでは全く関心がなかった浄土と阿弥陀仏の話を聞いてみたいと言う。住職に頼んでみたところ、病室で、その日のために住職が自作した紙芝居を使っての対話が実現した。「その様に接してしまったら否も応もなく手を合わせる気持ちが湧き出ました、阿弥陀さまのはたらきが感じられました」と。この話を最後にもってきたら、それまで苦々しい顔をしていた受講者も晴れやかに拍手を贈った。心憎い。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「伝える」から「伝わる」へ

築地本願寺にて東京教区夏期僧侶研修会受講。
本日のご講師はコミュニケーション・ディレクターの佐藤尚之氏・通称さとなおさん。
さとなおさんのブログを私は10年近く読み続けているが、お会いするのは初めて。
「伝える」から「伝わる」へ、というテーマでこの数年の生活者の劇的な変化を踏まえた伝達の心得を講義していただいた。

実例たっぷりだったがその中で私が興味深かったのは花王のエッセンシャルシャンプー。
この商品の一番の特徴は痛んだ髪を治すこと。しかし特に20代女性には人気がなかった。調査したところ、そもそも20代女性は髪のダメージに関心が全然ないことが分かった。そのために自分たちが一番売りとしているダメージケアの主張をすることをやめ、カワイイ系の広告によりその世代への普及をはたしたとのこと。自分たちが最も訴えたいことをあえて隠す。効果は実際に使ってもらえば分かることだが、まず使ってもらわないことには話にならないと。その割り切りができるか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『宇宙兄弟』に唸る

しまった。迂闊だった。これほどまでとは。
仕方ない。バスの中だが涙がこぼれ落ちるのをそのままにする。メガネかけてるからまあいいや。
私を泣かせたのはマンガ『宇宙兄弟』。
しばらく前から本屋ではずっと平積みになっていたので存在は知っていたが手を伸ばす気になれなかった。特に理由はない。
それが読んでみようという気にさせたのはアーユス理事長の強力な推薦ゆえ。
アーユスの理事長は映画を観るプロ。脚本・カット割り・アングル、さまざまな視点から映画を寸分の狂いなく読み解く。その目はマンガにも及び、推薦するマンガに外れはない。その理事長が今まで読んできたあらゆるマンガの中でベストと断言したのが『宇宙兄弟』。え、そんなスゴイ作品だったのか。
講談社から発行されているにもかかわらず、小学館漫画賞を受賞。講談社漫画賞との二冠。

この作品、泣ける。そして笑える。いやもう、上手い。なんで今日までこの作品を読んでいなかったのだろう。

アーユスの新事務局員、今日から勤務。初めての男性事務局員。空気が新鮮。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なでしこ

なでしこジャパン、ワールドカップ優勝!ライブで目撃。
佐々木則夫監督はブラザートムにそっくりだな。
スタッフの中にもオードリー春日にそっくりな人がいるし。

一日、薄曇り。風もある。過ごしやすい。

お参りのご門徒と福島への支援について話をする。
その方は原発近くの町の出身。同じ町出身者の首都圏在住者で組織する同郷会の役員をしている。
話題は避難者への支援。しかし今の状態では策がない。避難者に義援金を配るにも砂に水をかける感がある。
今するべきことは就労支援であり、生活の様々の場面での相談活動か。
ゆくゆくは、町ごと土地を国が正当な価格で買い上げて移転を進めるしかないだろう。国が買った土地は完全オートメーションの工場地帯にするか倉庫地帯にするか。それにしたって立ち入り禁止のうちは何もしようがない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒグラシと鰻

夕方、ヒグラシが鳴く。この音と時刻と風景はあらゆるシチュエーションの中で私が好きなベスト3に入る。
でも、まだヒグラシ以外のセミの声がかなり少ない気がする。まだ早いのか。たしかに梅雨明けは早かったが。セミは気温よりもスケジュールの方を優先するのか。

ヒグラシに背中を押されるように鰻屋へ。
昼に予約の電話を入れたところ、土日は席の予約は受けられない。ただし、鰻の取り置きは受けるので、待ってもらえば食べることはできるとのこと。取り置きを頼む。

店に着いたのは午後5時半。店の前にはすでに売り切れの札が下がっている。
店の前で待っていると続々と客がやってきて売り切れの表示をみて落胆して帰っていく。それが途切れない。この店すごいな。今日が人に鰻を求めさせる陽気ということもあるか。

西日に照らされながら待ち続け、店に入れたのは6時過ぎ。結果的に夕食にはちょうどいい時間になった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナイトツアー

午前、知り合いのお寺さんから電話。
納骨法要に上川霊園に向かっているが中央道が大渋滞。もうお約束の時間になってしまったのにまだ渋滞の中で着くのがいつになるか分からない。代りに行ってくれないか、と。うちでも法事の予定が入っているが、そちらに少しお待ちいただくということで霊園に向かう。

夜、小学校ナイトツアー。夜の校舎を使っての肝だめし。主催は小学校のオヤジの会。
この日はふだん学校に顔を出さないお父さん方が裏方で安全確保&脅かし役に汗をかいてくれる。総勢で30名以上。お母さん方も先生方も大勢が協力してくれる。
いやほんといい学校と思いますよ。こういう姿を見ているから「今の親たちはダメだ」「PTAは何もしていない」なんていう批判を聞くとつい感情的に反発してしまう。あ、あれはPTAへの批判ではなくて私への批判だったんですね。それならまあ納得しないでもない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

事故を起こさないよう

車で都心をお盆参り。
連休前の金曜日、ゴトウ日。渋滞する要素が重なっているのに加えて、交通情報によればやたらと事故が多い。渋滞が事故を呼び、事故が渋滞を増す。加えて暑い。暑いから事故も起きるのか。

渋滞につかまった車の中では、ついいろいろ考え事をする。考えながらだんだん腹が立ってくる。
おっといかんいかん、また自分で作り上げた幻と闘っていた。幻と闘うな。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

後の苦難

お盆参り。

お参り先で、交通事故後のリハビリ中の方の話を聞く。
もらい事故のため治療費などは相手持ち。しかし、病院から出て自宅でのリハビリが精神的に辛かったと。
病院にいるうちは自分は怪我人と納得できた。しかし退院して自宅でのリハビリは、回復や復職への不安が押し寄せてきた。仕事をしないで自宅にいることが本当に辛い。薬なしでは乗りきれなかったという。
その方は幸い、事故後1年を経て元の職場への復帰が決まった。しかしそんな現在でも精神安定剤を服用している。

お話しを聞いて、東北震災被災者がこれから背負うであろう苦難を思った。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

財界にイッセー

お盆のお参りに都心を回る。

夜、イッセー尾形公演『わたしの大手町』へ。
劇場へ行く前、書店に寄ったら、ビジネス誌『財界』7/19号の表紙にイッセー氏が。あらま、いいタイミングと思ってよく見たら、イッセー氏ではなく静岡銀行頭取の中西勝則さんでした。いやしかし意識しているとしか見えない。イッセーファンの方、ぜひ書店でご確認ください。
本日のネタの忘備録。津山ひろし引退、夜中の引越、デジャブ、中華屋、返品、政治家、ウエスタン村。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ほんの僅かの間だけ

延立寺玄関に網戸が入った。特注。そのかいあってすごくいい。これでこの夏の過ごし方も変わってくる。さすが建具屋の仕事。餅は餅屋だ。

夜、某会議。
例によって頭の回転の悪い私はその場では的外れの事しか言えず。
会議後30分たってから、言うべきだったことを思いついた。
さらにその後に飲みながら考えていたら、かなりちゃんとまとまった意見になった。
本当にまじめな話、私って適度にお酒が入るとけっこう頭脳明晰になると思う。
しかし、それがちょっと飲みすぎるとたちまち極めてはた迷惑な役立たずの中年オヤジになってしまう。そして悲しいことに、飲む時はほぼ毎回必ず飲みすぎてしまう。
学習しろ。まだ間に合うだろう。たぶん。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと日の目

蜩の声が境内に響いた。今シーズン初めて。

今日まで私が使っていたハミガキ粉はアンパンマンこどもハミガキ。イチゴ味。前のを使いきった時に買い置きがなかったかと引き出しの中を探してみて発見。まあこれでもいいかと使っていた。
それを今日使いきったので、捨てるのに一応分別マークを確認しようと本体に書かれてある表示を見てみたら、分別マークなどついていない。それどころか製造会社ライオンの住所の郵便番号が3ケタ。郵便番号が7ケタになったのっていつだっけ。と検索してみるとWikipediaによれば1998年。え、そんな最近だったか。印象では20年以上前のような感じがするが。
それにしてもこのアンパンマンこどもハミガキは引き出しの中に少なくとも13年以上眠っていたことになる。長男用に買ったのか。出番までずいぶん待たせたね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一遍上人役

盂蘭盆会。
暑い中、大勢さまのお参りをいただきました。
本堂には冷房を入れましたが、客間にはそもそも冷房がありません。熱中症にならなくてなによりでした。
私の法話は「不安」とのつき合い方について。

ウド鈴木が映画で一遍上人役をすることになった。
あまりにも意外な名前だが、言われてみれば見事なキャスティング。期待していいかも。
一遍上人と親鸞聖人は一応同時代ではあるが地域的にも年齢的にも直接交わることはない。しかしもし無理やり登場させるなら親鸞聖人役は大杉漣でよろしく。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エイサーって

梅雨明け。

午後、空手の稽古。本日は居合の稽古。
空手というと素手という印象があるが、あらゆる古武術は棒や刀などの武器を使う。武術は命のやりとりが本来の目的で、素手で闘うなどという非効率的な発想はそもそもないのだと。
空手も例外ではない。現在の空手にはいろいろな型がある。その中には、普通に考えると不自然にしか見えない動きをするものがあるが、それらの多くは元は武器を持って動いていたものだった。それが武器を捨てて動きだけがそのまま残ってしまったたために、元の意味が見えなくなってしまったのだと。

空手のルーツは沖縄にあるが、沖縄には棒術も残っている。
実は、あの沖縄踊りのエイサーは棒術そのものの稽古だったという説がある。頭上に上げている手には元は棒が握られていた。その昔、島民たちは棒を持たずに棒術の稽古をし、それを他国の人に見られた時は踊りの稽古をしているのだと誤魔化したのがエイサーの始まりとのこと。
これはWikipediaにも載っていない一俗説だが、私はこの説を支持する。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100%

今日も東京国際ブックフェアへ行った。
昨日は用事があったため早々に退出しなければならなかったが今日はゆっくりと回ることができた。
やはり河出書房新社が一番充実している。
われらが本願寺出版社もがんばっている。
案外良かったのがいろいろな大学の出版会が集まったブース。大学の出版会の本は広告費が少ないために埋もれがち。出会いという意味ではここが一番。
集英社ブースでは、創立記念企画の『戦争×文学』がなんと100%の定価販売。ちょっとセコイんじゃないの。

この土日まで開催中。

某氏が異動したという話を聞いた。あっそう、よかったねー、と返答すると苦笑して「報告した方は100%そうおっしゃいます。見事に100%」。
100%ですか。それはそれで大変なご人徳です。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブックフェア2011

本日、東京国際ブックフェア開催!
誤算だったのが、新潮社と文藝春秋が出展していなかったこと。この両社は当然出展があるものと、欲しい本をリストアップしていた。残念。
それでも充分楽しい。
見たところ、今年一番力が入っていたのは河出書房新社。ここ数年に発行した書籍を一通り並べている。

本を積んでレジに持っていくと、応対するのは書店員ではなく出版社員。慣れていない。まとめて買ったのでカード支払いをたのんだが、そのやり方が分からずに手間取ること手間取ること。どこかに電話をしながら手続きを確認して、さあ完了と思ったら「すみません、金額を間違えてました」。なんだかんだで20分ほどかかった。「みんな慣れていないものですみません」と大変に恐縮されたが、ご愛嬌。文化祭の模擬店みたい。お祭りですね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

面接

アーユスの事務局員が結婚のために退職することになり、後任を募集したところ、大勢の応募をいただいた。広く呼びかけたわけではない。ネット上のみ。それでもこんなに反応があるとは。NGO に就職希望の人がこれだけいるとは、日本は少しずつだが変わってきている。

書類選考を経て本日に面接を行なった。
それぞれに良い面を持っている。それが今この組織に必要な部分と重なれば幸い。さて。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうシメない

飲み会の後にラーメンなどを食べてシメよう、という習慣が私にはない。食欲自体がないし、付き合いで食べた時にも後で胃がもたれて困る。

しかし唯一、カレーは食べたくなるときがある。カレーなら飲み食いした後でも抵抗なくお腹に入るし,もたれることもなかった。これまでは。

それが先日、飲んだ帰りについ食べたカレーがもたれて仕方がなかった。その時はたぶん体調が悪かったのだろうと昨日再チャレンジ。結果は返り討ち。もたれるもたれる。
歳ですわね。

ま、もたれるのは飲んだ後のときだけで、ふつうの時は相変わらず激辛カレーを美味しく食べているので影響はない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よく食べよく出し

本堂の軒下のツバメ、無事孵り、順調に成長している。

見ていると時おり巣の縁からお尻を突きだしてフンをしている。フンは巣の外にするんですよ、と親が教えたのだろうか。それとも本能でそうしているか。後者のような気がするが。
おかげで巣の下、本堂の入り口はフンで汚れる。まあこれはアジサイの青と同じく季節ものなのでよしとする。これが年中ならフン害と呼ばれるのだろう。

飛び立つ日も近そう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

店内の貼り紙

お参りの方が次々と。7月に入ってすでにお盆モードであります。

先日、あるリサイクルショップの前を通りかかると、店内に「商品を盗まないでください」という貼り紙があった。何枚も。「万引きは犯罪です」とかの貼り紙はよく見るがここまで直接的なお願いというか訴えは初めて見た。その文面通り、盗まれることがあったのだろう。

しかし、推測だが、盗んだ当人はその自覚はなかったのではないか。いや、無意識に盗んだということではなく、それが商品だとは思わなかったのではないか。
というのはそのお店の様子が、商品を陳列しているというよりも廃品を集積しているように見えなくもない。捨ててあると思ったのではないか。

もちろん、不要物であろうと特に資源ゴミとして出されたものを持ち帰るのは盗み行為。私はやっちまったことがあるけど反省している。

その店、本日前を通りかかったら例の貼り紙はなくなっていた。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

発送作業4倍速

午後、藤の会とやまゆりの会例会。
藤の会の方々は暑い中、草取りなど境内整備をしてくださった。おかげさまで綺麗にお盆を迎えられます。
その後は藤の会やまゆりの会みなさんにお手伝いいただいて寺報の発送作業。寺の者だけでやっている時はまるまる半日仕事だが今日は1時間ちょっとで完了。本当にありがたい。
寺報、今年から隔月に戻そうと考えていたが、半年が過ぎてやっと2号。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アジサイでうめる

もう7月。
暑い。毎度のことだが、本堂の花がてきめんもたない。
うっかり水を替え忘れるとわずか一日で菊の葉がしんなりくたっとしてしまう。こうなると再生不可能。
くたっとなった葉を取り除く。花はしっかりしているが、このままだとスカスカな感があるので緑を足す。今ならアジサイ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »