« July 2011 | Main | September 2011 »

ななめの存在が大事

午後、築地本願寺にて、ひきこもりの子を持つ親の会寺子屋ふぁみりあの第3回目。
私は短い法話と、懇談会の進行役を務める。

本日のご講師は松尾忠正氏。教育界にながく携われ、現在も千葉大学大学院で教師の育成に当たっている方。浄土真宗本願寺派の僧侶でもある。そのご経験に裏付けされたお話は実に説得力があった。
人が独立するには上下や隣の者ではなく、ななめの位置で輪から外れている人が大きな役割をはたす、と。
阿弥陀仏も言ってみればななめの存在かも。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

震えない

アーユス事務局にて、ニュースレター用に新旧事務局長対談。

携帯電話に出て下さいよ、と文句を言われた。
私は携帯電話は常にマナーモードにしているが、言われてみればこのところ知らない間に不在着信になっていることが多かった。
この電話機、知らぬ間にバイブレータが壊れてたのですね。着信時はピカピカと表面の光で知らせるが音もなけれは震えもしない。
これでもまあいいかとも思うが、やはり来るはずの電話を待っている時などは不便。修理しようか買い替えようか、買い替えるならやはりスマホか、しかしAndroidはやだな。これを機にいよいよiPhoneにするか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犬ぞり隊列

午前から半日いっぱいかけてものづくり会議。

夜、データバンクの方の話を聞く。
企業倒産のデータの中でひとつ興味深かったのが、倒産する企業の年齢。設立30年を超えるとそれ以前と比べ倒産件数が5割はねあがる。つまりは後継が難しいということなのだろう。

話は組織論へ話がひろがる。
犬ぞりの隊列の作り方が面白かった。
先頭を進ませるのは若くて勢いのいい奴。その後ろ両脇をベテランが続く。
リーダーは一番後ろに付き、全体に目を配る。リーダーの直前にはナンバー2と、一番非力な者を並ばせる。
ナンバー2を隣に置くことで非力な者が学ぶところも大きく、力も引き出されるという。これは企業経営にも応用可と。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロを相手に

夕方、築地本願寺にて、ノンフィクション作家の矢貫隆氏にインタビュー。
矢貫氏は龍谷大学出身。校友会から龍谷奨励賞を受けていることもあり、築地本願寺新報にご登場いただくこととなった。

しかし相手はノンフィクション作家。人から話を聞き、文章を書くプロ。その方から話を聞き文にまとめるというのはなんというか非常にやりにくい。というか申しわけない。要領悪いなとは思われただろう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

15万キロ

夕方、多摩パルテノンにて都立片倉高校ブラスバンドの演奏を聴く。
実に楽しい。コンクール用の曲が2曲、そしてお楽しみ2曲。いずれも充実している。来年1月14日(土)八王子駅南口オリンパスホールのふれあいコンサートに今年も出演する。請う御期待。

愛車ラパンの走行距離が15万キロを超えた。
新車で購入以来、年間2万キロのペースを続けており、1万キロの節目は6月と12月だった。
それが今年は2ヵ月も後にずれこんだ。春からの環境変化が表れているのだろう。悪くない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

びたるか!

早朝軽井沢より帰宅。朝の八王子はやはり軽井沢より蒸し暑い。

午後、会議のために築地へ。
日比谷線築地駅を降りるとどっしゃぶりの雨。

『びたるか』という雑誌のコピーを譲ってもらった。
1977年創刊の季刊誌。出版社はミトラ舎。誌名も出版社名も、ネットで検索しても1件も引っかからない。
本願寺派関係者を読者対象とした宗教誌らしい。

コピーしてもらったのは創刊号の一コーナー。コーナータイトルは「光真の対話シリーズ」とある。光真とは大谷光真。西本願寺の現ご門主。対話の相手は光照前門。継承直後のご門主との親子対談。タイトルは「戦争協力者がいつまでも出しゃばるのは・・・」。この「戦争協力者」というのは前門ご自身のことだ。
対談内容は前門の思い出がほとんどだが、ほぼ肉声そのまま。きわめて率直なもの。
こういう対談が活字になるなど今では全く考えられない。そもそも「光真の対話シリーズ」というタイトルがありえない。
今の状態になったのはいつ頃からだっただろう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教会巡り

午前、このたび改正された本願寺派宗法についての勉強会。

午後は軽井沢にある教会を回り、それぞれの司祭や牧師から話を聞く。伺ったのはショー記念礼拝堂、聖パウロカトリック教会、軽井沢高原教会。
避暑地としての軽井沢は、1886年に英国聖公会の宣教師、AC ショーがこの地に別荘を建てたことに始まる。その後全国から宣教師たちがここを避暑地とし、一時期は外国人が人口の多数を占めたという。宣教師たちはここでの滞在目的を布教ではなく自らの休息とした。そのことが、地元民との協力をスムーズにし、結果として現在のような美しい町並みが育っていった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

EPSONは偉い

私が使っているプリンターはEPSONのPM-4000PX。使い始めてもう9年になる。パソコン周辺機器としては異例の長寿命。
この機種は一般ユーザー用としてはたしか初めての顔料インク専用機。色調は暗めだがなんといっても耐光性が抜群。
この機種、なぜか後継機種が発売されなかった。この機種のために開発されたインクを使える機種は他にひとつもない。
PM-4000PXが店頭に並んでいたのはけっこう長かったがそれでも2年間くらいだっただろう。しかしEPSONは本体の販売終了後もインクはずっと売り続けており、ヨドバシカメラやビックカメラの店頭で今でも普通に買える。何年も前に販売中止になった機種の専用インクが。その一点だけで私はEPSONという会社に愛着を感じる。4000PXが壊れたら次もEPSONにするつもり。

夕方、電車で軽井沢へ。
自分でも意外だが、私は軽井沢に来たのは初めて。
駅前の広大なショッピングモールに驚く。もっと早い時間に着くようにすればよかった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (2) | TrackBack (0)

複雑なのではなくて

私は通夜や葬式で『みほとけにいだかれて』という歌を歌う。
本日もそうしたが、式の後、火葬場での待ち合い時間中に、参列された方からこう話しかけられた。
「先ほどの歌、とても複雑なメロディーですね。覚えるのが難しそうです」
・・・いやあのその、メロディーが複雑なんじゃなくて、私が音を外しているだけです。すみません。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天気に恵まれたのは

延立寺法話会。
本日はいつもと趣を変えて「親鸞聖人報恩まつり」。夏まつりであります。
法話のあとに浄土真宗に関するクイズ、ゲーム、そして境内で焼き鳥焼きそばビールを楽しみながら盆踊り。
午前中の雨は昼過ぎには上がった。暑くもなく雨でもなく絶好のまつり日和。これもご参加の皆さまの日頃の行いの賜物とかお念仏のご利益とかを一切言わないのが浄土真宗。ありがたい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

膝が固まる

最近になってのことだが、足が棒になってしまうようになった。
歩き疲れたり長時間立ったままでいたために棒になるというわけではない。
椅子に1時間くらい座っていると膝が固まってしまい、曲げ伸ばしには痛みを感じる。パソコンの前だけでなく車を運転している時も。
固まるのは左膝だけ。右ひざはしばらく同じ体勢でいても曲げ伸ばしはスムーズ。
これも春にやった左足首の捻挫が影響しているような気がする。
血流が悪いせいかもと忠告をいただいたがどうなんだろう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

涼しい中にご到着

涼しい。夏の終わりを感じさせる。

こんな日にかねてより注文していた高性能扇風機 Greenfan2が届いた。うーん、ありがたさ半減。
しかし箱を開けて組み立てるとその美しさは格別。静かさは格別。消費電力はカタログ通りなら格別。満足であります。

午後、久々に空手の稽古。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中央道事故多し

大月でのサマーキャンプ2日目。
曇空。昼には雨。昨日たっぷり川遊びをさせておいてよかった。今日はこの日差しでは水の冷たさに敗けてしまう。

東京から向ってくる迎えのバスが、中央道の事故のために遅れている。昨日も中央道は事故のために渋滞した。このところ毎日事故。やはり夏休みには慣れないドライバーが多いのか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011サマーキャンプ

毎年恒例、小学生を連れてのサマーキャンプ。今年の参加者は44名。盛況であります。
会場は大月の金の森山荘。川釣りと露天風呂を楽しめる宿。

日差しが強い。しかし水は冷たい。大人としては足を浸しただけで十分。だが子どもは元気元気。始めの数分は水の冷たさに入るのを躊躇していたが、まもなくドボンドボンと飛び込みだす。

夜はキャンプ ファイヤー。今年もアブラハムのリクエストをもらったが、さすがに辞退して後輩に代わってもらった。齢50の身であれをやったら命にかかわる。というより、体のキレがなくなったため、自分がイメージするような動きが出来なくなってしまったのだ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いまさらですがやはり

遅れてきた『宇宙少年』ファンの私。この作品の映画化が決まり、主役のムッタが小栗旬と聞き、強烈な違和感を持った。ムッタ役は大泉洋しかしないだろうと。
という私の考えはあまりにも十人並みだったようで、ネット上にはムッタ役は大泉以外にはありえないという声が溢れている。
当初は大泉で企画が進んでいたがスポンサーが付かずに仕方なく小栗になったという噂も流れている。まあ映画というのは原作とはまったく別物ですので。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リサイクルへ

以前使っていて物置の場所ふさぎになっていたパソコン用ブラウン管ディスプレイをリサイクル店に持ち込んだ。値段はつかなかったがタダで引き取ってくれた。
それだけで十分ありがたいが、その他に古いFAXやプリンターやスキャナーを一緒に持ち込んだところ、300円の値がついた。
おいおいおい、これまでゴミ処分場に持ち込んで有料で引き取ってもらってたものは、こっちに持ってくるべきだった。仮に値がつかなかったとしても処分場で文字通りゴミにしてしまうより段違いに気分がいい。つい遠慮しちゃってたんだよな。ダメモトという言葉をこれから座右の銘にしたい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みるみるうちに

つい先日池で発見した生まれたばかりの鯉がみるみる大きくなっていく。春の筍なみ。見つけたときはメダカかとも思えた体長が今は大きめの金魚並み。2階のベランダからさえ確認できる。わずか数日でこんなにすぐに大きくなって大丈夫か。
数も15尾くらいいる。これ全部育ったらこの池じゃとても狭くて飼い切れないぞ。子が生まれた喜びが一転してそこはかとない不安。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

母80歳祝

夜、母の誕生祝いを八王子駅前の輝林屋にて。今年でちょうど80歳。
早朝二時間程度の庭仕事が日課。うちの境内が一応きれいになっているのは母の手による。
客観的に見て現在うちの家族で一番肉体労働をしている。だから元気なのだろうとマジで思っている。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暑いので

暑い。まあしかし昨年の記憶がまだ残っているので今年の暑さは許容範囲内。
それに昨年から導入した暑さ対策が今年も有効。
それは濡れタオル。
タオルを水に濡らしてゆるーく絞る。それを首に巻いたり頭に乗せたり、腕や足を濡らしたり。それで少々の暑さはしのげる。扇風機を併用すればなおよし。
タオルを当てたところの服が濡れるのが難点ではあるが。

暑さに対してはうちでは人間よりも飼い犬クーの方がつらそう。一応パラソルで日陰を作ってやっているが。
少しでも楽にしてやろうとブラシをかけてやろうとするが、なぜか嫌がる。というか怒る。触るなよ、と吠えやがる。手でなでてやるのには抵抗がないくせに。
ブラシをかけてやるとけっこうな毛が抜けるのでちょっとは涼しくなると思うんだが、飼い主に似てバカである。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コイが生まれてた

門前のことばを替えた。
「何かをしてもらったら、『すみません』ではなく『ありがとう』と言おう」

朝、うちの池に小さな魚が泳いでいることに気づいた。確認できただけで6尾。小さめの金魚くらいの大きさ。誰かが放していったのか?いや、これ・・・鯉じゃね?
ここに池を造って39年。ずーっと鯉を飼ってきた。しかし、鯉の子どもが生まれたのは実は初めて。
原因は?いろいろ考えたがたぶんこれだろう。
今年の春、池の脇に生えていた草が長く伸び、池の水に浸っていた。その中を鯉が忙しそうに通っていく。鯉が喜んでいるのを見て、草を水に沈めておいた。それが産卵場所になったのだろう。ここに池を造って39年間、草を沈めることは全然してこなかった。
子どもを生むにはそれなりの環境が必要なのか。と言うより、ちょっとした環境があれば、子どもは生まれてしまうんだ。かなり感心。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

街は夏休み

久し振りに献血。八王子に献血ルームがなくなってから私は新宿駅東口の献血ルームに行っている。今日は成分献血よりも全血献血の方がありがたいというのでそちらを選択。

夜、イッセー尾形公演へ。先月に続いて。
本日のネタ忘備録。自転車練習、退職の日の現場、踊ってくるわ、リゾートホテル、釣りボート、天草五郎まだまだ、ようこそライブ。
いつもはイッセー公演へは車で行くことが多いが、今日はお盆の影響か高速が渋滞しているので電車で行く。電車の混み具合もいつもの2割減といったところか。街は夏休みモードに入っている。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アピールの意味

車の後ろによく貼ってある「子どもが乗っています」のステッカー。あれは、安全運転をしているのでどうぞお先に、あるいは、ゆっくりでも許してね、という意味だと思っていた。若葉マークのように。でも違っていた。事故の時に救急隊員に、車の中に子どもがいることを知らせるためだと。子どもはシートに隠れてしまい見落とされてしまうことがあるからと。
これ、知らない人が多いと思う。ちょっと検索してみても、後続車へのアピールと解釈している人が多々。しかもそれに、だから何?と反感を持つ人も少なからずいるようす。反感を持たなくてもいいと思うが。

夜、アーユス事務局員退職慰労会。いわゆる寿退職というやつで、アーユスでは初めてのケース。新天地に行ってもご縁は続きます。これからもよろしくお願いします。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CDよ

WAVE が倒産。
CDショップの苦戦が止まらないのは仕方ないのか。WAVE では私は一時期、ボップ買いをしていた。ここの店員の推薦なら間違いないだろうと。お世話になりました。

そういえば先日、高三の息子が「CDの存在意義が分からない」と言っていた。わざわざ買うのは面倒だし音は悪いしアート性も低いし価格は高いしと。
高校生にとってはダウンロードが楽曲を手に入れる標準手法になっているので買うのが面倒というのは分からないでもない。それよりなにより音が悪いと言っていることにビックリした。彼が対象としているのはブルーレイとアナログレコード。それは確かに正しい。が、実際に聴き比べて判断しているのではないと思う。「CDは音が悪い」という情報に乗っているだけだろうが。
しかし彼は音にはこだわりがあり、少ないこずかいの中から二万円も出して高性能イヤホンを買っている。やはり音の違いが分かるのか。スピーカーの世界にこないかと期待しているが、あまり興味がないようす。
いやしかし、高校生が「CDの音が悪い」と言う時代が来るとはまったく予想もしていなかった。

ものづくり会議。
私、この業界にいるなかで、学績や肩書と人徳はまったく無関係であることを思い知ったが、加えて、それらと文才もまったく無関係であることを知るにいたった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと注文

ずーっと注文を受付けていなかったGreenfan2が受付再開。注文してしまった。
届くのは8月下旬になるとのこと。
近所のホームセンターでもずっと品切れだった扇風機が山積みに。興味深いのは、充電式のフロア用扇風機の登場。こんなのは去年まで見たことはなかった。停電対応もしくは真昼の電力使用ピーク時を回避するためだろう。その機能が生かされることがないことを願う。

うちの前の道が工事渋滞。頼む。8月中は工事は遠慮してくれ。この道は1年のうちに8月だけはサマーランド行きの車やバスで交通量は多いんだから。

TBSラジオ『キラキラ』で昨日の帝京花巻東戦にからめて、スポーツにおける審判の役割について興味深い話を聞いた。アメリカのバスケットでは試合終了間際で勝敗を左右する場面での判断が微妙なケースは審判は見逃すという。決定的な場面に審判が関与するべきではないという考えから。対する日本は審判は神聖にして侵すべからず。特にアマチュアは。
そういうさじ加減をこのところの日本社会はなんだかずいぶん下手になってしまった。何を緩くして何を厳しくするかが混乱している。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平和フォーラム2011

午後、築地本願寺にて「平和フォーラム2011」。
今年はJCBL(地雷廃絶日本キャンペーン)との共催により、「クラスター爆弾廃絶、オスロ条約発効1周年コンサート」。
私はその中のトーク部分の司会を担当する。

トークに登壇したのは、ライブに出演するヒダノ修一氏と小室等氏、そしてJCBLの目加田説子氏。3人登壇して35分とはあまりにも短いが、それぞれ自分の役割を承知されて、まとまりのいいものになったように思う。
子どもや女性など非戦闘員に被害を広めるクラスター爆弾の製造には、日本のメガバンクの融資がされていた。
JCBLを始めとする市民団体の抗議によりそれらメガバンクの融資はストップした。なによりちゃんと知ることが大事。行動はそれに付随する。

小室等氏は実に深い声をされている。メッセージも深い。ヒダノ氏率いるEnTRANSは超豪華メンバー。築地本願寺本堂が揺れた。いやもう気持ちいい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

転ずる

午後、藤の会・やまゆりの会例会。
法話は今月の真宗教団連合カレンダーの言葉「真理の一言は悪業を転じて善業と成す」から。
キーワードは 「転ずる」。ころぶ、と訳してもいいが、思いもかけない方向に進んでいく、と解釈していいだろう。転は変ではない。何も変わらないままに、場を違えることで意味や姿を別の次元にしていくこと。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

坊さんとだらだらと

午後、僧侶による自殺対策活動をテーマにしたインタビューをうける。インタビュアーは自身も活動をしている僧侶。
人がある活動に加わり続けるにはそれぞれの理由がある。それらを聞き重ねているとのこと。

インタビューというより雑談となった。双方同じ立場なので前提条件や基礎知識の説明が必要ないので話が早い。
しかし宗派の違いというのもけっこう大きいために、ただうなずいて終りということにはならない。それも楽しい。というか、仏教を信頼している人との語らいは楽しいですよ。
インタビューを受けると、自分の頭の中にあった整理されていなかった考えがまとまっていく。他者との関わりはだから必要なのだと実感される。

インタビュアーはこれらをもとに論文を書く予定だが、インタビュー集としてまとめても面白いんじゃないかと言っていた。確かに。それも読んでみたい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

銀座へ車で行くなら

知人が個展を開いたので銀座へ車で向う。
路上のコインパーキングはどこもふさがっている。仕方ない、東銀座地下の公共パーキングに入れる。知らなかったのだが、ここは今、出庫まで30分以内なら料金無料!この場所でこのサービスはありがたい。30分あれば用事がひとつ済ませられる。このサービスはまだあまり知られていないのではないか。知られていつもふさがってしまうのもこまるが。

個展では懐かしの顔に再会。なるほど、足を運ぶことにはこういう効用もあるのですね。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南相馬

南相馬へ。ここではJVCが市役所の一室を借りて、地元住民向けに情報を提供する災害FM放送を開局している。
南相馬では災害用無線施設が津波により破壊された。復旧もできないため、代わりに用意されたのがFM局。朝昼夕に1時間づつ情報を生放送で流し、その間はリクエストの音楽を放送する。この音楽にはJASRACから無料の許可を得ているという。局を立ち上げたのは機械にもしゃべりにも素人ばかりで、音楽をかけるのも最初はいちいちCDをプレーヤーにセットしていたため、一日中機械の前に張り付いていたとか。今はパソコンを導入して楽になった。

南相馬市内は閉めている店も多い。マクドナルド閉店は本部の指示だそう。子どもを始めとして住民の半数が市外に避難をしている。放射線量は海に近い市役所周辺はむしろ低く、山側が高いとのことだが。放射能除染にかかる市の予算は9億5千万円。その利権争いも始まっている。

海ちかく、雑草が茂る中に何艘も船が横たわっている。

南相馬から伊達市に向かい、アーユス会員のお寺に寄った。以前から寺子屋活動をしているこのお寺にご縁のある子たちを夏休みに富士吉田に招待する企画があり、そのご挨拶をかねて。原発から離れているこの土地だが、山間がちょうど風の通り道となって、放射性物質がかなり運ばれたと見られている。子どもたちを外で遊ばせられないために、数日間でも伸び伸び遊べる環境を提供しようと。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気仙沼

朝、気仙沼へ。駅の周辺の商店街にはほとんど震災の影響は感じられない。
しかしそこからほんのわずか海側に進んだところに突然津波の爪痕が出現する。陸前高田とは違い街の様子は残っているがその多くが二階部分くらいまでめちゃくちゃに。道一つ隔てただけで被害が全然違ってしまうのは当事者はやりきれなかろう。
海沿いはやはり建物は残っていない。残っている残骸にも焼け焦げの跡。ここは地震津波の後に火に襲われたとのこと。
気仙沼の避難所ではシェアが住民の健康調査を行政との協力で行なっている。活動当初は住民の方々に警戒もされていたそうだが、今では各戸で1時間以上も話し込むことが少なくない。気仙沼の避難者ではまだ自死者の報告はないとのこと。

海沿いを仙台へ向う。道々の途中に瓦礫の山。
かと思えば一見被害がなさそうな住宅と住宅の間に、はさまれるように乗用車が逆立ちしているところも。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大槌町と陸前高田

もう8月〜

朝、遠野を出て、海沿いの大槌町に向う。
途中の山中では震災の影響を目にすることはほとんどなかった。
それが海近くの釜石に至って、破壊された住宅と瓦礫の山を散見するようになる。
そして大槌町。一帯が破壊されたそのまま。
現地で活動をしているパレスチナ子どものキャンペーンの方々と待ち合わせをしたのは浜辺近くのコンビニ。きれいな外観だが、津波で流されたあとに新築したとのこと。この近辺ではまだ唯一の商店。
大槌町では仮設住宅での活動を拝見した。ボランティアスタッフは子どもたちの宿題を見たり、入居者の生活支援をしている。また、パレスチナ子どものキャンペーンでは、流された住宅に残された写真の復元と返却の仕事もしている。作業所には砂まみれの写真やアルバムがまだ山積みにされていた。

大槌町から陸前高田へ。
声を失う。大槌町は破壊された、という表現を使えたが、ここは広い平地のかなり奥まで、何もない。すべてさらわれてしまっている。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »