« トンボかウルトラ警備隊 | Main | 吉里吉里の仮設 »

町全体が闇

岩手の朝は寒い。

午前は岩手県の葛巻町を視察。
葛巻町は鉄道や高速道路からのアクセスは悪く、雪深いのにスキー場はなく、ゴルフ場もなく、温泉もない。
なにもない中で自分たちのできることを模索しまず注目したのが酪農。そして、それまでは邪魔者だった野イチゴを有効利用してのワイン作り。さらに、自然エネルギーを積極的に導入した。
風力、地熱、バイオマス。風力で作った電気は全部東北電力が買い上げる。そのため、震災時も発電機能はダメージがなかったにもかかわらず3日間停電となってしまった。

午後は葛巻町にある「森と風のがっこう」へ。
廃校になった分校をそのまま借り、循環型生活を実体験することで自然と自分・こどもとおとな・女と男・過去と未来・・・さまざまなものをつなげていく活動をしている。
ここの合い言葉は「もったいない・ありがたい・おかげさま」
お寺でよく見ることば。しかし堅苦しさはまったくない。
ここでの実践を延立寺に応用するのはなかなか難しいが、一点、太陽光パネル用のバッテリーは導入してもいいかも。先の計画停電の時、せっかくのうちの太陽光パネルは役に立たなかった。蓄電機能がないと非常用電源にはならない。

夕方5時半を過ぎると、葛巻町の中は真っ暗。
道路沿いに設置してある反射板がやたらと光る。まるで照明灯のように。ものすごく優秀な反射板なのだと思ったが、周りが暗いのでよけいに光って感じるのだと思い至った。道沿いには多くはないが民家がある。それらがみな真っ暗。そろって留守なのかと思ったがよく見ると違う。どの家も雨戸を閉めたり厚手のカーテンを閉めたりして家の明りが外に漏れないようにしているのだ。門灯も玄関灯も点けない。この地方の習慣なのだろう。結果、町全体が闇に沈む。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

|

« トンボかウルトラ警備隊 | Main | 吉里吉里の仮設 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 町全体が闇:

« トンボかウルトラ警備隊 | Main | 吉里吉里の仮設 »