« November 2011 | Main | January 2012 »

31日

忘年会。中学時代から続けて。
ここに帰るために一年生きているような気がする。

今日のメインは井岡のKO。これがボクシング。芸術的。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

有難い

午前、ご門徒から電話が入った。「今日寺報が届きましたが、号数が違ってますよ」。あらま。126号のところが122号に。しかしよくそんなところに目が行きましたね。私、電話をいただくまで気づきませんでした。その方は毎号ファイルしてあるのですぐ気がついたとのこと。ありがたいことです。

友人・知人宛の年賀状発送。何年かぶりに元日にお届けできるか。30日では無理か。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

強力

朝、寺報の原稿を書き上げ、すぐ印刷。今回は強力な新人が加わった。デジタルプリンター。
今まではコピーを使っていた。すると刷り上がりまで6時間かかっていた。
それが同じ分量の印刷の所要時間、20分!
発送作業のお手伝いに来てくださった方々のお顔を見てから印刷作業を始めて十分間に合った。これはとてつもなくデカイ。
おかげさまで発送。年内にはお届けできるでしょう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酒抜きで

アーユス理事会。いまさらながら組織図の確認。引き続き忘年会。
忘年会にもかかわらず車で行くことになった。行きの途中にも車を使う用事があり、夜に寺に仕事を残して来たので。
酒を飲まない忘年会、なかなか年のあれこれを忘れられず。いや、忘れてはいけないが。けっして。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご門徒宛年賀状発送

風邪はやっとなんとか治まった様子。10日かかったか。

ご門徒宛の年賀状を印刷、発送。今年もまたまた長田弘氏の詩をそのまま借用した。少し前の作品だが、まさに今読まれるべき一篇。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年もまた

朝イチ、Mac miniの電源を入れる。・・・画面が暗いまま。
ここ数年のお約束。冷えきると仕事をしないわがディスプレイ。
電気ストーブをディスプレイの正面に置いて温めること10分。
あらためて電源を入れるとやっとお目覚め。
寒い日に仕事をしないというだけでは買い替えの理由にはならない。

夜、仏教壮年会、というより、浄土真宗が活性化するための意見交換会。
批判はすべて当たっている。分かっている。分かっているならどうしにしろよって話だが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わずか50年前

昨夜というか早朝、テレビで、「フリーダム・ライダーズ」のドキュメンタリー作品を観た。

50年前の人種隔離政策が残るアメリカで、最も差別の残る南部に長距離バスで乗り込む。現地ですることは、ただ、休憩所の白人専用待合室に座るだけ。

メンバーは迫害を受けることは予想していた。暴言を浴びせられたりこずかれたり椅子から突き落とされたりと。
しかし現実はそれを遥かに超えていた。待っていたのは暴徒と化した群衆。鉄パイプ、拳銃、放火。しかも現地警察は州知事の指示のもと15分間は何をしても咎めないと黙認した。

絶望的な状況。だがその命がけの行動が報じられていく中で状況は少しずつ変わっていった。
これがわずか50年前のこと。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

知っておくと悪くないかも

夜、ETVでコロンビア白熱教室を観た。

サンデル教授のそれは学生との対論による掘り下げ方式だが、アイエンガー教授は手元の意外なデータを次々繰り出して学生たちの感心を呼ぶ。人が何をどう選択しているかについての実用的な研究。

たまたまつけた番組だったが最後まで観てしまった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酔わないのは

延立寺の壮年会と婦人会の主催によるすす払い&餅つき。地元の老人会の方もおみえいただき、にぎやかに挙行。
気温は低かったが風もなく、好天。青空の下でのつきたて餅と豚汁は本当に美味。

午後、法話会。私が勤める。
今年一年を振り返って話をしたが、いつも以上に散漫になってしまった。いかん。体調不良は言い訳にもならない。次はこのようなことはないよう精進しますのでよろしくなにとぞお付き合いください。

夜、本調子でないまま忘年会に出席。
全然酔わない。そこそこ飲んでいるのに。そういえば月曜の私の慰労会でもけっこう飲んだが全然酔わなかった。体力がないと酔うこともできないのか。いやたぶんどこかで気を許していないからだ。私の場合、酔う酔わないは内心の緊張感が決定的に作用する。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ

体調はまだ本調子ではない。忘年会を含む予定を2件キャンセルさせてもらう。

風邪がこんなに長引くなんて、これは歳のなせるわざか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

計画中

今、客間の増築工事を計画している。

現行では、土日の法事のやりくりが難しくなってきたので、二階を上げる方向で。その業者と打ち合わせ。

こちらの条件としては工事中も下の客間は使えること。
それはともかくとして、現在の一階部分は建て増しを重ねてきたために結果として複雑な構造になってしまっており、単純に上にポンと建物を乗っけるようなわけにはいかなくなっていることで業者に苦労をさせている。ま、それを解決していただくのがプロというものでしょう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

調子が悪いと速くなる

発熱。
昼間の予定をキャンセルして一日寝る。
風邪のために昼間寝込んだのは何年かぶりの気がする。

夜、通夜。
例によって棒読みのお経。
体調が悪い時は読経のペースが知らずに速くなる。
通常のプログラムとはかなり変えて勤める。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

街でばったり

咽の調子悪し。あいかわらず音域狭し。
熱も出てきた。

夜、新宿にて私の慰労会を僧侶仲間が設定してくださった。
会場に向う途中、森達也氏とばったり遭遇。昨日BSでお顔を見ましたよと言うと、ご本人は放送されているのを知らなかった。再放送だったし。
森氏も仕事に向う途中だったため、あらためての再会を約してその場で失礼。
慰労会は温かい。皆基本的にまじめ。もっといろいろできそうな気はしているが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

確信犯

咽の調子が悪い中、法事を勤める。声は出るが音域が狭くなっている。節があるお経もほぼ棒読みにしてなんとか勤める。

午後、BSテレビで田原総一朗特集。
田原氏はかつて東京12チャンネルで数々の名ドキュメンタリー作品を世に出した。その手法は関与。今で言えばヤラセ。カメラがそこにあることだけで事態は変化するということに自覚的だった田原氏はそれを逆手に取り、積極的に事態に関与していく。あの時代だからこそ成立した作品群は、では今自覚しなければならないことは何かを問いかける。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犬目より寒い

昨夜飲んで帰宅して書斎で寝てしまったのが悪かった。咽が痛い。風邪か。

午前、高尾の霊園にて納骨法要。
墓石の周りというかあたり一面に10cmほどもある霜柱が立ち敷き詰められている。そこでの読経、当然凍りつく。
八王子では犬目地区が最寒と思っていたがここらあたりの方がずっと上だ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジビエというより野良

夜、料理屋に知人がイノシシの肉をブロックで持ち込んでイノシシ鍋。

この知人、野生動物の肉を入手するのが趣味だという。家の冷蔵庫には熊も鹿も雉もある。今日は一番無難なところを用意したと。
この人とは知り合いになって15年になる。「いやあ、ジビエがお好きなんて全然知りませんでした」と言うと、「ジビエ?何それ。ジブリじゃなくて?」。ジビエという言葉をご存知なかった。流行とは全然無関係に野生肉に凝る人もいるのだな。

美味ゆえに少々飲みすぎ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジュンク堂梅田店がんばって

大阪梅田のジュンク堂へ行く。版元でも品切になっている本の在庫があるとのことで。ジュンク堂は全国店舗の前日までの在庫が検索できる。このサービスは非常にありがたい。配送サービスもあるが、送料と代引手数料がかかってしまう。今回は京都まで来たのでちょっと足を伸ばした。

阪急梅田駅茶屋町口に降りた。ジュンク堂の住所は茶屋町7丁目ということは分かっているが、ぐるっと見回してそれらしき店はない。
通りがかりの若い女性に尋ねた。このあたりにジュンク堂はありませんか?「あ、それならこの道を渡ってすぐ左ですよ」そこにあったのは紀伊国屋・・・。
そこで若い男性に尋ねた。このあたりにジュンク堂はありませんか?「このあたりにはありませんねー。一番近いのは難波ですよ」
・・・茶屋町7丁目という番地を頼りに歩く。
ありましたよ。駅から徒歩3分くらいの場所に。
ジュンク堂、地元の認知度が低いですよ。もしかしたら地元では丸善と認識されているのかもしれませんが。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暖かい京都

新横浜から新幹線に乗る。崎陽軒のシウマイとビール。お約束。
久々の京都は暖かい。
京都では同和教育振興会設立50周年記念式典。同和問題に取り組んできた先輩方が集う。その中の大先輩のことば「同朋運動は平等精神ではない。踏みつけられても蹴られても見上げるしかない人のことばを聞きとめることだ。いしかわらつぶてのごとくなる我ら。という地点を見出すことだ」

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

力を入れたら出せない

空手の稽古。
繰り返し繰り返し、力を抜くことを求められる。が、これができない。
「突きも蹴りも手や足に力を入れてはいけない。力は『出す』ものであって『入れる』ものではない。入れたら出せるものも出せなくなる」と言われる。分かるような分からないような。

あらためて塩田剛三や三船久蔵の DVD を見直している。
合気道と柔道の達人の技は見ると本当に力が入っていないかのよう。いつか体得できる日がくるのだろうか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々に映画館で

久々に映画館で映画を観た。『ステキな金縛り』。
深津絵里が最高にキュートで上手い。その他も実に豪華なキャスティング。チョイ役に大物役者が顔を出す。現場の楽しさが伝わってくる。それでいて楽屋ウケではなくちゃっとしたエンターテイメント。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早いはず

本日ご門徒の三回忌の法事を勤めた。後の食事の席で「もう三回忌なんですね。早いですねー」とお施主さんに話したところ、「・・・一周忌です」
あらら、三回忌として勤めたが実は本日は一周忌だった。そりゃ早く感じるわけですよ。なぜ間違えてしまったのだろう。その場で謝った。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

息子のお下がり

皆既月食。月は頭上。いつもより小さめに感じる。赤い。寒さに敗けて、見ていた時間は15秒くらい。

息子からピーコートを譲られた。もともと知人から息子に譲られたものだが、息子の目からは「サラリーマンみたい」で嫌だという。ピーコートってそうなのかな。私はそうは思えないが。
息子からのお下がりは初めて。お上がりというべきか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八王子犬目は本降り

朝、しっかり雪。
とFacebook に書き込んだところ、「ホントですか」と同じ八王子市民から驚きの書き込みがあった。八王子でも中心部では雪ではなかったようで。犬目はしっかり本降りでした。

夜、東京仏教学院基幹運動講義。「ブタのいた教室」を観る。
小学校でゆくゆくは食べるためにブタを飼った実話をもとにした映画。今日の受講生は概ねこの実践に批判的な声が多かった。しかし、「いただきますとは『いのち』をいただくこと」という美しいことばを頭ではなくちゃんと実感と痛みを持って発せられるかはそれほど容易いことではない。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チーズナンを食べにきて

八王子犬目町のインド料理店、ムガルキッチン。何度か通い1回につき3品ほど注文しているが、いまだ全品制覇にはほど遠い。メニューが豊富。味も今のところ外れなし。
今日いただいたベジタブルカレーもよかったが、一緒に食べたチーズナンが実に美味い。カレーとの相性も抜群。これ、あまり注文する人がいないのが不思議。お薦めです。店の前に貼り出したい。「焼きたてチーズナンの店!」と。

ビールの種類も多いのでつい2種類ほど頼んでしまう。しかしビールとカレーのコンビは腹が張り、中年の身にはちょっと苦しい。次回からはワインにしよう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スチールから木製へ

私は書棚にスチールラックを長く使ってきた。軽く移動しやすくかつ収納力に優れているので。
しかしそれらの多くが春の地震の時にガタガタになってしまった。特に横方向の揺れに弱いことが判明。2台は完全にひしゃげてしまい修復不可能。その他のものも不安定な状態が続いているので、少しずつ木製書棚に交換を進めている。

木製の本棚は市販のものはどれも帯に短したすきに長し。したがって自作に限る。
材料は以前はラワン合板を使っていたがここのところはずっとMDF。木材チップを解繊して接着剤で成型したボード。均一で重量があり、そりに強いのが長所。

しかし使い続けてきて、このところMDFの匂いが気になってきた。いわゆる木の匂いではなく、あきらかに人工物の匂い。さらには、MDFは湿気に弱く、カビの影響も受けやすい。その匂いも混ざっているのだろう。この匂いに包まれていると読書の意欲が減退する。匂いの作用はバカにできない。
とりあえず今後作るものはラワン合板に帰ろう。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メール環境が変わる

メーラーをMac標準のMailに替えた。
Mailはスパムメールをかなり正確に排除してくれる。すると、これまで毎日大量に届いていたメールのほとんどが自動的にゴミ箱へ。必要なものはほんのわずかだったことを知らされた。いや、寂しくないですよ。

6日の午後、Facebookの講座を少しだけのぞく。その主催の方が「今はもうメールを使わない。Facebookの方が速くて使い勝手がいい」とおっしゃったのにはちょっと驚き。Facebookってメールの代替として伝達機能をすべて任せられるのか。認識を改めて使い込んでみる気になった。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長寿樹ミカン

長寿樹ミカンが届いた。

長寿樹ミカンとは樹齢35年以上のミカン。ミカンの樹は歳を重ねるうちにだんだん収穫量が減っていく。さらに大きくなると作業効率も下る。かくして長寿樹は伐採されてしまう。しかししかしその果実は長寿樹の方が美味みが大きいのだ。
予約をすればその分の伐採は免れ、美味しい果実が手に入るということなので、昨年末に予約を入れた。

忘れていたそれが今日届いた。見た目は悪く大きさも不揃いだが、美味い!防腐剤を使っていないので風通しのいい場所において早く食べるようにとの注意あり。
来年分も予約することに決定。
ちなみに申込先は「自遊人」のサイトへ

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ココログさんへ

私がブログに使っているNiftyのココログ、なかなかFaceBookに対応する気配がない。

そこでブログ内容をFaceBookに連携させるアプリとしてRSS Graffiというのがあり、使ってみたのだが、一旦はうまくいったもののその後は動いてくれない。2日間反映しないまま。設定が悪いのだろうがどこが違っているのか分からない。
なんかパソコン通信黎明期に設定を試行錯誤した頃を思いだす。
これどうすりゃいいの?

というより、ココログには早くFaceBookに対応してほしい。それがユーザーのためですよ。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見られてた

2ちゃんねるにこんな書き込みがあった。


夕方高校生男子二人 
A「この前さー」 
B「うん」  
A「お坊さんがさー」  
B「うん」 
A「宝くじ買ってたんだー」  
B「ちょwww煩悩wwwwww」 
A「まあ、お坊さんにもジャンボなドリームがあったんだろうねー」 
A君の遠い目が印象的だった・・・ 

この坊さん、俺だ・・・

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そっくり

12/2、朝から八王子は冷たい雨。霙か霰が混じっている。

京王線の中で、おぎやはぎの小木にそっくりな若者がいた。高校生?いや大学生か。本人かとも思ったが、どうみても若いのは間違いない。
しかし顔立ちが似ているのはともかくとして髪形やメガネを小木と同じくして表情もあのなんというかとらえどころなくしているというのはやはりファンなのか。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12月

12月~。

1日の夜、増上寺にて「いのちの日 いのちの時間」。自死者合同追悼法要。超宗派の仏教僧侶により12月1日に勤めるもので今年で5回目になる。私は法務が入ってしまい、肝心の法要の時間は抜けさせてもらった。申しわけない。

今年は浄土真宗本願寺派の若手僧侶も手伝ってくれた。
仏教超宗派で何かを行なおうとするときに、もっとも腰が重いのが浄土真宗。他宗派と組まなくても自分たちだけで形になるだけの数を集められるということもあるが、それよりも悪い意味での宗派根性が強いからということは間違いない。そこから自由な若手が出つつあることはうれしい。

http://homepage2.nifty.com/enryuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »