« さらば。そしてありがとう、あゆみbooks | Main | 湘南台でBBT »

不幸な

光市事件。最高裁が上告を棄却し、被告の死刑が確定した。

不幸な事件であるのと同時に、不幸な裁判だった。その責は少なからずマスコミにある。そして一審二審の被告側弁護士に。

一審二審で被告側弁護士ははなから無期懲役狙いだった。そのために事実関係を一切争うことなく検察の主張を認めてきた。被告に事実を問うこともなく。

高裁に差し戻しになり、交代した新たな弁護団は被告に事実を問うた。それは被告にとって、初めて事実を語る機会となった。すると検察主張とは明らかに異る点が複数ある。改めて見直すと、検察主張には警察の検死結果とも矛盾するところがある。それを主張したところ、死刑回避のために物語をでっちあげたのだと受け止められてしまった。

差し戻し裁判において問われたのは事実関係だった。しかしそのことはほとんど知られておらず、被告の反省の度合いを問う裁判のように扱われた。そこにはマスコミのリードが少なからず作用している。

|

« さらば。そしてありがとう、あゆみbooks | Main | 湘南台でBBT »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不幸な:

« さらば。そしてありがとう、あゆみbooks | Main | 湘南台でBBT »