« July 2012 | Main | September 2012 »

わが心のアジャセ

夕方、浅草公会堂にて『親鸞 我が心のアジャセ』観劇。

主役の川崎麻世、熱演。期待以上の出来、私はけっこう感動した。
が、観劇したうちのご門徒たちの感想を聞くと、いまいちピンとこなかった、難しかったという声が多い。意外。

どこが難しいと感じたかを聞くと、悩んでいる親鸞がいきなりアジャセになり、それが終盤でまた親鸞に戻ったあたりで、両者の関係が混乱してしまったということがひとつあるらしい。言われてみれば分かりにくいか。
そして、ビンバシャラがなぜ修行僧を殺したかも。3年待てなかったということがよく伝わっていなかったと。
さらには、釈迦の説法も分からなかったと。あれでなぜすくわれたか。たしかに。
きわめつけは、「ところで、アジャセって何?」アジャセが人名だと伝わっていなかった・・・。それじゃ分からないでしょう。

私は自分の感覚をごくごく一般的平均的世間的なものと自認しているが、かなり僧侶寄りに偏ってしまって世間からズレてしまっているらしい。反省。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々の松代

午前、松代大本営跡に行く。
ここの地下壕に入るのは2回目。十数年ぶり。
久々の松代は、歴史の町として綺麗に整備されていた。
今回は地元の保存会の方にガイドをしていただいたので、前回見過ごしていたところも学ぶことができた。感謝。

ここの完成を待つために沖縄戦がぎりぎりまで引き伸ばされたという。
地下壕の近くに天皇皇后が居留予定だった建物が残っている。ここには初めてきた。地形的に爆撃を受けにくい山陰に、1メートル近くの厚さのコンクリート天井の建物。中は格天井の和室。現在は天皇の部屋はそのまま保存され、皇后の部屋は地震観測所として使用されている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

樹林墓地

午後、小平霊園へ。先日、ニュースで話題になっていた樹林墓地の場所を見た。

それほど広くない場所に木が6本ほど立っている。
納骨は木の根元に埋めるということではなく、そのスペースの一角にある納骨所に納めるらしい。ということは、従来の合葬墓となんにも変わらないじゃない。樹林墓地なんて命名するのがなんというか、おかしい。
延立寺にも合同墓がありますのでよろしかったらご利用下さい。歴代の住職寺族とご一緒しましょう。

夕方、東京駅から新幹線で上田へ。延立寺が昔あった港区芝地区のお寺の研修会に合流する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そう言われても

今日は予定をタイトに入れてしまった。

昼の用事が少し伸び、夕方の通夜式場に着くのが開式予定時間間近になりそう。
車の中から式場に電話を入れる。
電話に出たのは葬祭業者。若い声。
「あと20分くらいかかりそうなんですが、開式は予定通りにいけますので」
と言うと「ええっ?あと20分?今どこなんですか」と明らかに不愉快そう。
○○と地名を言うと「ああそうですか。なるべく早く来てくださいよっ」
そば屋の出前か。あのなあ、言われなくても急いでるんだが。どうやったらなるべく早く行けるんだよ。慌てさせてどうすんの。焦って無理して事故ったらちょっとは責任感じろよ。今日は本当の家族葬で、数人の家族以外誰も来ないんだから万一遅刻しても影響はないだろ。
通夜はもちろん定刻に開始できた。

おそらく、いつも使っている馴染み(というか出入り)(というか子飼い)僧侶にはそういう態度で接しているのだと思う。最近そういう態度をされていなかったので、ちょっと新鮮。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

報恩まつり

延立寺報恩まつり。
延立寺藤の会(壮年会)結成5周年記念行事をかねての開催。

記念法話を山崎龍明師からいただく。延立寺には久々のご出講。滑らかな弁舌に参集の皆さまは大喜び。来年70歳になられるんですね。

第二部は境内に出てゲーム&バーベキュー。境内で輪投げとパターゴルフを競いながらのビール&ビーフ&踊り。
山崎師にも最後までお付き合いいただいた。
思いがけず時折強い風が吹いてバーベキューの紙皿が飛ばされたり。しかしその風が心地良い。晩夏のひととき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本堂に時計

延立寺の本堂には意図的にずーっと時計を置いていなかった。
この空間では時間を気にしてほしくなかったので。

という気持ちはあっても、時間が気になれば各自の腕時計は見るし、携帯電話の時間表示も見る。時計がないことがかえって時間を気にさせることに、今さらながらに納得し、本日、本堂に設置した。いきなり2つ。ひとつは内陣に向って左の余間、欄間の下。もうひとつは下陣の後方。聴聞される方用と講師用と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

真夏の夜の

夜、寺ネットサンガの企画、「肝だめし怪談ばなし」を池上のお寺で。
本堂で怪談話の後に、お墓にカップローソクを奉納に行く。
私は怪談要員。
浄土真宗僧侶としては怪談を語るのはいかがなものかとも思うが、そこは懐が深い私。懐が深いというより、いい加減、適当、大ざっぱという方が正しいが。

都心の夜はまだ蒸し暑い。やはり八王子とは違う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

休養前

夜、原宿にて「イッセー尾形のこれからの生活2012 in真夏のクエスト」を観る。
本日のネタ備忘録。
床屋、自転車整理員、書店店員、乗り過ごし、植物園,白鳥、ジャカルタ。
今日のネタの中では書店店員と乗り過ごしが好き。
ネタの合間合間、次のネタ用の着替えを済ませてから、今演じたネタについてコメントした。こんなことは初めて。書店は丸善丸の内店だそう。

イッセー氏は今公演の後しばらく、デピュー以来初めての無期限休養をとるとのこと。ロビーではこれまでの公演のポスターや衣装をそっくり即売している。リセットするということか。再会を心から楽しみにお待ちしています。

帰路、秋の虫の音を今シーズン初めて聴いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いい経験

午後、八王子のお寺の法話会に出講。
伺うと、坊守さんが松葉杖。
聞けば、アキレス腱を切ってしまったとのこと。痛みはまったくないが、両松葉なので荷物を持てない。お茶出しもできない。
これまでは松葉杖の人を見たときに、不自由だろうな、とは思ったが、こういう不自由さとは全然想像していなかった。いい経験してます、とのこと。

当然家事を住職が担うこととなる。いい経験してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こだわりから離れて

小学生たちは早朝に寺を出発、今日は横浜カップヌードルミュージアムと鎌倉見学とのこと。

「ほぼ日刊イトイ新聞」の本日の糸井重里のコラムに同感した。
ほぼ日では毎年手帳を作っている。その取材について書かれたもの。
一部を下記に抜粋。

「いちばんこだわったところは、どこですか?」
90%くらいは、これ訊かれるんですよう。
なんによらず、ぼくはすべての「こだわり」から離れよう離れようとしているのですが、人は、なんとか「こだわり」を見つけようとするのです。
「こだわり」は単なる流行語です。この流行語が、はやく流行らなくなりますように。
「あなたにとって○○○とはなんですか?」が、いつのまにか流行らなくなったように、「いちばんこだわったところは?」もね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子ども会

夕方、愛知の岡崎から小学生22人ご来寺。朝に岡崎を出て、昼間は浅草と東京タワー、そして泊まりは延立寺。
壮年会藤の会のご協力をいただいて、境内でバーベキュー。
BGMを最初は童謡を流していたが、途中で嵐に変えると急に子どもたちの表情が輝いた。ジャニーズ強し。
その後は花火。そしてお風呂は戸吹のゆったり館へ。

バーベキューの間、私は通夜へ。
故人の娘婿さんは岡村製作所にお勤め。
岡村製作所は製造工場が釜石にあり、津波で大きな被害を受けた。閉鎖も検討されたが熟慮の末、新日鉄釜石の構内で事業再開となった。その縁で、新日鉄は全国の事業所の什器をみんなオカムラに入れ替えたとのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ遠い

免許証の更新案内が来た。
ああ、ついに更新。私は現在の免許証を交付されてから1度の違反もしていない。これは私が免許を取得してから初めてだと思う。
これでゴールド免許か。と思いきや、講習区分をみると「違反」。
え?そんなことはない。私はこの3年間1回も違反をしていない。

が、通知書をよく見るとこうあった。「誕生日からさかのぼって5年間に違反をしているか」あ、5年間でしたか。それなら確かに、3回は違反してます。
あー、優良は次回更新時か。ゴールドへの道はまだ遠い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酸欠

オリンピックの中継中、競技の順番を待っている選手の中に大あくびをしている選手が映ったとか。さすが、オリンピックに出るような選手はあんな大舞台でも緊張しないんだね、と話題にされていたが、それは違うと思う。緊張するほどあくびが出る人はいる。私がそう。

慣れない場所でしゃべらなければならない時など、私の口からは際限がないほどに生あくびが出る。酸欠になっているのだ。無意識に呼吸が小さくなっているか、緊張が体内の酸素を消費しているか。
無意識に身体が固くなっているのも吸い込みが浅くなる原因だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小ぶり

夕方、多摩地区の本願寺派寺院の総代さんが集まっての会議。私は遅刻して懇親会から参加。
総代というと名誉職になってしまっている例をよく聞くが、この方たちは全然違う。積極的に寺に関わり、伝道に参画してくださっている。ありがたい方々。

懇親会は鰻屋で。
当然最後は鰻重が出てきたが、乗っていた鰻がかなり小ぶり。飲み食いしたあとの〆なのでこの大きさで十分だが、もちろん鰻高騰が影響している。この店では値上げでなく少量化を選択した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

石鹸の香り

ここのところ、お中元やお歳暮で石鹸の詰め合わせをいただくことがなくなった。核家族が普通になって、大量に石鹸をもらっても喜ばれることが少なくなったからだろう。

うちでは、新しいものは大方バザーなどに出してしまって、現在使っている石鹸は、痛んで売り物にはならない、頂いてから40年はたっているだろう年代物。
フローラという商品名が付いているので新品時はたぶん花の香りだったのだろう。しかし今はそんな香りは一切なし。少々のカビ臭さが香るだけ。

しかし、石鹸の表面がカビ臭く、香りが飛んでいるのは分かるが、石鹸の内部まで香りが無くなっているのはなぜだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続刊中

二男が、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の既刊分全巻揃えを達成した。実に181巻。
マンガ好きの私だが、『こち亀』はほとんど読んでいない。これは大学時代に読んだマンガ評論の影響がある。

30年前、私は大学時代には、マニア向けのマンガを好んで読み、マンガ評論にも一通り目を通していた。その中に、斉藤次郎氏による『こち亀』酷評があったのだ。こち亀の新作1篇をまるまる紹介し、「これのどこで笑えというのか。笑えないのはこの篇だけではなく、どれも同じ」と全否定。
私はそれに同感した。

連載を始めた頃、作者名を「山止たつひこ」としていたことも私には気にくわなかった。山上たつひこをリスペクトしてのこととは分かるが、作風からはリスペクトが感じられなかったので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

終戦

終戦記念日。

先日、MacBook Airを買った。とたんにMac miniの調子がおかしくなった。

本日、バックアップ用の新しい外付ハードディスクを買った。現行のが容量不足になったので。とたんに、今まで使っていた外付けハードディスクが逝った。本当にとたんに。
miniはなにか嫉妬して駄々をこねているようにも見える。しかしハードディスクは寿命だったんじゃないか。

このハードディスクは私がminiの前に使っていたPowerMac G5に内臓されていたもの。本体をお蔵入りにした時に取り出して外付ケースに入れた。調べてみると9年前からのお付き合い。ハードディスクとしては大変な長寿命。私とともによく戦ってくれた。私が新品を買ったのを見届けて、もういいねと安心して逝ったのではないか。彼自身で終戦にしたのだ。
お世話になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

予定は手書き

通夜の席で、法事の予定を手帳に書き込んでいたら、「iPadをお使いなのに手帳に手書きなんですか」と驚かれた。

私が携行しているのはiPadではなくMacBook Airなんですけど、それはともかく、私はスケジュール管理はもっぱら手帳に手書き。携帯電話のカレンダー機能も使わない。

理由は・・・なんででしょう。自分でもよく分かりませんが。

デジタル文字で整然と書かれた予定表をみると息がつまるということはある。
予定はちまちまと鉛筆で書いて、変更があれば消しゴムで訂正するのが好き。おかげで何を書いているか分からなくなることはしばしばだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実はオリンピック好き

村田諒太、ミドルで金!すごい。おめでとう。ありがとう。
米満達弘、抱えた大技!すごい。おめでとう。ありがとう。

ロンドンオリンピック、閉幕。
閉会式も楽しめた。やっぱり入れてきたユーモア。さすがイギリス。
とてもいい大会だった。私はオリンピックが好きなんだと再認識。
東京オリンピックだって、直前まで私は批判的だろうけど、始まったら心から楽しむと思う。

夜、NHKのオリンピック総集編という番組を観たが、全然総集編じゃない。ボクシング一試合もなし。レスリング1試合もなし。Mr.ビーン一瞬もなし。ちゃんとした総集編を望む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どれにどれを

私はデスクトップのMac miniをメインに、MacBook Airをサブに使っている。そして、miniの文書をAirに同期させている。パックアップの役も兼ねて。
それが気がつくと、なんかおかしい。ちゃんと同期していない。ずいぶん前に更新したデータが残っている。バックアップソフトの設定間違いかといろいろ設定を変えてみたがだめ。

で、メインのminiのデータを見てみると、古いままでした。え?なにこれ。
原因が分かった。ここ数日私が作業に使って日々更新していたのは、バックアップ用につなげていたHDの中のデータだった。なんでこうなったのか分からない。前回バックアップをとった時に何かやっちまったのだろう。

このHDへのバックアップは手動でやっていた。自動だったり、確かめずにバックアップ作業をしていたら、こちらも古いデータに書き換えられたところだった。あぶねー。

用心のためにバックアップをいくつもとっておいたために、どれが最新か分からなくなったことは以前もあった。懲りない私。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

身体をはってますから

オリンピック男子サッカー、敗け。メダルならず。でもよくやった。

ゆうべはアーユス事務所にてJVC(日本国際ボランティアセンター)のイラク担当とパレスチナ担当の方からそれぞれ活動報告と現地の現状を伺った。両事業とも長年アーユスが支援している。

その後に会食に流れた。
NGO職員というと世間ではまだまだ生真面目な正義漢という印象があるのでは。もちろんそれは正しいのだが、お二人とも話題の守備範囲はとても広い。
今日盛り上がったのはスポーツジムの良し悪し。NGO職員にはスポーツジムに通っている人が少なくない。それで、どこのジムがどうだという情報交換が盛んと。
確かに身体が資本ですからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民間防衛

サッカー女子決勝、生で見た。いい試合だった。
表彰式での選手たちの無邪気な様子もとてもいい。銀メダルを心底喜べることはそのまま金メダルへのリスペクト,礼儀でもある。

試合後の記者会見でアメリカ選手のハンドについて聞かれた佐々木監督は、「何のことでしたっけ」ととぼけた後、「主審が何を見ていたかは分かりませんが、私は主審の判定を尊重します」だって。格好良すぎ。こういう格好良さを日本はもっと誇っていい。
ジャパンクールとはこういうこと。

なでしこの選手と監督の姿を見ていると、これこそが日本人の売りなんだと思う。フェアネスと他者へのリスペクトと笑顔。こういう国民が世界の中にいてほしいと他国民に思わせることは最大の民間防衛だと思うのですよ。

吉田沙保里、やっぱりすげえ。

夕方都心へ。大渋滞。いつもは1時間20分くらいの道が、2時間半。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

進まない

中央道も首都高も混んでいる。なかなか進まない。

昨日の会議で私はある役を仰せつかった。
人選は偉いさんの指名。
にしたって普通は一言くらい事前の打診はあるものだと思うが、一切無し。
かくして集まった面子、ここでの発言を聞く限り、偉いさんのイエスマンばかり。つまり、私もその一員と判定されたということ。光栄です。なめていただいて。

昨日の会議を受けて、本日は対応会議。
昨日の様子なら、いろいろ進まないのは当然。
自分たちの従来の方向を粛々と進むのが正解と判断した。

それはそうと、伊調馨、すげえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これじゃダメ

京都日帰り。猛暑を覚悟していたが、着いてみると日陰であれば過ごしやすい。あのべったりした暑さではない。
午後イチから会議。
質疑のやりとりが、どれも焦点が甘甘。それも尻切れトンボ。ガス抜きアリバイ作りが主目的かと勘ぐってしまう。これじゃダメでしょう。

夕方、時間ができたので、私が学生時代に通っていた喫茶店に寄る。前を通ることはしばしばだがなかなか中に入る時間と気持ちがなかった。
20年ぶりくらいに店に入る。カウンター内にいるのは私が通っていた当時とは別の人。

頼むのはもちろんナイアガラ(アイスオレンジティー)。
しかし運ばれてきたのは、アイスティーにオレンジジュースをブレンドして、缶詰のミカンを加えたもの。薄く切ったオレンジじゃないとナイアガラじゃないじゃーん。これじゃダメ。今の店長、ナイアガラの名前の由来を知らないと見た。

その後は馴染みの飲み屋へ。

終電の2本前で帰京。って京都から帰るのも帰京でいいのか。
車内は子ども連れが多い。やはり夏。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

休み前渋滞

正午すぎ、ふだんは空いている時間にもかかわらず首都高と中央道が渋滞している。夏休み前の駆け込み仕事のせいか。

昼食は私が日本で1番好きなカレー屋、神保町のエチオピアにて。本日は野菜+チキンの辛さ20倍。野菜カレーの場合は辛さが緩和されるので、20倍でも汗もかかずに美味しくいただける。

午後、ものづくり会議。本日は後に用事があったので、悪いところの指摘だけして早退。
他人の欠点はすぐわかる。私はそれを直截的に指摘してしまう。結果、カドがたつ。下手だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セミ勢ぞろい

この暑中、冷房のない部屋で真空管アンプを使ってる私はバカだろうか。バカだろうな。

境内ではミンミンゼミ全盛。今年はあまり鳴いていないな、と思っていたが、単に時期がそうだっただけ。クマゼミ、アブラゼミもまだまだ元気。ヒグラシだって鳴いている。たまーにツクツクホウシも鳴き出した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暑さに参った

暑い。
今日は法事の後、客間でお斎の予定。しかしこの暑さの中での食事はさすがに申しわけない。冷房が入っている本堂で召し上がっていただくことに急遽変更。後に法事が入っていなくてよかった。

昼間、テレビの画面が突然消えた。通電ランプは点灯している。しかし画面は暗黒。プラグを抜いてみようとテレビに近づくと本体からかなりの熱。こりゃ熱にやられたか。この部屋は冷房をかけていないし。
プラグを抜いて数分おいて差し込むと何事もなく画面が映った。
この暑さにはテレビも参りますわね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手ぶらでは

オリンピック水泳男子団体リレー、銀メダル!すげー。しかも、松田他の若い選手が試合前に、「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかないぞ」と言い合ってたって・・・。水泳ってなんで名言を生むんだろう。

午後、藤の会・やまゆりの会、それぞれの例会。

藤の会の例会はいつもは読書会をしている。
今読んでいるのは『歎異抄』(阿満利麿氏解説版)。
本日はこれまで読書会の中で出て来た疑問に私がお答えする質問会となった。
浄土とは、という疑問から、自力・他力の話、信心の話。そしてそれらが現実生活の中でどう受け止めればいいかなど、まるまる浄土真宗の根幹についてご質問いただいた。
ご熱心なことに頭がさがる。こういう方たちを手ぶらで帰すわけにはいかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不二

サマーキャンプ2日目。今回の会場は朝霧高原のふもとっぱら。

例年より参加者が少なめ。それでも、子どもたちにはそれぞれ楽しい時間を過ごしてもらえたと思う。

静岡の朝霧高原を昼過ぎに出て、向ったのは山梨県富士吉田市の正福寺。ご住職の法話をいただいた。
富士は不二とも書く。このような美しく雄大な山は二つとない、という意味だが、それは君たち、私たちひとりひとりもそう。二つとない存在なんだ、そのことに気づいてくれよと呼びかけてくださっているのが阿弥陀さま、というお話。

閉会式のあとに、境内でアイスキャンディーをいただく。

正福寺さまでは、昨夏に引き続き今夏も、福島の子どもの受け入れを予定している。有り難い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

極めて正しい

午前、横須賀にある老人ホーム「さくらの里山科」へ見学に行く。
ここの特色は入居者と犬猫が同居していること。犬猫が嫌いな入居者に配慮して、犬猫が動き回れる場所はきっちり区切っているが。
老人施設で犬猫と同居というと、犬猫に癒し効果を求めるセラピードッグ&キャットだと考えがちだが、施設長の考えは全く違う。犬猫にも幸せになってほしいのだと。
ここにいる犬猫はみな保護犬猫。なんらかの理由で飼い主から放棄され、殺処分を待つばかりだった犬猫を引き取っている。病気や障害をもっていることもある。
それらを引き取っているのは、犬猫が生きていける社会が人間が生きていける社会だと考えているため。極めて正しい。
今は10匹ほどだが、ゆくゆくは20匹くらいまでにはもっていきたいという。

昼食は横須賀名物海軍カレー。懐かしい味。グリコワンタッチカレーがこんな感じだったか。

午後は私ひとり朝霧高原へ向かい、浄土真宗本願寺派東京教区の寺院主催のサマーキャンプに合流。私はキャンプファイヤーに火をもたらす山の神に扮する。子どもから「お寺のキャンプに山の神?」と声があがる。君は極めて正しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひさびさのムガル

もう8月・・・。

犬目が誇るインド料理屋、ムガルキッチンでひさびさランチ。私の他には先客2人。流行っているとは言いがたい。私も応援しているつもりではいながらここしぱらくご無沙汰してしまっていた。

相変わらず美味。今日食したのはベジタブルカレー。旨い。そして安い。チリソースを添えてくれるので一皿で甘口から極辛まで楽しめるのも嬉しい。
少しずつ客は付きつつあるような気はしている。なんとか定着してほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »