« August 2012 | Main | October 2012 »

研修充実のために

午前、静岡のお寺にて研修会の講師をつとめる。
映像教材をご覧いただいたあと、話し合いの時間を40分にした。
ふだんの話し合い法座は、場が温まるまで15分くらいはかかってしまうので、全体で1時間はとりたいところだが、今日はみなさま話し合いに慣れているのに加えて、昨日の懇親会が大盛り上りだったのが功を奏して、40分で十分深い話ができた様子。やはり研修において飲み食いは重要不可欠。
こちらの意図も伝わったようで、悪くない研修会になったのではないか。

研修会は昼前に終了。台風が近づいていることもあり、皆さま早々にお帰りになる。
私もまっすぐ静岡駅へ。駅内のアナウンスでは「東海道線は本数を減らして運行中、午後3時以降は運行中止の予定」とのこと。

台風が近づく中、ヒグラシが鳴いている。いったいいつまで鳴くんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初老を超えて

私52歳の誕生日。中道、いや中年道まっしぐら。いやもう初老だろうか、と確かめてみたら初老って40代なのですね。初老の次のことばが見当たらない。

Mailの文字化け問題、ネット上に報告を発見。やはりMail6.1の改変が原因だった。しかしなんでこんな改変をするのかね。Appleの意向はなはだ不可解。文字化けメールをもらった時は別のメーラー、Thunderbirdで受信しなおすことで対応する。Appleよ、早くMailをアップデートしてくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犬目郵便局讃

寺報発送。藤の会の皆さまにお世話になり、2時間で終了。ありがたい。

夜、東京仏教学院講義。今期私の担当第1回目。
宗派実践運動序論。この約100年間の本願寺派の動きを概観し、実践運動が提唱された背景を説く。
あと4回しか私の講義はないけれど、どうぞご期待ください。そこそこの内容のものはご提供します。

講義後、築地本願寺夜の法話会を聴聞する。ご講師は木曽隆師。
光は聞こえざるところこれなし,と。

帰宅すると、夕方に地元の郵便局から電話があったと伝えられる。そこには本日作業した寺報入り封筒を持ち込んだのだが、郵便局で確認したところ、切手の貼り忘れが3通あったという。その分を立て替えて出してくれたのだと!いやーありがたい。地元の店は大切にしようと改めて思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本棚を空ける

午前、築地本願寺にて自死遺族分かち合いの集い。

本棚が完全完璧に飽和状態。
しかたない、宗教関係の棚に手をつける。
今まで宗教関係の本は一旦入手した本はすべて処分しないでいた。同業のよしみもあって。でももういい。良い悪いではなく、賞味期限というものは何にでもある。そんな本が詰まっている本棚からはどんよりした空気が漂ってくる。今までお世話になりました、と礼を尽くした上で、お引き取り願おう。

そしてマンガもいくつか。
藤子・F・不二雄大全集を揃えたので、ここに収録されている作品が掲載されている旧版は処分する。いままでお世話になりました。こちらには感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜか文字化け

山下達郎の新譜、ベスト盤が届いた。
言うまでもなく名曲ばかり。言うまでもなく高音質。
山下達郎は言う。「ポップスは人間の生の肯定」。それをおつれあいの竹内まりやとともに最上級に実践し続けていることに敬意を表する。

なぜかメールが文字化けするようになった。たまにだが。
ここのところ全然なかったのに。OSをMountainLionにした、というかMailerをmailの現バージョン6.1にした以外の理由が思いつかない。しかし同様の訴えはネット上には見当たらない。
テキストエンコーディングを試しても全然ダメ。

たまに再送信をお願いすることになります。ご面倒をおかけします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

身体を使う

彼岸最終日。それでやっと彼岸花が伸びてきた。

久々に空手稽古。
力を抜くことが目標。しかし力を抜くために力を入れてしまう。
「力は入れるものではない、力を入れると力は出ない。力を出すためには力を抜くのだ」と言われる。納得はするが実践には遠い。
「筋肉で動かそうと思わず、骨を意識せよ」と。それを身につけるために型があるのだという。これも納得。しかしできない。しかし楽しい。

師範によれば、剣術の新陰流に伝わる身体の使い方は、空手のそれと全く一緒だという。武道は突き詰めるとおなじ地点に達するということ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新しき相棒

ちょっと暑さが戻ってきた。

掲示板のことばを替えた。
「魚を育てるとは、すなわち、水の状態を整えること。

デスクトップMac mini用に、MagicTrackpadを買った。これ、とても使いやすい。15年以上の相棒のTrackball、TurboMouseから転向してしまうかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日も彼岸会法要

寒い。気温は21度。寒いと思う気温ではないが。

考えてみると、今回の秋彼岸法要については寺報に案内を載せていなかった。9月初旬に発行予定だった号に掲載するつもりが、発行できなかったのだ。

まあ、いつも中日に勤修しているのでお分かりいただけているだろう、と思っていたが、壮年会の年間予定表には23日勤修とされていた。そのために本日に法要があるものとお見えになった方が何人も。
ということで、本日も彼岸会法要を営む。
お勤めの機会が増えたことは結果的にはありがたかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

116年ぶり

彼岸中日。中日が23日ではないのはとても珍しいらしい。23日以外になるのが33年ぶり、22日になったのは116年ぶりだって。
延立寺彼岸会法要を営む。中央道が例によって大渋滞という中、ようこそお参りくださいました。
私の法話は「被害者」という名乗りからの解放について。

Superflyの新譜が届いた。迷いのない発声が気持ちいい。人を救いうる声だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

彼岸花が咲かない

明日はもう彼岸中日というのに、境内に彼岸花が咲かない。
彼岸花は不思議な花で、お彼岸になると突然するすると伸びてきて花を咲かす。
残暑がきつかったからだろうか。植木屋さんに整備してもらった時に、苅られてしまったのだろうか。

都心を車で彼岸参り。日比谷にさしかかったところで突然の強い雨。それが信号を3つ過ぎただけでからっと上がった。なんですかねこの天気は。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

インドのハンバーグ

胃はほぼ正常に。食欲も普通にある。

昼食を犬目のインド料理屋・ムガルキッチンでとる。
この秋からの新メニュー、ハンバーグカレーを注文。
ライスの真ん中に薄めの丸いハンパーグがのせられ、カレーがたっぷりかかっている。ハンパーグの肉は、チキン。なるほど。ビーフか合挽きを想像していたがそんなわけはなかった。ふだんのメニューにもビーフカレーやボークカレーはない。

美味しかった。が、これはこれとして、ハンバーグがラム肉だったらもっといいものになると思う。私がもうちょっと常連になれたら提案するのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

胃に痛み

夜中、胃の痛みで目覚めた。鋭い鈍痛。というのは形容矛盾だが、実感として。
みぞおちのあたりが内部から押されるように痛い。ガスがたまっているというわけでもなさそう。
身体を右に向けても左に向けてもあおむけでもうつぶせでもだめ。
上体を起こすといくらか楽になる。
書斎の椅子に座って1時間ほどでちょっと楽になって寝ることができた。
症状はみぞおちの痛みだけ。
なんだこれは。

朝になったら胃は不調感は残っているものの痛みは消えた。これなら様子見でいいか。

お彼岸参りで伺ったご門徒宅でお茶やお菓子をいただくと、それらが胃壁をこすっていく感じ。やはり少し弱っているのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平和の鐘

9月18日。柳条湖事件のこの日に、浄土真宗本願寺派では毎年、千鳥ケ淵墓苑において、全戦没者追悼法要を営んでいる。
今年はその法要にあわせて、全国の本願寺派寺院で同時に鐘をつこうということになった。

私はほぼ毎年法要に参拝してきたが、今年は八王子の寺にて鐘を撞くことにした。
しかし延立寺は梵鐘がないので、ちいさな喚鐘を叩く。

マニュアルでは10分間撞くことになっていたようだが、うちの小さな鐘を10分間叩くのって、けっこうしんどい。
10秒間隔で10回、1分30秒で終了。まあいいでしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだこの天気は

晴れ。のち土砂降り。のち晴れ。のち土砂降り。のち晴れ。のち土砂降り。のち晴れ。のち土砂降り。のち晴れ。のち土砂降り。のち晴れ。のち土砂降り。のち晴れ。

めちゃくちゃな天気。
本日、お参りされた方々、本当にご面倒様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜日はTOKYO FM

今日も大渋滞。お参りされた皆さま、お疲れさまでした。

日曜日は私の好きなラジオ番組が続く。もちろん法事が入っていることが多いので、昼間の番組は聴けないことの方が多いが。

朝5時からはTOKYO FMの「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」。ここで紹介された曲のCDは、ほどなくして私の棚に並ぶ率は高い。

午前10時からはTBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」。アシスタントの中澤有美子さんがとにかく素敵。ふだんは控えめすぎる応対ながら、ツボで爆笑するところなど。

午後は2時からお約束、TOKYO FM「山下達郎のサンデー・ソングブック」。名番組。

夕方もTOKYO FMで日曜夕方に放送されている「NISSAN あ、阿部礼司-BEYOND THE AVERAGE」。震災の時の生放送には泣かされた。

そしてその前に放送されているくTOKYO FM日曜午後4時からの「福山雅治のTALKING FM」も好き。福山っていい奴だと思う。

俺、TOKYO FM 好きなんだな。坂上みきに調教された結果な気もする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

渋滞もまた

彼岸の入りは20日だが、もう寺は完全に彼岸モード。

彼岸のせいではないだろうが、中央道は大渋滞。
本日午後1時から予定していた法事が、おみえになる方が揃わずに2時間遅れでの開式。しかし、普段にはこんな無駄な時間はどなたさまも持てないでしょ。これは亡き方からの贈り物といただきましょう、などと話をした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ実用じゃないけど

延立寺墓地にモノレール完成!下から終点の5段目まで所要時間5分。ゆっくり歩くくらいのスピード。

試乗してみると、乗降を想定している場所で、かなり座面が地面から高いことが判明。特に一段目では高齢者は乗降できない。他にもまだ直さなければならない箇所はいくつかあるが、導入自体は正解と思う。

モノレールは高齢者と足の悪い方用として、小学生以下には乗車させないこととする。乗りたいだろうけどね。必要ないのに乗せて万一事故があってもバカらしいし。事故はまず考えられないけど考えられないことが起きるのが事故だから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅津東北到着

暑い。

梅津和時のCD『東北』が届いた。

私が今とても楽しみにしているラジオ番組、毎週日曜の午前5時からの、TOKYO FM「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」で知った曲。初めて聴いた時は朝の布団の中でしぱしぼーっとしてしまった。
このCDはライブ会場でしか手に入らなかった。いつか聴きに行こうと思いながらそのままになったいたが、知らないうちにネットで買えるようになっていた。
曲自体が美しい。加えて、おおたか静流の声が実に深い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蓮画完成

午前、津波被害を受けた仙台の浄土真宗本願寺派のお寺、専能寺へ。

専能寺は海岸から2キロ。しかし海岸に浄水場があり、それが防潮堤となって、津波の直撃は避けられた。それでも2メートルの浸水。本堂内は泥で満たされた。

本堂の内陣は蓮画で荘厳されている。それの下部が泥で汚れてしまったが、ご住職は「これで本当に泥中の蓮の完成となりました」と笑う。

まだ再建途中であり、ご門徒も津波で70名以上が亡くなった。しかし「この災害で、この寺が本当に阿弥陀様の道場だったと証明された」とご住職は手を合わせる。

夕方、東京に戻り、アーユス事務所にて日本ボランティアセンター(JVC)のパレスチナ担当だった方の報告会。その後、以前一緒にパレスチナへ行ったメンバーが集まって飲み会。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仙台は今

午前、築地本願寺にて東京教区の運動計画についての会議。
宗派が策定した運動計画について、どう見ても誤解されやすいというか混乱させている部分に私なりの整理をした。それによって若干さらに混乱させたところもなきにしもあらず。だが無事承認をいただいた。
年度の半分を大きく超えてやっと出発。

夕方、仙台へ。
新幹線の車内で「本の雑誌」今月号を読む。特集「国書刊行会の謎と真実!」がやたらと面白い。

夜は仙台の繁華街で飲む。店の人によると、昨年の今頃に比べるとかなり客が減ったという。昨年の秋は復興バブルで大賑わいだったと。そうだったんですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

賑やかに偲ぶ

昨日の延立寺での法事、故人が踊りのお師匠さん。
ということで、法要後は座敷に移って、お弟子さんたちによっての故人を偲んでの踊りが次々と披露される。幸い他に法事の予定が入っていなかったので広々と使っていただいた。
こういう法事、いいですね。

こういう機会を持ってもらうためにも、延立寺増築計画、また実現化に動き出そうか。震災時の避難所化も視野に入れて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブレイクの陰で

昨日の飲み会のメンバーの1人が、明治乳業に勤めている。しょっちゅうアジア各地への出張で忙しくしているが、この一年間で最も参ったのが、ヨーグルトR1。免疫力を高め、インフルエンザ予防に効くと報道され、ある種の癌にも効果があるらしいとかで大ブレイク。
その渦中では、取引先との応対や製造現場との調整で会社に詰め切り、睡眠時間は一日二時間、着ている服も下着も三日三晩着替えが出来なかった。震災の時より酷かったという。注文に全然応え切れずに頭をさげっぱなし。まあ嬉しい悲鳴であるわけだが。あれの陰にはそんなにがんばっている人がいるんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それで十分

午前、サタディコミュニティ。地元小学校の児童を、地域住民有志が指導する。
夏休みをはさんで、2ヵ月ぶりに空手を私が指導する。
今日来てくれたのは1年生と2年生の男の子ひとりづつ。
受身から始めて、型,ミット打ちを教えていくが・・・全然言うことを聞いてません。この歳ではこんなものなのでしょう。私が教えることに慣れていないのもあるし。

次回はただ打ち蹴るだけの稽古にしてみようか。それで十分な気もする。

夜、元地元の小学校PTA会長たちが集まっての飲み会。半年ぶり。
本当に毎度毎度思うが、なぜこの代のメンバーだけ続いているのかね。
話題は本当に他愛ない。それで十分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犬の幸せ

面影ラッキーホールの新譜『on the border』を買ってしまった。その超下世話かつ昭和歌謡的な世界観が好きなこともあるが、映画評論家の町山智浩氏の推薦に乗ってしまったために。

分厚い書評本『新世紀読書大全』も買ってしまった。著者の柳下毅一郎氏が好きなこともあるが、町山智浩氏の推薦に乗ってしまったために。

ここのところ映画を全然観ていないのに映画評論本『爆裂!アナーキー日本映画史1980-2011』を買ってしまった。これも、町山智浩氏が原稿を寄せているために。

私は町山氏の犬だろうか。それでもいい。すでにスティーブ・ジョブズの犬だし。

優れた主人に仕えられる犬は幸せである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本道の闘い方

某出版社でかつてあった労使闘争話を聞いた。
100人近い構成員を擁する第1労組と経営側の戦い。組合側は大所帯を支える運動資金をどう捻出するかを検討の結果、自分たちは本作りが仕事なんだから本を作って資金を生もう、とあいなった。
面識のあるライバル会社に出向き、自分たちの企画とノウハウによって本を作り、売上の何割かを受け取る。今ではこんな出版プロデュース業はごく普通だが、当時は例がなかった。話を持ち込まれたライバル会社は当初は面食らったそうだ。そりゃウチから売れる本を出してくれるのはありがたいが、いいんですか?
かくして、労組企画の本は他社でベストセラーを連発。それにより長い闘争を乗り切り、勝利したとのこと。
それ以外にも興味深いエピソードがいくつも。活気があった時代ゆえか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

弱いと認める

ゆうべは会議の後で飲み会に行った。
一次会の会話の記憶は残っているが、二次会での記憶は完璧にない。そこそこいい話をしていた気はしているが、そのすべてが霧散している。毎度のことだが。空しいといえば空しい。

そんなことを知人に話したら忠告を受けた。その知人とは今年になってからしばしば飲む機会を持つようになったのだが、「松本さん、お酒弱いんですから大概にした方がいいですよ」
その意外な一言がスコーンと腑に落ちた。ああそうか。俺、酒弱かったんだ。自分でそのことに自覚していなかった。

私は注がれた酒は基本的に断らない。そこそこ量は飲める方だと思う。それでいてずーっと悪酔いをしていない。記憶をなくした翌日も二日酔いはしない。
そのことを私は酒に強いのだと思っていた。が、違うんだ。
記憶をなくすのはすなわち弱いから。単純で当然のことだが、なかなか自分の弱さを認めるというのはできないものだな。弱さを自認しよう。それが酒の自重につながるとは限らないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

けっこういい

新宿紀伊国屋書店の地下に、カレー屋「ニューながい」があった。黒カレー、赤カレー、トマトカレー。わざわざ食べに行くことはないが、ふらっと寄る感じの店。
それが昨年秋に閉店。後すぐに開店したのが同じくカレー屋の「クローブ」。開店から一年近く経っているが私はなぜか足を踏み入れていなかった。これまで入らなかったのも、今日入ってみようと思ったのも、特に理由はない。ご縁としか言いようがない。本日初めて入店。

選んだのは「たまねぎたっぷりスパイシーチキン」。ちょっとだけイトリキカレーを思いだした。うん。私の好みに合ってる。けっこういい。
また行きます。

夕方、研修会開催のための準備会議。このメンバー、けっこういい。もちろん後の飲み会も楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

優先順位

広島で犬猫の保護活動をしている、犬猫みなしご救援隊の代表の方のお話をうかがった。
なんらかの理由で飼い主を失った犬猫を保護し、終生飼養と譲渡活動を柱としている。

昨年の震災直後、いちはやく福島に入り、犬猫の救援活動を行なった。
なぜ今、なぜ犬猫、という疑問というよりはっきり批難が多く寄せられたという。困っている人が大勢いるのになぜ動物かと。

事の軽重、優先順位の判断は複数あっていい。複数なくてはならない。そして、「正しさ」にも囚われないように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

17万キロ突破

朝、豪雨。その後に晴れ。雨。晴れ、雨。
不安定極まりない。
午前に納骨が一件あり、その間は雨は幸いあがっていた。しかしその直後また本降り。なんなんだこれは。水害にならないだけよしとする。

午後、都心のご門徒宅で法事。
日曜の都内を車で走るのは快感。

本日、愛車ラパンの走行距離が17万キロを突破。
一昨年までは年間2万キロペースだったが、ここのところは年間1万キロペース。
区切りの20万キロを超えるには車検をあと2回経なければならないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ルミとマヤとその周辺』新装版発売

もう9月・・・。

午後、空手の稽古。いわゆる空気投げを体験。不思議。

私はマンガについては大画面主義。所有している作品でも大判で新装版が出ると迷わず買う。
このたびヤマザキマリの『ルミとマヤとその周辺』の新装版が出た。すぐ購入。B5版なので新書版から一回り大きくなっただけだが。欲を言えばA5版で出してほしかった。将来もし出たら迷わず買う。

まあしかし『あしたのジョー』なんかは大好きだけど新書版のまま買い替えてないんですよね。最初に読んだ時の印象が強烈だったから。その印象はこの本自体に染み込んでいるので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »