« 手抜きではありません | Main | 出来 »

『半沢直樹』最終回

一日中彼岸のお参り客。
いちょうホールで昨日今日と開かれていた写真展、時間が取れずに行けなかった。彼岸中の休日にやられたらねー。次の機会を待ちます。

夜、『半沢直樹』最終回を観る。
面白かったすね。もちろんラストも含めて。知らなかったけど、あれ、原作通りなんですね。
むしろ私はあのラストにがっかりしたという感想がfacebookをはじめとするネットに多く見られたのがすごく意外。頭取が黒幕だった!と解釈した人が少なくないのにも意外。
頭取は決して悪人じゃない。判断は至極賢くまっとうで三方一両損じゃないですか。いや、三方一両得か。
いずれにしろ、半沢は出向先で成果をあげて、役員待遇で戻されるんでしょ。

しかし、大ヒットドラマということで『半沢直樹』は『あまちゃん』と並べられるけど、私は比較にならないくらい後者を買う。はからずも同時期に放送された池井戸潤原作のNHK『七つの会議』と比べても、ヒリヒリ感が少なくて。日曜夜のドラマとして娯楽に徹したのはもう見事でしたが。

|

« 手抜きではありません | Main | 出来 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『半沢直樹』最終回:

« 手抜きではありません | Main | 出来 »