« September 2013 | Main | November 2013 »

maverick不具合

先日アップグレードしたmaverickに不具合発生。

Mailがだめ。MacBookAirはサブで使っているので今日まで気がつかなかったが、私のアカウントがなぜか不正とされてつながらない。
確かめてみると、maverickにした者が皆、同じ症状がでていた。どうもmaverickになって、セキュリティ機能が強化されたらしい。
仲間が対処法をすでに探し出していた。数字で入れていたものを文字で入れたらつながった。それも変な話だけどね。

Macで今困ったことがもうひとつ。
Firefoxを開いているとでやたら警告が表示される。「あなたのWindowsは危険です。すぐに対策をしてください」と。あのね、私はMacで、仮想Windowsも入れていないんで、全然的外れなんですけど。しかしサイトを移るたびに危険危険危険という表示が出る。あー、なんかやっちまったな、俺。
Firefoxを削除して新たにダウンロードしたら、収まった。やれやれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20年ぶりに

見知らぬ方から連絡をもらった。
「20年前に『731部隊展』を主催なさいましたよね。実はまた八王子で開催出来ないかと思うのですが・・・」

そう。あれから20年たったのか。
その時は大勢の実行委員を得て、労政会館にて開催したのだった。プレイベントも開き、4000人近い入場者を得た。

あれから20年。『731部隊展』は規模を小さくしながらも各地で年1~2回開かれている。
かつてはセンセーショナルさを強調していたが、その後研究も進み、映画になったような荒唐無稽な実験は認められていない。しかし専門家が足を踏み外す構造は現在の福島原発にも通じる。その意味でまた開催するのも意味があると思えた。

実施の可能性を探ってみる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

出会いを求めていない

午後、都心の寺の報恩講に出仕。

帰り、神保町を車で走る。開催中の古本まつりのブースにはブルーシートが掛けられて閑散としている。
古本まつりは雨とは一番相性が悪い。

古本まつりにはかつてはわくわくさせて期間中数度通ったもの。車で通りかかろうものなら、素通りするのに一苦労だった。しかし今は平然とやりすごせる。
今は、欲しい本はネットで探す。ネットになければ諦める。
私がリアル古本屋をのぞくのは、欲しいと思っていなかった本との出会いを求めて。
古本市を平然とやりすごせるようになったのは、出会いを求める心性が弱まっていることのあかし。それはあまりいいことではないとは思う。

夜、某慰労会に主賓のひとりとして出席。居心地があまりよくない。というのは、私は慰労されるに値する何もしていない。主賓のもうひとりの方が私がやるべきことをすべて背負ってくださったので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

deep purple買い直し

午後、延立寺法話会。
ご講師は聖蹟桜ヶ丘のカルチャーセンター教室などで法座を開いている三浦性暁師。いつもながら安定感あり。随所に笑いをおこしながら気づきとうなずきが聴聞衆に広がる。

ディープパープルの70年代の名盤10枚組CDboxを購入。4600円。安いよねえ。
私の中学高校時代はパープル派とツェッペリン派にはっきり分かれていて、私はパープル派だった。ジョン・ロードが好きで。
知らなかったが、ジョン・ロードは昨年亡くなっていた。
久々に聞くパープル、やーっぱり、いい。人の音楽的感性は10代で固まってしまうのだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

門前で

朝、延立寺の門前でタヌキが死んでいた。
大型の猫くらいの大きさ。毛並みはいい。健康状態は良さそう。腹が破れ、内蔵が出ている。
車にはねられてまもないようだった。この大きさでこの衝撃だと車にも傷がついたと思う。

境内の、墓に向う雑木林の中に穴を掘って埋めた。浅いとハクビシンが掘り出して喰いちらかす(以前鯉を埋めたときにやられた)可能性があるので、深さ60cm。

タヌキくん、寺の門前ではねられるとはねえ。南無阿弥陀仏。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生産性ゼロの至福

夜、高円寺の居酒屋、高円寺遊(こうえんじゆう)にて高校のクラス会。
今日のために購入したつもりのカメラを持ってくるのを忘れた。まあしょうがない。誰かのスマホで撮ってもらえばいい。

本日は25年ぶりに参加してくれた男がいる。驚くほど外見も印象も変わっていない。

私はクラス会では100%記憶をなくす。今回も当然。それでいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

maverickでも親指シフト

MacBookAirのOSを最新の10.9、maverickにしてしまった。
ネットで様子を見ている文には、それほど悪い情報は流れていないし。と言っても発表からまだ2日しか経っていないけど。

インストールは簡単に終了。
で再起動して試してみると、案の定、親指シフト変換のTESLAがダメ。
しかし検索するとすでに先人あり。未対応バージョンに手を加えて使えるようになったと。
丁寧なその手順通りに実行すると、はい、私のAirも親指シフトが復活しました。うん、快適です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

腕の筋が痛い

午前、築地本願寺での自死者遺族分かち合いの会にスタッフとして参加。

数日前から右腕が痛い。
肘が伸びない。ゆっくりなら伸びるのだが、すっと延ばそうとすると筋に強い痛みが走る。右手を強く握った時も痛みが走る。
筋を痛めてしまった。しかし原因が分からない。
本棚の整理中に、無理な体勢で重い本を移動させたことはある。しかしそのダメージが数日も続くか?
Macのキーボードを叩いている時も少しだが痛みが走る。あとは重い荷物を片手で持てない。日常生活の支障はその程度なので医者にいくのもなんだかなあという感じ。医者に行くなら歯医者の方が先だし。
まあ様子をみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

専用機導入

茨城のお寺の方から銀杏を大量にいただきました。
今年は豊作,味も良いとのこと。
大きな談ボール箱何箱分も採れて方々に送ったと。
それだけ銀杏が採れるっていったいイチョウが何本あるんですかときくと、オスメス一本づつ、2本しかないって。へーっ、それでそんだけ。

私には実に3kgも。これだけ大量にいただいたのは初めて。これだけあるとペンチで殻割りをするのも一苦労。専用の殻割り機を買っちゃいました。
さすが、専用の道具はよくできてます。能率が違います。
酒のつまみに、ぱくぱくと。ああ贅沢。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

他宗には弱い

午後、アーユス事務所にて新事務局員を対象に仏教講義。
アーユスの会員は仏教僧侶が多いので、仏教の知識を持っておくことは何かと必要になる。
前回は仏教思想全体の粗々を解説した。
本日は、日本仏教の歴史。聖徳太子の時代から順々に下っていく。

が、宗派ごとの話となるとたちまち私の知識は怪しくなる。浄土真宗以外のことって実は知らないことが多い。「(有名な)○○寺って何宗なんですか?」という質問にはほとんど答えられない。すると即答するのが脇で仕事をしている事務局長。全宗派への目配りは私より、僧侶ではない事務局長の方が通じている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

訃報にびっくり

「天海祐希死んだのね。新聞の一面に載ってるよ」と母に言われてびっくり。いったい何があったんだと新聞を見てみると、亡くなったのは天野祐吉氏でした。

夜、サンガ総会。
寺の外で、まじめにかつ気楽に生老病死に語れる場所があること、貴重だと思う。時間が全体で2時間弱というコンパクトなのもいいことなのかも。企画する側はつい、せっかくだからとちょっと盛り込みたくなるけれど、そうすると気楽さが犠牲になってしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドリル讃

寒い。もう晩秋ですか。

本棚の交換が遅々として進まない。ここ一ヶ月ほどほとんど手を付けられていない。

しかし遅々ではあるが進められているのは、ドリルドライバーがあるから。
いやドリルドライバーってすごい。ドリル自体は40年以上前から使っている。しかしこれを私は穴開け以外の用途には使っていなかった。もちろん、ドリルとしての使い方も知ってはいたが、私は木の接続には木ネジではなく釘を使うのが好きだったので。

今回作っている本棚は、釘では強度不足が懸念されたので、太く長い木ネジを使う。となるとドリルドライバーでなければムリ。
で、使ってみると、感動的。木ネジはぐんぐん板を突き進んで、がっちり固める。なんでこれまでドリルをドライバーとして使わなかったのだろう。本当に不思議。

これまでうちにある電動工具ではジグソーが一番働きものだったが、現在はダントツでドリル。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第二の物生

本日午後、街ねこバザー。
街ねこは私の友人が開いているサロン。
年に2回、ここの運営資金のためにバザーを開いている。

前所有者にとって邪魔だったんだろうなと思わせるモノが並んでいる。なんというか、どのモノからも自身なさげなオーラが感じられる。どうせウチら役立たずだしー、というような。

それがかえって愛しくて、ここのバザーからはこれまでいつくも持ち帰ってきた。それらは現在、延立寺の玄関でステッキ立てになったり、アミダステーションのお仏壇の台になって第二第三の人生ではなく物生を送っている。
本日はキッチン用ワゴン2台と、大きな座卓を持ち帰る。まだまだ働いてもらいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やまゆりの会昼食会

やまゆりの会(延立寺婦人会)は本日、場所を移して美ささ苑にて昼食会。私は留守番。
今回の企画、みなさんに大変喜んでいただけたもよう。また実施しよう。

が、料理屋さんでたびたびは無理なので、お取り寄せ方向がいいかも。
と前々から思いながら実現していない。
始めてしまえば回り出すと思うんだけど、ゼロから1へはけっこう遠い。

まあ美味しいもので釣るという発想も褒められたものではないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

村上春樹を分かるのは

夕方、ひとなみ座談会に出席。主宰は遺言相続行政書士&ファイナンシャルプランナーの勝桂子氏。
村上春樹の作品を切り口に、テーマはハラスメント。

参加したのは女性6割男性4割。しかし作品の読込みは段違いに女性の方が深い。男性からの意見は数えるほど。この食いつきの違いは、村上作品の特色なのか、それともハラスメントというテーマゆえだろうか。両方だろうが、おそらくは後者の方が大きいような気がする。男性の方がハラスメントには鈍感なような。

場所を居酒屋に移しての二次会に残ったのはほとんど男性。女性陣は一次会でしゃべり足りたということだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「仏教だんだん」始まり

夜、アミダステーションにて仏教基礎講座「仏教だんだん」。

「だんだん」とは「談談」と「段々」と「だんだん」のトリプルミーニング。
「談談」とは、講義とか講演ではなく、くだけて談じあうようなイメージ。
「段々」とは、仏教を段々好きになってほしい、段々親しんでほしい、という願い。
「だんだん」とは島根の方言で「ありがとう」の意味。

初回は少々うだうだとなってしまったか。
最後には参加者全員で立ち上がって「STAND UP TAKE ACTION」。貧困のない社会にむけてのキャンペーンに参画。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

材料費と労力と時間と見た目をドブに

夜、雨が強まってきた。台風が近づいている。

延立寺別院・アミダステーションは、仏壇の後ろの壁を水性ペンキで白く塗ってある。塗ったのは私。仏壇を脇に移動すれば壁全面をスクリーンに使えると思って。

で、プロジェクターから投影してみると、これが意外なほど塗りムラが気になる。壁のままの時はまったく気にならないが、映像では特に明るい場面で色ムラができてしまう。
自分一人で映画を楽しむ分にはまあいいかとも思うが、今後ここでは試写会などで他人様にもご覧いただく予定にしている。その時にこのクオリティでは申しわけない。

塗り直してもだめだろう。継ぎ目も気になるし。
近々スクリーンを導入することとする。
できるだけ安くあげようとして、結局ペンキ代や労力や時間を無駄にして見た目も悪くしてしまった。バカ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犯人特定

くまざわ書店東急スクエア店のブザー問題。
今日私はバッグをもたずに入店。しかし店を出ようとするとブザーが鳴った。
ブザーを鳴らしていたのはバッグに入れているMacではなかったのだ。
とすると、携帯電話以外には考えられない。

私が使っているのはDoCoMoのガラケー。LG社製。
携帯に誤反応してしまうと、しょっちゅう鳴ってもよさそうだが、この店で私以外に鳴った場面に遭遇したことはない。LGのガラケーを使っている人は全然いないということか。
私、まったく同じ機種を使っている人と二人は会っているんですけど。いや、二人しか会っていないと言うべきか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仙石原ハイシーズン

空手の合宿に参加。
場所は箱根仙石原。知り合いの会社の保養所を借りた。

現地に行ってはじめて、この場所は今がハイシーズンだということを知った。歩く人も多い。車も多い。
ススキの原っぱをたくさんの人が行列をつくって歩いている。が、ススキってそんなにいいものか。なんかすごく地味に思えるんだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宗教書棚から移動

本棚を交換するのに伴い、本の並べ替え中。

これまでキリスト教・イスラム教関連書は宗教棚に置いていた。
それを海外政治・経済棚に移した。頭の中に風がすーっと通ったような明快感。実に収まりがいい。
海外では文化は言うまでもないが政治も経済も宗教抜きには語れない。そのことはとうに理解していながら、私自身が宗教という枠に囚われていたようだ。

それならと、仏教棚から仏教史の本を日本史棚に移してみる。
うわー、なんて収まりのいいこと。
なんで今までこうしていなかったか、本当に不思議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きょうの説法慰労会

暑い。

テレビ朝日の番組「やじうまテレビ」が終了したのに伴い、「きょうの説法」コーナーも終了。出演した僧侶とテレビ局スタッフで慰労会をした。
ちょうどどの宗派も行事シーズンに入ったため、出席したのは出演僧侶の半分。

ふつーの僧侶が法を語る「きょうの説法」は、振り返ってみれば画期的なコーナーだった。私は、不特定の人に向って話すことがどうも抵抗があり、出演したのは2ヶ月8回だけだったが、いい経験だったことは確か。皆さまお疲れさまでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本願寺派自死者追悼法要

築地本願寺にて、浄土真宗本願寺派東京京教区主催による、自死者追悼法要。
本願寺派が宗派として営むことは初めて。
参加されたご遺族は約40人。
読経は築地本願寺職員にお願いできたため、スタッフはご遺族の後席にて参列。
後の反省会で、読経が少々長かったという声が僧侶スタッフからあがったが、それに対して別のスタッフから、読経の間にゆっくりと故人を偲べたのでよかったというご遺族の声があったと報告。僧侶の意識と参列者の意識は案外ズレがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジーバンのヒザが抜けた。右膝。

私のジーパンは100%右膝から抜ける。一件の例外もない。自分ではまったく意識していないが、私は右膝をつきながら立ち座りをしているようだ。

しばらくこのままはき続ける。
ダメージジーンズをふつうにはけるなんて、良い時代になったもんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いのちと殺

夜、東京仏教学院講義。今期2回目。
いのちをテーマにディスカッション。

いのちがテーマというとなんとなく美しいが、正確には「殺」の問題。殺に関与している自分をいかに自覚できるか。自覚し続けられるかか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あの頃の空気が

夜、早稲田にて朗読劇「ひとみ」を観た。
従軍慰安婦の手記の朗読劇。迫真。

迫真の上演に劣らず、上演後の観客の交流会がちょっとしたものだった。
80代後半のキリスト者の女性。個人への戦後補償を求める活動をしていらっしゃる。その口調が力強い。
80年代にはこういう方たちがたくさんいらっしゃって運動を先導していた。この雰囲気、ちょっとなつかしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

くまもん×mini

横浜にて葬式。

途中のローバーminiの販売店で、店頭にminiの「くまもん」バージョンが鎮座していた。
黒い塗装の両ドアにくまもんの顔。
それだけではない。車の正面からみた姿がくまもんの顔。
ライトが目。いやー、これかわいいー。
この手のペインティングは私はあまり好きではないのだが、このくまもんminiには大納得。買ってもいいかもと思ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

俺のせいか

午前、地元小学校の土曜講座で、空手を教える。
当初は空手の基礎をちゃんと教えるつもりだったが、低学年の子どもたちの集中力は続かず、飽きさせてもしまうので、現在は自由にミット打ちをさせるのと、スポーツチャンバラ。
思いっきり打って蹴ってチャンバラをして、笑顔で帰っていく。それはそれでいい。

午後、寺報ポピンズ発送。
チラシを一枚入れたら重量オーバー、25gを超えていたことに作業途中で気がついた。しょうがない。後で10円切手を買ってきて貼り足すことにする。今日は発送までいたらない。

発送作業途中で抜けて、通夜に向う。が、大渋滞。
ラジオで事故渋滞の報を聴き、進路を変えたがそちらも事故渋滞。また進路を変えると、夕方渋滞。なんとなく、自分の行く方向に渋滞ができるような気がする。俺のせいなのか。
久々に通夜に遅刻をしてしまった。申しわけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山形天童へ

山形天童にてお寺の総代世話人会の研修会に講師として出講。
総代の心得を話してほしいという依頼だが、特に私が指名されたのは、現在の本願寺派の運動について説明せよということと受け止めた。

教団の「基幹運動」が「実践運動」になってもう2年半。しかしまだ理解は薄い。誤解は厚い。わざわざ誤解させている面もなきにしも。
宗派の責任を何も負っていない私が説明役になるのもなんだが、誤解が広まるのをおしとどめるくらいのお役は果たせるかと。

主催の山形組からは、つい3日前に築地本願寺の宗務長が誕生したばかり。これからご縁も深くなります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カメラ購入

カメラを買った。

東ティモールで失くしたやつの代わり。

代わりではあるが、コンパクトカメラではなく、一眼レフにした。
どうも私はコンパクトカメラと相性がよくないらしい。これまでデジカメだけでもたしか5台買ってきたと思うが、使い切った感触があるのは1台もない。なんとなく使わなくなって、子どもに譲ってしまったり、今回のように失くしてしまったり。
私の中でコンパクトカメラへの愛情がわかないのだ。

一眼レフカメラはけっこう使ってきた。交換レンズもいくつも揃えた。
しかし、写真を撮ること自体への興味がここのところ薄れてしまっている。写真だけでなく、記録を残したいとの意識がなくなり、私の周りに積んであるいろいろな書類は多くが数年前のもの。最近の書類は、用事がすんだと同時に処分することが多くなった。それ自体は悪いこととは思わないが。

それがここにきて、写真を撮りたいという気持ちが少しだがわいてきた。写真がないと伝えられないことも多々あるし。
その気持ちに無理なく応えるため、選んだ機種は一眼レフで最軽量のEOSkissX7。持ち運びも苦ではない。

さてカメラ小僧復活なるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『そして父になる』

昨日、映画『そして父になる』を観た。
映画館で映画を観たのは久しぶり。たしか去年の『311』以来、一年半ぶり。
家族を成立させるのは、血か、時間か。というテーマに加えて、人生を豊かにするのは、個人の選択か、それを超えた贈与かというテーマがあることに、映画のパンフを読んで知らされる。
前者の問いなら私は時間であることに迷わない。私は血に関して何の興味もない。
が、後者、選択か贈与かというのはまだスッキリとはしていないかも。

夜、アーユス20周年記念パーティーの会場下見。
品川の本立寺。最近落慶したばかりのピカピカ会館。
美しい。これ掃除がさぞ大変だろうと心配にもなった。

| | Comments (58) | TrackBack (0)

急に秋の香り

もう10月・・・。今年も先が見えてきた。
境内にキンモクセイの香り。急に秋らしくなった。

午後、築地本願寺にて、公聴会。
質問がほとんどない。伝統奉告法要には多額の懇志依頼は困難との要望くらい。

代替わりは変革の最大のチャンス。寺院においても教団においても。お金を集めてお祭り的に騒ぐより、意識変革のきっかけとなればいい。

本願寺に先立って築地本願寺の宗務長が交代。北畠晃融氏。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »