« November 2013 | Main | January 2014 »

女優降臨

昼、今年最後の葬式。

夜、例によって中学時代の友人たちと忘年会。今年は八王子食肉処理場で最後に処理された八王子産の牛で作ったローストビーフが卓にあがった。最高の美味。

紅白を見ながら一番驚いたのは、能年玲奈が天野アキになっていたこと。って当り前のようだが、そうじゃなくて。
能年玲奈は素でのしゃべりではなかなか言葉がでてこない。人見知りとも言われるし、考えすぎもあるのだろう。
それが役の人物となると、実に自由に自然に振る舞う。アドリブもOK。彼女、天性の女優か。彼女が女優という職業に巡り合えたことを喜ぶ。彼女のためにでもあり、観客としても。

紅白の中頃で、『あまちゃん』の後日ストーリーが流されたのもうれしかった。今年は『あまちゃん』の年だったと思い出すことだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと投函

門信徒向け年賀状をやっと投函。
都内であれば元日配達に間に合うか。

今年もまた長田弘の詩を添えた。マンネリもまたよし。特に年賀状にはマンネリも相性がいい。

友人知人向けは正月になってからの投函になります。それも本来の賀状ということでご了承ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スタッキング追加

葬式で川崎へ。もう街はまるまる暮れモード。道も空いている。気候も穏やか。

帰り、八王子のリサイクルショップへ寄る。
車で街を走っていてリサイクルショップを見るとつい寄ってしまう癖がついた。アミダステーション用の什器を求めて。私、なぜかアミダステーションには極力金をかけたくないという意識がある。あそこに持ち込んだ品で新品はまだひとつもない。
本日は椅子を8脚購入。積み重ねられるスタッキングタイプ。堅牢さから言って、折畳みパイプ椅子よりスタッキングの方が最近は気に入っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

聞思堂見学

法事のために鎌倉へ。
いい機会なので、法事後に鎌倉を歩く。駅周辺は正月三が日は車進入禁止になるようだが、今日はまだ人の出はさほどではない。暖かく、歩くには心地よい。

鎌倉からの帰り道、戸塚の善了寺へ寄る。ここの境内に新築された聞思堂というホールを見学に。
建築材はすべて自然由来のもの。門信徒や地域の人など多くの人によって建立された。外見も内装もとてもおしゃれ。充実した厨房付き。アミダステーションとは比べ物にならない。
私の趣味と決定的に違うのが、本棚がないこと。わたしなら壁はすべて作り付けの本棚にしていただろう。
活用されている様子が目に浮かぶ。ますますのご発展を念じあげる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

来年に向けて

午後、アーユス理事会。
アーユスの今年はなんといっても20周年記念式典がハイライト。
来年は、認定NPO取得に向けての整備を進める。

引き続き忘年会。フランスから帰国中の友が合流。
山梨在住の理事から一升瓶のワインが差し入れ。あっというまに3本空いた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

恩師米寿

広島へ。私の恩師の米寿のお祝い。
米寿といいながら、つい一月半前にも東京へ単身おみえになって法話をされている。その時は都合がつかず聴聞できなかったがお元気な様子は聞いていた。
しかし本日の師は見た目にも弱々しい。壇上にもお嬢様の支えでやっとあがれた。どうしたのか。
なんと2週間前に脳梗塞で入院されたと。幸い処置が早く、今日は90分の講義を力強くなさるまでに回復された。今日の席が師の地元で設定されていたのも幸い。

お祝いの席では、これからもご指導ください、という祝辞が続く。それはそうなのだが、それが言葉通りな現状は師にとって忸怩たるものに違いない。甘えられるうちは甘えてもいいとは思うが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八王子産

午前、寺報の発送作業を藤の会の方々にお手伝いをいただいて完了。ありがたいことです。今年も4回発行にとどまった。

夜、アミダステーションにて、八王子で平和や環境をテーマに活動している各種市民団体を横断しての忘年会。
今年は必ずしもいいことばかりではなかったけれど、ここにこの人たちが集っていることか、希望の具現。

供された料理は八王子産の野菜。そして、八王子産礒沼牧場の牛肉。しかもこのたび閉鎖された八王子食肉処理場で最後に処理されたもの。
福島産の日本酒がみるみる空いて、心地よい夜はふけていく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日届くメール

先輩の葬儀のために群馬藤岡へ。圏央道と関越を使うと、藤岡は時間的には町田より近い。

なぜか三菱東京UFJ銀行からアカウント確認のメールが毎日届く。私は同銀行に口座を持っていないのになぜ、と銀行のウェブサイトをのぞくと、その冒頭に「不審な電子メールにご注意ください」と。内容はまさに私に届いているもの。

これ、もし口座をもっていたら引っかかっていた。
ニセメール、毎日届いているが差出人のメールアドレスが毎回違う。いずれも明らかに怪しいアドレス。アドレスの偽装は難しいのか。

それにしても不思議なのは、このメールが、先日変更したばかりのアドレスに届いていること。私はつい数日前に新しいアドレスを取得して、メインをそちらに変えた。旧アドレスには毎日スパムメールが大量に届いているが、新アドレスにはまったくこない。このニセメールが第一号。いったいどこから私のアドレスを入手したのか。謎。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味わう

午前、延立寺境内にて餅つき。同時間に藤の会の方々による本堂煤払い。
少々肌寒い中、最高の餅がつきあがった。本堂のお供えを丸めたあとは、皆でつきたての餅を味わう。
食後は踊りも披露していただき、年の暮れ感はますます高まる。

午後、延立寺法話会。私が務める。
今年の流行語大賞の4つを切り口に「無空過」の世界を味わう。おかげさまで満堂。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金字塔

TOKYO FM「NISSAN あ、阿部礼司」の8時間連続生放送ラジオドラマを流しながら原稿書き&書斎片づけ。
番組は見事、世界記録としてギネスに認定された。番組内容としてはぐだぐだかつ、まったりしたものだったけれど。もちろんそれがこの番組の魅力。

終盤の刈谷勇のスピーチに泣かされた。この人には、震災直後の3月20日の生放送時にも泣かされたことを思い出す。この人の「笑え!」という叫びには力がある。
8時間はこれまでの総集編的構成でもあったので、全編のDVD化を強く望む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

首を長くして

メインで使っているMac miniの調子が悪い。

バックアップ用の外付けハードディスクを認識しなかったり、立ち上がらなくなったり。使い始めて丸4年になるが、いよいよ寿命か。
もう少し持ちこたえてくれ。Apple Thunderbolt Displayの新型が出たら、メインをMacBookAirに映して、mini君にはサーバーになってもらうから。
新型Display、新型Mac Proと同時発売になると期待していたがまだ発表なし。現行機は発売されてからそろそろ2年になる。早く出してくれ。
今日より、miniの電源は落さないこととする。一度落してしまうと立ち上がらなくなるような気がして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空いている理由

京都日帰り。ちょっと余裕ができたので法話聴聞ができた。
街中の旅館には全国の高校の幟が立っている。高校駅伝があるのか。

帰り、新幹線の改札を入って、予約列車が違っていることに気づいた。iPhoneから変更をしたつもりだったが、最後の確定に至る前に操作をやめてしまっていたらしい。

しかたなく来たのぞみの自由席に乗ったが、車両内がらがら。なぜ?おそらくこの車両は古くて壁面にコンセントがついていないタイプなので敬遠されたのだろう。電話をiPhoneに替えてから、わたしも電源の有無はとても重要になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アドレス変えました

このたび、私のメールアドレスを変更しました。

新しいアドレスはmatsuアットマークngo-ayus.jpです。

今までのアドレスもしばらくは生きていますが、差し替えをお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜ繋がらない

アーユスの忘年会会場を探していて、いつもの馴染の店に電話をかけた。
「・・・現在この番号は、契約者様の都合により使用停止になっております」というコール。
ええっ!コールの意味するところは、あの店が料金滞納で電話を止められたか、店主が病気で店を閉めているか、火事でもあったか。さまざまな憶測が乱れ飛ぶ。あの店に行っていない数週間の間に何があったのか。
もし店を廃業するなら、うちに一言あってもよさそうだとも思う。

店に向った。店は、普通に営業中。扉を開けるとご主人が変わらぬ笑顔で接客。
ああいらっしゃい、というご主人に、何があったんですかと聞くと、何のこと?と問い返された。その場で店に携帯で電話をかけて、例のコールを聞いてもらう。
ご主人驚き。店には今日も普通に電話はかかってきているという。
いったい何だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アミダステーション一階什器

調布の西照寺さまから、自立式のホワイトボードをゆずっていただいた。
西照寺さまでは、本堂のホワイトボードを大型のものに新調してから、古いものが本堂の軒下で遊んでいた。それを譲っていただいたもの。アミダステーションの一階で使います。

アミダステーション一階で使っているプリメインアンプを修理に出した。セレクタースイッチの接触がわるいせいか、切り替えると右チャンネルの音が出なくなることがしばしば。

修理に出したのはA&Vテクニカル。メーカーで修理不能と断られた製品がここで生き返ったことはたびたび。かつて一回だけ、部品が調達できないと断られたことがあったが、ここでダメならしょうがない、とかえってさっぱりもした。八王子の宝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

火の粉とともに

夜、都心の日蓮宗永寿院にて、先日の自死・自殺に向き合う僧侶の会主催の「いのちの日いのちの時間」法要に寄せられたメッセージ紙のお炊きあげ。
寒風の中を小さな火の粉が舞った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

勉強とか会議とか

午後、総代壮年会研修会。 テーマは「なぜ蓮如上人は中興の祖と言われるのか」。講師は前田寿雄師。前田師は安定感抜群。オールマイティ。

夕方、巣鴨にて会議。日曜の都心を車で走るのは愉しい。

夜、テレビにてTHE MANZAIを観る。ウーマンラッシュアワーは順当と思われた。
以前見たバイトリーダーネタは、達者とは思ったもののそこまでだった。今回の相方いじりのゲス手法は、正論を述べることがいかに空虚であるかを体現してくれた。

ノンスタイルも同様だが準決勝と同じ構造のネタというのは、勢いを維持するのにはいい手法なのだろうが、違ったネタを見てみたかったという気持ちも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

親和性高し

午後、アミダステーションにて憲法勉強会。
なんでまたこんな状況にしてしまったのかという自己批判から。
この手の議論は集会では無理。5人程度から最大10人まででないと深まらない。
この場はそれにはちょうどいい。

夕方、同じくアミダステーションにて映画試写会。
原発被災地に帰った地元民の心象を記録したドキュメンタリー。30分ほどの小品。
ちょっと上映会として取り上げるにはこれ単独では難しいという印象。

アミダステーションはドキュメンタリーと親和性が高いような気がする。
来年は定期的にドキュメンタリー映画の鑑賞会をしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

行動が先

掲示板のことばを替えた。
「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しくなる。
しあわせだから感謝するのではない。感謝からしあわせが生まれる」

意識が行動を変えることもあるだろう。でもどうも私たちの体、というか脳は、行動に引きづられる傾向の方が強いようだ。
これは仏教の修業もそうだし、武道や茶道の型や作法にも同じことが言える。
そのあたりの肉体性が浄土真宗にはまだまだ足りていないのは忸怩たるところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無呼吸からか

ここのところ続いている強烈な肩凝りの原因は、無呼吸症候群ではないか。
私の無呼吸症候群との付き合いは昨日今日から話ではない。記憶にあるところでは小学校2年生、初めてキャンプに行ったときに同じテントに泊まった人から指摘されたのが自覚した最古。とすると最低でも45年になる。

無呼吸症候群になるのは肥満が原因と言われている。しかし私は40を超えてやっと軽肥満的にはなったが、それまではずっと痩せ型だった。もともとの体形ゆえ。

付き合いが長く、いびき以外は特に不都合もなかったので、これまで危機感を持てずにきていた。しかしここにきて不具合がでてきている。

無呼吸症候群は肩凝りの原因にもなるし、心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなる。私の肩凝りが左だけというのは、心筋梗塞を疑えとも言われる。
実は血圧も上がりぎみ。下は90、上は130超。
とりあえず、トクホ飲料を飲み出した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

会議の日

午後、延立寺書斎にてSkype経由でアーユスミーティング。動画にするとつながりが悪くなるので、音声だけ。今日は理事長も町田からSkype。こんなことが無料でできるなんて。

夕方、アミダステーションにて、会合2つ。

ひとつは、「忘れない.つながる八王子と南相馬 」
福島県南相馬で活動中の佐藤喜彦さんを迎えてのお茶会。
佐藤さんは原発事故避難者とともに「つながろう!八王子で」を主宰されていた。
今回は久々の八王子入りということで、以前の仲間が集合。
私は残念ながら以前の活動中はご縁がなく、本日も先約が重なってご挨拶もできなかった。いずれまた、ご縁もあるでしょう。

もうひとつの会合は、来年1月19日(日)に八王子オリンパスホールで予定している「ふれ愛コンサート」企画会議。
これは八王子市内の障害者団体の支援を目的に、市内の高校のプラスバンドに協力してもらっている。今回で12年になる。
今回は片倉高校、八王子学園、実践高校が登壇。今回は実践のダンスが加わるのが新たな楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

誇りを語れ

会議2つ。
午後の会議は、もうひとつうまく回らない。トップの関心事とそれ以外の者の考えにずれがあるようで。しかもその修正に双方とも興味がないという。

夜、地元小学校の地域運営学校の会議。
本日は初めて、多くの先生方に御出席いただいて、今年のふりかえりをしてもらった。
先生方全員に今年の成果をお話しいただいた。
自分が誇りとするところを話しているのは聞いているだけでも気持ちよくなる。
学期末の成績付けで忙しい時期にもかかわらず後の懇親会にも4名の先生にお付き合いいただいた。
こういう機会、もっと早くあってもよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひどい凝り

左肩が強烈に凝っている。それがこの一ヶ月ほど続いている、原因は何だろう。

右肘の痛みが関係している気もしないではない。
パソコンが原因という線も捨て切れないが、じゃあなぜ左だけ、という疑問が残る。

ボルタリンを使っているが効果なし。ボルタリンのCMでは「これでだめなら医者に行け」と言っているが、肩凝りで医者というのもなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中まで焼けた

私の両膝は膝頭が黒ずんでいる。
空手の稽古のせいですか、と聞かれたこともあるが、違います。
両方ともやけどの跡。時期は違い、右が一昨年の冬、左が昨年の冬。

原因は遠赤外線ヒーター。
これを体の正面に置いたまま、寝てしまったのだ。
遠赤外線ヒーターは表面温度はさほど高くない。が、その熱はじんわり中まで届く。
そのため、ヒーターからの熱は私の膝の奥深くまで浸透し、こんがりやいてしまった。

低温やけど。これは高温で表面を焼くのよりたちが悪い。いつまでも治らない。左膝は一年たってもまだぐずぐずしている。一昨年やった右膝はやっと完治したが。
その右膝を、本日またやってしまった。やけど。
今回のはあまり奥まで焼かずに、表面近くでとどまった感はあるが。

つくづく学習しない私。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

型がすべて

午前、地元小学校にて、空手とチャンバラの指導。

午後、多摩地区のお寺合同での、門徒向け研修会。
私はオブザーバーとして参加。
本日のテーマは「苦」。
今、「苦」と感じていることをお出しいただいた。
まとめの講義は若き俊英、田中無量師。曇鸞の言葉を精緻に読み直すことでその真意を明瞭にする研究をされている。真宗学には未来がある。

夜、空手の稽古。
柔術の技の稽古をするが、それはまるまる空手の型の応用。元極真空手の数見肇氏は「空手は型がすべて」と発言しているが、型には先人の体験が凝縮している。しかしそのことになかなか気づけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八丁原地熱発電所

九州3日目。今日は大分の九州電力八丁原地熱発電所に見学。
われわれと同時間に農協の団体さんが見学。

年間5万人の見学者があるそうだ。海外からも少なくない。
以前からここは観光コースに入っていた。しかし以前の見学者はなんとなく連れてこられて眠そうに座っているだけなのが少なくなかったが、原発事故以降は、見学者の反応が全然違うといい、説明をしていても張り合いがあるとのこと。そうだろう。

団体さんはざっと見学しただけで移動していったが、われわれは質問をしたいからと残った。すると案内担当がベテラン職員に交代。おそらくはわれわれが脱原発派であり、その立場からの質問を想定してのことと思われた。
にこやかにどんな質問でも明確に答えていただいた。さすが。

九州電力内では地熱発電の割合は4%しかない。それでも今後増やす予定はないという。地熱発電に適した場所はかなり限られるらしいが、メンテナンスも簡単でエネルギー供給は半永久的。理想的とも言える発電方式。割合をもうちょっと増やしてもいいのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここでも分断

九州2日目。宮崎県土呂久の砒素中毒公害に取り組んでこられた経緯を現地でのフィールドワークで学ぶ。

土呂久公害はあまりにも知られていない。
猛毒の亜砒酸製造の過程で大気、水、土壌が砒素で汚染され、人体、家畜、農作物に深刻な被害が出た事件。
1971年に地元の小学校教師が調査した際に、最近53年間の死者の平均寿命が39才で、苦しんでいる患者が多数いることを報告されたことから脚光を浴び、1973年には環境庁が慢性砒素中毒症を公害病として認定した。裁判は1990年に最高裁で和解が成立して終了したが、それによって地域は分断した。被害者が地域に対しては加害者扱いされる構造は何回でも繰り返される。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界で1000番目

朝、羽田から熊本へ。
熊本市は日本で最初、世界で1000番目のフェアトレードシティ。行政を巻き込んでフェアトレードを推進した明石氏にお会いして、地元野菜中心の昼食をいただきながら話を聞いた。
明石氏が開いている市内のショップにもうかがった。めちゃくちゃおしゃれ。

少し時間があったので熊本城へ。街中にあんな綺麗で大きな城があることに少しおどろく。敷き詰められたイチョウの葉がとても美しい。

夜は高千穂の民宿へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宗教の力

夜、東京仏教学院講義。
テーマは平和、そして宗教。
席の隣どうしでディスカッションしてもらう。みなさん積極的に発言をしてくれて楽しい。

浄土真宗を学ぶ過程で、民俗宗教を低く見るようになる者は少なくない。それはものすごくつまらないことだとコメントした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

受け止める

午後、八王子の武蔵野児童学園の職員さんの話を聞く。
武蔵野児童学園は児童擁護施設。
以前は遺棄児童が対象だったが、現在はほぼすべてが被虐待。
こどもは殴られると自分が悪いと思ってしまう。
受け入れられる環境に入っても、それを子ども自身が受け止められない。
職員の苦労も多い。
地元での大変貴重な活動。少しずつでも支援が続けたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いのちの日2013

夕方、築地本願寺にて「いのちの日いのちの時間」を勤修。
自死・自殺に向き合う僧侶の会主催による自死者合同追悼法要。
私は導師を勤めた。

10月に同じこの場所で浄土真宗本願寺派として自死者追悼法要を営んだが、今日は超宗派にての勤修。

おみえの方のアンケートには、毎年のこの法要を支えにしているという声もある。
それは、ふだん自分たちが営んでいる仏事が本当に仏事になっているかとの問い直しを要請する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2013 | Main | January 2014 »