« January 2015 | Main | March 2015 »

全体を同時に

愛車ラパンの水温上昇ランプが点滅。オーパーヒート?
ボンネットを開けてみる。冷却水が下限線以下。カーショップに寄って冷却水を購入、補充した。
しかしこの車に乗って10年以上になるが、水温上昇ランプが点滅したのは初めて。車が古くなると温度が上がりやすくなるということはあるのだろうか。

夜、久しぶりに空手の稽古。
体全体の動きが止まらないことが肝要。私たちは通常、無意識のうちに1、2、3と段階を踏みながら体を動かしている。その方が力が出るような気になっているがそれは錯覚。初動からインパクトまでいーーち、と全身を同時に止めずに動かす。
それがなかなかできない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

また右膝が抜けた

午後、築地本願寺にて東京教区実践運動委員会会議。
来年度の活動計画の承認を受ける。が、1つの質問もなし。
関心のなさゆえではなく、計画が練られて当を得ているからだと解釈した。

愛用のデニム、リーバイス502の右膝が抜けた。今回も右だけ。左はしっかりしている。
これまでの例では100%右から。私の生活習慣からゆえなのだろうが、そんなに右膝だけ床につけているかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

僧侶としてどう

午前、自死遺族の分かち合いの会にスタッフとして参加。

午後、スタッフ研修。先日対応に迷ったケースをきっかけに、さまざまなケースへ対応法を医療の専門家からレクチャーを受ける。
今まであらためてちゃんと考える機会を持ってこなかったが、とても大切なこと。僧侶としてのアイデンティティの問題でもある。明確な答はない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Blu-rayは優しく

昼、小田原にて葬式を勤めた後、東京にて夕方に先輩の法事に出仕。
圏央道があってこそ両方勤められた。有難い。

Blu-rayディスクはCDやDVDに比べて非常に圧力や傷に弱い。専用ケースではなく不織布ケースに入れていると、不織布の跡がディスクについて読み込み不可能になってしまうこともあるとのこと。知らなかった。Blu-rayもスマートケースに移行してきたが、プラケースに戻すことにした。
しかしBlu-rayも年々改良されて硬度があがり、今販売されているのはそれほど神経質にならなくてもいいとのこと。「不織布ケース対応」をうたっている製品もある。
どれも同じようなものだろうと一番安いのを買っていたが、価格より硬度だな。せっかくの記録が読み込めない悲しさはできるだけ経験したくない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

期待するな

Amazon経由で某店から複数点購入。
Amazonのシステムでは、商品個々に送料が加えられるが、同送されるのでいくらか返金されるのではとちょっと期待していた。が、期待はずれ。正規の料金を請求された。
それは正当。期待した私がバカ。愚かな期待は無用なダメージを呼ぶものである。

夜、小田原にて通夜。
行きは都心から向ったが、帰りは圏央道経由で八王子へ。約1時間。本当に近くなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八王子はスローシティになれる

午後、延立寺法話会。
ご講師は八王子の大谷派善照寺ご住職、堀川秋芳師。
ご自身の身を通したお話に一同感服。

夜、アミダステーションにて「まなび・つなぐ広場講座」を受講。
本日は「持続可能な食と農について考える」の4回目。「スローフード(シティ)って?〜食の選択で変わるもの」
ノンフィクション作家の島村菜津さんから、イタリアのスローフードの実践を聞く。食の話も興味深かったが、街中にキレイなベンチを置く実践が楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブーメラン

うーーーー、わずか500円でこれだけ葛藤させられるとは。

伏線はあった。つまらない思惑があったのだ。それに引きずられてしまった。

南無阿弥陀仏。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

危ない危ない

夕べ遅く、少々酔った状態で書いたメール文を今朝読み返した。
ある店からの問い合せを受けての返答だが、喧嘩腰としか読めない。 クレーマーの見本。うわ、これじゃ言わんとするところが伝わんないよ。
ところどころ書き直し。 言っている内容はほぼ変わらないが、印象がまるで違った文章になった。 昨夜書いてすぐに送信しなくてよかった。

私は生活習慣上で気を付けていることがいくつかある。
まず、外で深酒した夜は風呂に入らない。湯船で寝てしまうのが確実で危険なため、入るなら翌朝。

そして、それ以上に危険なのが、夜のメール送信。酔っているいないにかかわらず送信しない。すぐの返事を求められていても。
夜の手紙も危険だが、メールはそれ以上に危険。夜は感情が高まりがちなのに加えて脇が甘くなる。
今回も今朝読み返して苦笑した。

あれ、もしかして私の酔った時の発言ってこんな感じなのか?はー、お許しください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

危ない

先輩の葬式に出仕。

車で寺を出るのが少々遅れた。運転も乱暴になる。つい周りへの目配りも疎かになる。
途中、何回かクラクションを鳴らされた。
ふだんならクラクションを鳴らされると腹が立つものだが、自分に非があることを十二分に承知の運転中だと、忠告いただいたようでかえって有難くも感じてしまう。
鳴らした人にとっては内心で感謝されようが迷惑な話に変わりないが。
危なかったが、開式前に到着。

午後、携帯に電話が入る。「お待ちしていますが、どうしましたか」と。
え?あっ、本日、伺う約束を以前にしていた。
しかしまもなく都合が悪くなり、お断りのメールを入れたつもりになっていた。思い込み。 私、この手の思い込みをたまにやってしまう。危ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラパン21万キロ

愛車ラパンの走行距離、21万キロ突破。
20万キロを突破したのが昨年の7月18日。それから7ヵ月で1万キロ。そんなに乗ったか?どこに行ったんだっけ。

エンジン始動時にたまにキュルキュル音がする。ファンベルトからだろうか。いつもではないので、もう少し様子をみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またも雪にならず

天気予報では、東京は都心でも積雪の恐れあり。ということは八王子は大雪か。
しかし夕方まで雨は続いたがみぞれにもならない。

夜半に雪に変わる可能性もあるので、念のためにアミダステーションでの仏教説話朗読会は中止にした。

夜、通夜のお勤め。雪にならなくてよかった。
通夜には大勢のお参り。家族だけの葬式が増えた昨今、これだけお参りがあるのはめずらしい。

しかしここのところ何回も、大雪の予報がでながら空振り。たぶん大袈裟寄りに予報するようになったのだろう。たしかに、軽い方に外れる分には、害はない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

回らない

会議2つ。
向こう3年間をにらんでの会議。

やることはほぼ見えている。しかしそれの対外的位置づけ意味づけがなかなか見えない。30分で終わると思った会議が、延々3時間。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

悪い癖

夜、敬愛する仲間と飲む。

私は好きな種類は日本酒かワインなんだが、かなりの確率で記憶をなくす。
ビールか焼酎水割りなら、経験上記憶をなくすことはない。

今日は初対面の方もあり、バカ話以外もしたかったので、ビールオンリー。

それが幸い、頭脳明晰のまま、お勘定。
いや、少々多めに支払ってしまったので、きっちり酔っていたのだな。
私の酔った時の最も悪い癖が、財布の紐がゆるむこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よくぞ今日まで

ダイエー八王子店、閉店。
私の中学生時代、八王子の中心街では、大丸、伊勢丹、西武、忠実屋が栄えていた。それに加えてダイエー、長崎屋、丸井、そごう。それらで今も残っているのは長崎屋だけ。
ダイエー八王子店を私が一番利用していたのは中学生時代。だから閉店にも寂しさはなく、今日までよく頑張ってきたと労いをかけたい。

アーユス事務局員、パレスチナへ出発。ヨルダン川西岸にて宗教協力の可能性をさぐる。
中東ということで、周りからかなり心配されての出発。
でもエルサレムで危険なことはないだろう。
つい数日前にも、ビジネスマンの友人が、エルサレムから写真をFacebookに載せていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またも見事な敗けっぷり

夜、後楽園ホールへ。
私の空手の仲間がキックボクシングの試合に出る。
前回がプロデビュー戦だったが、入れ込みすぎて空回りし、大振りを重ねた末に体力が切れ勝手に倒れて敗けた。見事な独り相撲。

今回は前回とは全然違い、落ち着いている。
が、開始すぐに相手選手が放った右ハイキックをまともに受ける。
尻から落ちて、そのまま立てず。試合時間10秒。
うわ。前回の荒々しい試合も記憶に残ったが、このKOも記憶に残るな。

本人はその後の慰労会にも顔を出し、後遺症もなさそう。 次回の試合は4月だとか。

ボクシングと違いキックボクシングは、勝率をあまり重視しない。チャンピオンベルトを巻いていても勝率5割ということはけっこうある。
連敗はしたが、次も楽しみにしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

応援します

長女の元同級生がフィギアスケート四大陸大会に出場。

こんな大舞台にリアルつながりがある人が出るというのは初めて。
関心度が全然違うもんですね。

しかし今つい、つながりがある人と書いてしまったが、長女の知り合いなだけで私とはすれ違ったこともない。でもついつながっている気になってしまう。

有名になるといきなり親戚が増えるというのもよく分かる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここでは焼酎にします。

夕方と夜に会議。

某会の次年度活動について自由な話し合い。
腹案を提示したところ、かなり納得できる修正意見が出て見直しとなる。なるほど、意見というのは聞いてみるものだ。

話し合いは飲みながら。
今日は私はビールの後は焼酎の水割りオンリー。すると、会議が終わってからもちゃんと記憶が残っている。
この会合では焼酎派に鞍替えしよう。いろいろな意味で安全だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノルマについ貢献

好天の休日。法事に向うために首都高を進む。
出口の先で、警官に止められた。
一時停止違反。全然気づかなかった。
違反を告げられてまもなく、私の車の後ろに、やはり違反車が止められた。そうだよ、ここは一時停止表示を見落としやすいようにできているのだ。休日に多い一見さんをカモにしてノルマ稼ぎをしているのだろう。

夜、他宗派の坊さんたちと飲む。一応テーマはピケティ。実際にテーマに沿っていたかは定かではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだ半年使います

午後、アミダステーション新築会議。

最初の案から微調整程度の変更を重ねている。
本日はトイレの変更。
2階のトイレをコンパクトに男女別の2つ設定していたが、男性用はそれでよくても女性用はゆったりさせなくてはダメ、という延立寺役員の強い意見を受けて。公共施設において一番大事なのはトイレだと。 納得。

そんなこんなで、4月から工事に入るつもりが、半年延びて早くても9月から。
今の施設はそれまで引き続き利用する。これはこれでまったく気を使わないでいいのが魅力ではある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フードがあったかいんだから

この冬、私が外出する時にはおるのはほぼ100%、緑のダウンジャケット。
高校時代に購入して、何年もクローゼットで寝ていたのがこの冬突然復活。

軽くて暖かいのがこの歳になると本当に有難い。
特に、フードが付いているのがマル。この冬はフードが人気とも聞いた。
このフード、羽毛がたっぷりで暖かい。被ってしまうと周りの音も遮断され視界も狭まるので、街中を歩くには危険ではあるんだけど。

しかし、羽毛が抜けるのが気になる。量にすれば年間で0.01%も抜けないんだろうが。今どきの薄手のダウンジャケットは抜けている印象がないんだが、加工が違うのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Kindleデビュー

電子書籍リーダー、KindleのMac版がリリースされていた。全然知らなかった。
さっそくダウンロード。そして、電子書籍もさっそく数冊購入。
iPhoneの画面では電子書籍を読む気が全然しなかったので、私はこれが電子書籍初体験。悪くないじゃない。というか、いいじゃない。

私はモノとしての本が好きなのでこのまま電子書籍に移行することはないが、今や電子版しか発行しない本もあるので、KindleのMac版は有難い。

積読にしていても嫌なオーラを発しないところも電子書籍のいいところ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

『キャタピラー』

DVDにて『キャタピラー』を観る。

人は理不尽な生といかに向き合うか。

中国での戦線にて四肢と聴覚と発言を奪われた夫。
自分を讃えた新聞記事の虚像でかろうじて精神を支える。それが妻の献身により次第に精神の安寧を迎えるにつれ、戦地での暴虐とそれ以前の妻への暴力の実際の理解にいたり、強烈な自己否定に苛まれる。

妻は夫の姿に最初は錯乱しながらも、まもなく日常の中にその事実を落し込む。その対比も寺島しのぶの好演により、納得させられる。最後の笑顔もいい。

大西信満も好演。
傑作。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リアルアイリウム

昨夜、錦糸町にて福岡からの客人と飲む。

楽しかった記憶はある。が、何を話したかの記憶がない。

アイリウムをもられたか。

アイリウムとはマンガ『アイリウム』(小出もと貴著・講談社モーニングKC) に登場する、一日先にワープできる薬。
と言っても身体が時空を超えるわけではない。普通に生活をしながら、その間の記憶を残さないようにできるのだ。
これから到来する不都合なあれこれを、心の傷にすることなく消化し、その後に平穏な生活に復帰できればどうだろう。
トラウマやPTSDなどで、人は記憶に苦しめられる。
しかし、自らが選択した記憶だけで構築した人生は、薄くなるばかりでなく、他者への想像力も破壊する。

夕べの俺も、また人生を薄くしてしまった。まあいいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初めて会った大人

昨夜、先輩の通夜。

この方は、私がこの世界に入って初めて出会った「大人」だった。
大人とは、誤解を怖れない人。

それが顕著だったのが各種研修会で、とてもいい(時にはバカ に見える)質問をされる。ご自分の理解や立場は横に置いて、話が深まる方向への質問ができた方だった。
これ、下手な人がやると単なるいちゃもんや かきまわしになるが、この方の場合は決してそうはならず、笑いさえとりながら内容を深めてくださった。
それにいつも私は感心し、そうあり たいとの目標にもなった。

私にとってとても大きな師。
南無阿弥陀仏。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何でも入れられる

築地本願寺にて僧侶研修会2日目。
講師は長倉伯博師。ビハーラ僧として活躍。
ビハーラ僧とは、病院にて患者に寄りそう活動。
医療行為を行わないが、医療者に対して提案もする。

長倉師の提案で定着した言葉のひとつが「体力温存療法」。
これは、病状が進み手の施しようがなくなった患者に対して、「何もできない」と否定的に捉えるのではなく、「何もしない療法」として前向きに捉えようということ。患者は最期の一瞬まで希望を持っているのだから、と。

僧侶の仕事は、病気を治すことではない。病気との向き合い方を変えること。その過程では自分を「ゴミ箱」にもする。もし自分を宝石箱としてしまえば、宝石しか入れられない。しかしゴミ箱ならば、何でも入れられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

懺悔としての儀礼

築地本願寺にて僧侶研修会。
本日のテーマは「浄土真宗の儀礼」。

ご講師は儀礼を教える立場にいながら、現在浄土真宗で正式とされているあれこれに批判的。
たとえば、仏壇には写真を置かないのが正式とされている。なのに歴代住職の肖像を軸にして安置する習慣は一部に認められている。笑止千万。
おっしゃっていることのいちいちに納得。

中で一番興味深かったことが、儀礼には従来は懺悔と讃嘆の意味があったが、昭和8年以降は懺悔の意味が抜け落ちて、讃嘆だけになってしまったとのこと。
ここをもう少し聞きたかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015年アーユス新年会

夕方、高輪の寺でアーユス賞発表会&新年会。

例年、アーユスの新年会はいろいろな団体の交流会の場となっている。
今年もけっこう楽しんでいただけたのでは。
懇親会の司会は私が勤めたが、そこにいた全団体にマイクを持ってもらうつもりが、一団体だけ抜かしてしまう。申しわけない。

料理は今回も好評。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

どなたかいりませんか

もう2月・・・。

昨年一年間に私が購入したすべてのもののうち、満足度グランプリはタワーレコードのCD用スマートケース。CD棚がさっぱりした。

そして、今年の満足度グランプリの最有力候補が早くも現れた。
タワーレコードのDVD用スマートケース。
省スペース度がCD用以上。DVDの棚が本当にさーっぱり。ラック3つ分のスペースが空いた。精神的にも軽くなった。

不要になったCDケースが約600、DVDケースが150くらい出たがこれどうしよう。 もし使ってくださる方があれば差し上げるんだが、必要としている人ってそうはいないよなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« January 2015 | Main | March 2015 »