« 数珠は直せる | Main | みんちが2015 »

「いただく」とは「上に掲げる」こと

昼、ワーカーズコープで講演。
与えられた題は「いのちを生きる」。集会全体のテーマは「いのちと食」。
始めの切り口は「いただきます」にした。

「いただきます」は「いのちをいただく」の意、ということは多くの人が言うようになった。が、それだけでは不十分。「いただく」とは「貰う」という意より先に、「額の上に掲げる」ということ。つまり、「大切なものと表明する」ことであり、それを態度に示すこと。

なぜ上に掲げるのかと言えば、それが多くのいのちと縁を巡り巡ってここに到り届いてくださったからですね。

|

« 数珠は直せる | Main | みんちが2015 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「いただく」とは「上に掲げる」こと:

« 数珠は直せる | Main | みんちが2015 »