« 3代目登場 | Main | すごい寺 »

なんのための知識

午後、関田寛雄氏の話を聞く。日本基督教団神奈川教区巡回教師にして青山学院大学名誉教授。キリスト者として、また大学教員として戦後を闘ってきた方。

水俣闘争の時に自らにこう問うようになった。自分が今大学で学んでいるのは、解放のための知識なのか、抑圧のための知識なのか、差別のための知識なのか。責任ある知識でなければ、大学の意味はない。
現在の世界の問題であるテロリズムの源泉も貧困と差別に見る。

関田氏はフーテンの寅さんが大好き。寅さんを話し出すと止まらない。無欲に生きることの自由さに魅かれている。

|

« 3代目登場 | Main | すごい寺 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なんのための知識:

« 3代目登場 | Main | すごい寺 »