« June 2015 | Main | August 2015 »

なぜこの店

早朝、京都へ。日帰りの会議。
京都も暑い。

夜、八王子のファミリーレストランにて、二男の二十歳の誕生祝い。
店をこのファミレスにしたのは二男のリクエスト。ふだんは使わない店なので、何か特別なメニューがあるのかとも思ったが、特になし。なぜこの店にしたかったのか、まったく謎。二男の考えていることは相変わらず分からない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

改めての学び

築地本願寺にて「僧侶のためのグリーフ講座」受講。
グリーフ(悲嘆)の基礎から学び直す。

私はいわゆるグリーフ関連の活動にいくつも携わってきたが、ちゃんと学んだことは1度もない。すべて現場から。
このたび、特に僧侶を対象とした連続講座が開設されたので改めて受講することにした。

受講生はみな私より一回り以上若い。半数近くが「未来の住職塾」OB。やる気も意識もセンスもある人たちと学ぶ。これからの全6回がとても楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感謝の集い

夜、八王子市内の中華料理屋で、アミダステーションを利用していた人たちの懇親会があった。延立寺への感謝の集いと称していただいたが、感謝するのはこちらの方。私の代わりに仏教伝道活動をしてくださったのだから。

もちろんご本人たちは活動と仏教とは何の関わりもないと思っているし、それを伝道と位置づけられることに抵抗感もあるだろう。
が、私はアミダステーションでの諸活動はすべて仏教の伝道活動と考えていた。だから使用料は貰わなかった。
経典や仏教用語を使うことが伝道ではない。仏の姿はどこにもなくても、伝道もサンガも成立する。本日はそのひとつの証明。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

裸で使用中

東町の土地、駐車場にしませんかという電話が入った。
こうやって駐車場になりそうな
土地を探しているのだな。ちょっと感心。

iPhoneのケースが壊れた。
ケースと言っても私が使っていたのは、iPhoneの外周をカバーするだけのもっともシンプルなもの。落下の際などに破損を防ぐのと、ストラップをつける役目のみに特化したもの。

私は何でも置き忘れの癖があるのに加え、無防備にポケットなどに入れて落下させることもしばしばなので、ストラップは必須。それも長ーいのをつけて、首からぶらさげている。小学生の定期のように。おじさんだからなせる技。

新しいものを買いに行く時間がないのでiPhoneを裸のままで使っているが、ストラップがついていないのは私には非常に不便。
スティーブ・ジョブズには嫌がられるだろうが、ストラップ付きに早く戻ろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

解体中

延立寺法話会。ご講師は調布の細川真彦師。
細川師のお寺はつい昨日、小型機が落ちたところのすぐ近く。
事故の影響をなかったが、取材ヘリコプターがうるさかったことと、お見舞い電話メールの対応に時間をとられたとのこと。

夕方、アミダステーションを見に行った。 屋根がなくなっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心身にズレ

派手に転んだ。

勢いをつけて壇に上がろうとしたところ、足を踏み外し、五十肩のために手を出すのが遅れたために、顔からベニヤ板に突っ込んだ。
眉尻が少し切れたが、怪我としては大過なし。
自分の感覚と肉体の動きに齟齬ができているのだろう。年配の人が少しの段差につまづいて転んでしまうように。

こんな転び方をしたのは小学生時代以来。人は長じて子どもに戻る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シンポジウム2題

午後、築地本願寺にて「宗教と平和」をテーマにしたシンポジウム。

パネラーに伊勢崎賢治氏、池内恵氏、チベット支援を続けている定光大燈氏。

伊勢崎氏、池内氏、ともに持ち時間を大幅にオーバー。話もかみあっていない。なんだかなあ。シンポジウムにしないで、どちらかお一人でよかったと思う。ちょっともったいなかった。

夕方、同じく築地本願寺にて、「宗教と平和」をテーマに内輪のシンポジウム。
こちらはファシリテーターを私が務めた。
パネラーは定光大燈氏と、近代史がご専門の藤原正信氏。
両者を差し置いてファシリテーターが一番しゃべっていたような気もするが、気のせいだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学びや運動や

東京教区の僧侶研修会に午後から出席。今日もテーマは葬儀。正直、ご講師の見解には頷けないところ多々。しかし質問や意見をする気になれなかった。お話の様子からして、実のある応対はまったく期待できなかったので。

その後、安保法制に反対する宗教者が集っての集会に参加。顔ぶれに新鮮味がないのが気になる。この業界にSEALDsはまだ生まれないのか。
集会参加者が国会前に移動するところ、私は抜けて新宿へ。

夜、新宿常圓寺にてアーユス主催の泥憲和氏講演会。テーマは「何が脅威か考えよう」。もちろん安保法制への批判をこめて。私は司会を務める。
泥氏は元自衛官。論理の切れがハンパない。安倍首相の主張を論破していくが、泥氏の人柄のためか、嫌みがない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

布施は投資

午前、築地本願寺にて自死遺族分かち合いの集いにスタッフとして出席。

夜、築地本願寺にて寺ネットサンガの例会。
本日はミニ法話を私が勤めた。テーマは「お盆」と「供養」。
そこそこご理解いただけたような。
他宗と浄土真宗の違い、というより、浄土真宗の考え方が決して特異ではなく、仏教のどまんなかであることはちょっと新鮮に映ったかも。

そして、布施の意味。
布施は対価ではない。では何かといえば、私が考えるところ、現代に流通していることばで一番近いのは「投資」。
布施は「喜捨」とも言う。喜んで捨てる。しかしどこに捨ててもいいわけではない。ドブに捨てては布施にならない。
投資も、やみくもに資本を投げているわけではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

葬儀は何の場か

東京教区僧侶研修会。
本日のテーマは葬儀。
パネルディスカッションではパネラーとして登壇した。

打ち合わせまったくなしで登壇。まあこのテーマで、おなじみのメンバーなのでいけるでしょう。

隣のパネラーが「葬儀は伝道の最高の場」と発言したのに対し、私は反論。
葬儀は聞法の場ではありえるが、伝道の場ではない。結果的に伝道の場となることはあっても。
両者の違いは誰が主役であるか。遺族・施主か、僧侶か。葬儀の主は断じて僧侶ではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日契約

アミダステーションの荷物を全部持ち出せた。がらんとしたアミダステーション。よく働いてくれた。

午後、延立寺にて新アミダステーションの本契約。
建て替えを決めて動き出してからちょうど1年。凝ったことやこだわりは全然なく、注文したのはめいっぱい広くというだけだったので、進むの早いと思ったのだが、しっかりしたものにするにはけっこう時間がかかるものだな。

さっそく現建物の取り壊しが始まる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

熱暴走

Macの調子がときどき変になる。
接続している外部スピーカーが突然唸り出したり、突然シャットアウトしたり。

原因はたぶん熱暴走。 Macを使っている書斎は、冷房がないのみならず、オーディオに使っている真空管アンプからの熱がたちこめている。

ここに冷房を入れないのは・・・別にポリシーからではないのだが。

私は今年も扇風機と濡れタオルで対応。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

半農半寺

梅雨明け。

昼、八王子で里親活動をしているグループ、ほいっぷに私の仲間がバーベキューコンロを寄贈したのでその贈呈式を兼ねてのバーベキューパーティーにお呼ばれした。ベレットを使ってのコンロは図体は小さいのに非常に効率的。小グループなら一台で十分賄える。

その後、八王子クリエイトホールで「半農半X」を提唱されている塩見直紀氏の講演とワークショップへ。
「半農半X」はざっくり言うと、自分の食べる分+少々だけ自宅農で自給できるようになれば、けっこう冒険的に自分の夢を追えるよ、という呼びかけ。これ、それほどハードルは高くない。
うちは半農半寺?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エスティマはいい車

アミダステーションの荷物を延立寺に運んでいる。
ここで、愛車エスティマが大活躍。 けっこうな量を積めるのですよ。
購入後6年でまだ走行距離2万キロしかない。
でもここぞという時には活躍してくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダンボール箱50個

台風、ゆっくり。

アミダステーションの片づけを進めている。
荷物の全量が見えてきた。クロネコヤマトの12号ダンボール箱で50個分。
どうやら椅子や机を犬目の本堂軒下に積んでブルーシートでくるめば、倉庫を借りる必要はなさそう。
しかし荷物の半分を占める本は外に積んでおくわけにはいかない。さて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

息子のお下がり

台風が近づいている中、盆参りのため車で中央道を都心へ。

中央道は八王子から先は上下とも雨のために通行止め。そのため下りは八王子出口前で大渋滞。帰りまでには通行止めが解除になっていてほしい。

私が来ているシャツは二男のお下がり。
二男は自分で洋服を買いには行かず、母親が買い与えている。自分で買いに行かないくせにこだわりがあり、気に入らない服は絶対着ない。それが私に回ってくる。

家族で体型が同じというのはけっこう都合がいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

同病相憐れむ

7月ももう半月過ぎてしまった・・・
あれ?あっ、源泉徴収を納付するの忘れてたー。
本日納付。

お盆のお参り先で、五十肩の話題で盛り上がった。
同じ苦労を味わった方とのあるある話。同病相憐れむとはよく言ったもの。
痛い思いをするというのもネタとしては悪くない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一人でもくもく

アミダステーションの荷物片づけを少しずつ進めている。

なかなか荷物がまとまらないので、全体の量がまだ読めない。
量が見えればそれに応じて貸し倉庫を借りようかとも思うのだが。

手伝いましょうかという申し出もいただいたが、お受けしなかった。
それほどの量ではないということもあるが、私、人に手助けを頼むのが苦手。そういう意味では典型的な日本中年男性。
「助けて」が言えず、言うことさえ思い浮かばずに死んでいく独居老人の気持ちが分かるつもりでいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猛暑のお盆

暑い。すると、てきめん花がもたない。
これからは本堂の仏花の水は1日2回交換が必要だ。

ヒグラシが鳴き出した。

夕方、八王子はすごい夕焼け。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

15分のために5時間半

延立寺盂蘭盆会法要。
暑い中大勢のお参りをいただきました。

夕方、小淵沢へ車で向う。
知人の画家の個展。2年ぶりだとか。
お会いするのは何年ぶりだろう。ずいぶん作風が変わったが、「いろいろあって」と笑っている。いろいろあったのね。少しは知っています。
1枚買った。あったかい車の絵。メッセージ付きのやつ。

行きは中央道が空いていたため1時間半だったたが、帰りは事故渋滞のため、4時間。
ちなみに、小淵沢の滞在時間は15分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

正直

八王子プレミアム商品券を買うのを忘れていた。あらら、千円分損したなと思っていたら、売れ残ったそうで,第二次販売があるとのこと。それは忘れないようにしよう。

私はかなり遠慮なくものを言う人間と思われがちだが、実はそうでもない。
いや、いつもけっこう正直なつもりだが、自分でも無意識のうちにセーブしている。
それが、酒が進むとそのそのセーブを外してしまうことがある。
それがさっき。
あーあぶない。
正直がいい結果を生むことなどまずない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4時から呑む

午後、猛暑の中、延立寺壮年会の方々に境内整備をしていただいた。

作業を終えて汗をたっぷりかいた方々と午後4時から八王子駅前で暑気払い。

八王子駅近くだと、午後4時から飲める店は私は2軒しか知らない。
そのうち1軒に入ったが、店内には先客が数組。いいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10年ぶりスーツ

梅雨空が続く。

夏用のスーツを買った。
スーツを買ったのは少なくとも10年以上ぶり。
アオキ楢原店へ。
サイズは、と訊かれたが分からない。ジーンズのサイズなら分かるのだが。
採寸してもらう。が、ウエスト周りにメジャーを巻かれるとつい、くっと凹ませてしまった。いったい何を見栄はっているのか。

お客さまのサイズですとこちらですね、と渡された服、着た感じは少々きつい。それを伝えると「着慣れないとそういう感じがするかもしれませんが、拝見したところはぴったりのサイズですよ」とのこと。
少し前、日本の中年男性がさえなく見えるのは、スーツのサイズを間違っているから。大抵は1サイズ大きめ、と聞いた。確かに、感覚では少々きつめに感じるが、鏡の中の自分の姿は案外悪くない。
購入。誕生日近くということで、1割引してくれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

門前のことば2015年7月

門前のことばを替えた。
「つまずいた石が、やがて踏み台になる」

午後、会議2つ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昼寝必須

このところ、昼間の眠気が特に強い。

私は睡眠時無呼吸症候群のため、慢性的に眠りが浅く、そのため日中に眠気に襲われることがある。電車で移動の時は車中で寝るので問題なし。車で外出の時なども、コンビニなどで15分くらい休めば全然違う。

が、今はちょっと違う。五十肩で眠れないため。
起きている時は腕が下に下りている状態なので影響はないらしい。しかし横になると、腕が横方向に下ることになる。と、痛みが生ずる。
五十肩になって気づいたのだが、腕は上下運動より、左右運動をする方が多い。腕を上げないでは一日いられるが、左右に動かさずには生活できない。そのたびに激痛が走る。
衣を着る、袴を付ける、そのたび激痛。

夜、布団で横になってしばらくすると鈍い痛みがずーっと続く。体の向きを変えたり肩の下にクッションを置いたりで朝まで。
眠りの質、今かなり悪いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2年前の自分からプレゼント

ビデオレコーダーのハードディスク内容をチェックした。
録ったままで観ないまま死蔵していた番組を削除していったら、こんな番組を録っていたことを発見。『チョイス 肩の痛みが起こったら』。

まさに五十肩への対処についての番組。録った記憶はまったくない。放送されたのは2年前の5月。その時は肩の痛みなど感じたことはなかった。

観てみると、非常に参考になる。五十肩は原因が分かっていないため、予防もできない。だからこれを事前に観ていたからといって五十肩にならないわけではなかったので、せっかく録っておきながらなぜ、という後悔もない。
2年前の自分からのプレゼントのような気もした。

番組で紹介されていた対処法は、痛みの激しい時期は安静第一。痛みが治まってきたら適切なリハビリを行うことで、影響を最小限にすることができるとのこと。
誤った対処法をすると悪化して手術を必要とするまでになるとか。
私は今は安静第一期か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝開店

火事のために閉店していた楢原スシローが開店! とたんに客が溢れている。
午後3時になっても店の外で待たされている人も、午後3時ですよ。

夕方に前を通ったら120台以上置ける駐車場が完全に飽和状態。店の外で入店待ち十数人。何分待ちなんだろう。
みんなどれだけ回転鮨が好きなんだ。

ま、しかし、町内に繁盛している店があるのはたいへんけっこうなこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

受け念仏をいただく

午後、築地本願寺にて仏教壮年会に出講。話し合い法座のまとめ講師。
数カ月前、この出講の打診を受けた時、土曜日ということで少々躊躇したが、受けてよかった。皆さま、たいへん熱心な話し合いをしてくださっている嬉しい空間。

その後の私のまとめの話も反応よし。途中でお念仏もあった。私の話はいわゆるありがたいタイプではないので、途中でお念仏をいただくことは少ない。が、本日のお念仏は、意図したところを確かにお受けいただけたと伝わった。それは後の懇親会でも確認。

夜、空手の懇親会に顔を出す。五十肩のためずーっと稽古は休んでいるが、飲み会参加だけの私を皆歓迎してくれる。
が、風邪のために全然食が進まない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015ブックフェア

東京国際ブックフェアへ行く。
私的には、一年で最高の祭り。
体調が最悪でかつ天気が雨のため、電車で行く予定だったところを、エスティマで。

毎年圧巻は河出書房新社。販売中のすべての書籍を並べている。そのため、同社の本は、急ぎでないものは毎年まとめてここで買っている。いいのか、河出書房新社。
みすず書房も品揃えがいい。数冊購入。

しかし今年は期待外れ。あてにしていた出版社が来ていない。具体的には法蔵館と春秋社。
前者は出品はしていたのだが、歴史関係書だけで、仏教書は出していなかった。
仏教書は単価が高いので、20%offというのは本当に大きい。だから楽しみにしていたのだが、残念。

その代わりと言っては何だが、楽しかったブースが全国の大学出版会のもの。存在を知らなかった興味深い本に複数出会えた。来年からはここを目当てにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

未明になるとぶり返す

今朝も悪寒がして目が覚めた。また冬布団を取り出してくるまった。
体温を測ると38度。

痰が出る出る。私は今、痰製造機と化している。

しかし朝起きると、いくらか楽になっている。
葬式へ。咳は出ていないのでご迷惑ではないでしょう。
しかしお施主さんには丸分かりだったよう。「ずいぶん体調が悪そうですね」と心配されてしまった。葬式で気を更につかわせてどうする。
「お大事に」と言われて座を立った。そりゃ逆だろう。

夜、築地本願寺にてNGO非戦ネットの立ち上げ集会。
安保法制に対して国際協力NGOが声をあげ出した。
「安倍首相から『積極的平和主義』という言葉を取り戻して、NGOとして考える積極的平和主義とは何かを主張していかなければならない」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キラキラネームではなく

もう7月・・・。

先日お会いした方の名前が強烈だった。
「カリスマ」。本名。漢字では「権主磨」と書く。
今どきの若い親が付けた名前ではない。名前の主はもう40歳。熱心なキリスト教信者の親御さんが命名したとのこと。当時は「カリスマ」ということばは今ほど世間には知られていなかったため、付けることに抵抗はなかったのだろう。
ご本人は、これまでさんざんネタにされたことを否定していない。いや本当に立派。

午後、築地本願寺での「総局巡回」に出席。

夜、八王子に戻り、お通夜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2015 | Main | August 2015 »