« July 2015 | Main | September 2015 »

8月最終日

本日は長女の誕生日。17歳になった。
お祝いをするところだが、長男が都合が悪いため、後日に。

長男は今、金沢。ダーツの大会に出場するため。
長男はダーツのプロライセンスを持っている。今回の大会でも決勝トーナメントに進むことができた。

長女自身もまたガールスカウト、バンド、部活、塾と目いっぱい予定が入っている。

それぞれにいそがしい夏が暮れる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国会前は3万人。さらにその周りに数万人

八王子駅前での安保法制反対行動に参加。
雨の中、人々が集う。選挙応援の時に総理大臣が来たとき以上の人出。その時は組織動員があったわけだが、今回は違う。

午後は国会議事堂前へ移動。1時過ぎに着いたが、すでに歩道は満杯。
なんとか私はAステージ近くの宗教者エリアに入ることができた。しかし衣を持参していなかったので私がいる意味はなかったが。

国会前だけではなく、日比谷公園他で分散しての抗議行動。年齢層が非常に広い。原発再稼働反対行動の時とも雰囲気が違う。

デモを嫌う人は、デモに出る人たちが「デモによって直接物事を変えよう」と思っているのだと思っているふしがあるが、デモはデモンストレーション。明示するのが目的。だからこれ自身が成果ではなく、直後に成果が出なくても無力感に陥るような質のものではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青年の集いにまぜてもらった

午後、調布の寺での青年の集いに参加。

平均年齢を言えば青年の集いというには無理がある。おじさんの私が入っていいのかと思ったが、来てみれば私が真ん中くらいか。
それでも青年が主体となって、予行準備までしての開催というのはすごい。

企画もいい。
自分にとって大切な1曲について語ってもらい、プロの歌手に歌ってもらう。
なかでも、「麦の歌」を聞いて涙した。中島みゆきはすごいな。

夕方からバーベキュー。所要のため途中で抜けたのが残念。
次回を楽しみにしております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大迂回だが早かった

都心のご門徒宅で法事。

中央道を車で向おうとしたが、直前にGoogle mapで確認したところ、所要時間2時間以上 !事故渋滞。私は全ての四文字熟語の中で「事故渋滞」が一番嫌い。事故渋滞には抵抗しない。

で、Google先生の勧めに従い、圏央道+東名へ方向転換。そのルートだと90分の予測。
大正解。お約束の時間5分前に着くことができた。
Google map、すごい。本当にありがたい。

ひとつだけ難点を言えば、細い路地を行かせたがること。ラパンなら楽勝だが、エスティマの時はちょっと困る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

客観的な大きさは意味がない

ちょっと暑さが戻ってきた。

小学生の登校姿が多い。今日から2学期という学校、けっこうあるんだな。

グリーフワークの研修を受けた。
自分の経験を振り返ったワークをしたが、自分がかつて何に傷ついて何を引きずっているかを考えても、客観的社会的な大きさと主観的な大きさは何の関係もない。
他人からみて些細なことでも、自分にとって決定的に大きなことというのはいくらでもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アミダステーション基礎工事

アミダステーションの工事が進んでいる。
只今は基礎工事中。

建物の広さそのまま、地面から2メートル以上穴を掘っている。
地下室を作るわけでもないのに。 木造平屋建物の基礎しか見てこなかった身からすると、こんなに頑丈にするのかと意外なくらい。

場所によってはこのくらい掘っても水が出ることがあるそう。そうなると、水の捨て場所に非常に苦労するが、ここはまったく水が出なかった。
工事順調。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋服購入

涼しい。半袖では寒く、パーカを着用。

夏前半の猛暑から一転して過ごしやすい夏。
子どもたちにとっては淋しい夏と記憶されるかもしれないが、大人にとってはいい夏だった。と、すでに過去形。

長袖のシャツを2枚ネットで購入。
シャツを買ったのはおそらく10年ぶり。物持ちがいい&服欲がない私。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏まつり2015

午後、延立寺法話会。
ご講師は埼玉吉井の福井学誠師。
巨大な六道図を持参されて、絵解きをしてくださった。

福井師が住職を務める浄泉寺本堂は、ある建築家とのご縁により、古民家を移築して手を入れた建物。仏具は解散した富山のお寺から譲り受けたもの。
それぞれ、ただ放っておかれたら、始末に困る粗大ごみ。それらがここに集積したことにより、他に比類ない宝となった。仏縁としか思えない。
来月が開山式。近いうちにお参りさせていただこう。

法話会の後は延立寺夏まつり。
ゲームと踊りとバーベキュー。
薄曇りで絶好のバーベキュー日和。
まったり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜に外出

茅ヶ崎にて葬式。
圏央道で向う。寺を出てから安全運転で40分。・・・八王子市内を移動するより早いぞ。

しかし、日曜日に寺を出て遠方で葬式をお受けできるとは。
8月は、うちの客間に冷房がないことを皆さまご承知のためか、法事が少ない。
来週の日曜も法事の予定なし。

いや、冷房がないためだけじゃない。
当寺では、法事が減っている。

思えば10年近く前のこと。某会議に出席した時に、某大先輩僧侶が、「自殺対策とか体面のいいことをする前に、減っている法事対策をすべき」と発言したのに対し、私は「自殺対策を『体面のいいこと』なんて認識している僧侶に誰が法事を頼みたいと思うのか。法事が減っているとすれば、僧侶個人の責任に決まっているだろう」と発言して場を険悪にしたことがある。

そして今、うちも法事が減っている。かつての自分の発言がブーメランしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

免停ではなかった

警察から葉書が届いた。
おお、免停の通知か。と思ったら、違う。免停まで後がありませんよ、という累積点数通知。ご親切に。

へえ、まだ免停には至っていなかったのか。私の計算&記憶違いだった。安堵。
次回の更新まであと一週間。いつもにも増して安全運転いたしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

五十肩が若干

朝、昨日に続き、病院へ。
診察は9時からだが、受付は8時から。
8時ちょうどに病院に行くと、すでに10人以上の先客がいた。
しかし外科は私のみ。一番乗り。ありがたい。

抗生剤が効いたのか、腫れはずいぶん引いた。結局縫わないで治す方向に。
昨日は指も動かず、動かしても痛みが走ったが、今日は指が動く。
実は昨日は車の運転に苦労した。左手はハンドルを握れない。右手も五十肩の影響で自由ではない。直進は問題なかったが、ハンドルを切り返す場面では、多方面に迷惑をかけてしまった。

それが、今日は普通に運転できる。ありがたい。

意外だったのが、左手が使えなくなってから、若干だが五十肩をしている右肩の痛みが薄らいだ。以前より明らかに動くようになった。
これは、左手の痛み止めが影響しているとも思う。しかし、危機あるときは何とかしようと体が考えたというのが正解だと思う。
困った時には補おうとする。それは社会も体も一緒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

数珠が手を通らない

午前、知人のお母さまの葬式に参列。
しかし、手が痛くて合掌ができない。指を伸ばすことができない。
それに加えて、数珠が手を通らない。腫れているのと指が動かないのとで。

昨日一日は、腫れているのは傷周辺だけだったので、いつもの通りこれで収まると思っていた。 しかし今朝、腫れは左の掌全体に広がった。放っておいてもずーんずーんと痛みもある。
これはもうだめだと午後、予定を変えて病院に行った。
傷の長さは約1.5cm。深さはあまりない。
犬に咬まれた場合は毒が入り込む場合があるので、縫わない方がいいとのこと。
抗生剤と痛み止めを処方してもらった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またまたまた飼い犬に手を咬まれた

ゆうべ、またまたまた飼い犬に手を咬まれた。
原因は花火。
子どもたちのために打ち上げ花火をしたのだが、その間、犬は怯えっ放しだったそう。
怯えで興奮した犬をケージに入れようとして左手を本気で咬みつかれた。抗議の意味もあったのだろう。

今までで一番深い傷。
今までは傷ついただけですんだが、今回は腫れている。犬の気持ちも分からないではないので怒りはないのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

延立寺キッズサンガ2015

夕方、名古屋の称名寺から子ども会が来寺。小学生と中学生28名がマイクロバス定員一杯にして。
東京駅のエキナカで買物をし、相田みつお展に行ってこちらに来たとのこと。
延立寺で1泊する。キッズサンガ。

今年で4回目。これまで雨に降られたことはない。今年も薄曇りでバーベキューにはちょうどいい陽気。

これまでは1回も事故がなかったが、今回初めて、延立寺境内で転んで膝下をぱっくり切ってしまった男子1名。見た所傷が深そうだったので、救急車を呼ぶことに。6針縫った。
やはり子どもの引率には目を配らなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

片づいているのは

今月前半の猛暑から一転して、秋の近さを感じさせる。
30度台前半なら快適に感じるようになってしまった。

気温が下ったのに誘われて、書斎の本の移動をする。ずいぶんすっきりした。

ただし、私が片づけや掃除をする時というのは、他にある仕事からの逃避行動。
周りがきちんとしている時はまず、先にやらなければならないことを横に置いている。

すみません、もう少々お待ちください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

また宗派から巨額懇志依頼

夜、多摩地区本願寺派寺院の会議。
宗派からの懇志依頼をどう振り分けるか。

宗派からの依頼はグループの組にくる。
組の中でどう分担してもけっこうと。
各寺の実状を宗派は把握していないために、こういう方式をとるわけだが、任された方も正直困る。

寺によって体力が違うので負担額が異なるのは当然。
問題は、体力がどれだけ違うかの指標がないこと。よって自己申告での振り分けとなる。
さてどうなるか。

いつもなら会議の後は一杯いきますかとなるのだが、本日はその気になれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダンボールが占領

行事の時に僧侶控室に使っている奥の八畳間。
現在、アミダステーションの荷物で飽和状態。
いや、箱を積み上げればスペースは空くのだが、このダンボール箱、中身がほとんど本なので、積み上げるだけでも大仕事。
なので放っておいている。
ここを必要とする11月にはなんとかしたいのだが。
アミダステーションの3階は納戸として内装をしないつもりなので、建ったらすぐに荷物を運び込んでしまおうか。
いやこれをエレベーターなしの3階に運ぶというのも考えただけで嫌になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わ購入

午後、知人の依知川伸一氏の書画個展に行く。
日本を代表するベーシストにして、書家。
今回の個展は書というより抽象画。テーマはわ。輪であり和であり「わ」。
一枚購入。

延立寺の客間にと思ったが、作風からはアミダステーションの方が合うだろう。お披露目はもう少し先にする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やすりを使わない理由

お墓参りの方が続々。
この時期にお参りされるのはうちのご門徒のご親戚やお知り合いの方が多いようで、お墓参りの方のほとんどが、寺に寄らずに墓に直行直帰。

趣味で仏像を彫っている方からお話を伺った。
仏像彫刻では紙やすりは使わない。彫刻刀のみで彫る。
そのことは知っていたが、理由は知らなかった。
紙やすりを使うと、素人目には分からないが、木の表面を逆に荒らしてしまう。それのみならず、表面の細胞組織を壊してしまうために、そこからカビが繁殖することがあるだそうだ。鋭利な彫刻刀を使うと、組織が壊れず、長年の保存に耐えられるのだと。
なるほどー、感心。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安全運転は認めていただきました。

横浜にて葬式。

葬式の帰り、一時停止違反でひっかかった。
私は一時停止の標識を認識し、十分減速して安全確認をした上、通行した。
それを神奈川県警の警官は認めた。その上で「でも、止まってはいなかったですよね」と。
その通り。争うつもりはない。

更新1ヵ月前にして、累積で免停。お知らせをお待ちしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たかをくくっている奴らが今

横浜にて通夜。

本日の故人、従軍看護師だった。
17歳の時に赤紙で招集され、広島に配属。

原爆投下の日はたまたま広島を離れていて難を逃れる。しかし翌日から広島に戻り被爆者の看護にあたる。惨状は表現できない。
その経験はつい数年前まで口にすることもなかった。

悲惨な体験は口にすることができずに埋もれてしまう。
語られたことはほんのわずかにすぎない。語られたことがすべてではない。

たかをくくるな。
たかをくくる奴を警戒せよ。
自らの想像力の貧しさを警戒せよ。
常に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本堂に法話本

曇天。気温が30度くらいだと楽に感じるようになった。
また、気温が高くても日差しがないとずいぶん楽に感じる。

アミダステーションに置いていた荷物は今は延立寺にあるが、そのうち本棚のいつくかを本堂に置いている。
これまでは本堂を少しでも広く使いたかったので、なるべく移動できない物は置かないようにしてきたが、この本棚は薄手でもあるし、まあいいだろう。
法話の本が大量に本堂に移設。どうぞご利用ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

殺生未遂の報い

左腕にとまって血を吸おうとしている蚊を叩こうと右手を上げて、悶絶した。
右肩に激痛。
五十肩のところ。
痛さで息ができない1分間。
殺生をしようとした報いか。

夜、3時間の会議。 2時間を過ぎてからの私はほとんど発言していない。思考力が切れてしまった。
今日だけでなく、私、会議で2時間を過ぎると、ただの生ゴミになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今更ですがスマホって便利

思いっきり今更ですが。
iPhoneのGoogle mapってすごいな。
これが無料アプリというのは有り難すぎる。
もうカーナビいらない。
これを使えるだけで、スマホに替えた意味があった。

また、思いっきり今更ですが、
iPhoneを音楽プレーヤーにした。
今まで使っていたiPodが壊れたのでそのデータをコピーして。
もうiPodいらない。
これだけでもスマホに替えた意味があった。

私のiPhone、一昨年の秋から使い始めてそろそろ2年になるが、電話とメールとFacebookチェックにしか使ってこなかった。なんという宝の持ち腐れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

首の骨がずれていた

五十肩をなんとかすべく、大岡山の漢方薬局へ。

ここは薬局ではあるが、店頭で簡単な整体と指圧施術も行う。
それにより、母の不調を劇的に治していただいたことがある。

先生は私の首をさわったとたん、「ありゃあこれはひどいや。むち打ちしただろう?」。どうも首の骨がずいぶんずれているらしい。
私はむち打ちの経験はない。心当たりがあるとすれば・・・学生時代の日本拳法。
日本拳法は、防具を付けた顔を本気で殴り合う。防具で顔表面は保護されるが、頭への衝撃度は防具なしと変わらない。防具を付けることによって、殴られる回数は、特に練習時は他の競技より多くなる。結果的にボクシングや空手より危険を増しているということ。

肩凝りもそうとうな蓄積。それらが五十肩の誘因になった可能性はある。

そして先生の手は問題の肩へ。「力を抜いて」と何回も言われる。力を入れているつもりはない。抜いているつもりなのだが、無意識に力が入っている。「諦めればいいんだよ」痛みへの恐怖から力が入ってしまうのだとか。しかし痛みへの恐怖はなかなか抜けるものではない。痛いんだから。
力を抜くことは難しい。それは空手の稽古でも経験していること。

典型的な五十肩との診断。すぐに治るというわけにはいかないが、なんとかしましょうという力強いことばをいただいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

起工式

朝、アミダステーション起工式。
旧建物が撤去された更地。
まだ9時というのに、猛暑。暴力的な日差し。
その中でお勤め。ビルに囲まれているので読経の声がよく響く。
ご無事に工事が進みますことを念じております。

午後、アーユス理事長のお寺に寄る。
理事長のお寺では最近プロジェクターを新しく入れ替えたため、古い機種を頂戴に。アミダステーションで活躍の予定。
しかし頂いた機種、HDMI端子がついていない・・・。Sビデオ端子を使うしかない。
一応設置して投影状態を観てから使用を判断しようか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

多摩川沿いは平和

昼、八王子の里親さんの会「ほいっぷ」のバーベキューパーティーにご招待を受けたので顔を出した。
八王子の上壱分方というところにある公営のキャンプ場。非常に細い路地の先に位置することもあり、一般にはあまり知られていない場所。しかしタープテントが倒れるくらいの風が吹く。大木による木陰もあり、非常に快適。
先日寄贈したバーベキューコンロも活躍中。

午後、車で都心へ。調布から橋を渡り、多摩川沿いの道を二子玉川まで進む。この道、渋滞になるとどうしようもないが、今日は車が少なく快適。私は川沿いを走るのが生理的に好き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『夢売るふたり』

恒例の、小学生対象のサマーキャンプ。しかし私は昼に葬式が入ってしまったために見送りだけ。

サマーキャンプの集合場所は町田のお寺。
八王子から圏央道で東名町田に向う。
しかし圏央道海老名ジャンクションの大渋滞は異常。わざと渋滞になるように設計したという噂を聞いたことがあるが、それが本当なら犯罪的。

DVDにて映画『夢売るふたり』を観る。
西川美和の今のところの最新作。
『ゆれる』『ディアドクター』に比べると、ひりひり感は薄い。つれあいの浮気をきっかけに夫婦で結婚詐欺に走るという設定にどうにも乗れなくて。ましかし、人間は分からないものというのが西川映画映画であるならこれもよし。
ラスト、里子が凝視したのは誰だ。俺か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ルック・オブ・サイレンス』

渋谷イメージフォーラムにて、ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』を観る。
あの、奇跡のような映画『アクト・オブ・キリング』の続編とされているが、むしろ『ルック・・』の方が本編。『アクト・・』は予告編に過ぎなかった。『ルック・・』を撮れたのはまさに奇跡。

加害者および加害者遺族と被害者遺族の対峙。
しかも加害者は土地の有力者。
かつ、加害事実に誇りを持っている。
加害者の誰もが言う。あの時は仕方なかったと。
忘れた方が互いのためだと。
沈黙が重い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初めての薪能

夜、八王子子安神社にて薪能を観る。

天気予報では雨の可能性もあったため、急遽昨日テントを張ったとのこと。解放感という点ではちょっと残念。

私は能を生で観るのは初めて。けっこう面白いものですね。
空手の先生から、空手の足運びは能の足運びと同じという話も聞いていたので、そこにも注目していた。たしかに体幹を柱にかかと移動をしている。

狂言も楽しかった。自然に笑いが出た。

薪能は子安神社ではかつて毎年行われていたが、しばらく間隔が空いて、今回は11年ぶり。久しぶりのために神社側も段取りを忘れていたところもあるようで、終わりが少々締まらなかった。まあそれも御愛嬌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NGO非戦ネット第2回目

もう8月・・・。

夜、築地本願寺にてNGO非戦ネットの第2回集会。
築地本願寺はちょうど盆踊りの最終日。太鼓が遠く聞こえる中、NGOのアピールが続く。
私はアーユス仏教国際協力ネットワークを代表して少し話をした。保守的な仏教者の潮目が変わってきたと感じること、今の世相が80年前の日中戦前に似ていること、など。

後半は若手NGO職員の対談。
フォトジャーナリスト安田菜津紀氏の司会で、JIM-NETイラク担当の榎本彰子氏とJVCで南相馬事業担当の白川徹氏の話を聞く。安田氏がキレキレ。時間一杯を見事に回してみせた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2015 | Main | September 2015 »