« December 2015 | Main | February 2016 »

体は連動している

病室に持ち込んでいるMacのネット状況が急に悪くなった。使っているワイヤレスWi-FIはWiMAX。繋がりにくく、やたらと重い。使い物にならない。
どうも月間の使用限度を超えたらしい。上限があるなんて知らなかったよ。

しかし、目の手術をしてから、スマホ、Macのディスプレイを見るのがとてもつらくなった。とても疲れる。というよりはっきり、痛い。
それも、左の目でディスプレイを見ているのに、眼帯で閉じている右目奥に痛みを生じる。これって何?

正常な左目でいろいろなものを見てみる。室内、窓の外の景色、テレビ。いずれも何の支障もなく見える。
しかしディスプレイは違う。左目も疲れるが、右目が痛む。
ここから学んだこと2つ。
ディスプレイは知らずに目にかなりの負担を課しているということ。
そして両目(だけでなく体全体)は連動しているということ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初シャンプー

手術後は禁シャンプー、禁シャワー。
シャワーは体を濡れタオルで拭くことで対処しているが、髪はそうはいかない。
入院8日目、さすがに頭がかゆくなってきた。こんなに頭がかゆいのは新陳代謝が盛んな高校生時代以来。

そこへ、シャンプーの許可が出た。 自分で洗うのではなく、ヘルパーさん頼み。 目に水が入らないよう、美容室式に仰向けになって洗ってもらう。
「どこか痒いところはありますか」との問いには、全部、と応える。「はーい。そうですよねー」気のいいヘルパーさん。
シャンプーの間にも、「ね、あの看護師さん綺麗ですよねー。女優さんみたい」はい、綺麗な人ばかりですよ。

首から下へのシャワーも許可が出た。気持ちいいー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふりかけに救われる

私は入院中の食事制限はない。しかし病院で出る食事はいわゆる病院食ではないが、健康食といった感じ。どれも薄味。
十分おいしいが、ご飯のおかずとしては力不足。そのためご飯を持て余しぎみになっていた。

そのためふりかけを買ってきてもらった。それだけで食環境が劇的改善。楽しく完食。もの足りなかったおかずも美味しく感じられるようになった。まこと、人に塩は必要である。

向いのベッドの人。看護師さんに身の上話をたっぷり15分ほど。
本来はおしゃべりな人なんだろうが、同室の患者はその相手にはならないのか。

両まぶたの腫れがずいぶんひいてきた。
すると、あれ、松本さん二重まぶただったんですね。と看護師さん。
腫れていて一重になっていたまぶたが二重になっている。
しかしもっと回復するとまた一重になります。それで体調が分かります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夜中に起こされた

夜中、「松本さん、仰向けになってくださいー」と看護師に初めて起こされた。
少し休憩のつもりで上を向いたのだが、その瞬間に仰向けのまま寝てしまっていた。
看護師が気づいたのは、私がいびきをかいていたのだろう。
入院から一週間、ちょっと気が緩んできたこともあるかもしれない。

見舞に行きたいが、という問い合わせをもらったが、お気持ちだけでお断りしている。
一週間風呂にも入っていないし、疲れた顔しているし、基本一日中うつ伏せになっているよう指導されているし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘッドフォンが重宝

下まぶたの腫れ、ガーゼでこすったのではと医師に聞かれるがそんなことはしていない。そもそも診察と点眼時以外は眼帯をしているし。
あ、点眼時に消毒用のコットンでまぶたを拭いているが、それがいけなかったのか。
拭くのではなく、軽くやさしく押さえる程度でいいですよ、と看護師さん。そうか。

病床では一日中、CDでの仏教講座かラジオ放送を聴いている。
それにヘッドフォンがとても役にたっている。
これ、知人の結婚披露二次会のくじ引きで私が当てたもの。
私はオーディオは100%スピーカー派。なのでヘッドフォンは使わない。
そのためせっかくだがバザーに出そうかとも思ったが、お祝いの品ということもありそのまま死蔵していた。
それが今回たいへん重宝してますよ。今更ながらありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目の下にヒル

自分の目を手術後初めて鏡で見る。
上まぶたがぷっくり腫れている。まるで試合後の八重樫東。

それより異様なのが下まぶた。赤く腫れ上がっている。まるで血をたっぷり吸って太ったヒルがはりついているよう。こんな状態は初めて。こんな状態になった他人も見たことはない。

また、正常な左目のまぶたが二重になっている。
私のまぶたは健康のバロメータ。体調が悪い時には二重になる。 今回は不調は右目だけでその他は健康なのだが、それだけでもやはり他箇所に影響を及ぼすのだな。

目薬を点眼するたびに涙がぼたぼた出る。その分鼻水も出る。涙と鼻水は連動している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

男は社会性なし

私は夢の中に芸能人が出てくることはまずない。
が、今朝見ていた夢には堀北真希が出て来た。
その夢の中で読んでいた新聞にこんな見出しが躍っていた。「ロカオマガースオ成功!」体操の鉄棒の新技名らしいがなんだこれ。

私が入っているのは4人部屋。男性4人。私が最年少。眼科は私だけ。
皆、カーテンをぴったり閉めたままで会話ゼロ。挨拶さえない。
看護師さんとの応対から、何の病気で入院しているかは大体分かったが、本人から直接聞くことはない。これが男というもの。バカである。女性ばかりの部屋だと全然違うんだろう。

気心が全く通じていないから尚更、その人たちにいびきで迷惑をかけたくない、
これがここから早く出たいという回復へのモチベーションになっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一瞬で2時間経っていた

うつ伏せ寝はまだ慣れない。一晩中の戦いが続く。
時計を見ると午前4時。ちょっとだけ休もうと横向きになった。
とたんに病室の明りがついた。看護師が「松本さーん、目薬さしましょー」
えっ、私が体型を変えたのを監視カメラで見ていたのか、と時計を見ると午前6時。一瞬で2時間経っていた。それだけ疲れていたのか。

目薬の点眼の仕方を初めて知った。私は上まぶたを上げて点眼していたが、正解は下まぶたを下げてさす。

入院中は、食べて寝るだけ。太るだろうなー。

体の向きを調節するたびに腕の位置を変えているが、そうすると右肩の痛みが邪魔をする。もうほとんど気にならなくなっていた五十肩が治っていないことが痛感。真上に伸ばすことができないことが頭の位置の最適化を妨げている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うつ伏せは予想以上につらい

昨日の手術が終わったのは午後11時半近く。
実に3時間20分。

麻酔はよく効いた。酒飲みには効かないという話をよく聞いていたが。 手術中痛みを覚えたのは3回ほど。そのたび痛いと訴えるとすぐ麻酔を追加。すぐに痛みはおさまった。

夜中に病室に戻る。

目の痛みはほとんどない。

今日からうつ伏せの生活が始まる。眼球のガスが抜けるまで。

網膜剥離患者用の枕が当然用意されているかと思ったが、そうではなかった。 一つだけそれらしいものを貸してもらったが、私の頭には合っていない。 目を圧迫しないよう額だけに枕を乗せて寝たが、朝になって首にかなりの痛み。
うちからバスタオルを持ってきてもらい、それを丸めて枕をつくる。ううむ、これ、けっこういい。

しかしうつ伏せはつらい。枕に頭を乗せると必然的に背中がそる体型になる。と、腰に負担がくる。
耐えられるのは15分。

追加料金なしの相部屋が空いたということで、移動。
隣のベッドとの距離は近くなったが、カーテンで仕切っているのは同じなので、この部屋で何の不足もない。私は。隣の人には迷惑だが。
うつ伏せ寝を遵守しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

けっこう新鮮

私は入院は初めて。その目から見ると、病院内はけっこう新鮮。

まず、病院内には鏡が少ない。トイレの中にもシャワー室にもない。
部屋に一つだけ設置されている手洗い所に小さい鏡が一つ設置されているだけ。
たぶん、病院の自分の姿を見ると情けなくなり患者の意欲をそぐからか。

医師が聞いた。「松本さん、痛がりですか?」はいっ。即答。
医師はニッコリ、「はい、わかりました」

手術の説明には、麻酔は局部、眼球注射(!)とある。・・・麻酔を打つための麻酔をお願いできますか。

手術の開始は午後8時過ぎ。行ってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初入院

午前、東海大学医学部附属八王子病院に入院。

無料の部屋は一杯で、追加5000円の4人部屋に入る。
が、カーテンで仕切られてはいるもののやはり隣のベッドは近い。
私のいびきが迷惑をかけるのは必至。

見舞に行こうかと知人からメールが来たが、見舞は隣のベッドの方にこそ必要ですねと。その通り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宗教とは何かを私より知っている人

午後、八王子駅南口で期日投票。

その他にも、明日からの入院を前に、出来るだけ仕事を済ませておくつもりだった。
が、間に合わなかった件が数件。今でさえ遅れているのに、さらに10日以上遅れてしまう。申しわけない。

アミダステーションが宗教施設であるか否か、市役所の税務部の方の調査を受ける。
判定までにはまだ時間がかかるが、もし認められずに、この建物に固定資産税や不動産取得税がかかるとなると、事業の全面見直しを余儀なくされる。
これが宗教施設か否かを判定するには、まず宗教施設とは何か、さらには宗教とは何かという定義が市にはあるのだろう。それを教えていただけないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガチか仕掛けか

夕べ、SMAPの謝罪生放送を見た。

今朝はその読み方がネットに飛び交っている。
私、これに関してはガチだと疑わなかったんだけど、こうしてみると、仕掛けだったとも思えてきた。

しかし、これ仕掛けだったらすごいな。 ガチでも仕掛けでも、どっちでもすごい。ホント。
これで一番トクをしたのは誰か。たぶん中居くんだろうと思う。理不尽さを全身にかぶって。
さてこのあとのシナリオをどう書くだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宝の持ち腐れ

ゆうべから大雪。
それを見て私は少しワクワク。
ついに除雪機の出番が来た。

一昨年の大雪に懲りて、その年の夏に購入したHonda製。
昨年は出番がなかった。それがついにデビュー!

しかし・・・・・・除雪機の鍵がない。
どこにしまいこんだのか。考えられるところを探すこと1時間。
ない。
仕方ない、除雪機を横目に人力で雪かき開始。

期待を破られたときの労働は徒労感三倍増。はー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二男母校の成人を祝う会

昼、二男の成人を祝う会。
特別支援学校の同期卒業生たちと先生方が集った。

障害がある子をセレモニーや大勢が集まる場所には出させない親は少なくない。
奇声をあげたり、決まり事に従えないことで、迷惑をかけたり奇異な目を向けられることがあるので。
でも祝ってあげたい気持ちはある。そのため、特別支援学校の卒業生を対象とした成人を祝う会が、市主催の成人式とは別の日に企画された。

先生方が元生徒たちの成長を喜んでいる様子がとてもあり難い。
それぞれの人生を歩んでいる元生徒たち。これからも笑っていてほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年延立寺新年会

延立寺の壮年会婦人会合同の新年会。アミダステーションにて。

ハズレなしのくじ引き抽選の後は、草笛、ハーモニカ、踊りと芸が盛りだくさん。

そしてカラオケ自慢の方々。 中で私が泣いたのは『世界に一つだけの墓』。延立寺を愛してくださっています。

気持ちよく酔わせていただきました。
本年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モバイルWiFiは非力だった

明日の新年会ではカラオケはマスト。
一昨年、昨年はWiiのカラオケアプリを使った。

今年もそれでいけるかと、Wiiをアミダステーションに持ち込んでテスト。
通信環境はWIMAXのモバイルWiFi。
しかし・・・こりゃダメだ。音声データのダウンロードにめちゃくちゃ時間がかかる。

で、通信カラオケのレンタルセットをネットで探し、注文。 それが届いた。
テストしてみると、リリース直後の新曲も入っている。かなーりマイナーな曲もある。
これは使える。 送料を入れて2万円少々。
アミダステーションにWii環境を整えると年間6万円はかかる。当分見送るつもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

看板が下るのはいつに

アミダステーションには看板が2つ立っているが、やはり入口にも必要だろう。
『延立寺』の名前がどこにもないのもまずい。
で、板を購入。長さ120cm幅70cmの1枚板。知り合いからなのでかなり安くはしてもらったが、それでも高価。看板だからね。磨くのも揮毫もこの私。 しかしいつになりますか。

入院までの食事制限の指示は一切ない。入院してからも手術当日以外は一切制限なし。
ありがたい。今日も同志と普通に飲む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目に墨が流れているような

右目の影、8割以上に広がった。
目に負担がかかることはしていないつもりなのだが、
しかし何が負担になるかが分かっていないので話にならない。

いやしかしSMAP分裂報道、デヴィッドボウイの訃報よりショックを受けた。
昨年の週刊文春インタビューから始まっていたのか。なんだかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラジカセ買った

入院の準備を少しずつ進めている。まずは入院中に受けている法事の代務探しなど。

入院中はずっと下向きうつ伏せで過ごす。
目は使えず情報は耳からということで、ラジオやCD頼りになるだろう。

めったにない機会なので、古いカセットテープに収録されている法話なども聞いてみたい。
が、ポータブルの再生機はすべて処分してしまった。
安い奴を1台購入しようと、ヨドバシカメラへ。まだ売ってるんですね,CDラジカセ。しかもFMワイド対応で、安心の東芝製。買いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二男の成人式

成人の日。
二男が八王子市主催の成人式に出席してきた。
八王子市では記念品はないらしい。10年以上前からそうだとか。
私自身は自分の成人式には出席しなかった。なんかどうでもよかった。
今振り返るとそれもこだわり。それ自体が青い。

二男は昨日は出身小学校へ行き、タイムカプセルを掘り出した。二男が卒業時に埋めたもの。
8年前に埋めたカプセルから出て来たのは、二男が20歳の自分に宛てた手紙。
12歳にとって20歳は永遠の未来に思えただろう。
今の私にとって8年後は8週間とは言わないが8ヵ月後を考えるのと大差ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

侵攻中

右目の影、侵攻中。
すでに視野の6割が攻略された。

こうなると、逆にものが見やすい。 影が4割くらいの時は、両目を開けていると部分的に2重に見えたり、光の具合が変で疲れが増した。そのために眼帯をしたりしていたが、もうその必要がなくなった。
中途半端な機能はかえって邪魔。ない方がいいということ。

しかし手術まであと11日もあるのか。ちょっと待ち遠しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こども食堂が帰ってきた

アミダステーションへやっと看板が立った。
この看板、ここをよく利用している方から寄贈されたものだが、重量があって壁に直接取り付けるのは危険と判断された。
柱を立ててそこに取り付ける形となったが、今度は高さ制限に引っかかるために高い位置には取り付けられない。そのため、あまり目立たない結果となった。取り付けたのは、ヨドバシカメラ脇の道から見える壁と、仁和会病院脇の道から見える壁。
それでも、これまでのっぺりした印象だった建物に、ようやく名札がついた感じ。

そこで夕方、こども食堂。新生アミダステーションでの実質最初の企画。
メンバーは建物がきれいになったことを喜んでくれた反面、シンクが小さいのを残念がっている。ご指摘のとおり。図面上では十分だと思ったんだが。
実際に使っていく中で、足りないものも見えてくる。この建物は完成ではなく、使いながら育てていくものと思っていただきたい。シンクもおいおい考えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花粉症薬と飲酒は避けよ

夜、同志と新年会。今シーズン2回目。食事制限ないことだし。
極上のメンバー。酒もうまいが話題もよし。今年の展望も明るく見えてきた。

呑みながらの話題でひとつ印象に残ったことに、花粉症の薬を飲んでいる時に飲酒をすると鬱の症状が出やすいのではという仮説。
私自身は花粉症ではないので実験しようがないが、花粉症のシーズンに鬱症状になる方は、花粉症薬か酒のどちらかをやめてみるのがいいかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今シーズン初新年会

入院前の注意事項の書類を読む。
食事制限、一切なし。入院中も、手術当日以外は制限なし。
ということで、安心して夜、新年会。今シーズン初。

いろいろお叱りをいただきながら杯を重ねる。
55歳になってまだ叱ってくれる(正確には文句を言われているだけだが)人がいるというのは有り難いと思うことにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

急展開

午前、眼科医へ。

診断結果は、網膜剥離。
重症のため、当院では治療できない。紹介状を書くので大病院に行ってくれと。
しかも手術しても元の視力に回復するのは難しいと。
「あと一週間早ければ当院で処置できたんですが・・・」
暮れ正月は病院に行く時間はなかったよな。
それ以前に、飛蚊症をネットで調べて、老化症状と軽く判断してしまった私のミス。あー。

そのまま東海大学八王子病院へ。
検査の後、やはり手術が必要とのこと。しかも入院を2週間はみてほしいと!

予定表を睨みながら、2月半ばなら・・・と言ってみるが、できるだけ早い方がいいというアドバイス。「こちらも予定が詰まっているんですが無理やり押し込みますから」と言われてしまう。ありがたいです。

入院は今月21日からに決定。急展開。
私の生涯初めての入院。正直ちょっと楽しみでもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中は中古

午後、眼科医へ。飛蚊症の治療のため。
しかし、検査をしたあとは車の運転はできないと聞き、明日に予約をして出直すこととした。

アミダステーションでは、スチール本棚をチラシ置き場に使う。
棚板を斜めに置いてみると、けっこういい感じ。
役を終えたとおもっていたモノがまた働いてくれるのは率直にうれしい。

その他の什物もみな頂き物や中古品。外見は新しくなったものの、使っているモノは痛みかかっている。それでいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京新聞に載りました

年始挨拶に都心へ。

昼食を五反田のファミリーレストランでとる。
結構広い店内は8割の入り。仕事始めの人と家族連れの人が混在。

夕方、私の写真が大きく東京新聞に載っていたと、驚いた知人から連絡があった。
アミダステーションのことをとりあげていただいた。 コラム的な小さい記事だろうと思っていたが、予想外の大きな記事。社会面にどどんと。いいのかな。恐縮。

これ、私へのというより、仏教への期待の反映と見るべきだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ネットに取説

暖かい。本当に過ごしやすい三が日となった。

延立寺の来客用男子便所が臭う。
原因は、3つある小便器のうちひとつの水が流れないことにある。 これらは用を足したあとに自動で水が流れる装置を付けているが、おそらく電池切れだろう。

と、カバーを外そうとして・・・外し方が分かりません。
持ち上げるなりひねるなりすれば外れそうなものだが、全然ダメ。

こりゃ困ったなあと装置に記してある型番をネットで検索してみると、たちどころに取扱説書にたどり着いた。装置の底にあるネジを外せばよかった。
こんなの、教えられなければ分からないよ。

しかしすぐに解決法にアクセスできるとは、いい時代になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あと一週間で始動

新年2日目。今日も穏やか。
大勢さまのお参りを頂きました。
正月はご家族皆やご親戚皆さまでお参りになる。大変有り難いこと。嬉しい。

夕方、アミダステーションへ。少しずつ片づけ。
12月から試験的に使ってはいるが、今月9日のこども食堂が一応本格始動。
それに向けて、少しでも使いやすいように荷物を運んでいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年元日

八景島から友人の運転で早朝帰宅。

横浜インターの脇で、軽自動車が横転している。
その隣で運転手らしき青年が呆然と立っていた。
新年早々やっちまったな。お気の毒に。

穏やかな新年。大勢さまのお参りを頂きました。
本年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2015 | Main | February 2016 »