« January 2017 | Main | March 2017 »

2016年度確定申告

めずらしく、締切のはるか前に確定申告書類作成。
私は数年前から国税庁ウェブサイトの確定申告書作成コーナーを利用している。これ、本当に便利。
サクサクと最後まで入力して、はい完了。すると、・・・納税額が足りないのでもっと納めろとの結果にびっくり。なんだおい、これだけ手間かけさせてこれ以上に税金とるのかよ。
手順の始めまで戻りながら入力した数字を確認してみると・・・、支払い済みの源泉徴収税の0をひとつ少なく入力していた。訂正すると、そこそこの額が還付される結果に。
締切前に仕事をすると、つまらないミスをする。やはり仕事は締切に追われてやった方がいいという結論。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

八王子市民になった師

午後、延立寺法話会。ご講師は先月に続き、赤川浄友師。
赤川師は笑い療法士でもある。笑いをとることを使命としている。スベって苦笑だろうがかまわない。その意気やよし。

赤川師は現在、八王子市民。長年住んだ中野区から南大沢に引っ越してそろそろ一年になる。冬の寒さはやはり一味違うが、部屋の中にいる分には気にならない。それより、緑が多く空が広い環境はやはり格別とのこと。そういう歳になったというだけかもしれないが、八王子を気に入っていただいたのは先住市民としては嬉しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

余裕のなさゆえ

先月は怒涛のように映画を見ていたのに、その反動か、今月に入ってからまだ一本も見ていない。余裕がないのか。先月は余裕があったというわけではないと思うが。

やはり余裕がないのだろう。車を傷つけてしまった。
後方をよく確認せずにバックをしたらガリガリッと衝撃。
左側後方をこすってしまう。かなり広範囲。はーー。昨年春の納車以来、無傷できたのに。いや、ここまでよく無傷できたというべきか。

人身でなかっただけでもよしとしよう。ミスは目を覚ましてくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20年ぶりでもいい感じ

昨日の夜、テレビ番組『ミュージックステーション』をたまたま観ていたら、私の好きな小沢健二と平井堅が出演。ついでと言っては失礼だがXジャパンの珍しい映像も。小沢健二は20年ぶりとか。いい感じに歳を重ねている。いい大人。いやーいいものを観た。

修理を依頼していたROTELのCDプレーヤーが帰ってきた。
完璧な修理。添状に修理費の振込先が指示してある。修理費後払いで先に品物を送ってくれるなんて、考えられますか。
次もROTELを買おう。でもこれ壊れないし、壊れてもいつまでも修理できちゃうんだよな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レジに2回並びました

伊勢丹立川店でシャツをオーダーした。
先日、立川髙島屋でシャツをオーダーした日に伊勢丹にも寄るつもりだったのだが、あいにく休店日だったために再来。

伊勢丹に持ち込んだのは、やはり発掘された古ーい仕立券付きワイシャツ生地2点。仕立期限はひとつは13年、ひとつは01年とある。
01年の方は2001年だろう。平成元年を01年とは表記しないと思う。とすれば16年前。
13年の方は西暦とすれば4年前。平成であれば16年前。両方とも、最悪では16年前の品。
伊勢丹のシャツ職人さん、「本当はダメなのですが、伊勢丹立川店の特別サービスとして承らせていただきます」とのこと。
有難い気持ちと申し訳ない気持ちとが交差するが、採寸の贅沢感は格別。次に味わえるのはいつになるだろう。

伊勢丹から立川ジュンク堂へ。開店一周年記念として、3000円以上の購入者にマグカップを渡している。私はわざわざ会計を2回に分けて、マグカップを2つ頂戴する。不正をしているわけではないが、ちょっとセコイ気もする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自立とは

午前、築地本願寺にて、自死遺族の方々の分かち合いの会。28名のご遺族のご参加をいただく。毎月30名前後のご参加をいただくのは、たぶん日本で一番の規模。それを実現しているのは、場の力と、スタッフの僧侶たちの認識の確かさによると思う。

午後は、自死・自殺に向き合う僧侶の会の定例会。
テーマは「自立」。この会では自死念慮の方と同行する活動を続けているが、そこにおいて、自立は目標なのではないか。では、何をもって自立とするのか。
メンバー間でも「自立」という定義が共有されていなかったことが今日確認できた。

私が考える「自立」は、当人当事者が困っていない状態を言う。
誰にも依存しないことではなく、よく依存すること。依存先が少なくなるほど自立から遠ざかるのは必然。

夕方、新年会で箱根湯本へ。気分よし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

問題はそこではない

昼、松尾豊氏の講演を聞く。人工知能研究の第一人者。話も非常に分かりやすく聴きやすい。
世界で人工知能の開発が始まったのはもう数十年前に遡る。発展のスピードは決して速くはなかった。それが様変わりしたのはこの2〜3年。急激な、というか爆発的とも言える進化をしている。囲碁のプロを凌駕するのは難しいと思われていたのがこの正月に実現してしまう。それは研究者たちの予想を超え、松尾氏も困惑さえしている。
そこで世間では人工知能が人類を支配するという危惧を抱くわけだが、松尾氏はその点での心配は全くしていない。いのちが志向するものと人工知能ができることは全く違う場面なのだと。
納得した。

そして印象的だったのが、松尾氏の講演の後での某氏の質問。人工知能への危惧を表したもの。あのー、人工知能が問題なのではなく、人の話を聞いていないあなた(を典型とした立場の方々)の態度が問題なのですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20年ぶりにオーダー

昨日が締切だった原稿を今日の朝イチに送信。担当者には毎度謝っている。謝らずに送信した記憶がない。

昼、立川高島屋へ行く。シャツをオーダーしに。
ずーっと前に仕立券付のワイシャツ生地をいただいた。それをずっとしまいこんで存在を忘れていた。発掘されたそれの使用期限をみると、01年・・・。16年前。
高島屋に持ち込むと、にっこりと何の問題もなく仕立を受けてくれた。さすが老舗の貫禄。
シャツをオーダーするのは20年ぶりくらい。採寸されるってそれだけでなんとなく贅沢なしあわせな気分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

50mでふくらはぎ悲鳴

昼、バスに乗ろうと停留所に向かっていたら思ったより早くにバスの姿が前方に。私が時計を見誤っていた。
次のバスは20分後。当然、目前のバスに乗るために走った。距離は50mくらい。
バスには無事乗車。しかし、息があがってしまう。それに加え座席に座って間も無く、ふくらはぎに強い痛み。筋を痛めてしまった。普段まったく運動をしないところへ突然のダッシュ。それが1日中の痛みに。びっこをひいている自分がさすがに情けない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

0.5ミリなのに

右手中指先に強い痛み。一見何も異常がない。これってもしかして噂の痛風ってやつ?
いや、ネットで確かめるとどうも痛風とは症状が違う。
よく見たら小さなトゲが刺さっていた。長さは0.5ミリ以下だろう。
こんな小さいのにこんなに痛みをもたらすとは。
小さすぎてトゲ抜きが役に立たない。針を使って掘り出そうとしても場所が右手指先で、私は左手がとても不器用なので無理。
しかたない。放置する、まもなくどうにかなるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お祝いしたいんだが

友人が結婚したという噂がまわってきた。
彼とはつい2ヶ月前、3時間以上サシで飲んだ。その時は結婚の話は一切出ていない。私が飲みすぎて記憶から消えているわけでは決してない。

となると、噂の真偽を直接確かめるというのがちょっと躊躇われる。
つてをたどって、噂が事実だったということを確認。しかしお相手についての確認までには至らなかった。
心からお祝いしたい気持ちがあるのだが、様子見をしている微妙な状況。まあいろいろあるのだろうが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

古本に個性あり

うちの愛犬クー、ふだんうちにあるもの以外の匂いはやはり気になるらしい。
私は古本をよく買うが、それを書斎においておくとまっすぐ匂いを嗅ぎにいく。舐めたりすることもある。
前からうちに置いてある本や新刊書にはまったく興味を示さない。古本はそれなりに前所有者の個性が染み付いているものなのだろう。

夕方、会議。本日は私は発言なし。申し訳ない。
にもかかわらず、会議後に食事をご馳走になってしまった。重ねて申し訳ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家計簿はつけよう

ここのところ、妙に財布の中の残高が少ない。そんなに買い物をした自覚はない。どこかで漏れているんじゃないか。
と思い、過去1年分の個人支出を確認してみた。私はレシートは保存しているが記録はしていなかった。
カード決済が多いので、1年分でもそれほどの手間はかからない。
すると・・・愕然。俺、こんなに本を買っていたのか。
一冊づつはそれほど高額ではないので、ついアマゾンでボチッとしてしまったのが積もれば山となる。いや実際、書庫で山になっている。
買い過ぎを素直に反省。こりゃ残らないわけだ。借金していないだけよしとするが。
自分の思いと事実とは差があるものだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マッサージ効きましたか

夜、日本橋の会議室にて、寺ネットサンガ心のマッサージ。
私が担当。
時間は1時間。さて何をしようかと考えて、読経・法話・瞑想・塗り絵のつまみ食い的構成に。
瞑想はリンゴ・メディテーション。リンゴの現物を見つめ、匂いを嗅ぎ、食べながらその来歴に思いをはせる。そこから「いただきます」の本来的意味へと。
そこそこ良反応をいただいたような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ROTEL讃

昼、携帯に電話が入った。
不調のCDプレーヤーのメーカー、ROTELから。修理の問い合わせFAXを入れていた。
「修理は可能です。営業所にお送りください」
ありがたい。この機種は買ってからもう14年になる。
修理可能期間は販売終了後7〜8年というメーカーは多い。だが、ROTELはそんな期限を設けていない。いつのものであろうと、直せるものは直してくれる。
驚いたのはその後。「松本さんはお坊さんでしたか?」
聞けば、メーカーには顧客名簿があり、私の名前も修理履歴とともに載っているのだとか。CDプレーヤーを14年前に購入したことが記載されているのみならず、「最初にアンプをご購入いただいたのは25歳の時でしたね」と。購入者カードに年齢欄があったのだろう。なんと31年前。そのアンプは現在、延立寺の本堂で現役。
「長いご愛用ありがとうございます」とお礼を言われて恐縮した。長く使うということはつまり、売り上げに協力していないということ。
しかし、本堂、寝室、アミダステーションで、計アンプ5台、CDプレーヤー2台を使用中ということで、上得意ということにしてください。
これからも愛用させていただきます。

ROTEL製品。音も極上、値段も格安、アフターケアも万全。
心よりお薦めいたします。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

経験より先に

昨日の朝のラジオで、アコーディオン奏者のcoba氏が、イタリアでレッスンを受けた時の話をしていた。
日本で先輩奏者に、どうやったら上手くなるのかと訊くと、誰もがこんな返答をした。「君は何回失恋をした?人生の経験が曲に影響するんだよ」。
しかしイタリアに行ったら全然違って驚いた。徹底的に理論的で合理的。
メトロノームを使って正確にゆっくり、確実に弾けるまで練習せよと。
そりゃそうだ。音楽を上達したかったら人生経験より先にまず音楽だろう。
いや音楽に限らず、何かを出来るということと、それを他人に教えられることは全然違う。

昼、大久保長安の話を聞く。
八王子城落城後、長安は家康の代官として焼け野原になった八王子に来て、街づくりに奔走した。
長安は「ながやす」と読むことを今日まで知らなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いい時代があった

本日は、芸能活動をしている知人の公演に行く予定をしていた。
が、昨日ウェブで確認したところ、すでに満席。当日券もないという。満席はたいへん結構なことだが、私的には残念。

私は基本、前売り券は買わない。当日券狙い。急な用事が入った時の対策として。
そのためコンサートなどでは以前はダフ屋をよく使っていた。ダフ屋は高額というイメージがあるが、開演時間を過ぎれば定価以下で買えた。需要と供給がマッチしていた。だから私はいつもオープ二ング一曲目は捨てていた。

行き過ぎた買い占めなどダフ屋の行儀が悪くなり、規制が強くなってダフ屋が壊滅したのは、仕方ないとは思うが少々不便。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

巨星訃報

漫画家、谷口ジロー氏が亡くなった。
一般的には『孤独のグルメ』の人だろう。
が、私には『事件屋稼業』であり、『青の戦士』。この二作だけで私のオールタイムベスト作家殿堂入り。マンガ表現の次元を上げた功労者として大友克洋と並び評したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よき踏み台として

夜、フードバンク八王子の拠点開設披露パーティー。

フードバンク八王子は半年前からアミダステーションを拠点に食料配布などの活動をしてきた。
それがこのたび中町のビルの一室を確保して、フードバンク事業とともに発達障害者の就労支援事業を行うことになった。発展と新出発を心から寿ぐ。

ここの代表からは以前、アミダステーションを事業の拠点としてまるごと貸して欲しいという申し出があり、お断りしたことがある。
そのときは大変失礼しましたと詫びられたが、私としてはなんで恐縮されるのかと分からなかった。借りたい物件を借りたいと言うのは失礼でもなんでもない。
が、あれは、私がアミダステーションを有効活用していない、自分がもっと有意義に使ってあげるという提案だったのだな。だとするとまあ失礼といえば失礼だが、結果的に活動が広がったことはけっこうなこと。

アミダステーションが次のステップへの踏み台となるのは私の望むところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八王子に名店あり

市役所と税務署に源泉関係書類提出。提出期限は1月31日だったが、税金は期限内に支払済みなのでまあお許しいただく。

昼食は八王子のスープカレー、奥芝商店。
人気店ですでに二号店が片倉に出ている。少し前に来た時は待ち時間40分で断念した。今日は待ち時間なしということで初入店。
チキンスープに素揚げ野菜たっぷり、辛さは最大の13倍を注文。
うん、実にうまい。私が一番気にする塩加減がちょうどいい。待ち時間なしならまた利用したい。
食事している間、店の外は雪が本降り。

夜、生活困窮者を対象とした葬儀支援の可能性について会議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

修理2台

本堂で使っているワイヤレスマイクアンプのカセット部が不調のため、メーカーの営業所へ持参した。営業所は日野。近い。
しかし、修理は販売店経由でないと受け付けないと断られる。
なにそれ。まあそういうことならいいけど。
営業所を出たら職員が追ってきた。修理代金を現金でいただけるならお受けできますと。え、もちろんですよ。無事修理を受け付けてもらう。

常用しているCDプレーヤーも不調。こちらはメーカーの営業所が近くにないので、地元にある音響機器の修理専門店に持ち込んだ。ここにはこれまで何回もお世話になっている。
しかし、今回私が持ち込んだ機種のメーカーは弱小のために部品が調達できないので修理できないと。なるほど、音響機器の部品って汎用品ではないんだ。
時間があるときにメーカーへ連絡しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

聞いていないけど

午後、品川のアーユス会員寺院を会場に、アーユスデイ。
ブレークスルー支援選考と、アーユス賞発表会、そして新年会。
それぞれいい感じの会になったのではと主催者側として思う。

新年会では私が司会をして出席された全団体からショートスピーチをいただいた。
しかし毎度のことながら歓談のためスピーチは誰も聞いていない。スピーチする人に失礼という見方もあろうが、歓談に夢中な人であふれた会の方が楽しいでしょ。誰も聞いていない中で話すのもひとつの修行です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

着倒す

Facebookにデニム修理の広告が流れていた。
修理例を見てみると悪くなさそう。
試しに、押入れに死蔵していた穴のあいたジーパン、ジージャンの修理を依頼。

それが本日帰ってきた。うん、期待通りの出来。
穴一つふさぐのに3000円、ジージャンは修理箇所が多かったために計1万円もかかってしまったが、新品代以上ではない。それなら着慣れた方がいい。

私は服は極力着倒す方針。修理品にはまた日の目を見てもらう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

痛みに弱い

私の五十肩が慢性になってしまった。
水平から上方向に腕を伸ばすと、肩に強い痛みが走る。今は両肩に。
そのため空手の稽古から足が遠ざかる。
稽古した方が五十肩の改善になるという人もいるのだが、痛いのはなんとも。

夜、後楽園ホール。空手の兄弟弟子が出場するキックボクシングの試合へ。稽古には出なくてもせめて応援に。
が、今日も負け。なかなか出口が見えない。
師範は10連敗後に30連勝させると公言している。じゃあまだまだ連敗しなければいけないのか。
スパーリングの相手が少ないので、試合することがそのまま試合勘を育てる場になっているわけだけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

座りましょう

アーユス事務所のミーティングの後、近くのカフェで食事をとった。
トイレに入ると、貼り紙がある。男性の方も座って用をたしてください,と。
ああ、もうお飲食店でも要求されるようになったか。

着座型便器における男性の小便問題についてはもう結論は出ているように思う。
どんなに気をつけて用を足しても、細かな飛沫は避けられない。それは温泉などで全裸状態で用を足して時には気づく。しかし普段は気づかないため忘れてしまう。

着座型便座には座りましょう。立ちたかったら男性専用小便器へ行こう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

重ね着快適

私は寒がり。たぶん家族で一番。
家の中でも厚手のセーターを着ている。
が、温かさを求めるなら薄手のセーター二枚を重ね着する方がいいことに気づいた。
暑くなると一枚脱げばいい。調節もしやすい。
見た目どうかという点については少し難はあるが、快適さを断固優先する。

夜、ものづくり会議。
会議後、近所のそば屋へ。
飲み屋ではないのにたちまち空いた徳利が並ぶ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アフガンから客人

夕方,アーユス事務所にアフガニスタンからの3人の客人を迎える。

現地で教育活動、保健活動、授業研究活動、応急処置セミナーなどを通して、民衆の立場からの平和構築に関わっている方々。つらい経験も話してくださった。

彼らから私たちへ質問があった。「日本人はなぜアフガニスタンへの渡航を禁止しているのですか」。アフガニスタンで自分たちは普通に生活をしている。危険なのは国の一部なのに。そう、日本で報じられる情報はたしかにいろいろな面で偏っている。

客人はみなさん英語が使えるが、私はダメ。こういう時は英語を身につけておかなかったことを残念に思う。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

奇跡的にぴったり

もう2月・・・・。

八王子市仏教会涅槃会。
記念講演の講師は池上彰氏。
講題は「現代社会と宗教」。

会場はいちょうホール大ホール。客席800。
事前には聴衆が溢れたらどうしようと対策を考えていた。
溢れることを警戒して、宣伝を控えたりもした。
それが裏目に出たかもと心配したりもした。
結果、入場者数、780。ほぼぴったり満席。
事前予約を受け付けず当日のみの入場券配付方式としては、本当に奇跡的。

今回もまた嬉しい悲鳴をあげられなかったが、大変満足。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2017 | Main | March 2017 »