« April 2017 | Main | June 2017 »

届かない自覚から

午後、「共謀罪反対・憲法改悪阻止をめざす宗教者・信者全国集会」に参加。
日弁連の海渡雄一氏の講演は非常に分かりやすかった。
しかしやはり参加者の年齢層の高さが気になる。平日昼間とはいえ、参加者に年配の方が目につく。
そういう私も若年者を誘ってはいない。若年者との回路もない。
現政権への対決姿勢だけ打ち出しても、無党派層には届かないことはこの数年の経験で学習した。さて。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

無料カミソリで

このところ髭剃りは、旅行先のホテルや旅館からタダでもらってきたカミソリを使っている。引き出しにずいぶんたまってしまったので。
やはり市販品にくらべ、剃り味が悪い。肌に傷も付けてしまう。が、まあ、しばらくはこれでいこう。
しかしカミソリの耐用回数ってどのくらいなのだろう。
剃れなくなったら寿命というのはわかるが、まったく剃れなくなるということはありえないし。
私の場合、肌に傷が多くなったら交換。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小江戸に蓮馨寺あり

アーユスフィールドワークで川越へ。
川越は現在は蔵の町一番街を中心に観光客で平日でも賑わっている。
でもそうなったのはまだこの20年ほどのこと。以前は寂れた町だった。
それが、蔵が残っていることが幸い。それが観光資源になると気づいた地元人がいた。気がつけば、古い町並みも残っている。道が細いのもむしろ幸い。
「小江戸」というコンセプトは心地いい。私的には鎌倉よりいい感じがする。

そして、その中心に寺がある。蓮馨寺。この境内ではファーマーズマーケットなどが開かれ、地元産野菜が楽しめる。町おこしの仕掛け人も、現在の川越の隆盛に蓮馨寺の存在は大きかったと語っている。
そのご住職から話を聞いた。学者でありながら地元観光協会会長。話が実に面白い。加えて社会貢献意識も高く、アーユス仏教国際協力ネットワークにたびたびご支援くださっている。川越の他の寺は必ずしも門戸を開いているわけではないと聞くが、各地域にこういう寺がひとつあれば、その価値は大きい。

川越は、八王子人としても寺の人間としても参考になるところは多。また行くかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆるゆるズボンで

午前、八王子食堂ネットワークの説明会に出席。
八王子で増えてきた子ども食堂。主対象を子どもではなく、シニア、あるいはみんなとしているものもふくめて10以上あるが、それらの情報を一括で得られる場所がまだない。それをまず作りましょう、そしてそれ以外にもネットワークすることで各々の活動がよりよくなるような仕組みになればいい。

夕方、知人の結婚披露宴へ。
会場のホテルの着替え室で。持参したサスペンダーが壊れてた。このズボンはベルト通しがついていない。サイズは少々緩め。だが下に落ちるほどではない。カマーバンドをきつめにしめて対応することにした。それでOK。
しかしサスペンダーって壊れるんだな。諸行無常。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『大悪名』

夕方、いちょうホールにて音楽劇『大悪名』を観た。

ミュージカルというにはダンス要素が少ないか。大衆演劇のような人情話の合間に歌が入る。
主演が沢田研二という以外の予備知識がなかったが、彼を慕うシスターは南野陽子だったとは終演後に知った。事前に知っていたらもっと楽しかったかも。

知人から譲ってもらったチケットで観た舞台。思わぬいい時間をいただいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ハッピーリトルアイランド』

アミダステーションにて、映画『ハッピーリトルアイランド』上映会。
財政破綻し治安も悪化したギリシャに、小さな島がある。住民が長寿で知られるその島にある若者が移住する。自給自足を目指したものの挫折。パートナーとも別れることとなった。しかし彼は島に住み続けることにした。
助け合いが基本ルール。少欲知足を実践している島。

映画をご覧になった方が、近くに映画の島と同じような村があるよと教えてくださった。
山梨県小菅村。人口700人。それで村経済が成立している。役所が全員の名前を知っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

追悼法要2017年は築地本願寺を予定

午前、築地本願寺にて自死遺族の分かち合いの会にスタッフとして参加。29名のご参加。今日は聞法ホール入り口が工事でふさがっていたのでお帰りになった方もあったかもしれない。

午後、築地本願寺宗務長と自死問題活動について会談。
重要なテーマと認識しており、築地本願寺として協力していくのはやぶさかではないとのお話をいただく。
今年の超宗派での自死者追悼法要は12月1日に築地本願寺の蓮華殿で営む予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

形にならない

終日原稿書き。

といっても、キーボードに触っている時間は少ない。ほとんどが考えている時間。
字数は少ないのに、まったく進まない。
頭の中のことが文にできない。

文にできないということは、分かっていないということなのか。
いや、頭の中にある絵をその通り描けるかというとできないわけで、
頭の中に何かがあるということと、それを形にすることは全く別のことなのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

共倒れ希望

天井裏が騒がしい。

毎年この時期、なぜかアライグマかハクビシンが庫裏の天井裏に入り込み、子どもを産む。
生まれた子どもは2ヶ月くらいでけっこうしっかりとした個体となり、6月半ばに出て行く。
まあ、出て行ってくれるので毎年大目に見てはいるのだが、今年は例年になく、騒がしい。何か、争っているような感じさえする。
これ、新参者が入り込んで縄張り争いをしているんじゃないか。

まあ、仲良くなって共存同居してくれるよりは争っていた方がいいような気もする。
しかしうるさい。
願わくば共倒れしていただきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それも方便

午後、延立寺法話会。
ご講師は横浜なごみ庵の浦上哲也師。お人柄があふれる落ち着いたお話をいただいた。
聞けば、日本で唯一の、僧侶にしてプロレスラーの女性、雫有希さんとお知り合いとか。プロレスつながりではなく、僧侶としてネットでの相談活動をしている仲間とのこと。本当に幅が広いご活躍。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドッヂボールじゃなかった

昨日は二軒目にバーへ入った。ここも予備知識皆無の店。

カクテル「ドッヂボール」を出来るか?と尋ねたところ出来るとのことなので、注文。
これは先日あるバーで隣の客が注文したもの。その店は老舗だが、マスターは作ったことがないという。ちょっと気になっていた。
出てきたカクテルはオレンジを使った飲みやすいロングカクテル。いい選択。

帰宅してから検索したら、名前は「ドッヂボール」じゃなくて「ボッチボール」だった。店員さん、私に恥をかかさずに注文を受けてくれた。名前を間違っている客はけっこういるのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

飲むにはいい街

夜、町田で友人と飲む。
入ったのはまったく予備知識がない店。ただ駅から近いだけで選んだのだが、開店と同時に入ってまもなく満席。その後に訪れた客を何人も断っている。
なんだこの繁盛は。たしかに安く美味くはあったが。

店を出て、少し街を歩く。良さげな店がいくつも。
いやー、町田は飲むにはいい街だな。その点では八王子はかなわない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電車で立つとやることない

慢性化してしまった五十肩はいろいろと不便を誘う。
葬式の時の袴をつけたり七条袈裟をつけたりするのが一苦労。
また、電車の中で立って本を読むことができない。左手を水平以上に上げることができないために、左手では吊り革を持てず、左手で本を持っても、少しの時間で痛みが滲み寄る。
それはスマホも同じ。
ううむ。

午後、会議。
それを途中で抜けて、築地本願寺での別の会議に。
その終了後、先の会議に戻る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新味気に入った

お供えにいただいたお菓子、ハーバーの新製品、ブルーベリー味が美味しい。
私はハーバーのあまりいい客ではないが、これは気に入った。

夜、アーユスミーティング後、近所のステーキ屋へ。
町中のお寺にはさまれた小さな店。カウンターのみ8席しかない。この席数なのでなかなかうかがえなかった。今日は雨のせいか先客0。われわれにとっては幸い。
この店、しばらく閉じていた時期があった。それを尋ねると「ええ、大人の事情で」とのこと。
大人の事情は収まったのですね。それも幸い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とうろう流しでフードドライブ

夜、八王子市仏教会の会議。
今年のとうろう流しで、家庭の余剰食物を提供してもらうフードドライブのブースを出すことの検討。
八王子で今盛り上がっているフードバンクや子ども食堂と八王子市仏教会がつながりを持つ端緒として、とうろう流しを位置づける。

亡き方への思いを具体的な行動に移す機会にもなればいい。
「おてらおやつクラブ」など、お供えのおすそ分け活動が全国に広まりつつある。八王子は幸い、ネットワークはできているので、それがもっと活かせないかと前々から思ってはいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

打ち合わせは必要

来月に伺う研修会の事前打ち合わせ。
依頼状によると、私の担当はほぼ丸一日。このたっぷりの時間をどうしてくれようと迷っていたが、本日の打ち合わせでずいぶん見通しが立った。やはり打ち合わせというのは必要。
なんと言ってもスタッフの感性がいい。問題意識も確か。
当日が楽しみになってきた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

堂々

八王子が誇るプロバスケットボールチーム、八王子トレインズの監督にお会いした。
身長2m10㎝、体重150Kg。堂々たる体格。元柔道選手の篠原を思い出させるが今なら監督の方が強そう。ご自身、その体格を、八王子トレインズの看板にしている。
現役時代は、ジムでトレーニングをしていたら山本小鉄氏に声をかけられ、プロレスデビューが決まっていたという。親の反対で断念したそうだが。
話が実に達者な監督、バスケットの上位進出を期待している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017永代経

延立寺降誕会・永代経法要。
昨日の雨はあがり、暑くもなく寒くもない最良の好天。大勢様のお参りをいただいた。

今回初めて、内陣に椅子を導入した。まあ悪くない。経卓を用意しようと思っていたが、当日の僧侶方のご意見をいただいて撤去。報恩講の時はまた考えよう。
法要後には永代経に初出仕した長男が皆さまにご挨拶した。

法話のご講師は吉見町浄泉寺の福井学誠師。
控室で伺ったところでは宗教法人取得に苦労されている。客観的に見て行政の言い分には首をかしげてしまうがなんとか乗り越えていただきたい。

今日は八王子駅周辺はサンヴァンサン八王子という催しで、ワインの歩き飲みを多くの人が楽しんだだろう。参加できずに本当に残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高座作り

終日雨。
終日、明日の永代経法要の準備。

明日の落語用の高座を作った。
アミダステーションのステージの転用。
このステージのサイズは一つが182×91×31。人が何人乗っても安全なように作ったところ、やたらと重くなった。使い勝手が非常に悪い。
そこで、半分に分割した。91×91×31。運搬の苦労が全然違う。
アミダステーションにステージは6つある。いつも壁にたてかけて,ほとんど使われることはない。これらも全部分割してしまおう。そうすれば使用頻度も上がるはず。

本堂の内陣に重ねてみたところ、高座としては2段では若干低い。しかし3段では高すぎる。
今回は2段でいく。次回までには少し低めの追加段を作ろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一番長く通っている店

夕方、京都にて会議。

会議後、西本願寺国宝の夜間参観を楽しむ。聞けば今晩は期間中最多の入場者という。本願寺の職員が総出で案内をしている。今日のこの時間に会議を設定してくれたことに感謝。

本願寺から寺町三条にタクシーで移動。サンボアバーへ。
大学入学のために京都に来た日、アバートに荷物を置いて向かったのが河原町。そこでふらりと入ったのがこの店。1979年4月のこと。38年通っていることになる。
高校時代に通っていてまだ健在な店はあるが、ブランクなく通っている店としてはここが最長。これからもよろしくお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酒を誘う歌

午前、永代経法要準備のおみがき。

昼、八王子のギャラリー「ことのは」にて、石橋和子さん指導の歌の会をのぞく。
合間に、石橋さんのミニライブ。初めて聴いたが、酒が欲しくなった。強めの、ウイスキーロックが進みそう。

夜、多摩地区本願寺派寺院の総会。
多岐にわたる活動の報告と計画が説明されたが、資料がバラバラで分からないというご指摘をいただいた。それは確かにそう。フォーマットを統一して、不要な情報はカットするという工夫は必要かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

築地本願寺変身中

所用のために築地本願寺に寄った。
車で行くときは、今まで正面の門から入った。それが境内整備により駐車場の位置が変わり、車は本堂に向かって右の晴海通り沿い入口から入るようになった。
入るのはいいが、出る時には銀座方向へは進めず、晴海方向に進んでぐるりと回らなければならない。慣れるまでは不便を感じるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

失礼

午後、僧侶対象の研修会に出講。
テーマは「子ども食堂」。
数ある子ども食堂の中から、寺院を会場としているものについて特色などを紹介した。んー、開設への背中を押す話にはなっていなかったかも。

夜、某会議。
ここにいるすべてのメンバーに、私の現在のメールアドレスが伝わっていなかったことが今日判明。以前のアドレスにメールを送っても、私には届かず、エラーリターンにもならない。行方不明になってしまう。すなわち私はこの2年間、届いたメールに何の反応もしない失礼な奴ということになっていた。まあ失礼な人間ということに間違いはないが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

まだ春だよ

朝、テレビの天気予報で今日の天気について「晴れ。この夏一番の暑さになる」と報じていた。「この夏」って。まだ春だろ。

掲示板のことばを替えた。
「野の花が散ることは花の終わりではない。花が生き生きと活動している姿だ」

夜、八王子市仏教会総会。
現体制になってもう1年たったのか。あと1年しかないのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カレーの効用

朝、ラジオで安住紳一郎が「つらいことがあったらカレーを食べる」と言っていた。
おお、同志よ。私もまさに。
精神的、肉体的どちらであってもダウンした時に食べたくなるのがカレー。
私の場合はカレー一般ではなく、エチオピアカレーだが。
ネットに流れている情報によると、カレーに欠かせないターメリック(ウコン)に含まれているクルクミンには、長期的な恐怖体験を緩和する作用があるという研究結果があるという。けっこう納得。
実は今日も少しエチオピアに行きたくなっている。連休最終日だからか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

眉毛が伸びてきた

このところ、眉毛が伸びてきたような気がする。月一回行っている床屋でも必ずカットしてもらう。
眉毛や耳毛が伸びるのは老化現象らしい。若い時は体がちゃんと判断して適当な長さでとどめていたのが、老化によりストップが効かなくなったと。
それって老年や中年がキレやすくなったのと一緒か。
私はまだキレやすくはなっていないと思うが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恩師の四十九日法要

恩師の四十九日法要を延立寺で勤める。
この方はまだまだ私を育ててくださる。

ただいま先生を偲ぶ会を準備中。予定では7月1日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生声肉声

野鳥の声が日常的に聞こえるというのは、ここに住んでいて良かったと思える大きなひとつ。
今はウグイスとガビチョウ。春先には下手だったウグイスが、今は得意げに見事な声を高らかに響かせている。

先日お参りにみえた小学生の子が「ウグイスの声を初めて聞いた」と。その親御さんも、「あれ、スピーカーで流しているんじゃないの?」はい。生声肉声です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

強風の中で

昼、延立寺で「藤と八重桜を愛でる会」。
八重桜が散り気味。それがかえっていい。花びらが散り舞い、地面を散り敷く。藤が満開。ツツジも満開。
それらに囲まれながら、バーベキュー。そして踊りを楽しむ。
難点がただひとつ。風が強く、テントを飛ばされそうになった。それでテントが少々破損。
テントを撤去した。これまでで初めて。
飲み再開。風にあたりながらのビールもうまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

焼酎水割り氷なし

夜、某会議。
今年度の活動を検討する。
当初の提案は却下された。ちょっとこちらの言葉足らずゆえもあったが、決して不快じゃない。というかむしろメンバーのやる気ゆえということで嬉しささえ感じる。

今日は飲みながらの会だったが、最後まで記憶はっきり。判断も発言も振り返ってみてまとも。
飲んでいたのは焼酎水割り氷なし。記憶する必要があったり乱れてはいけない会では、これにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遅刻が幸い再び

もう5月・・・。

午前、会合に向かったが、渋滞。遅れる!と責任者にメールをしたところ、すぐに返信があった。「来週ですよ」

あ、いつも毎月第一月曜に開いている会合があるのだが、今日は連休の最中ということで、来週に移動していたのだ。ずっと予定表に間違って記載していた。遅刻したのが幸い。

って、つい10日前に同じことを書いたような記憶があるが、まあいい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2017 | Main | June 2017 »