« October 2017 | Main | December 2017 »

2時間笑顔

午後、調布のお寺で長倉伯博師の講演を聞く。
長倉師は僧侶として終末期患者の応対のために病院に入った先駆者。.ju
2時間弱の講演中、一時も笑顔を絶やさない。すごい。

すごいのはもちろん笑顔だけじゃない。
現在ではいくらか理解を得られるようになった医師と僧侶の協働を切り開いてきた。
それが社会にどれだけのものを贈ったことか。それはまだ十分な評価を受けていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

継承の方法

夜、八王子いちょうホールにて芝居「あの夏の絵」を観る。

広島原爆被害者の証言を、現代の高校生が絵にする。実際に行われている取り組みをそのまま演劇にした作品。
記憶の光景が絵になることで、記憶が修正され、新たな記憶がよみがえる。その証言者の目となり手となって形化していく高校生との交流。継承のひとつの方法としてとても興味深い。

芝居自体はどストレート。1mmのひねりもない。それがこの劇団の持ち味ではある。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ズレててけっこう

昼食にカレーを食べる。初めての店。
某カレーコンテストで優勝したという。しかし私にはそれに値する味とは思えなかった。甘口なのに塩が強い。これが世間が求める味ということか。私の方がズレているのだろう。それはそれでいい。もうここに来ることはない。
エチオピアで口直しするか。

午後、アーユス理事会。
理事の数名の時間が限られていたので、議事が迅速に進む。会議において終わり時間を限っておくのは非常に有効。そのためには事前に資料を配布する必要があるが。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

今日もパニクった

沖縄では甥の結婚式。お相手が台湾の方で、双方から集まりやすい場所ということで沖縄となった。昨日は雨だったが今朝は曇。次第に青空が広がってきた。
非常にアットホームな式と披露宴。

披露宴後に那覇空港へ。
搭乗の待ち時間、売店を覗いていた時、気づいたら手持ちにしていたMacがない。どこかに置き忘れた。
さっき座っていた待ち合いベンチに戻る。どの椅子に座っていたか正確な記憶がない。このあたりだったかという場所を見る。ない。しかし、どう思い返してもこのあたりで置き忘れたこと以外考えられない。
空港職員に尋ねたが、拾得物として届いていないという。

あー、またやっちまった。パソコンをなくしたのは3回目。前々回は見つかったが前回は戻ってこなかった。そのいずれも泥酔していたが今回は完全シラフなのに。

待ち合いベンチの間を見て歩く。何かを探していますよー、と無言でアピールをしながら。ベンチを5周くらいしたところで、若い男性から「何かお探しですか」と話しかけられた。ええ、パソコンを、と答えると「これですか」とベンチを指さす。それにあったのは紛うこと無き私のMac。置いてあることに気づかず、その上に自分の荷物を置いてしまったとのこと。はー、助かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パニクった

朝、車で羽田空港へ。
日曜の羽田空港駐車場は満車の可能性があると昨日聞き、急遽ネットで民間駐車場を予約した。羽田空港から車で5分くらい。車を預けてから送迎してくれるとのこと。

同行者をまず空港で降ろして駐車場に向かったが、ナビは首都高に乗れと指示する。ナビによると目的地まで15分。15㎞。え?そんなに遠いの?5分のはずだが。不審に思いながらも指示通り首都高に乗り、次の出口で降りてUターン。またすぐ首都高に乗れとナビは指示する。乗ったら次は羽田空港。どゆこと?少しパニック。おい、飛行機に間に合わないよ。

はー、つまり目的地は高速道路の下にあったのだ。その住所をナビに入れたら、最短で向うには高速道路に乗るのが一番。しかし当然途中で高速を降りるわけには行かず、ナビに目的地に到着しましたと言われても素通りするしかない。それに気づいて、ナビを無視して高速の下道を行く。ありました。目的の駐車場。

予定を大幅に遅れたが大過なし。私にしてはめずらしくかなり余裕をもって家を出たのが幸いした。

実は搭乗手続時にもトラブルがあったのだが、まあそれはいい。飛んだ先は沖縄。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

今日は小春日和

午前、ご門徒のお宅で法事。
こちらのおじいさんは、なんというか話がとても楽しい。少々耳が遠いので応対が滞るが、しかし本当に楽しい。法事後にお斎をご一緒するのを楽しみにしていた。おじいさんだけでなく、ご家族皆さまも話題が豊富だし。

しかし法務が入ってしまった。仕方ない。お勤めだけで席を辞する。次の機会を心から期待しております。

向うのはちょっと離れた霊園での建碑&納骨法要。
時間的に超タイト。
しかしなんとか時間通りにお勤めできた。道路が空いていたこと、途中で工事や事故がなかったこと、いやただ、ありがたい。こちらの皆さまも温かい。

夕方、自分の卑小さダメさズルさを思い知らされる。嗚呼。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

好きな本を語っちゃった。すみません。

ゆうべ、西八王子駅近くのもっきんバーにて、古本交換会。

気に入っている本を持ち寄って交換する。私は『残像に口紅を』を持ってくるつもりだったが、途中に寄った本屋には在庫がない。代わりに選んだのは町山智浩氏の映画評。

すでにそこそこ飲んだ後に店に行き、さらにビールを飲みながら参加したため、一人でかなり語ってしまった。それほどはお邪魔ではなかったとは思っているが、酔っている時の私の判断はまるであてにならない。失礼しました。

だけどね、『残像に口紅を』と町山智浩映画評論(どれも)は鉄板のはずれなしだからね(とまた酔って書き込み)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

途中でキャリーケース購入

朝、八王子は雨。

小金井と武蔵野の寺の報恩講へ電車で向う。
すぐに後悔した。衣のバッグがとても重い。しかも傘持ち。このところは車での移動が多かったためにバッグの重さを忘れていた。というか、以前より格段に体力が落ちている。
武蔵野の寺に行く前に、吉祥寺駅前のドン・キホーテに寄り、キャスター付きキャリーケースを購入。中身を入れ替える場所も時間もないが、キャリーケースに載せるだけで移動はとても楽に。
これまで使っていたキャリーケースは無駄に重かったので、買い替えるいいきっかけにもなった。

本日車を使わなかったのは、延立寺壮年会の秋季ピクニックに合流するため。ピクニックに合流するというより、歩いた後の居酒屋での懇親会への合流だが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スケジュールを公開

本来は今日まで気仙沼にいるはずだったが、急遽トラブルが発生してゆうべ帰宅した。
アミダステーションにダブルブッキング発覚。責任は私。OKの返事をしながら、それを予定に書き込んでいなかった。

なんとか調整して、というか、普段は使っていない3階倉庫をご利用頂くことで関係者にご納得いただいた。暖房器具やホワイトボードやプロジェクターやスクリーンや椅子机を延立寺から搬入しなければならないがそれはもうしょうがない。

大きなダブルブッキングをしてしまったのは2回目。
基本無料(ではなくお布施)でお使いいただいているということで大目に見ていただいているが、迷惑を考えると金の問題ではなく。
アミダステーションのスケジュールを公開することにした。いや隠していたわけではなく、方法が分からなかっただけですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2年ぶりの気仙沼

朝、八王子を出て気仙沼へ。
下りた一ノ関は積雪が残っていた。真冬の趣。しまった。防寒対策をしていなかった。寒いー。

気仙沼には震災以来毎年来ているつもりでいたが2年ぶり。かさ上げ工事は終わり、復興団地ができていた。光景がずいぶん変わっていた。大島への橋もあと少しで完成。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

『残像に口紅を』が平積み

掲示板のことばを替えた。
「努力して得られるのは、成功ではなく成長」。

くまざわ書店に筒井康隆の『残像に口紅を』が平積みになっていて驚いた。テレビ番組でカズレーザーが薦めていたらしい。
『残像に口紅を』は私のオールタイムベストテンから外れたことがない。読んだ時のなんとも言えない寂静感は忘れられない。世界が変わった気さえした。あんな体験はそうはない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かつて東京バザールがあった

午後、いちょう祭りを覗く。
友人がやきそばのブースを出していた。まるではかったように、私が400食の最後の一皿をいただいた。

他のブースも覗いたが、地方からの出張ブースが賑やか。好天もあって人出も多い。もう35回目だそうだが、いい祭りになったのではないか。

この光景から思い出すのは45年前。1970年代はじめ,神宮外苑の銀杏並木が色づくころ毎年開いていた、「東京バザール」というイベント。今検索すると主催はTBSだったようだが、神宮外苑にテントを並べておしゃれな洋服や変わった食事を出していたのだ。私は2回ほど行ったことがある。当時流行しはじめていたウェスタンシャツを買った。

おしゃれさでは段違いだが、あの感覚がよみがえった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

錚々たる顔ぶれ

午後、アーユスの専門委員会議。
アーユスには専門委員制度がある。テーマごとの専門家でNGOに理解がありアーユスの理念に賛同してくださる方に就任していただいている。
しかしその方々同士が顔を合わせる機会はいままで、持たなかった。あえて言えばアーユスデイがそれにあたるが。
本日は専門委員会議と銘打った。皆さまお忙しい中を十数人もお越しいただいたのは素直にうれしい。
この面子を集めて2時間というのはあまりに短い。しかし懇親会にもほとんどの方が残ってくださって濃い時間になった。
アーユスは愛されているな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

足が冷える

寒い。

ここ2〜3年前からか、下半身の冷えを痛感するようになった。
靴下を履いているのに、足首下が冷えてしびれる。腰から下、腿、膝、ふくらはぎの外側が冷たく、ジーンとしている。

血行が悪くなっているのだろう。運動をすればいいのか。
私はズボン下というのを履いていないがこれはもう必要だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9年経っても重要作

夜、東京仏教学院講義。

テレビドキュメンタリー『光と影』を観て、ディスカッション。
この作品、放送されてもう9年になるが、重要性はまったく変わらない。未だに東海テレビの代表作に位置すると思う。

まあ、第一の座は『人生フルーツ』に譲った感はあるが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紅葉時に初

午前、幸い時間があったので紅葉の永観堂へ。
河原町四条のホテルから歩いた。少し長めの散歩距離。歩くとかつて住んでいた時の記憶が蘇る。
永観堂は人出で賑わう。しかしすれ違う人の言によると今日は空いているとのこと。これで空いているんなら週末はどうなるんだろう。
紅葉はちょうど見頃。見事。本当に来てよかった。観光に興味のない私が素直に思った。見返り阿弥陀さまにも再開。この仏さまはやっぱりいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初京都坊主バー

京都行き。
本願寺総会所にてご法話を聴聞する。ご講師はかつて築地本願寺にお勤めだった方。現在は大分で住職を務めている。

夜、京都坊主バーへ。
僧侶がバーテンを務める坊主バーは現在全国各地にある。そのうち私は東京の四谷と中野の二店しか行ったことはない。そしてその両店とも私の好みには合わない。
だから、京都にも坊主バーがあることは知っていたが足を向ける気がしなかった。
それが今日はなぜか寄る気になった。
結果大正解。実に落ち着けるいい店。ウイスキー主体のまじめな店。
また行こう。

その後、つい天下一品に入ってしまう。そしてやはり後悔した。塩辛い。本当に皆これでいいのか。かつて中毒的に好きにさせてくれたあの味を出している支店はどこかにないのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

音楽一家

午前、葬式。
火葬場での控室でご家族のお話をうかがう。

故人は若いころは九州でかなりやんちゃに過ごしていたらしい。仕事をリタイヤされてからも好きに生きていたとのこと。本当に幸せな方。今日は九州から若い頃からの遊び(ワル?)仲間がいらしていた。にこやかな方。

故人の息子さんはクラシックギターが趣味。お孫さんは学校では吹奏楽部、家ではベースを弾いている。息子さんのお連れ合いはアコーデオンを弾く。音楽一家。
しかし、バンドを組んでいるわけでもないのにいきなりベースを選択。それもかなりの腕前とか。しぶい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「世界」は人

延立寺報恩講。
晴天。ありがたい。

ご法話はひたちなか市から増田廣樹師。親鸞聖人の和讃にある「十方微塵世界」の「世界」は一人一人の人を指していると。実に深い。

清興には緒方美穂さんと佐藤錦水さんによる歌と尺八。これがもうすばらしい。
このお二方、今日は早朝にお見えいただいて、リハーサルに1時間以上かけていた。こんな方は今までいない。お陰様で完璧なパフォーマンス。総代からは100点満点の評価をいただいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実家の前に寄ってくれた

朝、ご門徒の青年がお参りにみえた。
今の職場は名古屋。実家は延立寺の近くにあり、久しぶりに八王子に帰り、実家に行く前に寺に寄ったとのこと。なんだかうれしい。

彼のおじいさんが亡くなった時からのご縁。その時の彼は幼く、おじいさんの記憶は全然ないとのこと。

彼はいろいろ職を経験して、今の会社には3年になる。忙しくしているがそれがどうなのかなと30歳を間近にして何か考えるところがあるようす。何にしろ、君はやっていけるような気がするよ。

終日報恩講準備。
好天なのが幸い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きぬさやが高い

朝、日曜日に営む報恩講のお斎の材料買い出し。
北野町の市場に7時前に行ったが、どの店もまだ品が出ていない。来るのが早すぎた。なんだか年々店が開くのが遅くなっているような気がする。次回からは1時間遅くてよさそう。
この市場、定期的に店の位置が移動する。そのたびに品揃えも変わる。

きぬさやが店にない。あったが高い。100gで300円。700g必要なので2100円+税。今回買った食材の中では一番高価。他に緑がないのでまあ仕方ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大学生、アミダステーションへ

午前、ご門徒の方々のお手伝いを得て、本堂の仏具おみがき。一皮剥けました。光が戻りました。ありがとうございました。

午後、男子大学生2人がアミダステーションに来訪。
ゼミの研究で分担して市民活動を調査しているとのこと。

質問に答えているとちょうど、子ども食堂のスタッフ女性が現れた。たまたま荷物を置きに来たのだが、大学生の関心事のど真ん中。取材は彼女に受けてもらうことにした。
大学生の2人、とても気持ちいい。さわやかなイケメン。いろいろな社会活動の歴史や実際への知識はまだあまりなさそうだが、あの歳ならそんなものだろう。いい発表ができますよう今後もご協力いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

築地本願寺が変わった

夕方、築地本願寺の新施設疲労祝賀会。
築地本願寺の境内に新たに「インフォメーション棟」と称する新施設が出来た。カフェと小ホールとブックセンターを擁する。
カフェを開店したことで、このごろのブームに乗ったのだろうと批判的な声も聞こえてくる。
それは正直的外れ。カフェがメインではないことはここに来ればわかる。ツールのひとつでしかない。そしてツールとしては悪くない。
それより私が残念なのはブックセンターが小さいことだが、その分、何を置くかの腕の見せ所でもある。
ご期待申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5000円がすり抜けた

使っていた掃除機が壊れ、新しく買い替えた。選んだのはDysonV8。本堂で使うにはコードレスの方がいい。ダイソンの最新機種なので高価だが、現在はキャンペーン中で、どこで買ってもDyson本社から5000円のキャッシュパックがある。

さっそく手続をしようとDysonのウェブサイトを見てみると、先日まであったキャッシュバックの案内が消えている。あれ?どういうこと?
探してみたらありました。キャンペーン期間は11月5日(日)購入分まで。
・・・え?

買った本日は7日。キャンペーンは一昨日までだったの?なぜか11月末日までと思い込んでいた。目の前から5000円がすり抜けていった思い。

はーーーー。これは出来るだけ長く使って、損分を分散させるしかない。10年使えば一日あたり1.4円の損でしかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子どもに何を話そうか

午後、地元小学校の創立140周年記念行事のひとつとして、児童たちへのミニ講演を拝命。

1〜3年生までと4〜6年生までの2回講演。
いやー、引き受けはしたものの何を話していいものか、直前まで頭を悩ませていた。それが先日に営まれた140周年記念式典で5、6年生が発表した陶鎔の歴史の中に、東京オリンピックへの言及があったのにヒントをもらった。あ、映像があるじゃない。市川崑監督の『東京オリンピック』に昔の八王子の様子が。
それを児童に見せた後、「犬目」という町名の成り立ちについて話した。
けっこう反応はよかったような気が。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

訂正はやめた

昨日に続いて調布のお寺の報恩講に法話出講。

昨日も今日も本堂は満堂。しかもメンバーはほとんど重なっていないという。すごいな。
私は昨年に続いての出講。その時に私は大失敗をしてしまった。意味不明な話をしてしまった。そのことに気づいたのは壇を下りてから。

にもかかわらず今年も呼んでくださったので、昨年の訂正をしようかとも思ったがそれは私のこだわりでしかない。今年は今年として今お聞きくださる方に精一杯お伝えするだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お斎はフルーツサンドイッチ

夕方、調布のお寺の報恩講に法話出講。
本堂は満堂。有り難い。
お斎は千疋屋のフルーツサンドイッチ。お土産にいただいたが、家族から大好評。精進だし、センスあるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見知らぬ人とチームプレー

昨夜。中央線車内で。
酔いつぶれて床に座り込んでしまった男性がいた。彼のものと思われるかばんからスマホとイヤホンが床にこぼれ落ちていた。
それを見た25〜6の女性。男性に近寄ってスマホを男性のかばんに収め、そのまま何もなかった風に場を離れて自分のスマホをいじっている。

その姿にほれぼれした。本当にスマート。

その男性、座り込んだままずずっとずれていき、電車ドアに寄りかかってしまった。次の停車駅ではそのドアが開く。
じゃあ私が引き受けましょう。泥酔男性の腕を引き上げて立たせた。無事ドアは開いて問題なし。それを見て先の女性も笑顔を見せた。
その後、泥酔男性はまた座り込んで寝てしまう。
八王子駅に着く前にその男性に、どこまで行くの?次は八王子だよ、と声をかけた。え?と戸惑う男性。寝ぼけながらもお礼を言って、八王子駅で降りていった。

見知らぬ人とチームプレー。それを誘ってくれた彼女に最大限の敬意を表する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BARAKA20周年

夜、東京フォーラムにてロックバンド、BARAKAの20周年記念ライブへ。

知人に、BARAKAのライブに行くと言ったところ、知らないバンドなのでどんな系統の音楽かと訊かれた。ハードなプログレ、と答えたが全然イメージがわかないという。
うーん、私は音楽に詳しくないので、同系列のバンドをひとつも挙げられない。
BARAKAと言えば音の分厚さと変拍子。それが妙に心地いい。そのあまり、私は大音量の中で眠ってしまったことがある。後日メンバーにそれを侘びたら、かえって喜ばれた。聴き方なんでどうでもいい。心地よく寝てしまえたらそれは本望と。今日は寝ませんでしたけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

取れていなかった

もう11月・・・。

午後、12月1日に予定している自死者追悼法要のリハーサルと打ち合わせ。
本来は当日と同じ会場でリハーサルを行うはずだった。それが、会場が取れておらず、別の予定が入ってしまっていることが判明したのが数日前。
急遽別の部屋を押さえてもらって大過なく。
予約漏れが判明したのが数日前だったのが不幸中の幸い。当日まで分からなかったらさぞ慌てただろう。

リハーサルは無事実施。お越しをお待ちしております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2017 | Main | December 2017 »