« November 2017 | Main | January 2018 »

台湾日帰り

早朝、車で羽田へ。空港のカウンターが5時に開くと同時にキャンセル待ちの手続をする。チケットが取れるかどうかが判明するのは6時40分。ネットで安売りチケット業者のサイトを見ると、私が乗る便のチケットをまだ販売している。これが売れ残ればキャンセルに回るはず。どうか売れないでくれ。

幸いチケットゲット。台北へ。

台北の披露宴は着席だが固くない。つまり一番いい具合。若いお二人の未来を祝す。お開き後、すこしホテル回りを散策しただけで空港へ。
台湾日帰り。片道4時間なので特に強行ということはない。
私の知人にはオーストラリア日帰りという猛者がいる。真似はしたくない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おかげで井上の試合を堪能

午前、羽田空港へ。
甥の結婚披露宴が新婦の出身地・台湾で開かれるのでその出席のため。
搭乗手続を行なう段になって初めて気づいた。パスポート持ってきていない・・・。
今日はめずらしくたっぷり余裕をもって空港に来ていた。空港についてすぐ気づいたら十分対応は可能だった。しかしもう不可能。
今晩泊まる予定だった台北のホテルをキャンセル。
そして予定の飛行機を明日の朝出発便に変更してもらう。しかし満席のためキャンセル待ち。
八王子に戻る。はーーーー精神的にけっこうダメージ。
ネットで調べると、希望の便はビジネスはまだ席が残っている。これに変更するためには、私が予約した往路復路チケットを両方解約し、復路も改めて予約しなければならない。んんんんんん、迷った末、キャンセル待ちに賭ける。

夜、井上尚也の見事なボクシングを生放送で観た。これを観れたのは私のポカのおかげ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年賀状も出せました

午前中に寺報ポピンズ作成。
午後、藤の会の方々のご助力により、発送。
今回もまたまた締切に背中を押された。締切に助けられた。

続けて年賀状も印刷。例によって長田弘の詩を使う。
今日投函すれば元日に間に合うだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いい団体

午後、アーユス理事会。
アーユスの強み、特色を改めて考えてみる。いろいろなNGOが関係しているのはそそれぞれの団体にとっても意味があることと思う。
それと同じく、その時々の課題にすぐ対応できるのも強み。

理事会後は忘年会。最後まで記憶あり。やはり酒は適量がいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いい会

夜、八王子市仏教会常務理事会。
今日の会議に私は2つの文書を提出するはずだったが、2つとも用意できず、口頭での説明になった。それでもご理解いただけるメンバーがありがたい。
客観的に見て、八王子市仏教会はかなりいい線をいっていると思う。

会議後、忘年会。最後まで記憶あり。やはり酒は適量がいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

救われた

午後、ご門徒むけ研修会に向けての準備研修会。講師を務めたが私が話すなどおこがましい。事実、いただいた質問にはまるでお答えできなかった。しかし、ちゃんと聴いていただいてありがたい。
帰り際に嬉しいことばをいただいた。救われた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新曲へ関心薄

先月の延立寺報恩講にお越しいただいた緒方美穂さん率いる多国籍音楽集団OLINOVAの『ikiru LIFE』購入。いやーこれいいわ。なんでもっと早く注文しなかったのだろう。

今年を振り返るとCDを買う数が減った。配信に乗り換えたというわけでもなく、聴く時間自体が減っている。新しい音楽を聞こうという気力や関心がなくなっている。まずい傾向。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

また詰まっている

夜、ひっさびさの雨。
雨樋から水が溢れる音がする。
雨樋の掃除をしてからしばらくはなかったのに。
落ち葉がまた詰まってしまったか。

私はこの頃とみに、連続音が煩わしく感じるようになった。
一番ダメなのが時計の秒針音。そして雨漏れの連続音もダメ。音一般がダメというわけではないのだが。なぜだろう。

明日晴れたらまた掃除しようか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベテランがいなくて

午前、境内で餅つき。幸い好天。

毎年餅つきをリードをしてくれたベテラン2人が今日は欠席。それだけで段取りがまごついている。脇で見て理解していたつもりが分かっていなかった。
つき手も少ない。ニューフェイスも登場したが、慣れないことはまだまだ戦力にはならない。
それでも美味しい餅がつきあがった。

午後は今年最後の法話会。法話は私が務めた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ショートムービーっていいな

ネット配信でショートムービー『世界の終わりの、そのあとで』『より道』『こんぷれっくす×コンプレックス』を見る。いずれも下北沢映画祭の入賞作品。

下北沢映画祭はショートムービーを対象としている。
数分のものから60分程度、長さもまちまち。
本日見た 3本とも、入賞作品ということもあろうが非常にクオリティが高い。私が20代によく観ていた自主製作映画とは全然違う。『世界の終わりの、そのあとで』は原作マンガも買ってしまった。

ネット配信されているものは残念ながら画質が悪い。これら、ちゃんとした画質で観直してみたい。
ショートムービーの映画会、アミダステーションでもできないだろうか。

夜、同志と懇談会。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キャリア長いから

夜、寺ネットサンガの坊コン。
寺ネットサンガは日本橋の会議室を借りて、寺の外でお坊さんと語ろう会。
本日のテーマは「今さら聞けないお寺・お坊さんの基本のキ」
参加者からいただいた質問にお答えする。答える坊さんは各派4人。
お坊さんになる方法、坊主丸儲けと言われるが実態は、髪の長さはどこまでが許容範囲か、などなど。
一番盛り上がったのは失敗談。本日のお坊さんたち、キャリアは長い。だから皆そこそこやらかしてます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

教団はどこも

夕方、「同和問題に取り組む宗教教団東京地区連帯会議」会議。その後忘年会。


この会には既成仏教教団、各キリスト教団、新宗教教団から委員が出ている。
依って立つところは違っても、人間集団というのはあまり違わないよう。
共通するのは外部の意見を聞かないところ。
歴史ある教団はどこも大なり小なり問題がある。それを是正するために外部の力を借りるわけだが、それらの声が生かされることは少ない。「自分たちの事情も分からずに勝手なことを言っている」と受け取られると。
まああの、口ばかりなコンサルの言うことに軽薄に乗って大失敗した実例も知ってはいるんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小規模化の利点

ここ数年、法事の小規模化が進んだ。以前は10人くらいの法事客でも少なく感じたものだが、今では10人も呼ばれることはほとんどない。

淋しさを感じることもあるが、寺側にはプラスのこともある。
10年前は法事の9割は土日に集中していた。しかし今は平日に設定される。今日も。明日も。その分当然土日にも余裕が生まれる。分散してくれることはありがたい。
おみえの方にもゆっくりしていただけるし、落ち着いてお話しもできる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロの芸を堪能

夕方、某会の忘年会。

余興に登場したのが、芸人のほいけんた。
テレビに出る時は明石家さんまのまねネタばかり。確かに見事な芸だが、出っ歯を外すとまるで人相が変わる。
地声は明石家さんまとは全然違う。クリス・ペプラーに近い美声。びっくり。
郷ひろみや桑田佳祐のまねの他、子ども相手にバルーンアートで喜ばせるなど、十分に楽しませてもらった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

納得

朝、右足ふくらはぎが強烈なこむらがえり。何十年ぶりだろう。幸いすぐに収まったが。
こむらがえりになる原因をネットで調べると、運動不足と水分不足。納得。

夕方、東京国際フォーラムにて村本大輔の独演会「大演説会」を聞く。
1時間45分、一人でしゃべり詰め。
サブタイトルに「クソ芸人によるクソ芸人のためのクソ人間だけに向けた 今年最後の独演会!もうあなたは何も信じられなくなる」とある。その通り、俎上には吉本の芸人、マスコミの論調があがる。
途中、客をいじる場面が数度あったが、私の見た所ではみんな仕込み。だがいずれも巧妙。「誰も信じるな」と謳っている通り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダブルダウン初見

夜、後楽園ホールにて知人が出場するキックボクシングを観戦。
知人は残念ながら惜敗。悪くない試合ではあった。

しかし今日はいい試合が続いて大満足。メインとその前の試合は両方ともタイトルマッチだったが、スリリングなKO決着。メインでは両者が同時にダウンする場面まで飛び出した。
ふだんは知り合いの試合が済んだらメインは見ずに帰るのだが、今日はなぜか最後まで残ったのが吉と出た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボロ市に雪

昼、世田谷通りを車で走ったら、ちょうどポロ市。その賑わいを見ているとフロントガラスの前を舞うものがある。雪。この位の量だと初雪にはカウントされないだろうが。

夜、日暮里にてオペラ「関東の親鸞さん」を観る。
演者はプロの声楽家。演奏は音大の学生。とても堂々たる作品。
昼はそこそこ入ったそうだが、夜の部は4割程の入り。人を誘えばよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

足が冷たい

昼、ランチミーティング。議題はてんぐシネマ倶楽部。
月一回、主にアミダステーションを会場として自分たちの好みの映画の上映会を開いている。その来年度会議。


夕方、アミダステーションにてアーユスミーティングにSkype参加。

夜には別所にて別件会議。
その両方で私は寒さに襲われる。いや、寒さではなく冷たさに。特に下半身を。両会場ともちゃんと暖房は入れているのに。
私、確実に冷え性になっている。運動不足か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新世界初心者

昨夕、大阪の新世界へ。
知っている店は一軒もない。失敗したくないためにそこそこ流行っている大きめの店に入った。が、いまいちつまらない。反省。失敗覚悟で小さい店に入るべきだった。
串カツをつまみに生ビール。

その後に大阪津村別院に行き、仏教文化講座『幸せってなんだろう〜悪人正機の倫理学』を聴く。図らずも、大阪で二夜続けて歎異抄第13条の講義。しかも二夜続けて浄土真宗本願寺派を代表する論客による。
切り口も鮮やかで、とても興味ぶかく聞かせていただいた。
来る前にビールを入れておいたのが吉と出た。適量のアルコールは学びの友となる。

本日は昼、調布のカレー屋で昼食。
私が入店した時は席は半分くらいしか埋っていなかったが、たちまち店外に空席待ちの列ができた。
味は・・・美味しい。しかし、私が頼んだの辛さ10倍だったのだが、え?と思うほど辛くない。んーーーと、なぜ?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「学研都市」なのに不便すぎ

朝、以前から行きたかったスピーカーメーカーに向う。
このメーカーは独自の理論に基づいた製品づくりで強固なファンを持っている。その本社の試聴室で開発者のお話をうかがいたいと。

Googlemapで検索すると、京都駅前からバスが出ている。が、時間が分からない。バスの発着所に行って次のバスは何時かと聞くと・・・京都駅からは朝7時と夕方5時の一日2本しかないと。え?

このメーカーがあるのは京都の南に位置する、通称「けいはんな学研都市」。アクセスが異常に悪いんですけど。今日に本社へ行くのは断念。いつか縁があるだろうか。正式名称、関西文化学術研究都市。アクセスをなんとかしてくれ。

昼、京都で評判のカレー屋に入る。残念!これで塩が少し控えめならなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いまだ発展中

夜、大阪の練心庵にて釈徹宗師と武道家・甲野善紀氏の対談を聞く。
テーマは「武道と歎異抄第13条」。
甲野氏は70歳を前にしていまだに気づきがあり、日々進化しているという。それをうかがうだけで楽しい。最近発見されたという原理は「乱気流」と名づけられた。

甲野氏が古武術を通して、人間というかモンゴロイドの身体とその動きについて世間に発信してくださったことはとても大きい。それがまだ一般に活用されていないのがもったいない。

その後京都に移動し、三条のサンボアバーへ。
閉店予定時間にはまだ1時間あるが、マスターはすでに酩酊状態。お客に高校時代の同級生が来ていたこともあって、気持ちが解放されていた様子。
カクテルを頼んだら「え?これからそんな面倒なのを作らすのか!」
それももちろんご愛嬌。

ここは私が最も長く通っている店。長く続いている店ということでもある。どうぞお大事に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まともな古本屋とチェーンでない喫茶店

夕方、アミダステーションにて、八王子日中友好協会の総会に出席。
この会の世話人をしている方が地元の古書店主。サブカル系に強い棚作りをしていて私も以前から通っているが、大変な人脈をお持ちと今日知った。
ちばてつやとは友人、大友克洋は後輩。
つい先日、松本零士が800万円の買い物をしてくれたと。
まともな古本屋とチェーンでない喫茶店はいい町の必須アイテム。この店は八王子の宝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

危うく回避

あぶないあぶない。自分のほぼ唯一の絶対の戒を破るところだった。
「呑んだ時はメールの返信をしてはいけない」

夜、「(仮称)葬送のありかたを考える会八王子」の会合。
寺院と葬祭業者と行政(!)に関わる者が、現実の葬儀のあり方を切り口として社会を変えて行く動きがある。進むスピードとしては遅々としかいいようがないが、方向性は間違いないし、こういう動きがあることだけで、希望。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この姿を見られているのか

某会に宛ててのビデオレターを撮った。
この会へは私は心から敬意を持っている。なので、その気持ちをただ素直に語ればいいと思っていた。
が、撮り出すとうまくいかない。
自然に話そうとすると自然に話せない。
で、一応原稿をつくってはみた。
それをしゃべってみるとしっくりこなかったり、確認してみた自分の姿がなんだかふらふらしていたり。妙に早口だったり、語尾がはっきりしていなかったり。
自分のしゃべっている姿はもっと撮った方がいい。ちゃんと見た方がいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あの環境でよく

昼食は渋谷のスリランカカレー。
美味しいんだけどね、たぶんもう来ないな。
いやしかし、私の好みがどんどん狭くなっている気がする。老化か。

夜,同志の慰労会。
かつて私が担当していた役を引き継いでくださり、6年間務めた後に優秀な後任に引き継ぎ。お疲れさまでした。
私が役を渡したことに感謝していただいた。いろいろな経験ができたと。そうでしょう。それは確かだと思う。
環境的には私が務めていた時とは段違いにやりにくい状況に襲われたのだが、それでも十分なお仕事をされたと思う。
もう一人の同志も合流し、語る。3人でワイン3本。飲みすぎることもなく最後まで記憶鮮明。いい夜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

基礎はお伝えできたかしら

午後、アーユスの事務局員に対して仏教レクチャー。
アーユスの会員は寺院関係者が多いため、運営上でも仏教の基礎知識はあった方がいい。
時間は1時間。
本題に入る前に、宗教とは何かを考えていただき、その中で仏教が生まれた経緯を話す。
そして釈迦の一代をなぞりながら仏教の概略を話しているとすぐに時間オーバー。
日本仏教の宗派などについては全然触れられなかった。仕事上ではそっちの方が実用的なのに。次回はいつになりますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

持ち主判明

昨夜に車の中にあった服の持ち主がすぐに判明した。同席していた者の忘れ物を私が預かった形になっていた。
しかしこれ、具体的なモノがあったからいいものの、酔っている時に口頭で安請け合いなんかしてたらやっかいだな。これまでは大過なく来たが。

午前、多摩組寺族女性会のみなさまがアミダステーションへ。
アミダステーションの現況についてお話しさせていただく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

車に覚えのない服が

午後、所沢の金乗院へ。ここには、1945年に九州の壱岐で海難事故により亡くなったコリアの方々の遺骨が安置され、厚生労働省の管理下にある。この遺骨を韓国朝鮮に奉還する手筈について意見交換をした。

帰り、築地本願寺に寄り、先週金曜日から置かせてもらっていた車を引き上げる。
すると、車内に見知らぬショートコート・・・。これ、何?誰の?まったく記憶にない。
鍵のかかった車内にあったということは、私が入れたのだろう。
金曜日、追悼法要の後に仲間と打上げをしている途中から記憶がない。
同席した仲間に聞いてみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

同志の息子の結婚披露宴

同志の息子の結婚披露宴に出席。
新郎の生まれた時から見てきたが、新郎が大学4年の時に東京仏教学院に入学して、私が教えてもいた。その時のレポートをスピーチで紹介。

余興では新郎が以前に勤めていたメガバンクの同僚がはじけていた。メガバンク行員、さぞ日々ストレスが溜まっているのだろうと想像。
新婦側余興では新郎新婦の写真を何千枚も使ってのモザイクアート披露。びっくり。ああいうソフトが存在するのか。

いい披露宴でした。どうぞおしあわせに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6年ぶり

中学校時代の同期会。2011年以来だから6年ぶりか。
今回は年末ということもあるだろうが参加は少なめ。元生徒が33名。
私の近況報告では中学がちょうど創立70周年にあたることと、中学同窓会の存在及び会費納入をアピール。出席者の多くに応えていただいた。この会費は在校生のクラブ活動助成に使われる。

卒業してから42年。それだけたって初めて聞いた話もある。それだけたったから話せるようになったと。それだけのことがあってよく生きてきてくれたよな。乾杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陳謝

もう12月・・・。

午後、築地本願寺にて自死者合同追悼法要。
大勢の方にお参りいただく。思いの重さを感じる。

私は法要に出仕。
しかし大失敗をしでかす。原因は一にも二にも私の準備不足。言い訳のしようがない。申しわけない。
深くお詫びいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2017 | Main | January 2018 »