« 同志の息子の結婚披露宴 | Main | 持ち主判明 »

車に覚えのない服が

午後、所沢の金乗院へ。ここには、1945年に九州の壱岐で海難事故により亡くなったコリアの方々の遺骨が安置され、厚生労働省の管理下にある。この遺骨を韓国朝鮮に奉還する手筈について意見交換をした。

帰り、築地本願寺に寄り、先週金曜日から置かせてもらっていた車を引き上げる。
すると、車内に見知らぬショートコート・・・。これ、何?誰の?まったく記憶にない。
鍵のかかった車内にあったということは、私が入れたのだろう。
金曜日、追悼法要の後に仲間と打上げをしている途中から記憶がない。
同席した仲間に聞いてみよう。

|

« 同志の息子の結婚披露宴 | Main | 持ち主判明 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42067/66136350

Listed below are links to weblogs that reference 車に覚えのない服が:

« 同志の息子の結婚披露宴 | Main | 持ち主判明 »