« December 2017 | Main | February 2018 »

彼らは知らなかった

午後、厚労省へ。
戦後の混乱の中で国内に残された、朝鮮・韓国出身者の方の遺骨を奉還することの申し入れ。

同席された崔善愛さんは、かつて、指紋押捺拒否で闘った方。日本で生れ育ったにもかかわらず、指紋押捺を拒否したために国外から日本に帰国することを長年拒否されてきた。
国会に呼ばれてその体験を証言したところ、与党自民党のスタッフたちが泣いていたという。そんな理不尽なことになっていたことを自分たちは全然知らなかったと。
政治に携わっているからといってすべての課題に通じているわけではない。対立の根は案外、依る知識の違いだったりする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初心者にあたった

都内某区役所から発行された火葬許可証。火葬場所の欄に、葬儀式場の名が。
喪主は初めての経験で、申請書類に書き間違えたのだろうと思ったら、どうも役所の担当者が葬儀式場のパンフレットを見て書き込んだそう。
担当者が初心者だったのだ。地方ならともかく、都内にあんな名前の火葬場はないことは一年も部所に入れば分かること。

八王子市火葬場にかけあって、再発行も訂正もせず、その記載のままで火葬を受け付けてくれることになった。役所でも現実的な対応をしてくれるのだな。ありがたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

娘のお下がり常用

源泉所得税関連書類提出終了。締切前に済ませるのは私としては異例。

寒い。

私は家ではへちま衿のカーディガンを防寒着にしている。それでは首筋が寒いので、衿をたてて首下をクリップで留めている。

それが少々みっともないと、娘のネックウォーマーが回ってきた。娘が高校時代、夜に自転車に乗る際に寒さ除けと車から目立つように使わされていた。しかし娘の好みではなかったようで現在は使っていない。

これがもう暖かくて。
うちの中では常用している。

が、首回りをおおげさにふくらませている様は、見た目を気にしない私であっても人前には出られない。来客時にはすぐに取り外す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

広告が偏っている

SNSにやたらとデイパックの広告が流れてくる。

確かに私はデイパックは好き。しかし最後に買ったのはちょうど1年前。その前はその1年前。それ以前はほぼ2年で使い潰して(たいてい肩掛ベルトが本体からちぎれて)買い替えている。年に1つ買うのってそれほどデイパック好きとは思えないんだが。

あ、そうか。私は他にモノを買っていないんだ。

最近物欲がはっきり低減している。本は買っているが、それ以外にこの1年でネット経由で買ったモノはデイパックくらいだと思う。相対的に、私の購入歴の中でデイパックの比重は高くなる。
なるほど、これはこれで私の購買傾向に添っているのだな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

『ラ・ラ・ランド』

映画『ラ・ラ・ランド』をDVDで観る。

二重三重の夢の話。
舞台のロサンゼルス・ハリウッドは言うまでもなく役者を夢見る人たちの聖地。その中にある恋人たちが夢見る名所でロケ。主人公の2人はそれぞれ夢を持っている。それは結果的に叶えられるが、もう一つの人生を夢見ずにはいられない。
それらの物語をいかにも夢的な絵柄で観せる。夢の世界だからダンスも歌もあっていい。
冒頭の渋滞高速道路でのダンスが圧巻。一番の見せ場を冒頭に持っていき、一気に夢世界に引きずり込む。

これ、いい映画だわ。映画通の知人は酷評していたけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

絨毯で道を作った

アミダステーションにて、てんぐシネマ倶楽部。
上映作品は『ちづる』。自閉症少女が主人公のドキュメンタリー。
そこそこお楽しみいただけたのでは。

アミダステーションの回り道は氷。
車道はもうかんべんしてもらう。アミダステーションへの歩き道をなんとか確保したい。
スコップで氷を砕くがなかなか除去できない。
歩行路用にダンボールを敷くことを思いつく。しかしやってみると、ダンボール自体がそり状態になりかねない。
そこで、アミダステーションに絨毯があったことを思い出した。土足用の絨毯でけっこう重量がある。敷いてみると、いい。使える。アミダステーションの入口まで絨毯の道を作った。これが置いてある意図を汲んでいただければいいのだが。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

今年初エチオピア

午前、築地本願寺にて自死遺族分かち合いの会「いのちの集い」にスタッフとして出席。ご遺族は37名参加。寒さのせいか少なめ。

午後、アーユスミーティング。2月5日のアーユスデイの準備が進む。

夕食は今年初の神保町エチオピア。野菜+チキンミックスカリー辛さ70倍。本当にここの味には救われる。次回は豆サラダを追加しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一日置いたら除去不能

心底寒い。
アミダステーション、ふだんはエアコンで暖房は十分。しかし今は、エアコンを強めに入れても足下が冷える。どうすりゃいいんだ。サーキュレーターで空気を回せばいいのか。とりあえずひざ掛けで対応しているが、将来資金の余裕ができたら床暖房にしたい。

アミダステーションの周りの道は一日中陽があたらない。そこの雪が車で踏み固められてしまった。
都合により昨日はここに来れなかったのが敗因。
歩道だけでも確保しようと氷割りを試みたが、全然不十分。
転ぶ人がないことを願うばかり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

除雪機様様

境内の積雪を除雪機で排除する。
この除雪機、昨日の朝に動かそうとするとダメ。販売店の方に出張してもらったところ、前シーズンの終わりに燃料を抜かなかったために内部が腐ってしまった可能性があるとのこと。急遽修理をしていただき、積雪に間に合った。
除雪機をネットではなく地元販売店から購入して本当によかった。
除雪機、もう、強力。なんて頼れる奴なんだ。ここ数年に買ったモノで、満足度では一番な気がする。

午後、寺ネットサンガのお茶会。築地本願寺を案内する。
そこそこ親しんでいただけましたか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロにふさがれた

午後、延立寺法話会。
雪降る中にかかわらず4人の方がお参りくださった。ありがたい。
しかし雪は強くなるばかり。法話後はお茶も出さずにお帰りいただく。

法話会後、私は会議のために築地へ向う。愛車エスティマは雪をものともせずに進む。しかし思ったより時間がかかり、築地まで2時間かかった。

会議を終えて築地を出たのが17時。
築地から四谷まで30分。ストレスなし。
四谷から新宿南口まで1時間。原因は南口前の坂をトラックが何台も登れずスリップして道をふさいでいるため。
新宿から調布まで30分。のろのろだがストレスなし。
中央道調布インター前で1時間。
中央道に乗るのをあきらめ、旧甲州街道へ迂回。新奥多摩街道宮沢交差点まで20分。ストレスまったくなし。ガラガラの道を進むのが気持ちいい。
一旦奥多摩街道に入るが10分以上まったく動かず。
Uターンして新奥多摩街道に入るが渋滞。路地に入り16号へ抜けて拝島橋に乗った。ら、まーたく動かない。橋を渡るのに2時間以上。原因はやはりトラックのスリップによる道ふさぎ。あんなに前から予報がされながら雪対策をしていないプロ車がとても多いことが本当に不思議。

途中、道の脇を通って横入りをしようとする車があった。普段なら快く先に入れる私だが、今日はそうはいかない。とても譲る気になれない。俺も疲れていたのだよ。すまん。

やっと左入交差点までたどり着き、滝山街道、新滝山街道、高尾街道を経て帰宅したのが24時。築地を出てから7時間。
高尾街道ではシャベルカーが除雪作業をしていた。たいへんありがたい。

雪の日の教訓。トラックが使いそうな道と迂回路のない道はできるだけ避ける。
そして実感したのは、エスティマは本当にいい車。これを選んで本当によかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大は小を兼ねない

私は家でDVDを観るときはブロジェクターを使う。100インチのスクリーンいっぱいに映し出す映像は、映画館に引けをとらない。
が、なぜか疲れる。どうも映画に没頭できない。
なんでかなあと思っていたが、今日やっと分かった。私の位置がスクリーンに近すぎるのだ。
現在の位置はスクリーンから2メートル。ここからだと、画面全体が視野に入らない。特に洋画の場合、字幕を読んでいると画面の動きが見えなくなる。だから映画が頭に入らない。

そして興味深いのは、画面が大きいのは迫力だけはあるだろうと思っていたがそうではない。ストーリーが伝わらないと迫力も半減するのだ。人間はまず意味ありき。

画面には適正な大きさがあるのだ。それが今まで分からなかったなんてほんとバカ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ハドソン川の奇跡』

映画『ハドソン川の奇跡』をDVDで観る。
実話に基づいている。航空機がエンジントラブルでハドソン川に不時着したという事件は覚えている。
あれが「奇跡」と呼ばれるほどに困難なことだったとは知らなかった。
それ以上に、あの機長が国家運輸安全委員会から吊るし上げられていたとは全然知らなかった。国家運輸安全委員会の底意地の悪さと間抜け具合は何なのか。
すごい話。だが映画としては、すごい話を再現しただけという感は拭えない。
『父親たちの星条旗』も『硫黄島からの手紙』も『インビクタス』も事実の再現だが、それだけ、という印象はなかった。

クリント・イーストウッド監督作品としては、上位には挙げられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

表現者の会見

小室哲哉引退会見の全文がネットに上っていたので読んだ。
伝えられている印象とずいぶん違う。
不倫への謝罪というかけじめから引退を選んだのかと思っていたが、不倫報道はきっかけでしかなく、60歳引退を以前から考えていたとのこと。
人生の後半期にある男性の発言として少し繊細な部分まで踏み込んでいる。
自身が肝炎を患い、伴侶が要介護の障害があるという環境での心境をあれだけ語れるのはやはり彼は表現者なのだと思う。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

使いきれない

午後、近所のガソリンスタンドにて手洗い洗車。チケット使用。
以前、ガソリン代が安くなる特典付きということで買った手洗い洗車チケット。注意書きには、最初の洗車から1年間有効とある。

それから3年。まだ半分も使っていない。
幸い、まだ有効扱いしてくれる。
しかしこれ、ちゃんと1年間で消費できる人がいるのだろうか。しょっちゅう洗車していないと使いきれないぞ。そんな暇な奴いるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

友人が芥川賞

ゆうべ、ラジオから石井遊佳さんが芥川賞の報が流れてきた。びーーーーっくり。
候補にあがっていたのはもちろん知っていたが、正直受賞までは考えていなかった。石井さんには失礼。

石井さんは現在はインド在住だが、自死・自殺に向き合う僧侶の会で一緒に活動してきた真宗大谷派の僧侶。友人が芥川賞を取るとは。長く生きているとこんなこともあるのだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10年というよりこの5年か

午後、自死関連活動についてインタビューを受ける。
私の体験も含めてこの20年くらいの流れをお伝えしたが聞き手にはけっこう新鮮だったようす。
話してみて自分でも確認できたが、私の35年間の僧侶経験の中で、直近の10年間はそれ以前の25年間とは、社会における僧侶の立ち位置がかなり変わっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現金でびっくり

ついETCカードを忘れて高速に乗ってしまった。
久々に現金で払ってびっくり。中央道は980円!首都高は1300円!なんだこの価格設定は。
ETCを普及させるための措置だろう。
カードを忘れたことを後悔させるには十分な額。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新年会は続く

夜、都心の寺の住職たちに田舎者が私だけ混ぜてもらい新年会。スタートは夜19時半から。
遅いスタートとなったのは通夜が入っても対応できるようにという配慮とともに、終了が遅くてもすぐに帰れるという環境から。歩ける距離に良店がいくつもあるというところは都心の寺はうらやましい。

一昨日に続いて中華。一昨日とは傾向が異なって小洒落た皿。それで注文制なのに2時間食べ放題。だが私は量は全然食べられない。となるとなんとなく損をした気分になるのが不思議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018延立寺新年会

延立寺新年会。
食事はセブンイレブンの弁当。他にお酒を用意した。
スタートは空籤なしの籖引き。初めに無くなるのはお酒。最後まで残ったのはリンゴ。重いから敬遠されたのか。いや、酒の方が重いか。
芸達者たちにご披露いただく。草笛、ハーモニカ、ギター、踊り、カラオケ。「五十肩」なる歌をCD持参で熱唱してくださった方も。
お汁粉で〆。お楽しみいただけたことと思います。本年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年2回目の新年会

夕方、ものづくり会議。その後新年会。
築地本願寺近くの台湾料理屋。夜8時近くからのスタートなのに、店は満席。

私は中華系の店は自分では選ばない。誘われたら喜んでご一緒するが。
で、久々の小籠包、おいしゅうございました。紹興酒もおいしゅうございました。
十分に飲み食いして一人3000円程度。コスパ高し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

効いているのか

インフルエンザの予防注射をしそこなったこともあって、一応インフルエンザ対策を期待しながらヨーグルト飲料を今月からよく飲むようになった。
インフルエンザに効くかどうかはまだ不明だが、腸の調子は良くなっているような。トイレに行く回数がはっきり減った。しかしその分、出している総量も減っているような気がする。体重も増え傾向。
なんか,世間で聞く効用とは逆を行っているが、まあ冬の間はこれでもいいか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アクティブラーニングということで

夜、東京仏教学院講義。

「松本さんの講義ってアクティブラーニングなんですか」と訊かれた。

アクティブラーニングはちょうど今朝、NHKの『あさイチ』で紹介されていた、これから学校に導入される教育方式。番組では冒頭、教室で教師が児童に「今日は、先生は教えません」と宣言する場面から始まる。
ネットでたちどころに知識を得られる現在、必要とされるのは知識を覚えることではなく、その使い方。授業では児童どうしで教え合い、考え合う。私の講義もその形式。

「でも松本さんのは自分が楽しているだけでしょ」
あ、やっぱりそう見えますか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

伊丹十三まさかの新刊

私は新刊書を買うのはほとんどがリアル書店にて。中身を確かめて買いたいということもあるが、なにより、出会いがあることが大きい。ネットからは伝わってこない本がある。
今日も『ぼくの伯父さん』と出会った。
なんと伊丹十三の既刊本未収録コラム集。
私は中学時代、伊丹十三のコラムに大きな影響を受けた。私がイメージする「大人」の代表はこの人。
「ぼくの伯父さん」というタイトルも、かつて伊丹十三が責任編集者となっていた雑誌「モノンクル」からと思われる。
うれしい出会い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やはりはずれ

今年初めての新年会の後、例によってカレーを食べてしまった。

私はインド料理店のカレーにはあまり期待していない。私が美味しいと思えるカレーを出しているインド料理店は、私の知る限りではデリーとナイルレストランのみ。新規開拓をする意欲もない。

しかし本日たまたま前を通りかかった店の「激辛カレー」という表示につい魅かれてしまった。インド料理店がわざわざ「激辛」と打ち出すのはいったいどんなレベルなのかと。

はたして供された皿、普通の辛口。まずくはないが再度来るまでもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最中に警報がなったら

一昨日、iPhoneから突然地震警報。
このiPhoneはいつもマナーモードにしているため、iPhoneから音を発することはない。のに、地震警報の時は鳴るということを初めて知った。
あの時、満員電車に乗っていたら大変だっただろう。映画館やコンサート中はやはりマナーモードにするだけではだめで、電源を切らなければいけないのだな。

と、本日、先輩僧侶に話をしたら、その方、地震警報がなったまさにその時に葬式中だったそう。
遺族席からも、僧侶の袖からも響く地震警報。どうしましょうね。

夜、酒の席で、同席者に暴言を吐いてしまった。涙目になった相手を見て我にかえり、その場で謝罪して、一応おさめてもらった。
しかし問題は、暴言の内容を私が覚えていないこと。ひどいことを言ってしまった記憶はある。しかし何を言ったのかの記憶がない。
いやーーー気持ち悪い。俺は何を言ってしまったのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そんなに需要があるのか

延立寺の近所にあった中華料理屋、花屋、そしてちょっと離れたところのラーメン屋がみんなコインランドリーに変わった。
今、コインランドリーってそんなに需要があるのか。確かに雨が続いた時などは駐車場がいっぱいになるのは分かるけど。

私は世の趨勢に全然乗っていない。ビジネス起業や投資には全く向いていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだらな色

寒い。こんな日の外出の場合、私が選ぶ服は一択。厚手の大振りのセーター。
着始めてから25年になる。しかしまだしっかりしている。
色は薄茶色。
元はグレーがかった白だった。
それが私の汗やらこぼしたコーヒーやらを吸いながら、いつしかまだらな薄茶色に。
これはこれで味があると思うんだが、客観的に見て薄汚いという気もしないではない。「貧乏臭い」という昔懐かしいフレーズも浮かんでくる。
いずれ染めようと思いだしてもう数年たっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブリンタートラブル

暮れのうちにすませるつもりだった、延立寺の廊下に掲示する年間活動の写真印刷。
EPSONのプリンターが反応しない。Wi-Fi受信がうまくいかないよう。ケーブル接続にしたら認識してくれた。

それでプリントしてみたが、色がひどい。ヘッドが目詰まりしている。
一回クリーニングをしても改善せず。再度クリーニングしても完全復活はしないがまあ実用的な範囲。しかし今度はインクがなくなったと表示。
前回使ってから半年放置したのはやはりいけなかった。機械を長持ちさせるにはたまに使わないと。

ブリンターのインクを地元量販店で購入。私は地元で買えるものは地元で買う主義。
しかし帰宅してから、つい同じものをAmazonで探してしまった。げ、Amazonなら半額・・・。
ちょっと精神的にダメージ。地元は大事にしたいが、これだけ価格に差があるとな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

アップデートは必要

今日も晴天。しかし昨日一昨日と比べて風が出てきた。しかも冷たい。

iPhoneを新しくしたが、旧iPhoneに入っていた音楽データの移行をしていなかった。
標準のiTuneではなぜかできない。そのためのアプリを購入し実行したが、準備中の表示がでたまま数時間たっても進まない。
なんだこりゃ。クズなアプリをつかまされたなと思っていた。

しかし、そのアプリのアップデートが出ていることを知りダウンロードして実行したところ、無事データ移行ができた。
アプリの不具合はアップデートをしていないのが原因ということはけっこうある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

元旦から腰痛

昨日朝から左腰が痛い。動かない時は支障ないが、布団から体を起こしたり椅子から立ち上がるのが一苦労。
なんだこれは。
ネットで調べるとどうもヘルニアの症状に近い。
直接的には、大晦日の往復8時間の飛行機が影響しているんじゃないか。
それより根本は加齢と運動不足だが。

数日様子を見るが、これは医者に行くレベルな気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はずれ籤も存在していた

おだやかな晴天。風もほとんどない。
本年もよろしくお願いいたします。

初詣での方々にお汁粉を接待する。ご家族でお参りいただけるのがうれしい。

本のネットストア、hontoの抽選をしたら、はずれ。何年も前からしばしば籤を引いているがはずれが出たのは初めて。はずれもあったんだ。ある意味正月そうそう縁起がいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2017 | Main | February 2018 »