« 初心者にあたった | Main | 雪中の通夜 »

彼らは知らなかった

午後、厚労省へ。
戦後の混乱の中で国内に残された、朝鮮・韓国出身者の方の遺骨を奉還することの申し入れ。

同席された崔善愛さんは、かつて、指紋押捺拒否で闘った方。日本で生れ育ったにもかかわらず、指紋押捺を拒否したために国外から日本に帰国することを長年拒否されてきた。
国会に呼ばれてその体験を証言したところ、与党自民党のスタッフたちが泣いていたという。そんな理不尽なことになっていたことを自分たちは全然知らなかったと。
政治に携わっているからといってすべての課題に通じているわけではない。対立の根は案外、依る知識の違いだったりする。

|

« 初心者にあたった | Main | 雪中の通夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42067/66374074

Listed below are links to weblogs that reference 彼らは知らなかった:

« 初心者にあたった | Main | 雪中の通夜 »