« 『ハドソン川の奇跡』 | Main | プロにふさがれた »

大は小を兼ねない

私は家でDVDを観るときはブロジェクターを使う。100インチのスクリーンいっぱいに映し出す映像は、映画館に引けをとらない。
が、なぜか疲れる。どうも映画に没頭できない。
なんでかなあと思っていたが、今日やっと分かった。私の位置がスクリーンに近すぎるのだ。
現在の位置はスクリーンから2メートル。ここからだと、画面全体が視野に入らない。特に洋画の場合、字幕を読んでいると画面の動きが見えなくなる。だから映画が頭に入らない。

そして興味深いのは、画面が大きいのは迫力だけはあるだろうと思っていたがそうではない。ストーリーが伝わらないと迫力も半減するのだ。人間はまず意味ありき。

画面には適正な大きさがあるのだ。それが今まで分からなかったなんてほんとバカ。

|

« 『ハドソン川の奇跡』 | Main | プロにふさがれた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42067/66324012

Listed below are links to weblogs that reference 大は小を兼ねない:

« 『ハドソン川の奇跡』 | Main | プロにふさがれた »