« やはりはずれ | Main | アクティブラーニングということで »

伊丹十三まさかの新刊

私は新刊書を買うのはほとんどがリアル書店にて。中身を確かめて買いたいということもあるが、なにより、出会いがあることが大きい。ネットからは伝わってこない本がある。
今日も『ぼくの伯父さん』と出会った。
なんと伊丹十三の既刊本未収録コラム集。
私は中学時代、伊丹十三のコラムに大きな影響を受けた。私がイメージする「大人」の代表はこの人。
「ぼくの伯父さん」というタイトルも、かつて伊丹十三が責任編集者となっていた雑誌「モノンクル」からと思われる。
うれしい出会い。

|

« やはりはずれ | Main | アクティブラーニングということで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42067/66270066

Listed below are links to weblogs that reference 伊丹十三まさかの新刊:

« やはりはずれ | Main | アクティブラーニングということで »