« 生き残った者の特権 | Main | テーマに時代が近づいてきた »

物語は人を救う

夜、池袋の自由学園明日館へ行く。
存在自体知らなかった。重要文化財の建物もすばらしいが、ここが建ちあがったいきさつもありがたい。

ここに来たのは北原久仁香さんのひとり語りを聴きに。題目は吉屋信子作の『鶴』。
圧巻。
演者はこの作品を「あまりに救いがないように思われるのでは」と懸念したが、私はそうでもないと思う。演者もそうでもないと思ったから選んだのだろう。
主人公が見た鶴は狂気の産物ではなく、血の通った物語の具現であろうから。

|

« 生き残った者の特権 | Main | テーマに時代が近づいてきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42067/66611483

Listed below are links to weblogs that reference 物語は人を救う:

« 生き残った者の特権 | Main | テーマに時代が近づいてきた »