« 地域の“たね”をさぐる | Main | 夢らしい夢 »

リクツから官能へ

アーユス合宿2日目。
寺の活動、そしてNGO活動を地域とどう絡めるかをテーマに事例紹介。

NGOの下田氏はリクツから官能へと提起する。NGOへの関心を持っている人はずっと3%に止まっている。その壁を超えるために。
NGOは従来、正しさを主張してきた。しかしそれでは広がらない。リクツ抜きで良い、ヤバい、と思わせないと広まらないと。

寺代表の中平氏は寺の草刈りをFacebookで募集した反応が興味深かったという。
ふだん寺を使っていることの御礼の気持ちで来てくれた人もいたが、草刈りをしたくてうずうずしていた人が来てくれたと。労働は必ずしも負ではない。それもある意味で官能。

|

« 地域の“たね”をさぐる | Main | 夢らしい夢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42067/66653449

Listed below are links to weblogs that reference リクツから官能へ:

« 地域の“たね”をさぐる | Main | 夢らしい夢 »