« 夢らしい夢 | Main | 助かった »

南沙織は今でも聞ける

南沙織のベスト盤を買った。

日本の音楽状況は1975年を境に革命的に変わった。
それ以後に発表された楽曲は今でもそれほど違和感がないものが多い。しかしそれ以前の楽曲は、はっきり古い。いかにも歌謡曲。もちろん、はっぴいえんど他の例外はあるが、それらはあくまでも例外。事実、同時代にはほとんど受け入れられなかった。

私は1975年をJボップの誕生年と位置づけている。
それ以前以後は完全に断絶しているわけではもちろんなく、橋渡し役はいた。その重要な一人が、南沙織。同期の天地真理や小柳ルミ子がいつまでも歌謡曲臭を抜けられなかったのに対し、南沙織の曲には今でも瑞々しいものが少なくない。
その要因は彼女の歌い方にあると思う。75年以前の歌謡曲には独特なこぶしというかヴィブラートをかける歌手が多かった。その点、南沙織はかなりストレートな歌い方をしている。だから古びないのかと。

|

« 夢らしい夢 | Main | 助かった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42067/66653477

Listed below are links to weblogs that reference 南沙織は今でも聞ける:

« 夢らしい夢 | Main | 助かった »