« ほめるとは新たな価値の発見 | Main | 見失った »

『沖縄スパイ戦史』

ドキュメンタリー映画『沖縄スパイ戦史』を試写室にて観る。
試写室は満席。いや足りずに椅子が運び込まれてきた。
今まで知られてこなかった沖縄戦の裏面。陸軍中野学校出身者が沖縄でしたことは、住民を護ることではなく、住民を利用することだった。
この事実が語られなかったのは、当事者が生きていたから。それは本願寺教団も同じこと。教団が戦時教学を公に否定できるようになったのは、当時の門主と教学者が往生されて後のこと。
広島でも満州でも、起こった悲惨は十分語られているように思われている。が、決してそうではない。悲惨すぎて語ることも思い出すことも拒否する人の方が多いのだ。語られずに埋もれた悲惨の数々は、なかったこと、フェイク物語とされてしまう。

|

« ほめるとは新たな価値の発見 | Main | 見失った »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42067/66926298

Listed below are links to weblogs that reference 『沖縄スパイ戦史』:

« ほめるとは新たな価値の発見 | Main | 見失った »