« こちらが切っているわけではなく | Main | ほめるとは新たな価値の発見 »

評価の定着に一役

午後、アーユス主催のシンポジウム「国際協力NGOにとっての評価とは?」に出席。
アーユスが評価への支援を始めたのは20年前。当時は評価といえば自分たちが上から査定されるような感覚があり、歓迎はされなかった。
それが現在は、評価の目的は改善であることの理解は定着している。そこにアーユスが果たした部分は少なくなかったように思う。玄人向けというか早すぎるゆえに一般会員にはなかなか理解をいただけなかったのは他の事業にも言えること。

|

« こちらが切っているわけではなく | Main | ほめるとは新たな価値の発見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42067/66926272

Listed below are links to weblogs that reference 評価の定着に一役:

« こちらが切っているわけではなく | Main | ほめるとは新たな価値の発見 »