« 見失った | Main | ゆっくり多人数で読む効用 »

仏教的に映画を観ると

映画『ハクソーリッジ』をDVDにて観る。
私は現在、築地本願寺で毎月発行している『築地本願寺新報』という寺報に仏教シネマというコラムを担当している。
仏教的と思われる映画の紹介コーナー。
仏教的な映画の紹介というより、普通の映画を仏教的に解釈するコーナーと言った方が正しい。
今回選んだのは『ハクソーリッジ』。実在した「良心的兵役拒否者」の物語。
一応自分的には仏教的な視点を見つけたつもり。それは「自分への疑いと怖れ」。
いろいろな映画評を見たが、主人公は聖書に忠実だったと評するものがほとんど。いや、兄と父を殺しかけていることが根本でしょ。

前回の『万引き家族』では、キーポイントを「名前」とした。この指摘はけっこう見られるがあまり重要視されていないような。私はこれ、太い柱と思う。

|

« 見失った | Main | ゆっくり多人数で読む効用 »

Comments

Xhdjunms stationary security in the offing cogitate on fared tilt.
http://getloan.site

Posted by: list of unlicensed payday loan lenders | July 26, 2018 09:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 仏教的に映画を観ると:

« 見失った | Main | ゆっくり多人数で読む効用 »