« August 2018 | Main | October 2018 »

『半分、青い。』は好きだった

昨日、朝のドラマ『半分、青い。』が最終回。
大きな欠点があったのは事実。しかし私は好きだった。
作品としては前半の質が圧倒的に高かったと思うが、後半の裏テーマは「死者との共存」だった。和子さんを失った弥一さんの「悲しみを乗り越えたわけじゃない。悲しみと共に生きている」。そして鈴愛の母、晴の「みんなここにいる」。この世界観、いいじゃないですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日とは変わらないが

本日私の誕生日。58歳になった。60歳がますます近づいたというのが第一の感想。
昨日と今日、歳が加わった他に変わるところはないが、さすがに11年経つと変わる。先日受けた人間ドックで、11年前の前回と比べて変わったのはまず身長。1cm縮んで183cm。肺活量も減った。5800あったのが一割減の5300。増えたのは胴囲と尿酸値。

私にとって世界一のカレー、というかもはやカレーという範疇を超えた無二の存在であるエチオピアカリーのレトルトをスーパーで見つけ、喜んで購入しておいた。
誕生日祝のランチとして楽しみに食してみたところ・・・全然別物。凡百のレトルトカレーと大差ない。ほとんどのレトルトカレーは私には塩辛い。
これ、よく「エチオピア」の名前を許したな。パッケージには店とシェフの写真まで載せて。
あー、また店に食べに行こう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツルって外れるものなのね

午後、築地本願寺にて尾角光美さんの講師による、グリーフケア講座を聴く。
グリーフとは、大切なものを失うことによるその人なりの自然な反応、感情、プロセス(悲しみ・後悔・怒り・安心・無感動)。
尾角さんの語りはとても聞きやすい。話の内容も深いが、声もテンポも身に抵抗なく入ってくる。

常用している老眼鏡のツルがまた外れた。ネジは見つからない。小さいグリーフ。

8月に購入して2回目。字を見る時だけ使っているので開閉の回数が多くなるのがいけないのかもしれないが、これは構造上の欠陥とも言えるのでは。
購入した眼鏡店に持ち込めば無料で直してくれるが、やはり面倒だし不便。
これからは、緩んできたと感じたら自分で増し締めをするようにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長くお世話になりました。

午前、築地本願寺にて自死遺族の分かち合いの会にスタッフとして参加。
黒い春夏物のスーツを着て行った。これを着るのは今日が最後。

今朝、このスーツの上着に虫食いを発見。これを買ったのは15年以上前だと思う。修理しながらだが、長くもってくれたもの。
今回も修理しようと思ったが、よく見ると何ヶ所も穴がある。廃棄決定。元は十二分にとれている。

15年前のスーツは今のとはスタイルが違う。ここ数年は体型に沿ったタイトなシルエットが主流だが、15年前はゆったり。私にはこちらの方が楽。というか、正座の時は今どきのスーツは非常に厳しい。
肩に厚めのパットが入っている。さすがにバブル期ほどではないがその半分くらいの厚さ。

古くさいスタイルだが私は体型がこの15年間ほぼ変わっていないため、サイズとしては着れてしまう。だから捨てられず、修理しながら着ていた。
今回は迷わず捨てる。15年間お世話になりました。きっかけを作ってくれた虫さんにもお礼を言おう。
今回捨てるのは上着のみ。ゆったりしたズボンはまだまだ働いてもらう。特に正座を求められる時は。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いいものを普段づかい

お寺関係の大行事や大法要の記念品として数珠が使われることは少なくない。
大粒なもの、ずっしりと重いもの、見るからに値段がはりそうなもの。
それらはつい、しまいこんでいた。普段づかいにはもったいない気がして。

しかし、使わない方がもったいない。くださった方は使ってもらうために記念品として選んだのだし。

で、それらを普段から使うようにした。いいモノはやはり、いい。これまでなぜしまいこんでいたのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『川口由一の自然農という幸せ』

午前と夜にアミダステーションにて、てんぐシネマ倶楽部上映会。
作品は『川口由一の自然農という幸せ』。自然農の最大の特徴は耕さないこと。土を耕すとその時は土は柔らかくなるが、たちまち固くなってしまい、毎年耕さないといけなくなる。それは不自然だと。
自然農は自然の森の再現をする。それを亡骸の蓄積と呼ぶ。腐食によっていのちが育まれる。耕すと亡骸がなきものになってしまう。死骸が蓄積されていのちの寝床になるのだと。
映画では言及がなかったが、自然農で作った葉物野菜は、虫の好みではなくなるそうな。それはある意味人間にとっても毒だが、多量に採らなくても十分満足できる質なので害にならないらしい。

上映会の間に彼岸参りで八王子市内を移動。
その時間、土砂降り。八王子駅前の道が川になっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20年待っていてくれた

本堂裏の納戸を整理した。床が見えなくなっていた状態だったが、かなりの面積が現れた。とても気持ちいい。私は片づけたり整理をしたりすることが本来は好きなのだと思う。

が、なぜ、普段の書斎は片づいていないのか。それは、いつか片づけた時に最大級の爽快感を味わうための準備中なのだ。

納戸の整理には棚をひとつ導入したが、その棚板に、物置の奥で20年間使われず眠っていた板材を使った。足すことも引くこともなくジャストサイズ。まさにここに使われるために物置で待機していたかのよう。20年間もよく待っていてくれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

回数が増えた

延立寺彼岸会法要。
暑くなく寒くなく、お参り日和。

尿酸値改善のために水を意識して飲むようになった。すると当然、排尿の回数が増えた。特に夜中、もしくは早朝。私はこれまで尿意で目覚めることはあまりなかったが、ここのところ、トイレに行きたくて目が覚める。これはいいことなのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安っぽくてもけっこう

この夏に着ていたサマースーツ、買ったのは10年前。
紳士服量販店で買ったもの。その時は、別のスーツを買ったところ、1着買うともう1着付いてくる、というか2着で1着の価格というので適当に選んだスーツ。
涼しげでウオッシャブルに魅かれて買ったのだが、実際に着てみるとあまりに安っぽくて着るのが楽しくなく、数回着ただけでタンスの隅に。捨てなかったのはただタイミングを逸していただけ。

それを取り出して今年は着ている。暑かったということもあるが、安っぽいことが気にならなくなったため。着るものへの関心が薄れている。以前から高い方ではなかったが、はっきり低くなっている。これは老いの表れと思うが、別にいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オーダーメイドで5000円

都心を彼岸お参り。雨模様でもあり連休前でもあり、道は渋滞。中央道の調布出口前で20分はかかった。

月旅行を予約したとかで話題の社長が率いるZOZOTOWN。
私はまだ利用したことはないが、息子がZOZOSUITを利用した。これ、すごい。
全身をスマートフォンで撮影するだけで体型サイズを計測。それに合わせてシャツとデニムを注文したところジャストサイズ。オーダーメイドで価格が上下で5000円って。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

芳香より消臭

延立寺には本堂正面にキンモクセイとギンモクセイが対で植えてある。それが香り出した。ギンモクセイはほとんど香はないが、キンモクセイの香は本当に秋を感じるし、安らぐ。
一時期、キンモクセイと言えばトイレの芳香剤だった。あれ、最近はあまり使われなくなったような。
というか、最近はあまりトイレに芳香剤自体が使われなくなっている感覚がある。芳香より消臭が主流になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

失くしウェーブまだ止まず

飲んだ後にモノを失くすウェーブはまだ収まっていなかった。
昨夜、メガネのソフトケースを失くした。
メガネを買った時にお店がオマケに付けてくれたものなので、思い入れもあまりなくショックも少ない。モノ自体より失くしたという事実に少々落ち込む。
この2ヵ月弱の間で飲んだ後に失くしたモノを一応振り返っておく。小銭入れ、メガネレンズ、小銭入れ(発見)、パスケース(発見)、ガジェットケース(発見)、腕時計、財布(発見)、メガネケース。この流れ、もう止めよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清澄白河の醸造所

昼、国立千鳥ケ淵墓苑にて本願寺派主催による全戦没者追悼法要に参拝。

息子からラインが来た。「KIDが死んだって」え、病気とは聞いていたがこんなに早く。ショック。

夜、アーユスの理事会後に清澄白河のビール醸造所へ。川沿いに建つ、奥行きの浅いビルにその店はあった。店の奥にビールタンク。10種類ほど用意されているビールを全部試した。それぞれの違いが楽しい。今日は尿酸値を忘れる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリンの日本人

午後、築地本願寺にてへいわフォーラム。スタッフとして参加。

メイン講演は俳優の小木戸利光氏。小木戸氏はサハリン残留日本人の方々の聞き取りと語り部を務めている。
時代に翻弄されかの地の人びとは多民族融合の地となった。結果的にだが、民族差別がまったくないとのこと。それは言い得ない差別を受けてきた先の地平なのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Macのイヤホン端子が逝った

樹木希林が亡くなった。南無阿弥陀仏。
樹木さんは本願寺派系列の千代田女学院のご出身、内田裕也氏との結婚式は築地本願寺で勤めた。だからあの人生観いのち観そして厳しい眼は浄土真宗ゆえと思っていた。しかしお葬式は他宗派で勤めるらしいことは少し残念。

MacBook Proのイヤホン端子が壊れた。音が出ない。
先日発表された新iPhoneのラインアップにはいずれもイヤホン端子がなく、ミニプラグイヤホンへの対応アダプターも別売になった。イヤホン端子との決別が鮮明に。
タイミングが一緒って、これ、Appleのさしがねじゃないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

利用30周年

カタログハウスから封書が届いた。
中にはこんな手紙が。
「8月18日は30年前に松本様が、初めてのお買い物として『シトラスハンドジューサー』をご注文くださった、私どもにとって大切な日です」その後に長い付き合いへの感謝が綴られている
うわっ、あれからちょうど30年になるのか。シトラスハンドジューサーは今でも現役。
感慨深い。なんだか自分のこの30年間をちょっと振り返ってしまった。これはいいサービスだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水を1日2リットル

先日の人間ドックで、異常ではないが今後気をつけた方がいいことで尿酸値の指摘を受けた。
現在より高くなるようだと痛風の怖れがあると。
ネットで調べると、尿酸値を高くする食品の第一はビールをはじめとする酒。そして青魚、魚の内臓、白子、レバー、甘いスイーツ・・・確かに私の好物ばかり。
では尿酸値を低くするためには、適度な運動と乳製品摂取。そして水は1日2リットル飲みなさいと。
で、まず水を意識して飲むようになった。量が分かりやすいように、500㎖のペットボトルを携行している。が、2リットルって結構な量。確かに意識しないと一日にこんなには飲まない。
ビールなら楽勝だけどな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋本番

境内に彼岸花がずいぶん咲いている。もう彼岸。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紛失財布が拾得された

昨日、人間ドックから帰宅すると、八王子警察から電話が入っていた。紛失していた財布が届いたと。
すぐに警察署に行くと、現金含めてまるまる届いていた。有り難い。

運転免許証も保険証も入っていたので、拾われたのならすぐに連絡があるはず。3日間待って拾得の連絡がなかったのでこれは捨てられたなと、免許証・保険証・カード・会員証類の再発行がすべて終わった段階での連絡なので嬉しさは割り引かれる。しかし電子マネーカードには記憶以上にチャージされていたこともあり、やはり嬉しい。

午後、寺報ポピンズ発送。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やった甲斐があまりない

本日、人間ドックに入った。

当日に概ねの結果が出た。異常なし。ポリープらしきものが見つかったが、99%良性。1年後に検査をして違いを確認すればいいとのこと。

数えてみると、前回の人間ドックから実に11年ぶり。担当医師から、何か検査を受けようと思った動機があったのですか、と訊かれた。
今回は特に強い動機はない。しかし自分でもなぜこんなに間を空けたのだっけと思っていたが、さっき結果を聞いて思い出した。それまで2年おきくらいで検査を受けていたが、いつも異常が見つからなかったので、検査をした甲斐がないな、と思ってしまったのだ。同じことを今回もちょっと思っている。

異常がないのは喜ばしいのだけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

規模が違う

午後、知人の僧侶の住職継職法要と祝賀会に出席。
延立寺では5年後に住職継職を考えているので、何かの参考になればと思っていたが、いやもう規模が違って何も参考にならない。祝賀会は京王プラザ八王子の一番広い宴会場へ最大限詰め込んだ感じの客数。あれでも絞りこんだ模様。
ますますのご発展を心より期待する。

うちは特別なことはせず、その年の報恩講に併修することになるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何でも首かけ

私はふだん、首から老眼鏡をかけている。以前は100円ショップで買ったやつを各部屋ごとに置いていたが、眼鏡屋できちんと作ったやつは見え方が全然違うため、100円ショップ製には戻れない。いつでも携行するのは紐をつけて首から下げておくのが使い勝手もいい。

外出時はスマホも首から下げている。ポケットに入れていて何回も地面に落下させた反省から。

必要なものは何でも首からかける。これに家の鍵が加わったら小学生と一緒である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

失くしたのはモノではなく

モノ失くしの原因のひとつか、このところ私の記憶力がさらに低下している。
三歩歩くと忘れる。
朝、勤行のために本堂に行ってゴミを見つけ、後で片づけようと思ったのに勤行後には忘れてしまって、次の朝に同じ場所でゴミを発見したり。
これまではやるべきことはtodoリストを作ってMacの立ち上げ場面に置き、重ねてスケジュール帳にも書いている。が、無意識のうちにそれらを見ないようなクセがついてしまった。

で、今はメモ帳を携行するようになった。表紙のないメモ用紙と、アンケート等で使う鉛筆をいつもポケットに入れて、思いついた都度、その場で書き込む。
劇的な改善はないが、課題消化率は確実に上がった。

しかし。夕べ書き込んだメモ。全く判読できず。夕べはそれほど飲んでおらず、モノは失くしてはいないのだが。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

財布を紛失してよかったこと

紛失したカード類の再発行手続が大方終わった。

この機会に携行するカードの見直しが出来たので、紛失は悪いことばかりじゃない。ポイント類はあまり溜めておらず、電子マネーのチャージも、1万円入っていたnanaco以外は小額。今回の紛失で金額的な損失は、チャージやポイントの残高やカード再発行料などに現金を含めて計2万円くらい。小さい額ではないが、カードやポイントとの付き合い方を見直すコンサル料と考える。今後もチャージやポイント交換はこまめにしよう。
汚れていたカードが新品になるのもいい。
財布本体も、かなりへたっていて買い替えを考えていたので、むしろいいタイミングとも言える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブレイクスルー

午後、アーユス勉強会。テーマは「ブレイクスルーを起こし、組織強化を実現するためには」

登壇されたのはシャプラニールと移住連。
シャプラニールは工芸品のフェアトレード商品を収益事業で扱ってきたが、ここのところのモノ離れの影響を受けて、消費物にシフトし始めた。
現在日本に流通しているフェアトレード商品の割合は食品80%、工芸品9%。圧倒的な割合を占めるが、食品市場の中で南アジア製は6%しかない。そこで、南アジア地域のコーヒー・スパイス・ドライフルーツなどの食材をフェアトレード商品として開発を進めている。
移住連は、従来の支援型活動から、当事者参画による活動にシフトすることでブレイクスルーを計る。

両団体ともアーユス発足当初からの付き合い。活動内容の変化はそのまま日本のNGO界の進展に重なる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャンドラー並み

大阪、風速58mって・・・。思い出すのはウルトラマンのチャンドラー。両腕の翼により風速60mの風を起こすと設定されている。それは怪獣の非現実性を示したものだったが、現実化するとは。まさに怪獣は災厄の象徴でもあった。

午後、八王子駅前東急スクエアにてシンポジウム「人と人を食で結ぶ八王子を構築する」を聴講する。

地域の強化を画策する主催者の國本氏の意気やよし。その馬力はチャンドラー並みか。いや、全部吹き飛ばされては困る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不幸中の幸い

運転免許更新。
失くした財布の中に入っていたもので一番困るのが免許証。再交付をしてもらうところだが不幸中の幸い、ちょうど更新時期で通知ハガキが届いていた。追加手数料がかからずに新免許証が手に。

その後市役所へ行って健康保険証を再交付してもらう。最も困るところからは回避。
帰宅したころから台風の風が強くなってきた。しかしネットから伝わってくる関西の様子は相当。酷暑も含めて、今年の自然災害の多さはどうなっているのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見つかるものあれば失くなるものあり

Blu-rayレコーダーのリモコン発見。書斎の机の上。書類の下から。
私が手を伸ばせば届くところに10日もひっそりしていた。
また、半年近く見失っていた靴べらも発見。毎日使っている衣装ケースの脇でひっそりしていた。

が、新たに大物を失ってしまった。
財布。
現金はたまたま2000円しか入っていなかった。が、その他が、
運転免許証、健康保険証、キャッシュカード3枚、クレジットカード5枚、電子マネーカード3枚、図書カード、各種会員カード10枚・・・。

昨夜8時、バス料金をスイカで払ったのが最後の記憶。それから家までの短い距離に落したらしい。警察に問い合わせたが届いていない。
手の届くところにひっそりと隠れているという望みを捨て切れない私。
しかしカードは止めなきゃな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

新サブ時計が来た

午前、都心にてご門徒のご法事。
電車で向ったが、地下鉄の駅を出ると雨。雨カバーのついた雪駄を履いてくるべきだった。このところは車移動ばかりでそういう勘が鈍っている。ご門徒宅に着くまでに足袋がずいぶん濡れてしまった。

私は腕時計はメイン用としてオメガのアンティークを使っている。祖父が使っていたもの。
この他に旅行時などのサブとして、ソーラー式のものを使っていた。買ったのは15年位前、値段は3000円程度だったと思う。革バンドは最低3回は替えている。
またバンドが劣化して、替えようかと思っていた矢先、その腕時計を失くしてしまった。たぶん電車の中。バンドの劣化により知らないうちに外れてしまったのが直接原因。飲んでいたのが間接原因。問い合わせたが届いていなという。

で、新たに買うことに。ソーラー充電、電波時計、時刻表示が数字、暗いところでも視認可能、1万円以下、という条件で検索したところ、ヒットしたのがカシオ製。それが今日届いた。これ、いい。いや、すごくいい。日にちと曜日の表示が液晶なのが唯一不満だが、それ以外は大満足。バンドの調節が簡易なのもいい。私が当初買おうとしていた時計は、バンドの長さ調節が面倒という評が多く寄せられていた。
たぶん私にとって最後の腕時計になるだろう。酔って失くさなければの話だが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

来年はこのようなことはございません

もう9月〜。
暑さも少しだけ収まった。
法事後に冷房なしの部屋でのお斎もゆっくりなさっていた。

今年はさすがに、冷房なしはおみえになった方に対して罪悪感を感じた。客を迎える立場としてどうよと。
来年も続けて猛暑とは思わないが、この猛暑が今年だけだとも思わない。冷房はもう必需品だろうと認めざるを得ない。
シーズンオフに導入することに決めた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2018 | Main | October 2018 »