« February 2019 | Main | April 2019 »

読者がいた

昼、東村山のお寺の彼岸会&花まつり法要に法話出講。
時計を見間違えて予定時間を超過。私には非常にめずらしいミス。

本願寺新報の私のコラムを読んでくださっているという方が聴聞にみえた。反応を聞くことはほとんどないのでとても有難い。ほんと、誰も読んでいないんじゃないかと思うこともままあって。まあ、連載を続けさせてもらっているのは最低限のOKの証なのかとは思っている。

| | Comments (0)

私を作った人たちが逝った

昨日は思い出深い方の訃報が続いた。

ショーケン。私が最も愛した俳優であり歌手。『傷だらけの天使』も『前略おふくろ様』もDVDを全巻揃えている。LPレコードも5枚まだ手元にある。

北尾光司。高田延彦との一戦での見事な負けっぷりは脳裏に焼き付いている。

白石冬美。伝説の深夜放送、TBSラジオ『金曜パックインミュージック』通称ナチチャコパックは中学生の私を少しだけ大人にしてくれた。

合掌。

| | Comments (0)

TBSの良心終了

本日、TBSのラジオ番組『荒川強啓デイキャッチ』最終回。
小西克哉、青木理、北丸雄二、山田五郎、そして宮台真司の面々による時事解説はとても楽しかった。TBSの良心を代表していた。残念。
これからはより一層『荻上チキ・Session-22』が責任重大。応援していく。

| | Comments (0)

チューナー修理は見送った

午前、自死遺族分かち合いの会にスタッフとして参加。40人の参加者があった。他の会で薦められてという方も少なくない。

壊れたチューナーを修理専門店に持ち込んだ。
が、モノがチューナーと見て、難しいですよと言う。幾らまで出せますかと聞かれ15000円くらいならと答えると、無理ですと即答。チューナーの修理は30000円はかかりますと。
それだけかける気はしない。見送る。今までよく働いてくれました。お疲れさまでした。
ジャンクとして処分することに。

| | Comments (0)

引っ越しの効用

アーユス事務局開き。
発足以来25年使ってきた建物から近所の一軒家に。これまでの建物が耐震的に不安が深まってきていた折り、大家さんから住み替えの提案をいただいて。
新事務所も大家さんは同じ。誠に有難い。
内装をし直してピカピカ。少しだけ広くなって使い勝手もよくなった。
何より、引っ越しのために事務所のモノを整理処分できたのは大きかった。たまに引っ越しするのは整理のためにはいい。うちの寺では絶対にしたくないけど。

| | Comments (0)

判断はブレる

テレビ番組を録画したDVDを整理した。
ジャンル別にしていたが、収拾がつかなくなった。何がどこにあるか分からない。
そこで番組別に並べ直した。私が録画しているのはほとんどがドキュメンタリー。それをまずNHKスペシャル、ETV特集、NNNドキュメンタリーなど、番組別に分け、その中でジャンル分けをする。かなりすっきりした。気持ちよし。

これは本も同じだった。以前ジャンル別に並べていたが、本を見つけられないことしばしば。「ジャンル」というのは曖昧で、その時々の判断でブレがあるもの。で、明確さを優先する。新書は新書だけでまとめ、さらに出版社別にする。シリーズものは一緒にする。そして著者別に。それでもたまにダブり買いはしてしまうけど。

| | Comments (0)

処分は続く

昼、八王子の児童擁護施設の施設長から話を聞く。
今の入所児童はほとんどが母親からの虐待を受けている。母親の孤立が不幸を呼ぶ。

市内のリサイクルショップにスキャナーと古いオーディオ機器を持ち込んだ。スキャナーは今需要が少なくなったのでいい値は付けられないとのことだったが、提示された金額はまあ満足。寝かしていればただの場所ふさぎだったので。
少しずつ処分が続く。まだまだ続く。

| | Comments (0)

保存していた参考書を手放した

本棚の一角を占めていた受験参考書を某塾に送った。
私自身の中学高校時代のもの。だから40年以上前の発行。だから今の受験用としてはゴミ。しかし寄付先の塾は受験塾ではなく社会人の学び直し塾なので、もしかしたら役に立つかもと。やはりゴミかもしれない。とても失礼なことをしてしまったかもと胸に痛みがある。
送った参考書には書き込みはほとんどない。というのはつまり私がそれらを使っていなかったということ。なのに今まで処分せずにいたのは、いつかちゃんと勉強したいという気持ちがどこかにあったから。
その気持ちがここのところ急に消えた。理由は分からない。

| | Comments (0)

彼に我が身の一部を見て

寒い。寒の戻り。昨日より気温が10度低い。

リアルで久々に、中二病の人間に遭遇した。
中二病とは、中学二年生男子病。世界の真理や世の中の仕組みが分かってしまったような半分悟り思い上がり勘違い症状。自己意識が肥大化し、反動としてそれを認めない周囲への軽蔑と恨みを抱く。傍から見ていると恥ずかしくもあり滑稽でもあり、少々迷惑でもある。しょーがねーなー、とも思うが、ふと、社会活動に関わっている自分はそれ以外の人から中二病と見られがちだよなとも思う。そういう態度、私は特に酒が進むと取りがちな気がする。覚えてないけど。

| | Comments (0)

そこがその人だから

夜、アミダステーションにて『人生フルーツ』上映会。大勢の観客に恵まれた。嬉しい。
何回観ても泣いてしまう。私の泣きポイントは津端氏の最後の仕事への態度。自分がずっと抱いていた構想を他で説明することは一切固辞しながら、実際の設計依頼には風が通る施設配置を提案してその報酬を一切求めない。現実・いまここをとても大切にした生き方にほれぼれする。
津端氏が突然逝っても奥さまの暮らしは変わらない。変わらないから生きられる。俗に理想的と言われる「ピンピンコロリ」は現実にそうなると周囲に深刻な影響を与えることが少なくない。津端夫人にそれがあまり見られないのは、家に畑に津端氏が生きているから。それらが津端氏そのものだからだ。

| | Comments (0)

如虚空

彼岸会法要。大勢さまのお参り、有難く存じます。
私の法話は『脳科学者の母、認知症になる』を材料に「光雲無碍如虚空」の心をお伝えしたつもり。

庫裏のすぐ脇に立つ梅にウグイスが来て声高く鳴いてくれた。梅にウグイス。しかもこんな至近で。これはもう至福。現在の私は野鳥の声をぼーっと聞いている時間が至高の時間。

| | Comments (0)

私史上最長記録

お彼岸参りに車で伺う途中の片側一車線の道。反対車線に駐車車両があるために対向車がこちら車線へ入り私の進行を妨げる。4台までは私は心穏やかに譲っていた。が、その後5台6台7台と続けてはみ出して来る。お前ら調子に乗りすぎだとついクラクションを長押ししてしまった。10秒ほど。私の生涯でクラクション連続押し最長記録。私もキレる中高年仲間入りか。
こういう時にこそあのマジックフレーズ「あー、進行を妨げられてよかったー」を思い出さなきゃ。

| | Comments (0)

マジックフレーズで安穏

朝から判断ミスが続く。
駐車場に停めれば、1分超過しただけで料金が倍に。道の選択を間違えて渋滞に。そのために昼食をとろうとしていた目当ての店が満席で入れず。
連続した失敗に心沈んだ時、マジックフレーズを思い出した。
「あー、よかったー。○○で」
○○には失敗が入る。
「あー、駐車時間が超過してよかったー。慌てて駐車場を出なくてよくなった」「あー、道が渋滞していてよかったー。車内のラジオで楽しい話題を聴けた」「あー、店が満席でよかったー。昼食代が安くすんだ」
まだ使いこなせていないが、これけっこう効く。精神が穏やかになる。

| | Comments (0)

知らせてくれよ

Amazonでの買い物をカードで支払いしようとしたが承認されない。え?なぜ?
銀行口座を確認したところ、今月分が引き落とされていない。残額不足。2000円足りなかった。引き落とし日は11日。一週間カードを使わなかったので気づかなかった。引き落としできなかったら即メールで連絡がほしい。カード会社とすれば、金利が発生するので知らせたくないか。

| | Comments (0)

うれしい出会い

昼、八王子子ども食堂ネットワークのイベント「子ども食堂においでよ」に出席。
湯浅誠氏の講演と、今八王子市内で運営している子ども食堂からの報告。
湯浅氏の講演は実に明解。気持ち良い。
報告では、近隣住民からクレームが入っているとのこと。話を聞くと実に悩ましい。クレームを寄せてくるのはたった一人だが毎回となると。一方だけの情報だが病的なものを感じた。良い方に向かうことを願っている。

懇親会はアミダステーションをご利用いただいた。その席でたいへん貴重な出会いがあった。面倒くさがらずに足さえ運べば、新しい出会いはまだまだある。

| | Comments (0)

2019初聞き

ウグイスの鳴き声が墓地に響いた。
今シーズン初めてのような。まだたどたどしい。
しかしなぜ春先のウグイスの鳴き声は下手なのだろう。子どものウグイスが下手なのは分かるとして、冬を越えた大人ウグイスはちゃんと鳴けるはず。それに、なぜ春にしか鳴かないのだろう。
と疑問を持って検索したら、すぐに答が見つかった。
春にしか聴けないのは繁殖のための声だから。
春にしか鳴かないので鳴き始めは下手なのだと。

| | Comments (0)

戻し

確定申告書類提出。けっこう戻ってくる。満足。
今回の申告書作成中、これまで何年も個人年金分の控除申請をし落としていたことに気づいた。これはけっこうでかく、還付額が一年あたり数千円違ってしまう。
んーーー、遡っての訂正もできるはずだが、国へのドネーションと諦めるか。愛国者の私。

夜、東京仏教学院卒業式。学生さんの今後のご活躍に期待します。

帰りにまたエチオピアに寄ってしまった。今日はライスなし。すると150円戻してくれた。

| | Comments (0)

恐縮です

午後、会議2つ。
両方で私はあまり役に立っていない。申し訳ない。
2つ目の会議後、懇親会。
ちょっと語ってしまう。が、内容はほぼほぼ覚えていない。

| | Comments (0)

どよーん

ピエール瀧が禁止薬物使用により逮捕。
自分でも意外なほどにショックを受けている。気持ちがどよーーーんとしている。
TBSラジオではどの番組でもその話題で始まる。
伊集院光の古い友人としてのコメント、赤江珠緒の恩人に対してのコメントに涙が出た。

回復薬としてエチオピアカリー。それでなんとか持ち直す。

| | Comments (0)

2019年3月号

早朝になんとか寺報ポピンズ作成。
発送作業は私は葬式のために壮年会の方々に丸投げ。
後から伺うと、今日はいつもよりとても手間取ったとのこと。
挟み込む物の大きさが違ったのがその原因らしい。次回には考慮します。
午後、壮年会総会。
高齢化が進む。それは仕方ない。反面成熟でもある。

| | Comments (0)

8年たった

8年たった。311。
8年前もこんな天気だったような。
あの日は私のある種の基準になっている。

| | Comments (0)

まさにエポック

『TRICK 第一シーズン』をAmazonプライムでまとめ鑑賞してしまった。
それまで存在感がイマイチだった仲間由紀恵と阿部寛と生瀬勝久と堤幸彦と大根仁をまとめて大ブレイクさせた伝説の作品。なぜか今まで観る機会がなかった。
いやー仲間と阿部が実に魅力的。ブレイクするのは当然。

| | Comments (0)

緩和のための重要施策

書庫の飽和状態を緩和させるために。
コンプリートを目指さないことにした。
以前は愛読していたが最近はあまり魅力を感じなくなっていた著者の本、現在も愛読している著者だが内容がイマイチの本、それらは買わないようにする。
そのために、信頼している著者の本でも、買う前に書店で中身にざっと目を通す。それだけで今日も一冊買わずに済んだ。
そうか、ネット書店が飽和を促進しているのだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここも平成最後

夕方、同和問題に取り組む宗教教団東京地区連帯会議と部落解放同盟東京地区連合会の懇談会。
年一回の懇談会。平成最後。とはいえはなから元号を使わない会合だが。

〆はエチオピアカリー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その花の名前は知らない

夜、春の花の香りが漂ってきた。
香りは一瞬にして過去の記憶を蘇らせる。あー切ない。特にこれといったエピソードがあるわけでは全然ないのだが、切なかった気持ち、不安だった気持ちが瞬時に湧いてきた。

その花の名前は知らない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4/7お楽しみに

午前、4月にアミダステーションにて開く落語会の下見。
高座の確認。7日日曜に、花まつり協賛企画として開く。アミダさまが登場する噺をしていただけるとのこと。

夕方、「葬送のあり方を考える会~八王子」会合。
各宗派の葬儀について研修している。今日は日蓮宗。

後の懇親会でちょっと論争してしまった。「松本さんに否定されちゃったけど」と相手。しまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

静謐

今朝の朝日新聞朝刊の記事中に伯母と従姉妹の名前が。その脇には巨大な写真に二人の姿がある。自宅の窓際で陽を浴びる母娘。
そこは福島県大熊町。第一原発から4.7km。一時帰宅をしているが、避難指示が解除される見込みはない。
「ここで死にたい」という伯母を写した写真が静謐。実に美しい。巨大に載せる価値は十分ある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

28年選手の替わりが40年選手

目覚まし時計代わりに使っているオーディオセットから音が鳴らない。
調べてみると、チューナーが不調。アンテナからの信号を受け付けていない。
このチューナーはマランツ製。マランツのウェブサイトで修理について見てみると、部品を保持しているのは販売終了から8年。以後は修理を受付けられないことがあるとのこと。8年以後でも修理の可能性はあるということか。
しかしこのチューナーを購入したのは28年前。さすがに無理のような。
八王子の修理専門店に持っていこうか。

で、代替として出してきたのが40年以上前に購入したDENONのチューナー。FM専用機。AM放送を聞くためにマランツに替えてお蔵入りしていた。立派に役を果たしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現実が止める

寒い。東京マラソンは選手もボランティアも大変だったな。

なぜ私は飽和状態になるまで本を買ってしまうのか。

子ども時代、通っていた小学校とほぼ同じ距離に区立の図書館があり、よく利用していた。その頃は買うのは図書館にないマンガ雑誌(ぼくらマガジン)がほとんどだった。
しかし中学生になって八王子に来てからは、近所に図書館がなかった。で、本を買うようになる。

また、以前は本は、発行から少し経つと入手が面倒だった。店頭にない本は注文となるが取次や出版社に在庫があっても入手するのに2週間はかかる。絶版になると困難は高まり古本屋では価格が跳ね上がる。特に専門書は。
だから気になった本や古本屋で出会った本は取りあえず買っておくという習慣が身に付いた。一期一会。この状況はほんの15年くらい前まで、私が40歳の頃まで続いていた。その歳まで身に染みついた感覚はなかなか拭えるものではない。

さらに、昔私が宗派において研修会企画担当だったことも大きい。招いた講師の著書は出来るだけ買って打ち合わせに臨んだ。自分の本の購入者には悪い気はしないものだから。その癖で、講師に呼ぶ可能性のある人や顔を合わせる可能性のある人の著書はつい買ってしまうようになった。

前記のうち、図書館環境については現在も変わりはない。しかし、本の入手については劇的に変わった。マニアックな本でない限りネット経由で入手は難しくないし、入手はできなくてもデジタルデータで公開されている本も少なくない。また、講演会や研修会の担当から外れて、著者に会ったり、まして交渉をする可能性は今はほとんどなくなった。

それより何より、本を置く場所がなくなり、経済的にも余裕がなくなってきた。現実的な理由により、増えるスピードは鈍るはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八王子と二本松と

午後、アミダステーションにて、「震災から8年~福島から考える今とこれから」。

八王子で自然エネルギー発電に取り組む八王子共同エネルギーの方たちと、福島二本松で有機農業に取り組み、現在は農地の上に太陽光発電をしている農家さんを招いて活動現況を聞く。
集客が心配されたが、そこそこ寂しくない方にお見えいただく。質問も活発。八王子の力を感じた集いになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もっとフィクションを

もう3月・・・。

誰から薦められたか覚えていないマンガ『制服ぬすまれた』を読んだ。あまり期待していなかったが、いい作品なのにびっくりした。
ここのところ私はマンガも含めてフィクションを読めなくなっている。手を伸ばすのはノンフィクションや学術書ばかり。理由は分からない。
『制服ぬすまれた』は短編集ということで手にとれた。結果正解。
もっとフィクションに触れよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2019 | Main | April 2019 »