« 人生のために | Main | スリランカの今 »

普通に美味しい

昼食を歌舞伎町でとる。「激辛グルメ春まつり」目当て。紹介したテレビではサフラン池袋という店の世界一辛いカレーがスタジオに運ばれ、試食した渡部建が飛び上がって辛がっていた。
私が会場に到着した少し前まで雨が降っていたこともあってか空いている。待つことなく。世界一辛いカレーにありつく。「タバスコの401.5倍の辛さ」のブートジョロキアを使っているとのことで身構えて口にしたがなんてことはない。常識内の辛口。難なく完食。ただ辛いだけの企画食ではなく旨みもたっぷり。普通に美味しくいただいた。
私、少なくともカレーに関しては、辛くて食べられなかった経験はこれまで皆無。

|

« 人生のために | Main | スリランカの今 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人生のために | Main | スリランカの今 »